人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:小川佳子 ( 3 ) タグの人気記事

耐熱のうつわ 家庭画報に

耐熱のうつわ 家庭画報に_b0132442_17255184.jpg
発売されたばかりの家庭画報   「魚介の軽やかグラタン」
@だしで炊いた日本の冬野菜とソースで優しい味に

奥の増渕篤宥(とくひろ)さんの耐熱平皿には 「ゆり根と生ウニのサバイヨングラタン」 贅沢なグラタンです!!
サイズ 口径240ミリ(耳を入れずに) 高さ40ミリ   5184円
耐熱のうつわ 家庭画報に_b0132442_17260123.jpg
手前の小川佳子さんの耳付きグラタン皿  黄色い方には「海老いもと才巻き海老のグラタン」が、赤茶色の方には「下仁田ネギと雲子のグラタン」  何とも美味しそうです。  
小川佳子さんの耐熱器はどちらの色も、姉妹店shizenでお取り扱いをしています。   口径150ミリ(耳を入れない) 深さ50ミリ   3456円

増渕さんは来年春 楓で個展がございます時にお求め頂けます。  (3月18日 から23日まで個展)

by utsuwakaede | 2014-12-27 17:42 | お店から一言

今朝のshizen

今朝のshizen_b0132442_10272330.jpg

北風がやんで穏やかな朝。
小川佳子さんの耐熱器。しっかりつかめる持ち手もデザインされていました。
茶とたまご色の二種類があります。
by utsuwakaede | 2014-12-10 10:21 | SHIZENのお知らせ

タジン鍋のお料理

25日からSHIZENで開催している「日々の耐熱 展」
お料理上手で食べる事も大好きなSHIZENの刀根さんの直伝レシビのご紹介です。
小川佳子さんのタジン鍋使い (SHIZENのブログより)

閉店後のshizenで、いつぞやのタジン料理をデモンストレーション。

下味をつけた骨付き鶏を鍋に敷き、乱切りさつまいもをのせ
日本酒に合わせたかったので出汁+酒+薄口しょうゆを鶏がひたるくらいかけて
実山椒をぱらりして、加熱しました。

タジン料理のポイントは、終始弱火です。

しばらくすると食材の水分が蓋とボディの間に沸いてきます。
そのうち一部分がぷっぷっと勢いよく吹き上げてきます。
はねが気になるようでしたら、蓋をあけると圧力を調整できます。

おつまみは、茹で落花生、柿とトマトのサラダ、蕪のパセリドレッシングかけ。

ぷっぷっといって、15分ほどで出来上がり。
ほくほく、ふっくら。

小川さんから、画像拝借シリーズです。

葉ものを敷いて、焼売のあたためなおし。
ぷっぷっといってから、3分くらいで出来上がり。
しっとり、むっちり仕上がります。

茶碗蒸しも、お得意です。
調味した卵液を入れた器のまわりに水をはり、加熱して
ぷっぷっといったら5~10分ほどで出来上がり。
竹串でさして、透明になるのが出来上がりの目安です。

ふたから水が垂れないのが、美味しさの秘密?

南瓜もおすすめです。
大きさにもよりますが、一口大でぷっぷっといってから10分ほどで出来上がり。
丸ごと南瓜を半分に切って、ひき肉餡を詰めて加熱する場合は15分くらいでしょうか。

牡蠣の季節に、おすすめメニュー。
昆布を敷いて、牡蠣をのせお酒を大匙2くらいふりかけ加熱し
ぷっぷっといったら1分ほどで出来上がり。
最後の1分の前にバターを入れるのもおすすめです。

「日々の耐熱展」は、11月3日(月)17時までです。



by utsuwakaede | 2014-10-29 18:09 | SHIZENのお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite