うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:長井均 ( 31 ) タグの人気記事

長井均さんの漆のこもの

ベテランの塗師  輪島の長井均さんから合鹿椀と一緒に愛らしい漆のうつわが届きましたのでご案内です

以前からご案内している八角形のぐいのみ 長井さんの独特の赤が人気です

八角ぐいのみ  48xh43ミリ  14040円
初めて届いたよつば皿 70x70xh15ミリ  7560円 

ぐいのみもお皿の底も多少キズがついても気にならない仕上げになっています
b0132442_16390267.jpg
b0132442_16392441.jpg

豆のまめざら  茜朱・黒・朱の三種類
95x48xh15ミリ  6480円

b0132442_16395642.jpg
b0132442_16401723.jpg
b0132442_16402998.jpg
布目長皿  300x100xh15ミリ  9720円
b0132442_16383207.jpg
b0132442_16385398.jpg

あすなろの木を使って表面は布張りして漆仕上げです
底面はふき漆仕上げで少しカジュアルに使えます。
前菜の盛り合わせや、酒器セットを置いたり、
お醤油やオリープオイル、お塩などわ入れた豆鉢を並べておいても便利なサイズです
b0132442_16384391.jpg

お願いした合鹿椀 長井さんの合鹿椀は久しぶりに手に取りました。
がっちりとした塗りはとてもとても素敵です。
大きくても軽いのが有り難いです。
お雑煮も煮物もたっぷりと入ります
口径145xh106ミリ 内側の深さ70ミリ 19440円
b0132442_16405118.jpg
b0132442_16410172.jpg
b0132442_16411030.jpg
b0132442_16412932.jpg

左 湯呑み 赤のみ 口径70xh70ミリ  8640円
右 蕎麦猪口 赤と黒があります 口径75xh70ミリ  8640円
b0132442_16414897.jpg
b0132442_16415883.jpg
b0132442_16420880.jpg
b0132442_16381731.jpg
明日3日(土)は祭日のためお休みです

by utsuwakaede | 2018-11-02 17:00 | 新入荷のお知らせ

漆のそば猪口 小林慎二・長井均

b0132442_18490564.jpg
生温かな風が吹き始めました。今夜は南風が強くなるのだそうです。

漆の蕎猪口が揃いましたのでご紹介します。
小林慎二さんのそば猪口 サイズが大・小です。
b0132442_17293860.jpg

両端が大のそば猪口 左が黒 右が赤です。
黒いそば猪口は口の部分だけ赤になっています。
b0132442_17300492.jpg
黒のそば猪口 口元だけ赤くて粋です。
b0132442_17304707.jpg

小のそば猪口
朱・赤溜・手前は外が黒、内側が赤溜です。
b0132442_17310257.jpg
b0132442_17311357.jpg
藤田佳三さんの赤絵片口と  10800円
b0132442_17312541.jpg

銀彩の片口と大のそば猪口
そば猪口大 口径82ミリ  高さ65ミリ   7560円
そば猪口小  口径75ミリ  高さ55ミリ  6480円
銀彩片口  16200円
b0132442_17320560.jpg



長井均さんのそば猪口 赤と黒が揃いました。
木目がほんのりと透けて見えます。
小さくてもピリリと存在感のある八角片口と並べてみます。
b0132442_17324135.jpg

b0132442_17322856.jpg
b0132442_17325927.jpg

そば猪口 口径77ミリ  高さ70ミリ  8640円
b0132442_17331274.jpg
小林慎二さん、長井均さんのそば猪口も片手で持てるサイズです。
年越しそばの時にはもちろんですが、ヨーグルトやアイスクリーム用に、酢の物などを盛る向う付けに、
コーヒーを飲む時も、甘酒を注いでも。口当たりが柔らかいのもいいですね。
持った時に熱さや冷たさが手に直に伝わらないのが何より嬉しく、そして保温力も抜群ですので
熱いものが冷めにくくて、アイスクリームなどは溶けにくいというのが漆器の特徴です。

ぜひお試しになって下さい。

年内の営業は29日までになります。
年末年始のお休み 30日(金)~1月4日(水)
新年は5日(木)からスタート致します。


by utsuwakaede | 2016-12-22 17:58 | 新入荷のお知らせ

長井均さんの茜色の漆椀

漆のお椀は一年中使うのですが、寒くなると漆器の有り難さが増々感じます。

石川県輪島市の漆作家長井均さんのお椀とお箸のご紹介です。

こどんぶりサイズのお椀です。 
 麺類・どんぶりもののご飯や煮物にも。 口径135ミリ 高さ85ミリ  19440円

下地職人だった長井さんだから出来るろくろ目のような表情は、下地の塗り方で作り出しています。
味わいあるお椀に仕上がっています。
b0132442_17054367.jpg

黒、茜、赤の三種類あります。
真ん中の色は「茜」という名前を付けています。
赤と黒の間の色を作りたいという気持ちから、漆に赤の顔料を混ぜる割合を調整して出来た色です。
「茜」の落ち着いた色は男性用、女性用に関係なくお使い頂けます。陶磁器との色のうつりもしっくりします。
b0132442_18080024.jpg


こちらの茜椀はお味噌汁やご飯に調度良いサイズです。
口径120ミリ 高さ75ミリ  12960円

b0132442_17062972.jpg
漆器は持った時に熱さが手に伝わりにくいので、「熱っ!」ということがありません。
保温力、保冷力も高く 熱いものは冷めにくくて、冷たいものは温まりにくいのも漆器の特徴です。

お箸の種類が増えました。檜材を使っているので軽く、面が取ってある為に転がりません。
お箸の先は食べ物が滑らないように漆の粉を蒔いてあります。

23センチ 茜・赤・黒 4320円
21センチ 赤     4104円
b0132442_18083491.jpg
b0132442_18084746.jpg
お椀、お箸は常設でお取り扱いしています。どうぞ手に取ってお確かめ下さい。

今月28日(月)まで常設展示です。
22日(火)・23日(水)は定休日です。


by utsuwakaede | 2016-11-19 18:37 | お店から一言

長井均漆展 明日からです





b0132442_18345021.jpg
長井均漆展 
10月26日(水)~31日(月) 
(DMの写真:栗原かほり)  
常設展示でご案内している長井均さんの漆展を明日から開催致します。
1957年  石川県輪島市に生まれる
1972年  池端龍作師に入門
1977年  独立
1990年  独自の塗り物を始める
1991年  輪島塗新作見本展・市長賞受賞
以降、各地のギャラリーにて個展、グループ展を開催
長井均さん在廊日 10/29(土)・30(日)・31(月)


1. 尺x尺3寸膳 布目  395x305xH15mm ¥32400
b0132442_16052318.jpg

2. 6.5x9.9寸盆 布目 300x200xH18mm ¥19440
b0132442_16055007.jpg
b0132442_16054186.jpg

3. 木地呂 鉢 布目 170xH70mm ¥15120
がっしりとした鉢 内側の布の模様も楽しみながら盛りつけを考えたくなります。
b0132442_16055706.jpg

上から
4. 銀杏鉢 大 茜  320x195xH50mm  ¥24840

5. 銀杏鉢 中 茜  265x165xH50mm   ¥21600

パスタやカレーなど洋食にも合うデザインです。
b0132442_16060630.jpg

b0132442_16061209.jpg


6. 乾漆三足器 茜 350x90xH80mm ¥43200
お料理を盛るワクワク感 楽しい形。
ショップカード等を置いたり、チョコレートを並べたり・・・
想像が膨らみます!!
b0132442_16062103.jpg

b0132442_16063697.jpg


7. 乾漆四足器 茜 300x90xH55mm ¥43200
b0132442_16064341.jpg

b0132442_16064957.jpg


8. 乾漆片口 茜 Ø120x105xH45mm ¥25920
ちょっぴりハート型?
b0132442_16065626.jpg

b0132442_16070279.jpg


9. サザエ片口 茜 120x150xH50mm ¥37800

こんな片口 初めて見ました。
会話が弾みそうですね。
b0132442_16070885.jpg
「もう、ごちそうさま」 と裏を返します。
b0132442_16071484.jpg


10. 箸 大  朱 茜 黒  長さ230mm  ¥4320
  箸小  朱のみ  長沙210ミリ  ¥4104
挟んだものが滑らないようにお箸の先もひと工夫されています。
又、転がらないように面を取ってあります。
b0132442_16071931.jpg
b0132442_16073020.jpg

13. 6x6寸皿 朱 185x185xH20mm ¥25920
b0132442_16073718.jpg

14. 6x9.2寸皿 朱 275x185xH20mm ¥30240
b0132442_16074438.jpg

15. アワビ皿 茜 130x110xH28mm ¥30240
b0132442_16082171.jpg

16. 乾漆カップ 茜  Ø95xH130mm ¥32400
b0132442_16083148.jpg



17. 木地呂三段重 一組 270x120xH55mm(三段重ねた高さ175mm) ¥43200
b0132442_16084082.jpg
b0132442_16084662.jpg



18. 4,5寸椀 朱 黒   Ø135x80mm  ¥19440
b0132442_16085320.jpg
b0132442_16085858.jpg



19.八角ミニ片口 朱 Ø50x60xH45mm ¥21600
b0132442_16090814.jpg

20. 4寸椀三角  茜
Ø123xH75mm   ¥12960
21. 4寸椀三角 赤 123xH75mm ¥12960
b0132442_16091323.jpg
b0132442_16091886.jpg



22.花びら椀 黒  Ø
120xH80mm   ¥12960(朱もあります)
b0132442_16092422.jpg
b0132442_16093198.jpg


23. DMの片口 60x60xH120mm ¥15120

b0132442_16093602.jpg
b0132442_16094159.jpg

24. 花びら椀 朱 
Ø120xH80mm  ¥12960
b0132442_16094844.jpg
b0132442_16095532.jpg


25. 猪口 黒 朱  Ø75xH70mm   ¥8640
b0132442_16100213.jpg

26. 六角小鉢   Ø85xH75mm  ¥14040
b0132442_16100763.jpg
b0132442_16101575.jpg


28. 9寸丸皿 黒 朱 赤 Ø275x30mm ¥23760
b0132442_16103515.jpg
b0132442_16105917.jpg

29. 7寸丸皿 朱  Ø210xH22mm  ¥23760
b0132442_16110476.jpg

30. 丸皿 朱   Ø200xH18mm  ¥9720
b0132442_16110806.jpg
b0132442_16111230.jpg


31. アワビ皿 大 黒 朱   230x210xH43mm  ¥43200
b0132442_16111885.jpg



32. 入れ子重 黒  245x185xH80mm ¥108000
三段の箱が全てひとつにおさまります。
b0132442_16112549.jpg
b0132442_16113116.jpg

33. 八角鉢 朱 
Ø200xH50mm ¥25920 

b0132442_16113889.jpg

34. 十角蓋物 溜 
Ø115xH70mm ¥23760 

b0132442_16114362.jpg
b0132442_16114800.jpg

35. 蛤弁当箱 朱 200x170xH58mm ¥25920 
b0132442_16115405.jpg
b0132442_16120047.jpg


39. 棗 
Ø65xH68mm  ¥43200
b0132442_16120698.jpg
b0132442_16121463.jpg
 

40. 八角棗   Ø65xH75mm  ¥54000
b0132442_16121988.jpg
b0132442_16122706.jpg
 

42.湯呑み 黒  Ø67xH75mm  ¥8640
b0132442_16123452.jpg

43. 片口 朱 Ø120xH80mm ¥25920 
b0132442_16124257.jpg
b0132442_16125057.jpg

45. 箱 黒 130x130xH60mm ¥23760
b0132442_16125629.jpg
b0132442_16130206.jpg


全体の写真です。
b0132442_17582171.jpg
b0132442_17582778.jpg
b0132442_17583809.jpg
b0132442_17585126.jpg
b0132442_17585867.jpg
b0132442_17590391.jpg


b0132442_17591727.jpg
長井さんは週末土曜日から在廊されます。
漆のうつわは温かなものが冷めにくく、冷たいものは冷たいままに食べ物の温度を保ちます。
持った時に、熱さや冷たさが直接手に伝わらないのでアツアツのお味噌汁もコーヒーも炊きたてのご飯をよそってもしっかりと持つ事が出来ます。
大きくても比較的軽いので日常使いに適しています。
塗り直しが出来るので、とても長く使う事が出来ます。

どうぞ手に取ってご覧になって下さい。





by utsuwakaede | 2016-10-25 19:40 | 展覧会のおしらせ

砂田政美さん鎬小湯のみ

b0132442_18023462.jpg
b0132442_18024324.jpg
今朝は千歳船橋にある「器MOTO」さんまで砂田政美展を見に行き、店のオープンが一時間遅くなってしまいました。
ご迷惑をおかけ致しました。
MOTOさんでは、爽やかな季節にぴったりなうつわたちが並び、砂田さんとも短い時間ですが、お話が出来ました。

楓でも定番でおつきあいをしている砂田政美さんです。
耐熱硝子ポットと鎬小湯のみを合わせてご紹介します。
長井均さんの茜朱の漆皿をお盆代わりにして使いました。漆と硝子を合わせると涼しげなおもてなしの雰囲気になりました。

耐熱ポット 田村悠 約200cc 15120円
鎬小湯のみ 砂田政美  約45cc 口径65x高さ50ミリ    2160円
茶托にしたふき漆豆皿  工房くさなぎ  径80x高さ10ミリ  1944円
茜朱漆皿  長井均   径275ミリ    23760円

砂田さんから頂戴した無農薬のレモンです。
秋谷茂郎さんの青彩のお皿にも、アキノヨーコさんの硝子鉢にもレモンをのせて。

b0132442_18195677.jpg
b0132442_18201643.jpg
b0132442_18202652.jpg
常設展示は明日まで、13日(水)~18日(月)は「八木橋昇」展を致します。
b0132442_18201567.jpg
今月は29日の祭日も営業致します。(5月3,4,5日はお休みです)



by utsuwakaede | 2016-04-10 18:30 | お店から一言

おやつの葛湯を

春の花が咲き始め、沈丁花の甘い香りもほのかに感じられるのに、お日様は隠れてばかりです。
身体の芯から温めたいときに葛湯を飲むのが最近気に入っています。
お店だとインスタントの粉末にお湯を注ぐだけのものですが。

葛湯が似合ううつわ 考えてみました。
b0132442_17321580.jpg
石田誠さん 白磁の大振りなカップ 春らしい色のラインも温まります。
口径85x高さ75ミリ 2808円  さかいあつしさんのgogoスプーンを添えました。
b0132442_17353613.jpg
長井均さんの猪口 漆器です。保温力があって冷めにくいのが漆器の特徴です。熱々を注いでも持った手には優しい温度で伝わってきます。
口径75x高さ75ミリ  8640円  赤と黒の2色あります。 安彦年朗さんの♪のスプーンを添えました。
b0132442_17360034.jpg
b0132442_17361080.jpg
小林慎二さんのつぼ椀 赤溜と黒 お汁粉やお吸い物らも使ってみたい椀です。
口径90x高さ80ミリ  8640円  SAVIの薬味匙を添えました。
b0132442_17355212.jpg
工房くさなぎさんのタモ角盆にのせて。
角盆はふき漆仕上げなので木目も見えています。 ノミ目がアクセントの扱いやすいお盆です。角皿としても。
300x165ミリ 高さ13ミリ  9720円
b0132442_17362722.jpg
b0132442_17372103.jpg
b0132442_17373040.jpg
調度ご飯セットもピッタリなサイズでした。
b0132442_17374034.jpg




by utsuwakaede | 2016-02-25 12:47 | ひとりごと

長井均さんの漆皿

b0132442_17032468.jpg
長井均さんの茜朱のお皿はほれぼれする美しさ。
今朝アンデルセンで買ったパンをのせてみたら、とても贅沢な気分になりました。
ハムやチーズ、マリネの野菜も付け合わせたらごちそうです。
径270xh25ミリ 23760円(黒漆皿もあります)
b0132442_17034117.jpg
田中信彦さんのトビカンナシリアルボウル(紫)、ふき漆れんげと
シリアルボウル 口径130xh75ミリ  3888円  SAVIのふき漆れんげ  2700円
b0132442_17035053.jpg
小林慎二さんのまゆ椀大と、同じく小林さんのスプーン
まゆ椀 口径120xh80ミリ  10800円
スプーン  長さ198ミリ  8100円
b0132442_17035922.jpg
b0132442_17040822.jpg
b0132442_17041767.jpg

来週20日から山田隆太郎さんの個展が始まります。
19日(火)の定休日は個展準備になります。
山田さんは20(水)・23(土)・24(日)の三日間在廊されます。

b0132442_17035053.jpg
b0132442_17035053.jpg

by utsuwakaede | 2016-01-15 18:42 | お店から一言

長井均さんの合鹿椀と

b0132442_19293511.jpg

輪島の長井均さんから合鹿椀が届きました。
床に置いたままで食事が出来るような高い高台椀を能登町の合鹿地方で作られていることが名前の由来だそうです。
長井さん独特の艶がある赤。クリスマスブッシュを硝子に入れて合わせました。
合鹿椀  口径145x高さ112ミリ   21600円
硝子角鉢   70x70x高さ65ミリ   3780円

明日も通常通りに営業致します。
by utsuwakaede | 2015-12-19 19:19 | 新入荷のお知らせ

茜色の重箱

いよいよ今年最後の月に入ってしまいました。途端に気持ちがせわしくなるのは何故でしょう。
こんな時は、お花を生け変えたり、グラスや漆を磨いたりしてみます。

お正月以外にも活躍する長井均さんの漆お重のご紹介です。
輪島で長く塗師として制作されている長井均さん お重に塗った茜朱は長井さん独特の落ち着いた色です。
今年こそお重が欲しいけれど、使いこなせるかしら という心配も、この重箱ならおせちの量に合わせて使い分けが出来ます。
b0132442_13541842.jpg
上に乗っている長方箱は小さめの二段重になります。1つずつに蓋が出来ますし、重ねる場合は蓋をひとつ外します。
b0132442_13542906.jpg
長方小箱はお弁当箱にも、和菓子や洋菓子を1段ずつ入れて楽しんだり、ご飯の上に天ぷらやうなぎをのせて、おそばと天ぷらという年越しセットもいいですね。お花見弁当箱として 又、お友達との持ち寄りパーティーでお料理を詰めていけばこのままテーブルにお出し出来ます。本当に色々に活躍してくれそうです。
b0132442_13544011.jpg

下の大きい箱には小箱の蓋を使う事が出来ます。
b0132442_13550631.jpg
上の小箱  160x120x高さ60ミリ(蓋まで) 蓋がないと55ミリです。
下の箱   240x160x高さ55ミリ(蓋のない高さ)
小箱付き二段重 97200円

明日は村木雄児さんの個展準備の為にお休み致します。
b0132442_15044288.jpg
村木雄児展 5日(土)~10日(木)

by utsuwakaede | 2015-12-03 14:55 | お店から一言

いちご大福を

b0132442_19065960.jpg
昨日からご近所の「まめ」さんの店頭に、人気のいちご大福が並びました。
待っていました!! 早速おやつに持ち帰りました。新入荷の水谷和音さんのお皿にのせてみます。
夕方は気温が下がってきたのでたっぷりとお茶が入る尾形アツシさんの焼き〆ポット、村木雄児さんの猪口を湯のみに使います。

水谷和音さんは熊本で磁器のうつわを制作している独立したばかりの方です。
稜花リム5寸皿  2160円 155x20ミリ  リムと見込みの色が異なっているのが素敵です。平らな部分の径は120ミリ  取り皿に、お菓子皿に使いやすい磁器のお皿です。

b0132442_19070030.jpg

b0132442_19070093.jpg
村木雄児さん 粉引き蕎猪口 使う程に変化が期待出来るうつわです。 口径90xh68ミリ   2592円

b0132442_19070010.jpg
長井均さん 久々に届きました。 漆八角皿 茜朱が大人っぽくて何をのせても似合いそうです。
145x145xh15ミリ 平らな部分は115x115ミリ   9720円

b0132442_19070126.jpg

b0132442_19070148.jpg
b0132442_19225538.jpg
底はキズが目立たない様な仕上げです。

それでは、大きなあまおうを使った苺大福 いただきます!!


by utsuwakaede | 2015-11-21 19:05 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite