人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:岩野尚子 ( 6 ) タグの人気記事

どんぶり二種類

あったかい麺類を食べたくなるどんぶりのご紹介です

三島どんぶり  菅原顕悟
内側が三島、外側は刷毛目のどんぶり鉢です。
口径185xh80ミリ  4320円

どんぶり二種類_b0132442_19044626.jpg
どんぶり二種類_b0132442_19042876.jpg
どんぶり二種類_b0132442_19043672.jpg
おそばやご飯のどんぶりにぴったりな形です
色絵トクサどんぶり鉢  岩野尚子
口径145xh105ミリ   4320円
どんぶり二種類_b0132442_19035865.jpg
どんぶり二種類_b0132442_19040832.jpg
どちらのどんぶりも高台がしっかりとしていて、手で持っても熱さが手に伝わりません。
程よい重さも使いやすさのひとつです。

年内は28日まで常設展示です。

by utsuwakaede | 2018-12-14 18:37 | 新入荷のお知らせ

丼とご飯茶碗

新潟で制作されている岩野尚子さんの丼のご紹介です。
丼とご飯茶碗_b0132442_18055243.jpg
左からうどんにも最適なサイズ、真ん中はご飯茶碗、右はたてながの丼

先ずは色絵トクサ小丼鉢  口径140x高さ105ミリ  3888円

丼とご飯茶碗_b0132442_18060408.jpg

色絵トクサご飯茶碗  口径110x高さ65ミリ  3132円
丼とご飯茶碗_b0132442_18061349.jpg

色絵トクサ丼鉢  口径185ミリx高さ100ミリ  4212円
丼とご飯茶碗_b0132442_18062160.jpg

同じお箸をのせてみます。 丼に
丼とご飯茶碗_b0132442_18064192.jpg
ご飯茶碗に
丼とご飯茶碗_b0132442_18065130.jpg

小丼鉢に
丼とご飯茶碗_b0132442_18071007.jpg
赤、みどり、焦げ茶、の細いラインが華やかです。

2015年1月の営業カレンダーを更新致しました。
年内は29日(月)まで、年明けは5日(月)から始まります。



by utsuwakaede | 2014-12-26 18:18 | お店から一言

岩野尚子さんのどんぶり

おそばを食べたくなる丼です。昨年に続いて今年も作って頂きました。
岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_16291594.jpg

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_1637647.jpg

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_16371981.jpg

赤、緑、茶の細いラインは岩野さんならでは。縦長の形は、油揚ののっかった、湯気の出ているうどんやおそばが思わず浮かびます。口径150ミリ  高さ103ミリ  3675円

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_16394394.jpg

どんぶり 形比べです。
真ん中は額賀章夫さんのプリーツワークのどんぶりです。 口径170 高さ80ミリ  4725円
広い口のデザインは煮物やなます などの盛り鉢にも。
岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_1645346.jpg


左は漆です。小林慎二さん  赤、黒、赤溜の三種類の色があります。
口径160ミリ  高さ98ミリ  15750円
岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_16455487.jpg

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_1646556.jpg


どんぶりとひとくくりに言っても、それぞれ表情も形も違います。共通している事は、軽くてどれも手に持ちやすいということです。お好みのどんぶりをお探し下さい。
by utsuwakaede | 2013-12-04 16:50 | 新入荷のお知らせ

岩野尚子さんのどんぶり

新潟で制作をしている岩野尚子さんの「色絵十草どんぶり」が届きました。
少し深さのあるどんぶりを眺めていると、汁蕎麦を食べたくなります。

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_17133590.jpg

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_17135058.jpg
岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_17141979.jpg

岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_17143776.jpg
岩野尚子さんのどんぶり_b0132442_17145496.jpg

今回の土は少し鉄粉が吹いていて、面白い表情になっています。
・赤絵十草どんぶり   口径145ミリ  高さ100ミリ     3675円    口が広がっていないので、片手で持っても何となく安心感があります。
・黒飴丸湯のみ    八木橋昇作         口径80ミリ  高さ80ミリ   3150円
・ひょうたんガラス箸置き  山崎葉作   840円
・青磁小皿   熊本象 作   径110ミリ  高さ20ミリ   1890円
・茜朱お箸  長井均作       長さ230ミリ   4200円

銅張りの黒い乾湿盆    鎌田克慈作  330x330xx15ミリ   23100円 

贅沢などんぶりものセットでした。
by utsuwakaede | 2012-09-21 17:26 | 新入荷のお知らせ

はなのうつわ

賑やかなクリスマスイブの翌日 今日の青山の街は静かです。

店内のディスプレイをちょっぴり変えました。 お正月に使いたいはなのうつわをご紹介します。
輪島の長井均さんの乾漆のお皿です。あわび皿とのことですが、裏を返すとハート型? 桜のはなびらの形? 
勝手にさくらのお皿と呼ばせて頂きます。乾漆でこそできるやさしいカーブ。手に取るとふわりとした感触。軽くて重ねてもかさばりません。
赤と茜朱の二種類です。140x125x18ミリ    9450円
はなのうつわ_b0132442_16431331.jpg
はなのうつわ_b0132442_16432398.jpg
はなのうつわ_b0132442_16433360.jpg
はなのうつわ_b0132442_16434132.jpg
はなのうつわ_b0132442_16434884.jpg


山梨県の作家さん 砂田政美さんの磁器  
5弁のお皿   115x15ミリ   2940円   8つの花びらの豆鉢   95x45ミリ   2625円 
それぞれを単品でも、組み合わせても。  豆鉢は数の子や黒豆を。小皿は花びら餅を。 青みがかった白はきっと重箱や折敷の漆の色と相性が良いと思います。
はなのうつわ_b0132442_1649315.jpg
はなのうつわ_b0132442_16493972.jpg
はなのうつわ_b0132442_16494618.jpg
はなのうつわ_b0132442_16495363.jpg
はなのうつわ_b0132442_165009.jpg
はなのうつわ_b0132442_16501134.jpg



朝倉晶さんの4弁の小鉢  真ん中のポチポチが花粉のように見えます。お料理の色が染みない白です。
125x125x40ミリ    3150円    内側の白と外側の黒 対比が大人の雰囲気です。
はなのうつわ_b0132442_16564479.jpg
はなのうつわ_b0132442_16565131.jpg
はなのうつわ_b0132442_1657232.jpg



岡晋吾さんの安南色絵輪花小皿  全体は灰釉の薄い緑色、はなびらの縁と見込みに描かれたグリーンと赤が絶妙なバランスです。ゆるやかな立ち上がりはお醤油皿として、取り皿としても活躍です。 
120x18ミリ   4200円  
はなのうつわ_b0132442_1705493.jpg
はなのうつわ_b0132442_17127.jpg
はなのうつわ_b0132442_1711435.jpg


この季節に使いたい 赤い椿のご飯茶碗。新潟の岩野尚子さん作です。
110x65ミリ    2625円  長井均さんの茜朱のお椀と合わせました。120x75ミリ 12600円
はなのうつわ_b0132442_1773691.jpg
はなのうつわ_b0132442_1774627.jpg
はなのうつわ_b0132442_178182.jpg


新しい年に 新しいうつわをひとつ プラスしてみてはいかがでしょうか。
by utsuwakaede | 2011-12-25 17:13 | お店から一言

岩野尚子さんのうつわ

今日から常設展示になりました。
来年2012年1月25日から山本哲也さんの個展になりますので、常設展示は1月23日まで ご覧頂けます。

始めて届いた岩野尚子さんのお茶碗とどんぶりのご紹介です。

岩野尚子 プロフィール
新潟生まれ
嵯峨美術短期大学 陶芸コース卒業
京都、五条坂「藤平陶芸」勤務
大阪陶芸教室勤務

1999年より個展や企画展で作品を発表
現在は新潟で制作


今回は三種類のごはん茶碗と小丼をお願いしていました。

岩野尚子さんのうつわ_b0132442_1748399.jpg

右) 鉄絵格子飯碗(陶器) 口径110ミリ  高さ63ミリ  2625円
左) 鉄絵飯碗(磁器)    口径110ミリ  高さ63ミリ   2625円
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17485066.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17485762.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_1749716.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17491678.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17492716.jpg




岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17584817.jpg

右)色絵椿飯碗(磁器)  口径110ミリ  高さ65ミリ   2625円
左の染め付け小鉢は山口利枝さん作です。後ほどご紹介します。
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_17585795.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_1759852.jpg



小林慎二さんの漆椀、アキノヨーコさんのレースガラス箸置き、長井均さんのお箸 とそれぞれの飯碗をセットしてみました。
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_18283333.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_18284854.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_1829237.jpg



十草小丼 (陶器)  口径140ミリ  高さ105ミリ  深さ90ミリ   3675円   グリーンと赤の縞模様に鉄の焦げ茶が入ることで、引き締まった感じになっています。大きさのわりに驚く軽さ。高台に指もしっかりとかかって、おそばのおつゆ 最後まで飲み干せそうです。
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_18305171.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_183102.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_18311045.jpg
岩野尚子さんのうつわ_b0132442_18311956.jpg


毎日使うご飯茶碗 はいくつか持っていると、その日の気分や、食べたい量や、ごはんの種類で 選べます。
毎日のご飯だからこそ、楽しんで美味しく食べましょう。
by utsuwakaede | 2011-12-14 18:40 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite