うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:大崎麻生 ( 11 ) タグの人気記事

わびすけ

お正月に実家の庭から持って来た侘助を小林慎二さんの漆掛花いれに挿しました。

後ろにヒモが通っているので壁に掛けていましたが、このように置くことも出来ます。
b0132442_18443345.jpg

打田翠さんの楽焼き花入にも侘助を。隣の手捻り練り込み碗も打田翠さんです。
b0132442_18470304.jpg
流線の木目に眼を奪われそうな桜プレートと(大崎麻生さん みつろう仕上げ)   径265x厚さ35ミリ  8100円
b0132442_18485190.jpg
b0132442_18490361.jpg
打田翠 楽やき 花器 ボディの径120x高さ110ミリ   8640円、
練り込み碗 口径135x高さ60ミリ   16200円

寒いせいか、お花が元気でいてくれるのが嬉しいです。




by utsuwakaede | 2015-01-09 18:57 | ひとりごと

茶匙

日中は蒸し暑い10月ですが、温かな飲み物がそろそろ欲しくなってきました。

茶葉を急須に移す茶匙のご紹介をします。

大崎麻生さんの茶匙    
形は三種類  木の種類は沢山です(全て北海道の木で作られています)
全体の長さ80ミリ  匙の部分の径38ミリ  1470円
b0132442_1871920.jpg

b0132442_1873516.jpg


全体の長さ75ミリ  匙の部分の幅27ミリ   1260円
b0132442_1885977.jpg

b0132442_18992.jpg


全体の長さ80ミリ   匙の部分の幅40ミリ  1470円
b0132442_1892131.jpg

b0132442_1893199.jpg

素材の表情はそれぞれ。 しぜんが創る木のもよう  面白いです。

南沢奈津子さん  銅に錫引きの匙      
左 長さ75ミリ   幅35ミリ     右ふたつ  長さ80ミリ  幅35ミリ   2940円
b0132442_1894256.jpg

b0132442_1895460.jpg

キッチンの傍らに ころんとあったら  愉快な匙。
茶葉の種類や急須の口の大きさに合わせて 茶匙も選んでみて下さい。
by utsuwakaede | 2013-10-11 18:35 | お店から一言

ベルフェーリィのパンとお皿

ベルフェーリィーさんが焼きたてのパンを届けて下さいました。
フゥーーン  香ばしくっていい香りです。
b0132442_17221075.jpg


同じくらいの径のお皿にのせてみます。
鈴木美汐  ラウルシリーズは森にも秋がやって来た 感じのお皿ですね。径250 ミリ 高さ40ミリ   4725円
b0132442_1723838.jpg


富山孝一さんの栓の木を使ったトレイ     栓の幹の朽ちている部分はなるべく残して仕上げています。
ロクロ目も敢えてクッキリとさせ、お盆として、お皿として 使い込んでいきたくなる雰囲気を持っています。
b0132442_1724154.jpg

b0132442_17261550.jpg

b0132442_17263161.jpg
後ろ

漆で仕上げた富山さんのトレイと エゴマオイルで仕上げた大崎麻生さんの桜トレイ
仕上げの表情は全然違う顔  なのに 横に並べてもお似合いです。
b0132442_17265141.jpg


どちらも素材は木ですから 気軽に重ねられます。サイズも形状もほぼ同じです。
下の漆仕上げ  径275ミリ   高さ25ミリ  15750円    上の桜のお皿  径265ミリ  高さ30ミリ   7350円
b0132442_17271545.jpg

b0132442_17272519.jpg


寒くなってくると あったかそうな器に心が揺れます。
by utsuwakaede | 2013-10-03 17:34 | お店から一言

大崎麻生さんの木のお皿

先日届いた、大崎麻生さんの木のお皿は蜜蝋(ミツロウ)で仕上げてあります。
油を使ったお料理や濃い色のお料理を盛りつけても蜜蝋が防いでくれますので安心してお使い下さい。
何度も使って洗剤で洗う回数が多いと蜜蝋が取れて白っぽくかさついてきます。
ちょっとカサカサしてきたな・・・と思ったら、オリーブオイルを塗込んであげて下さい。

昨日のお昼ご飯のかんぴょう巻きを15センチのお皿に盛りました。
b0132442_17423860.jpg


12センチのお皿たち  上がエンジュ  左はサクラ 右がアサダという木です。
b0132442_1748256.jpg

エンジュのお皿の後姿
b0132442_17492680.jpg

こちらはサクラのお皿たち
b0132442_1750468.jpg

アサダは裏側にしても当然ツートンです。不思議です・・・
b0132442_1751415.jpg



15センチのお皿たち  上がサクラ 左はシュリザクラ 右がシラカバです。
b0132442_17514870.jpg


自然な色、自然な模様 癒されています。
by utsuwakaede | 2013-07-20 17:55 | お店から一言

大崎麻生さんの木の茶匙とお皿

北海道置戸町で木工の仕事をされている大崎麻生(osaki mao)さんからお皿と茶匙が届きました。
先ずは茶匙のご紹介です。

b0132442_13514070.jpg

デザインは三種類 (1260円と1470円です) 材となる木の種類はナント9種類!!
アズキナシ・エンジュ・イチイ・クルミ・サクラ・セン・マカバ・ニレの埋もれ木・ホウ
同じ木でも切り取る部分で木目が違うのが楽しくて     

お皿は初めての大きなサイズ9寸も2枚届けて下さいました。
b0132442_135923100.jpg

b0132442_13593562.jpg

大きなサイズから 4タイプ  
 9寸(約270ミリ) 7350円 、 7寸(約210ミリ) 3990円 、 5寸(約150ミリ) 2520円、
4寸(約120ミリ) 1890円    材はサクラ・エンジュ・タモ・アサダ になります。
9寸のお皿はサクラの材のみです。

木のうつわは 軽くて柔らかそうで、温かみがあって ほんわかほっと な感じです。
エアコンで冷えてしまったテーブルに木のお皿も添えてみて下さい。
by utsuwakaede | 2013-07-18 14:15 | 新入荷のお知らせ

小沢敦志さんの金属の仕事

鍛金でカトラリーの制作をしていらっしゃる小沢敦志さんからサーバーと茶匙が届きました。

サーバーは小澤さんらしいデザインです。
b0132442_18202135.jpg

b0132442_18203741.jpg


フォークの形はお肉もお魚も刺す事の出来る機能もしっかり
スプーンの形はスープのあるものでも逃さず取り分けられます。
単品でも、二本をセットでも、きれいに重なるデザインです。素材はステンレス
フォーク  長さ260ミリ  柄の長さ約195ミリ  匙の部分の幅約73ミリ  6825円
スプーン 長さ260ミリ  絵の長さ 約190ミリ  匙の幅 約73ミリ  6300円
b0132442_18223728.jpg


b0132442_18225373.jpg

b0132442_18233051.jpg


茶匙  長さ83ミリ  素材ステンレス  2100円
b0132442_18284663.jpg

b0132442_182906.jpg

b0132442_18291562.jpg


大崎麻生さんのクルミの茶筒と
b0132442_18292764.jpg

b0132442_18301036.jpg

照井壮さんの白磁ポットと
b0132442_18302938.jpg

by utsuwakaede | 2012-08-08 18:23 | 新入荷のお知らせ

お茶にしましょ

b0132442_152222100.jpg

野口悦士さんの宝瓶を使ってお茶の時間です。
先日のうつわノートさんでの個展で求めた宝瓶は手の中に包み込みたくなる愛らしさ。
口が広いので茶葉の出し入れもラクチンです。
こちらは私物ですが、制作を野口さんにお願いしています。

西川聡さんの茶杯、南沢奈津子さんの金箔を貼った豆皿を茶托の代わりにしました。
茶匙はさかいあつしさん  奥の茶筒は大崎麻生さんです。

b0132442_15292856.jpg
b0132442_15293899.jpgb0132442_15295561.jpgb0132442_1530432.jpg
by utsuwakaede | 2012-06-10 15:31 | お店から一言

今日のおやつ

b0132442_1613399.jpg
b0132442_16131184.jpg
b0132442_16131956.jpg
b0132442_16133050.jpg
楓のお向かいのサンドリーズさんから差し入れを頂戴しました。イチゴと餡がぎゅうひの衣に巻かれて、おひな様のようなひとくちサイズのおやつです。

大崎麻生さんのニレ埋もれ木の小皿と南沢奈津子さんの銅の小皿に。

大崎麻生 木皿  径120ミリ  厚み18ミリ  2310円
南沢奈津子  銅小皿  径90ミリ  高さ3ミリ    3675円

村上躍さんのめしわん展は明日13日17:00で終了致します。
by utsuwakaede | 2012-02-12 16:38 | ひとりごと

大崎麻生さんの木皿

北海道置戸町で木工の仕事をしていらっしゃる大崎麻生さんから5寸皿が届きました。
地元北海道の樹を使う事にこだわりを持ち制作をしておられる大崎さん、今回は四種類の材のお皿です。
b0132442_13164830.jpg

左上から時計回りに、シラカバ・クルミ・サクラ・セン    みつろう仕上げです。 150x25ミリ  
 各2520円(素材が違っても、サイズはほとんど同じになります)
お菓子皿や取り皿として、風合いを楽しみながらお使い下さい。

シラカバ
b0132442_1473819.jpg

b0132442_1474881.jpg


クルミ
b0132442_1484251.jpg
b0132442_1485249.jpg


サクラ
b0132442_149161.jpg
b0132442_1492857.jpg


セン
b0132442_1495667.jpg
b0132442_1410575.jpg
b0132442_14102367.jpg
b0132442_14104376.jpg

by utsuwakaede | 2011-06-18 14:17 | 新入荷のお知らせ

お茶の時間 その5

昨日はご紹介出来なかった、大崎麻生さんの茶筒と山本哲也さんの茶入れなど、蓋のあるものの画像です。

b0132442_15114736.jpg


b0132442_15123131.jpg
b0132442_15124648.jpg



山本哲也さんの茶入れ
b0132442_15161117.jpg
左はだるまさんのような形です。ボディの半分と内側と中蓋のぐるりが銀彩になっています。 80x110ミリ  10500円、 右はちょっと小振り    なつめのような雰囲気です。   内側と蓋のぐるりが銀彩です。70x110ミリ    10500円  
b0132442_15162393.jpg



b0132442_15175413.jpg


ボディが粉引き  蓋はsabi 金属のような風合いの茶入れです。中蓋を取ると、内側は灰釉の落ち着いた緑色でした。  70x105ミリ  8400円
b0132442_15234872.jpg
b0132442_1524656.jpg
b0132442_15241984.jpg


大原光一さんの焼き〆蓋物     手の部分が愛らしい感じです。梅干しやお塩なんかも入れたい感じです。
80x75ミリ   4200円
b0132442_15243780.jpg

b0132442_15252396.jpg
b0132442_15254168.jpg

by utsuwakaede | 2011-01-29 15:26 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite