人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:岡部量吉 ( 9 ) タグの人気記事

茶匙と菓子切り

茶匙と菓子きりが届きました。

日本茶、紅茶、ウーロン茶などの茶葉を急須やポットに入れる時に使う茶匙
お二人の作家さんから届きました。

左は岡部量吉さん  右は大塚友野さんの匙です。
茶匙と菓子切り_b0132442_17383134.jpg
 左から  タモ玉杢 4104円・タモ玉杢 4104円・トチちぢみ杢 4320円・黒柿 4860円
  長さは全て約96ミリです

茶匙と菓子切り_b0132442_17384340.jpg
茶匙と菓子切り_b0132442_17390474.jpg

大塚友野さん
乾漆の茶匙です。 漆の色の組み合わせが楽しめます。 
ポットの口のサイズに合わせ、匙の広い方も狭い方も使えるのも
便利です。 珈琲の時にもお使い下さい。

左2点 長さ120ミリ 3888円   右 2点 長さ100ミリ  3780円
茶匙と菓子切り_b0132442_17392311.jpg
茶匙と菓子切り_b0132442_17393670.jpg
菓子切り(デザートナイフ)

岡部量吉 

上 けやきふき漆   長さ140ミリ  2160円
下 けやき 持ち手黒漆  長さ140ミリ  2160円

茶匙と菓子切り_b0132442_17395215.jpg


大塚友野

  上  けやきふき漆 長さは色々です。 972円
  下  水目桜 長さは色々です     972円
長さ120~135ミリ位
茶匙と菓子切り_b0132442_17400531.jpg
お皿へのあたりが優しく、すぅっと切れるナイフです。

by utsuwakaede | 2017-04-08 19:09 | 新入荷のお知らせ

KiLiスプーンとフォーク

KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16105416.jpg
白と黒の漆を塗り分けたkiLiの木のフォークとスプーンが届きました。
岐阜県の岡部量吉さんの仕事。京都丸太町にあるRYORIYA STEPHAN PANTELさんでコース料理の中でお使い頂いているカトラリーは、 お店でお食事をされた方も、お気に召してご自宅使いにご注文下さいます。

村木雄児さんの浅鉢と組み合わせてみます。黒い鉢は漆黒ではなく少し緑ががかってグレイに近い落ち着いた色です。
スプーンとフォークは、持ち手のベージュ&黒の組み合わせでカジュアルにも使って頂けます。 繰り返し漆を塗る事で頑丈に仕上げたカトラリー 各4320円  黒い鉢 口径243x高さ60ミリ  12960円
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16110691.jpg
一緒に作って下さったふき漆れんげ。こちらの木は大きなものを作った端材を利用しているため、木の種類はまちまち。
持ち手だけ黒漆にし、模様を描いてくださった新作です。テーブルに置いた時の安定も良く、柄の長さも絶妙。
お粥やおじやに。カレーやチャーハンも、口にすっと運んでくれます。 3240円
村木雄児さんの粉引き鉢は丼に程よいサイズ感なので組み合わせてみました。口径165x深さ85ミリ  8100円 
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16111842.jpg
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16112980.jpg
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16113847.jpg
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16114999.jpg
KiLiスプーンとフォーク_b0132442_16120306.jpg
村木雄児個展は明日12/10(木) 17:00までです。
12/11(金)は準備の為にお休み、12(土)から17(木)は郡司庸久さんの個展です。


by utsuwakaede | 2015-12-09 16:45 | 新入荷のお知らせ

岡部量吉さんの木のスプーンとフォーク

岡部量吉さんの木のスプーンとフォーク_b0132442_16410833.jpg
岐阜県高山市で漆の仕事をされている岡部量吉さん 柄が白漆、先が黒い漆のカトラリーが出来上がりました。
岡部量吉さんの木のスプーンとフォーク_b0132442_16405886.jpg
こちらのセットは京都 河原町のRyoriya Stephan Pantelさんでお使い頂くために作られたスプーンとフォークです。

楓では、サイズが選べるスプーンをご用意しています。(お皿は廣政毅さん)

明日9/1(火)は定休日です



by utsuwakaede | 2015-08-31 16:49 | お店から一言

デザートスプーン

デザートスプーン_b0132442_17462010.jpg
差し入れのお豆腐ジェラートが本日のおやつです。
甘さ控えめ さらりとした食感は、暑い日の午後のおやつにぴったりでした。

栓の木目が美しいふき漆デザートスプーン。
細部まで計算されたデザインは口に入れた時にわかります。
ジェラートの風合が損なわれないままにすくって口に運んでくれました。
削りから漆仕上げまで全ての行程をひとりでされている岡部量吉さんのきっちりとしたお仕事です。
デザートスプーン_b0132442_17462975.jpg
デザートスプーン_b0132442_17464278.jpg
銅に錫引き 表面は蜜蝋で仕上げたお皿です。
コースターのように使っても、果物やチーズ、お菓子をのせても、 
金属なので割れないのも嬉しいです。
デザートスプーン_b0132442_17465284.jpg
デザートスプーン_b0132442_17470101.jpg
表も裏側も 叩いた模様が美しい。
デザートスプーン_b0132442_17470925.jpg
デザートスプーン  長さ140ミリ   5400円
銅の丸皿  145xh80ミリ   4860円


明日から八月です。
八月も常設展示になります。



by utsuwakaede | 2015-07-31 18:29 | お店から一言

本日のスープ

父のお誕生日に一緒にランチの約束をしました。
沢山食べられるように、今朝はスープだけにしておきましょう。
本日のスープ_b0132442_15572055.jpg
本日のスープ_b0132442_15573624.jpg

小林慎二さんのまゆ椀 中のサイズにコーンスープを入れました。熱々のスープですけれど、持つ手にその熱さは
伝わってきません。漆のうつわの嬉しいところです。おまけにゆっくりと冷めるんです。
口径120  高さ75ミリ  10500円です。
by utsuwakaede | 2012-01-16 10:00 | お店から一言

木のスプーン

木のスプーン_b0132442_1545167.jpg
木のスプーン_b0132442_155249.jpg
木のスプーン_b0132442_1551348.jpg
木のスプーン_b0132442_155273.jpg
木のスプーン_b0132442_1553765.jpg

岐阜県高山で木と漆でカトラリー作っていらっしゃる岡部量吉さんから 木目が美しい小さなスプーンが届きました。素材は栃(とち) ちぢみ杢です。

ちぢみ杢て?  岡部さんに説明をしていただきました。

「木の名前についてですが、木材を板状に製材したとき、まれにおもしろい模様がでます。
これらを珍木として銘木屋で高価な材料として取り扱っています。
風雪に耐えたおもに大きい樹木でいろんな環境や状態ででる模様です。同じ種類の樹木でも
模様がでない木がほとんどです。だから貴重な材料です。
その模様のことを「杢目」といい。模様の状態でちぢみ杢、かすり杢、玉杢、など呼び名がたくさんあります。」

この栃のスプーンはちぢみ杢という模様だそうてす。虎の縞模様のようにも見えます。
 かすり杢や玉杢という模様も見てみたいと 興味津々。

拭き漆で仕上げたこの匙は、長さ130ミリ  匙の丸い部分 幅25ミリ  4200円 です。
お子さん用に、ヨーグルトやプリンなど デザート用に 、こだわりのお塩を入れた壷に・・・
眺めてるだけでも いいのかなぁ。 

本日の営業は13:00から19:00です。また 明日の火曜日は定休日になります。
by utsuwakaede | 2012-01-09 11:00 | 新入荷のお知らせ

夕方のおやつ

小石川の和菓子店  おかの栄泉の栗羊羹を頂戴しました。

早速、抹茶をたてて、ひと休みです。
夕方のおやつ_b0132442_1850431.jpg
夕方のおやつ_b0132442_18501389.jpg
抹茶の味はほっとさせてくれます。

夕方のおやつ_b0132442_1852772.jpg


夕方のおやつ_b0132442_18522630.jpg

夕方のおやつ_b0132442_18523548.jpg
夕方のおやつ_b0132442_18524795.jpg
楕円の磁器皿は砂田政美さん 立ち上がりがあるので お醤油皿でもOKです。 115x95x20ミリ    2625円

岡部量吉さんの菓子切り は欅に漆です。新作の菓子切り  羊羹を切ったり、挿したり  口に入れた時に、金属にはない独特なやわらかさを感じます。
夕方のおやつ_b0132442_18571576.jpg
 長さ140ミリ  持ち手の厚い部分の幅14ミリ      拭き漆で仕上げた持ち手は木目が美しいです。一本ずつ自然の木目は違うので、選んで下さいね。  3150円


夕方のおやつ_b0132442_1925511.jpg
夕方のおやつ_b0132442_193394.jpg
夕方のおやつ_b0132442_1931212.jpg
吉岡萬理さんの刷毛目碗  吉岡さんらしい 勢いのある刷毛目   元気がもらえるお茶碗です。  135x70ミリ     3675円

あわただしかった 昼間 のご褒美タイムでした。 ごちそうさまでした。
by utsuwakaede | 2010-10-17 19:09 | お店から一言

松岡洋二さんのガラス皿 など

日が短くなって、夕方五時頃になると、日中の明るさはないのに、気温は全く下がりません。
こんな日が これから どの位 続くのかしら。

目はまだまだガラスを欲してしまいます。松岡洋二さんからシンプルなリム皿が届きました。

松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_16555223.jpg

松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_1656987.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_16563061.jpg
丸なすの揚げ浸しを盛りつけました。 径185ミリ        高さ33ミリ   見込みの平らな部分の径100ミリ      4725円
お箸は長井均さん作   木曽の檜材を使った塗り箸です。220ミリ      3780円

松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_16593091.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_16595038.jpg
こちらは大きなサイズのリム皿です。  径250ミリ        高さ35ミリ     見込みの平らな部分の径135ミリ        7350円
木のカトラリーは高津川の岡部量吉さん作   素材は栓   木目がきれいです。柄の部分は握り易くしっかりとしています。フォーク185ミリ   6825円  スプーン175ミリ    6300円

2枚を重ねたり並べたり
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_1722946.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_1724243.jpg



豆鉢とぽってりと厚手の小鉢を使って
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_1735792.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_174974.jpg
 おつまみセットみたいですね。
左のぽってり小鉢 には いかとブロッコリーやしめじの和え物を。  口径85ミリ  高さ60ミリ     5250円        右の豆鉢には大根や人参を塩でもんだあっさり漬け物ふうを。   口径75ミリ   高さ30ミリ       2625円       トレイは秋田の こまちスタイル作   トチノキのくりぬき    オイル仕上げです。漆で仕上げていないキノ色や木目を生かしたトレイはどんなうつわとも相性が良いようです。5880円


松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_17151912.jpg

松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_17154258.jpg

松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_17155580.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_17161148.jpg
松岡洋二さんのガラス皿 など_b0132442_17162236.jpg
四角いピッチャーと四角いぐいのみです。  ピッチャー      径95x110(口まで)ミリ        高さ  110ミリ     220cc 5040円  ゆるやかな四角は手になじみます。      ぐいのみ  口径670ミリ      高さ70ミリ    2940円   やわらかな曲線が松岡さんの特徴です。
by utsuwakaede | 2010-08-23 17:06 | 新入荷のお知らせ

小口さんの長いグラスで

小口さんの長いグラスで_b0132442_16402093.jpg
手作りのママレードが中々へりません。 というのは、最近、食欲が出なくて、おめさも朝食も食べられないからなのです。冷たい飲み物ばかりを口にしているから と原因はわかっているんだ。
 そこで、飲み物に入れる事にしました。やっぱり冷たい ソーダにね。ママレードのきれいな色が栄えるよう、小口さんの細長グラスを使ってみました。 このグラスは ソーダを入れる前から 細かな泡がソーダみたいです。

トレイは、さかいあつし さんのタモという丈夫な木を使ったくりぬきの角盆。黒漆で仕上げてあります。335x335x35ミリ  31500円
冷たいゼリーを乗せたお皿は、グラスと同じ 小口宗之さんの水たまりのお皿、マドラーは南沢奈津子さん作。
フォークは岡部量吉さんの新作のデザートフォーク

小口さんの長いグラスで_b0132442_16505126.jpg
  タンブラー   60x155ミリ 3675円      コースターは小沢敦志さん 真鍮を叩いて焼き付けて表情をだしています。  径85ミリ     マドラーは南沢奈津子さん    真鍮に錫のメッキです。   2625円

小口さんの長いグラスで_b0132442_1725738.jpg
 水たまりのお皿   170x15ミリ  5775円

小口さんの長いグラスで_b0132442_1743732.jpg

小口さんの長いグラスで_b0132442_1744698.jpg
岡部量吉さんの新作のデザートフォークです。栓の木を使い、10回拭き漆を繰り返し塗って仕上げています。その上に先の部分が傷み易いので、透液を2回塗って溜塗りに仕上げています。  握る部分の丸みも優しく安心して長く使える様に考えて下さいました。長さ140ミリ       4200円です。

小口さんの長いグラスで_b0132442_17202867.jpg

小口さんの長いグラスで_b0132442_17204651.jpg
小沢さんの真鍮のコースター     1575円     グラスを持った時に水滴が付いてしまって布や紙や木だと一緒に持ち上がってしまう事がありますが、金属ならそんなことはありまん。

今日は隅田川の花火大会があります。さっきから、浴衣の女性が通り過ぎて行きます。きっと、すでに賑わっているんだろうな・・・・・・
いいんだもん。この間神宮球場でヤクルトがホームラン打ったときの花火  バスの窓から見たもん!!   
  お仕事、お仕事   
by utsuwakaede | 2010-07-31 16:56 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite