うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:漆 ( 7 ) タグの人気記事

常設のご案内

b0132442_16294062.jpg
光藤佐展昨日終了しました。
残念ながら、秋晴れには恵まれませんでしたが、毎日沢山のお客様にご覧頂きました事、心よりお礼申し上げます。
今日は、常設展示に戻しました。明日3日はお休み頂きます。
常設展示は4日(木)~15日(月)になります。

落合芝地さんのふき漆角盆や長井均さんの朱漆湯呑み、ぐいのみも並びました。
光藤佐さんの器も合わせてご覧頂けます。
b0132442_16293136.jpg
二井内覚さんからマグカップなども届いています。

10月の個展ご案内を更新しました。
10月の営業日カレンダーも更新しております。

今月もどうぞ宜しくお願い致します。



by utsuwakaede | 2018-10-02 16:38 | お店から一言

小林慎二さんの漆掛け花入

きのうのブログでご案内が出来なかった小林慎二さんの漆掻け花入れのご紹介です。

薄い箱型、内側は黒漆、外側が銀溜で仕上げられています。
植物のグリーンがきれいにうつります。お水を入れても軽さが嬉しい掛花いれです。

b0132442_16343944.jpg
b0132442_16351659.jpg
b0132442_16370003.jpg
背面の金具  この紐を壁の釘に掛けます。
b0132442_16374478.jpg
お水の出し入れもこの四角い口からします。

横130x縦210x厚み25ミリ  一点のみ 9720円です。


by utsuwakaede | 2016-12-03 17:17 | 新入荷のお知らせ

長井均さんの漆皿

b0132442_17032468.jpg
長井均さんの茜朱のお皿はほれぼれする美しさ。
今朝アンデルセンで買ったパンをのせてみたら、とても贅沢な気分になりました。
ハムやチーズ、マリネの野菜も付け合わせたらごちそうです。
径270xh25ミリ 23760円(黒漆皿もあります)
b0132442_17034117.jpg
田中信彦さんのトビカンナシリアルボウル(紫)、ふき漆れんげと
シリアルボウル 口径130xh75ミリ  3888円  SAVIのふき漆れんげ  2700円
b0132442_17035053.jpg
小林慎二さんのまゆ椀大と、同じく小林さんのスプーン
まゆ椀 口径120xh80ミリ  10800円
スプーン  長さ198ミリ  8100円
b0132442_17035922.jpg
b0132442_17040822.jpg
b0132442_17041767.jpg

来週20日から山田隆太郎さんの個展が始まります。
19日(火)の定休日は個展準備になります。
山田さんは20(水)・23(土)・24(日)の三日間在廊されます。

b0132442_17035053.jpg
b0132442_17035053.jpg

by utsuwakaede | 2016-01-15 18:42 | お店から一言

茜色の重箱

いよいよ今年最後の月に入ってしまいました。途端に気持ちがせわしくなるのは何故でしょう。
こんな時は、お花を生け変えたり、グラスや漆を磨いたりしてみます。

お正月以外にも活躍する長井均さんの漆お重のご紹介です。
輪島で長く塗師として制作されている長井均さん お重に塗った茜朱は長井さん独特の落ち着いた色です。
今年こそお重が欲しいけれど、使いこなせるかしら という心配も、この重箱ならおせちの量に合わせて使い分けが出来ます。
b0132442_13541842.jpg
上に乗っている長方箱は小さめの二段重になります。1つずつに蓋が出来ますし、重ねる場合は蓋をひとつ外します。
b0132442_13542906.jpg
長方小箱はお弁当箱にも、和菓子や洋菓子を1段ずつ入れて楽しんだり、ご飯の上に天ぷらやうなぎをのせて、おそばと天ぷらという年越しセットもいいですね。お花見弁当箱として 又、お友達との持ち寄りパーティーでお料理を詰めていけばこのままテーブルにお出し出来ます。本当に色々に活躍してくれそうです。
b0132442_13544011.jpg

下の大きい箱には小箱の蓋を使う事が出来ます。
b0132442_13550631.jpg
上の小箱  160x120x高さ60ミリ(蓋まで) 蓋がないと55ミリです。
下の箱   240x160x高さ55ミリ(蓋のない高さ)
小箱付き二段重 97200円

明日は村木雄児さんの個展準備の為にお休み致します。
b0132442_15044288.jpg
村木雄児展 5日(土)~10日(木)

by utsuwakaede | 2015-12-03 14:55 | お店から一言

長井均さんの重箱 茜

b0132442_18372217.jpg
輪島の塗師 長井均さんの重ね箱をご紹介します。
通常漆の箱は内側の角の所をきれいに仕上げる事が難しいそうですが、長井さんの手がける箱は特別美しく塗られています。

茜色の重ね箱 は3つの箱が組まれています。
b0132442_18373234.jpg
b0132442_18374051.jpg
下の箱  240x160ミリ 高さ55ミリ
上に2つの小箱が重なります。  小箱   115x160x高さ50ミリ(蓋を入れると60ミリ)
2段重ねると 高さが115ミリになります。   97200円

b0132442_18374994.jpg
2つの小箱の蓋が大きな長方箱の蓋になります。

b0132442_18375730.jpg
上の小箱は重なって重箱になります。

b0132442_18380578.jpg

裏は黒漆で仕上げてあります。
b0132442_18381236.jpg
おせち料理を入れるための重箱、 小箱だけを使ってお弁当やちらし寿司、和菓子や焼き菓子など   
冷たいおそばを盛りつけても良いですね。
様々な使い方が出来る 組み合わせを楽しめる長井均さんの重ね箱です。

by utsuwakaede | 2014-12-23 13:36 | お店から一言

赤と黒と 漆のうつわ

小林慎二さんの漆椀 高めの高台と少しだけ大振りなお椀 赤と黒  
ご飯やお味噌汁はもちろんですが、ゴマ和え、大根のそぼろ煮などお惣菜も盛りつけて。
口径130ミリ 全体の高さ90ミリ  椀の深さ60ミリ   16200円
b0132442_16070765.jpg
b0132442_16071619.jpg
こちらは根来 下に黒い漆を塗っています。

b0132442_16072475.jpg
こちらは曙 下に赤い漆が塗られています。 
どちらも使い込むと漆が透明になってきて、下の漆の色が見えてくる楽しみが待っています。


おまけの赤   栄森史枝さんの手捻りの小さな花入れに赤い実  陶器に銀彩をした花入れ いぶし銀の色合いがまるでアンティークのような雰囲気です。 高さ50ミリ ボディの径50ミリ  6480円
b0132442_16073268.jpg

 今週は月曜、火曜日に連休を致します。
 姉妹店SHIZENは営業しております。
CAFEは明日15日は貸し切りのためお休みですが、16日は通常通り21時まで定食メニューがあります。
b0132442_17484745.jpg
24日(水)~29日(月)は矢尾板克則さんの個展を致します。
b0132442_17511559.jpg


by utsuwakaede | 2014-09-15 12:30 | お店から一言

大塚友野さんの個展

b0132442_15493605.jpg
漆芸家大塚友野さんの名古屋での初個展ご案内です。

という素材に人の手が加わると、
実に様々な表情を造り出します。
漆芸の道に入って10年以上経った今でも発見があり、
益々魅せられています。

今回の展示では「鑑賞するための設ひ」「食のための設ひ」を通して
漆のその魅力をお伝え致します。

2014年9,17(水)~28(日)
gallery noivoiにて  



by utsuwakaede | 2014-09-14 16:04 | その他お知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite