人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:鎌田克慈 ( 9 ) タグの人気記事

村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿

村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16101250.jpg
急に気温が低くなってきた土曜日です。
肌寒かったので、久しぶり抹茶をたててみました。

ピンク色の肌が温かそうで、村木雄児さんのご飯茶碗を使って。
ゆったりとしたろくろの動きが感じられるお茶碗です

お茶漬け碗になりそうなたっぷりサイズ
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16071356.jpg
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16084208.jpg
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16074265.jpg
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16081241.jpg

鎌田克慈さんが届けた下さった六角形の乾漆豆皿にクッキーを
黒と落ち着いた朱色の豆皿は布目がアクセントです
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16091289.jpg
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_16094234.jpg
村木雄児 たっぷりめな飯茶碗  口径140xh65ミリ   4320円
鎌田克慈 乾漆六角豆皿 径90x85ミリ h8ミリ  2916円
長井均さんのお盆は私物です

来週 水曜日から二週間個展が続きますので常設のうつわは15日(月)まで店頭でご覧頂けます。

尾形アツシ展  17日(水)~22日(月)
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_17112817.jpg

井内素展 24日(水)~29日( 月)
村木雄児さんの飯碗・鎌田克慈さんの豆皿_b0132442_17121372.jpg


by utsuwakaede | 2018-10-13 17:19 | 新入荷のお知らせ

赤い実と

赤い実と_b0132442_16214147.jpg
昨夜は犬とお散歩しながら、立ち止まり 立ち止まりしては、くっきりと大きな満月を見上げて幸せな気持ちになりました。

今年は秋がきちんとあるようでほっとします。
お休み明けにススキや桔梗、ベリーの仲間の真っ赤な実を買いました。
すすきは葉にオイル(食用で大丈夫)を塗ってあげると葉の丸まる早さを少しだけゆっくりに出来るのだそうです。
お花屋さんが説明しながらティッシュに油を含ませて塗って下さいました。
赤い実と_b0132442_16215220.jpg
小さな枝の赤い実 は小さな花器に

打田翠 細長い花入れ  100xh75xw35ミリ 4104円  と豆皿 90xh20ミリ  1944円
井山三希子さんの鉢角皿 70x70xh13ミリ  1620円
赤い実と_b0132442_16213230.jpg
打田翠さんのラク掛け花入れ 幅70x縦85x奥行き40ミリ 5400円
赤い実と_b0132442_16220421.jpg
お月見しながら と妄想して
鎌田克慈さんの布目胴張盆尺 黒  320x320xh17ミリ  23760円

照井壮さんの磁器とっくりとぐいのみ 徳利の高さ110ミリ 5400円 ぐいのみ 3240円 
白石陽一さんの丸皿 径160xh18ミリ 3240円
くさなぎさんの白漆皿(いちょう) 径 120xh13ミリ   3240円
赤い実と_b0132442_16221254.jpg


by utsuwakaede | 2014-09-10 18:49 | お店から一言

小さなお皿と小さな干し柿

古老柿という京都の小粒の干し柿を頂戴しました。
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17404783.jpg
こんな小さな柿の皮を向いて干す作業は大変な事でしょう と想像しながら味わう前に、小さなお皿にのせてみました。

小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17405990.jpg
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17411095.jpg

左から  ご紹介  
南沢奈津子さん  銅+錫の角皿 一辺80ミリ 高さ3ミリ  3675円
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17420869.jpg
南沢奈津子さん  銅+錫 丸い豆皿(茶托) 径75ミリ 高さ3ミリ   3150円
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17415821.jpg
工房くさなぎさん  タモの木に漆の豆皿(茶托)  径80ミリ  高さ10ミリ
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17414640.jpg
鎌田克慈さん  乾漆の6角豆皿(茶托)  85x90ミリ  高さ5ミリ  2835円
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17412776.jpg

額賀章夫さん 錆粉引きはな皿 径60ミリ 高さ15ミリ  630円
小さなお皿と小さな干し柿_b0132442_17411860.jpg
節分の豆・バレンタインのチョコレート・ひなまつりのあられ
小さなお皿 たのしい  うれしい・・・







by utsuwakaede | 2014-01-11 17:54 | 新入荷のお知らせ

胴張盆  鎌田克慈さん

石川県輪島市で漆の仕事をされている鎌田克慈さんから布目胴張盆が届きました。

鎌田さんは赤木明登さんの元で修行をされた後、独立して乾漆という技法で器を制作されています。
麻布を漆で何重にも塗固めたお盆は、大きなものですが、布目が美しく、軽いのも嬉しいです。
銘々のお食事のうつわをのせてセッティングをしたり、うつわとして、お菓子などを盛り合わせたり、
幅広く活躍するはずです。
サイズ330x330ミリ 高さ15ミリ  23100円

打田翠さんの細長い花器を2つ使って、お正月のお花を入れました。
黒のひきしまった雰囲気は白磁や赤絵のうつわと相性が良さそうです。
胴張盆  鎌田克慈さん_b0132442_1823962.jpg



胴張盆  鎌田克慈さん_b0132442_1822810.jpg
胴張盆  鎌田克慈さん_b0132442_1821733.jpg

胴張盆  鎌田克慈さん_b0132442_182723.jpg


28日、29日も営業しています。
by utsuwakaede | 2013-12-27 18:03 | 新入荷のお知らせ

おやつに

おやつに_b0132442_1984012.jpg

食べるほおづきをいただきました。
フルーツの香りがしてきます。
鎌田克慈さんの乾漆六角皿にチョコン
薄いハトロン紙のような皮に守られたほおずきをパクリ。
甘くてチヨッピリすっぱい  フルーツほおづき でした。
一辺が4.5センチ   対角線で9センチと8.5センチの黒い漆のお皿。乾漆なので軽くて薄くて丈夫です。
小さなお湯のみのお茶托や、お菓子皿に。2835円です。
by utsuwakaede | 2012-10-28 19:14 | お店から一言

今日の真ん中

今日の真ん中_b0132442_171052100.jpg
今日の真ん中_b0132442_17103868.jpg

棚橋祐介さんの個展 5日目  今日の真ん中のテーブルです。

鎌田克慈さんの乾湿の赤いお盆にセットしたのは、貫入に渋が模様を描いたように入っている
七寸のリム皿、 ステンレスを叩いたフォーク、 松岡洋二さんのタネの盃、 お水を入れていたら増々貫入が濃くなったリキュールグラス。
・お盆320x320ミリ  23100円
・リム七寸皿  240x25ミリ  7350円
・ディナーフォーク  3675円
・りキュールグラス  50x100ミリ  5250円
・タネの盃  68x115ミリ   4725円

今日の真ん中_b0132442_1715548.jpg

今日の真ん中_b0132442_17151648.jpg

ご飯とお味噌汁セット   棚橋さんの端反り碗 少し浅めの碗には栗ごはんがいいかしら。口径125高さ55ミリ  3990円   猪狩史幸さんの漆椀 こちらも浅めのデザインです。岩手県浄法寺で、ご自分で掻いた漆を使って制作したお椀です。木目が透けて、軽くて美しいお椀です。口径125x深さ65ミリ  9450円
乾湿のお盆は鎌田克慈さん作です。
手前の「しずく箸置」は到着したばかり。 二年間お待ちました!!
オブジェのようです。
by utsuwakaede | 2012-09-16 18:21 | お店から一言

きょうのおやつ

恵理子さんが届けて下さった箱根の出張お土産  箱根ちもとの「湯もち」をおやつにしました。

10月半ばというのに、気温はなんと27度とか。暑い日曜。湯もちのお伴は冷たいお茶です。
カップは口元のマットな銀彩がアクセント 内側に流れる銀の釉の様子も楽しめます。お茶やコーヒー、お酒にも似合う 宮部友宏さんのうつわです。 コースターと菓子皿に使ったのは鎌田克慈さんの乾漆豆皿。
きょうのおやつ_b0132442_16591856.jpg
きょうのおやつ_b0132442_16593360.jpg


銅の角皿は南沢奈津子さん  
きょうのおやつ_b0132442_1764042.jpg
きょうのおやつ_b0132442_1765091.jpg


銀彩の角皿はコップと同じく、宮部友宏さん
きょうのおやつ_b0132442_1772594.jpg

湯もちは 白玉粉を使ってあるせいか、ふんわりやわらかな食感です。黒いのがお豆?と思いきや、なんと練り羊羹だったのには びっくりでした。ぺろり ふたくちで。  ごちそうさまでした。

・宮部友宏   銀彩コップ       口径80ミリ  高さ78ミリ     3885円、   銀彩角皿  135x135x20ミリ   4200円
・鎌田克慈    豆皿   六角と丸 どちらも9寸   (朱と黒) 2835円
・南沢奈津子  銅角皿   120x120x50ミリ  4725円
by utsuwakaede | 2011-10-16 17:11 | ひとりごと

おやつに

冷たくひやした 本日のおやつは 甲子園 桔梗堂さんの夏だけしか味わう事が出来ない「白珠知故」です。
神戸から新幹線に乗って届いた、身体にしみ入るやさしい甘さ。
さらりと飲めてしまう餡とやわらかで溶けてしまいそうな白玉   こんなにやさしい食感の白玉汁粉は初めて!!  ごちそうさまでした。
小口宗之さんのコップは口が広いので、デザートにもお茶にも最適です。中の色がきちんと見えるのも嬉しいです。口径90高さ70ミリ    約140cc   3675円
おやつに_b0132442_16231126.jpg
おやつに_b0132442_16232188.jpg


円形と六角形 の豆皿  黒と朱    があります。径90ミリ  立ち上がり7ミリ  2835円
おやつに_b0132442_16233181.jpg

8枚重ねても2センチにしかなりません。
おやつに_b0132442_16233941.jpg

底の部分です。
おやつに_b0132442_16234630.jpg


コースターにしたのは 石川県でお仕事をしている鎌田克慈さんの乾漆の豆皿です。布に漆を塗っているので、軽くて薄く、壊れにくいという特徴があります。
by utsuwakaede | 2011-07-21 16:27 | ひとりごと

鎌田克慈さんと小口宗之さん

昨日は長野県安曇野の小口宗之さんから吹きガラスが届きました。
そして夕方、漆作家の鎌田克慈さんが直接豆皿を届けて下さいました。

鎌田克慈さんは、昨日23日から 31日まで、六本木 サボア・ヴィーブルで個展をされています。
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17221343.jpg

鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17224725.jpg

乾漆という技法で制作している鎌田さんならではの 新しい試みは4.5年前からずっと温めていたそうです。
形になって 発表する事のできた 今回の個展は見応えがありそうです。私はまだ出かけていなくて、鎌田さん ごめんね。

楓で定番でお願いをしているのは 乾湿の豆皿です。紙で出来ているのかしら  と思うくらいに軽くて薄い お皿はコースターやお茶托、お菓子皿に。
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17291152.jpg
黒と赤  形はまると六角です。


田宮亜紀さんのぐいのみを小湯のみに見立てて お茶托として。
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17295286.jpg
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_173018.jpg
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_1730167.jpg
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17302587.jpg












チョコレートをのせて 豆皿として
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_17315466.jpg
鎌田克慈さんと小口宗之さん_b0132442_1732686.jpg



径90ミリ   各 2835円です。
by utsuwakaede | 2011-03-24 17:37 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite