人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:ピッチャー ( 10 ) タグの人気記事

村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月) 二日目です

村木さんがまだ若い頃、みかんの木の灰を釉薬にしたうつわを作られたそうです。
今回久しぶりにみかん灰釉のピッチャー、小鉢、長皿を作られました。

鉄分の多い土にみかん灰釉をかけるので土の中の鉄粉が模様のように表れています。
釉薬の厚く溜まった部分が白濁しています。
高さ19センチ ほっこり丸いピッチャー
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18375342.jpg
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18375490.jpg
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18380128.jpg


高さ16センチ弱の筒型ピッチャーはみかん灰釉がガラスのようになっています。
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18380596.jpg
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18380846.jpg
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18381107.jpg
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18381438.jpg
ミニピッチャーも一つだけみかん灰釉があります。
小ぶりながらたっぷりと釉がかけられて、一輪挿しで使ってみたら和の花も合いそうです
村木雄児陶展のご案内 11月20日(水)~25日(月)   二日目です_b0132442_18381428.jpg
会期は来週月曜日25日までです。
最終日は17:00で終了いたします。
村木さんの在廊は終わりましたが、うつわたちに合いにいらして下さい。

by utsuwakaede | 2019-11-21 18:50 | お店から一言

棚橋祐介展4日目

棚橋祐介展4日目_b0132442_17291354.jpg
棚橋祐介展 4日目、夕方になりました。

棚橋さんの器といえば、どんぐりの渋を貫入に染み込ませ、アンティークのような雰囲気の白く軽い器をイメージします。
今回は定番の器と合わせて、金属釉をかけたピッチャーとフリーカップ、豆皿も並んでいます。
ピッチャーは写真の二つになりました。
ボディの丸みが違うからでしょうか 釉の流れ方が違って見えます。
花入にしても素敵!!と思います。


棚橋祐介展4日目_b0132442_17291095.jpg
棚橋祐介展4日目_b0132442_17290348.jpg

棚橋祐介展は30日が最終日です。
30日は17:00で終了になります。

10月1日・2日はお休みを頂き、3日から常設展示です。


by utsuwakaede | 2019-09-28 17:46 | お店から一言

大澤哲哉さんのマグとピッチャー

新しい作家さんのご紹介です


大澤哲哉さん

1984 岐阜県多治見市生まれ / 2008 名古屋芸術大学美術学部造形科卒業
2008 吉川正道 氏に師事 / 2015 愛知県常滑市にて制作活動中

2013 [個 展] TOALHANT 常滑 / 愛知 / 2013 [グループ展] ±PLUS MINUS 
2014 [個 展] hiraya 蒲郡 / 愛知


化粧をかけた肌からのぞく黒っぽい土色、カサッカサっとした質感と驚く程軽いマグカップ 
デザインは同じですがペンキが剥がれたような肌合いが面白いコーヒーカップです。

四色作って頂きました
口径70 ミリ 高さ90ミリ  約200cc(個体差があります)
各3240円
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18571453.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18573240.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18574116.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18580533.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18575431.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18582329.jpg
大振りなピッチャー どんなお花を入れようか・・・
口までの高さ235ミリ ボデイの径130ミリ  19440円
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18591784.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18592739.jpg
大澤哲哉さんのマグとピッチャー_b0132442_18593946.jpg
明日10日は定休日です
9月10日まで常設展示になります。



by utsuwakaede | 2018-07-09 19:08 | 新入荷のお知らせ

大江憲一展 4日目 (1/27)

大江憲一展 4日目 (1/27)_b0132442_12570998.jpg
昨日のチューリップが室内の暖かさでこんなに開いてしまいました。
花器にもなるピッチャー(奥)はサイズが程よく軽いので、酒器としても便利です。
1合半程入ります。 7020円



大江憲一展 4日目 (1/27)_b0132442_12571786.jpg
ハンドルのある注器 コーヒードリッパーで使いたくなるサイズです。 
約350cc 7560円

・大江さんの個展は29日(月) 17:00までです。
・30日、31日はお休みになります
・2月1日(木)~11日(日)は常設展示です



by utsuwakaede | 2018-01-27 13:07 | お店から一言

大江憲一展 2日目 2/25

大江憲一展 2日目 2/25_b0132442_16191852.jpg
大江憲一展 2日目です
とっても寒いので、チューリップを活けました。

注ぐものがお得意な大江さんのピッチャーですから、もちろん手に持ちやすく、注ぎ具合も良いです。
約250cc 口径70x高さ130ミリ  7020円


大江憲一展 会期は29日(月)までです。
  30,31日はお休み致します。
2月1日(木)~12日(月)は常設展示になります。


by utsuwakaede | 2018-01-25 16:42 | 展覧会のおしらせ

内田 京子さんの花入ピッチャー

本当にほんとうに久しぶりに内田 京子さんの作品が届きました。
花入ピッチャー三種類のご案内です。

石粒の混ざった粗い土を使い、手捻りで成形しています。

独特の存在感がある内田 京子さんの作品です。
内側には釉薬が掛けられているので、水を入れても汚れなどはつきません。
お花をいれても、お水やワインを入れても、ただ飾るだけでも・・・

内田 京子さんの花入ピッチャー_b0132442_16130142.jpg

左から 口径(持ち手は入れません) 130xh185ミリ・115xh170ミリ・115xh190ミリ
     各35640円
内田 京子さんの花入ピッチャー_b0132442_16122835.jpg
内田 京子さんの花入ピッチャー_b0132442_16123811.jpg
内田 京子さんの花入ピッチャー_b0132442_16124992.jpg

15日(月)まで常設展示でご覧頂けます。
個展会期中はしまっていますので、お声掛け下さい。


by utsuwakaede | 2018-01-12 16:21 | 新入荷のお知らせ

ピッチャーとお皿

手付きのピッチャー 増渕篤宥さんの一点ものです。
あるだけで美しい  ソースを入れたり、花を入れたり


市野耕さんのしのぎのお皿と

ピッチャー  増渕篤宥さん  約200cc 5940円
ピッチャーとお皿_b0132442_17025562.jpg

中野悟朗さんの渚 四角いお皿と
見込みがフラットなスクエア 外側のしのぎ模様がアクセントです。  
210x210x高さ20ミリ  4860円

ローストポークにサラダを添えて
パンケーキとソーセージ
チーズとパケット
豆皿や豆鉢をのせて残り物を変身させて

ピッチャーとお皿_b0132442_17033700.jpg
ピッチャーとお皿_b0132442_17032518.jpg


市野耕さんの灰釉八寸しのぎ皿 
斜めの鎬が外に飛び出しそうな元気なお皿です。
口径235ミリ 高さ48ミリ 4752円

真ん中だけ盛りつけるとお料理をしのぎ模様が引き立ててくれそうです。
炒め物などたっぷり盛ったら深さで包んでくれそうです。

ピッチャーとお皿_b0132442_17035062.jpg
ピッチャーとお皿_b0132442_17040270.jpg
ピッチャーとお皿_b0132442_17050780.jpg


ピッチャーとお皿_b0132442_17095500.jpg
日中は温かくて、今夜は青山墓地を歩いてみようかと思っていましたが思いがけない雷雨になってしまいました。
お昼過ぎの窓辺です。
臼田けい子さんのルリ釉七寸皿 アキノヨーコさんのレース片口 
陽射しを感じるとこの組み合わせしたくなります。

ピッチャーとお皿_b0132442_16525709.jpg
明日4日(火)は定休日です。

今月のお休み
4日(火)・11日(火)・18日(火)・25日(火)・29日(土)






by utsuwakaede | 2017-04-03 18:27 | お店から一言

GO KASAMASHIKO via TOKYO '17 笠原良子さん

笠原良子  Yoshiko Kasahara 埼玉県生まれ

「益子の土、伝統釉を使い現代の生活にも合ううつわを発表出来ればと思っています」

2000  日本大学芸術学部 美術学科卒業
     栃木県窯業指導所 伝習科卒業
2006 益子の故島岡達三氏に師事
2014 栃木県芳賀郡茂木町に築窯、独立
     栃木県芳賀郡市貝町に移築


DMの作品です。
1.飴釉しのぎ水差し  高さ220ミリ  34560円
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_19290756.jpg




2.地釉しのぎ水差し   ¥34560
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18373413.jpg



左から
3.地釉しのぎ花入れ   ¥19440
4.飴釉一輪挿し   ¥4536
5.白釉一輪挿し   ¥4536
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18380510.jpg


左から
6.白釉しのぎ一輪挿し   ¥4860
7.飴釉しのぎ一輪挿し   ¥4860
8.地釉しのぎ一輪挿し   ¥4860
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18381171.jpg


10.11.筒描8寸台皿    ¥8100
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18381971.jpg



13. 輪花皿 8寸   ¥7884
14.輪花皿 6寸   ¥4320
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18385100.jpg


左から
15.地釉しのぎ後ろ手急須   ¥8424
16.飴釉しのぎ後ろ手急須   ¥8424
17.掛合しのぎ後ろ手急須   ¥7776
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18393529.jpg
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18394213.jpg


18.飴釉しのぎジャグ   ¥5940
20.白釉しのぎジャグ   ¥5940
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18402760.jpg


22.地釉楕円皿 大   ¥7344
23.地釉楕円皿 小   ¥3024
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18404451.jpg


25.地釉楕円小皿   ¥1728
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18405499.jpg


27.白釉筒描プレート 尺    ¥11880
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18411127.jpg


34.地釉花文リム皿 8寸   ¥7776
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18412607.jpg


37.掛合花文リム皿 6寸   ¥4860
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18423657.jpg


44.黒釉筒描皿 6寸   ¥4212
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18424243.jpg


左上 49.小皿 菊   ¥1512
右上 57.白釉小鉢   ¥1512
中央 59.小皿 菱   ¥1296
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18424995.jpg



66.黒釉花文鉢 6寸   ¥4536
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18425523.jpg


70.地釉花文鉢 6寸   ¥4536
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18430264.jpg


73.掛合しのぎ鉢   ¥3780
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18431073.jpg



左から
80.81.84.カフェオレボウル    ¥3456
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18431731.jpg


85.白釉筒描スープボウル   ¥4320
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18432536.jpg


91〜95.ワインカップ色々    ¥5940
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18433625.jpg



97.98.100.マグカップ色々   ¥2808
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18434213.jpg


106.飴釉カップ    ¥3456
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18435222.jpg


116.掛合しのぎカップ    ¥2592
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18440117.jpg


118〜127.飯碗 大    ¥2808   
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18441229.jpg



ここからのご案内は全て耐熱土の作品となります。

129.土鍋 赤土 3L    ¥35640
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18442076.jpg
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18442714.jpg


130.土鍋 茶 2.2L    ¥30240
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18443644.jpg



132.楕円しのぎグラタン皿 大   ¥6480
133.楕円しのぎグラタン皿 小   ¥4536
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18445016.jpg


135.しのぎグラタン皿 白 7寸    ¥8640
139.しのぎグラタン皿 白 6寸    ¥7128
143.しのぎグラタン皿 白 5寸    ¥5940
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18450436.jpg


137.しのぎグラタン皿 赤土 7寸   ¥8640
141.しのぎグラタン皿 赤土 6寸   ¥7128
153.しのぎグラタン皿 赤土 5寸   ¥5940
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18451205.jpg


158.フォンデュ鍋 白 4寸   ¥4860
154.フォンデュ鍋 白 5寸   ¥6480
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18455223.jpg
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18460207.jpg


160.フォンデュ鍋 赤土 4寸   ¥4860
156.フォンデュ鍋 赤土 5寸深  ¥7020
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18471062.jpg
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18471863.jpg


162.ココット 白    ¥4320
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18472443.jpg


164.カスエラ 赤土    ¥3240
GO KASAMASHIKO via TOKYO  \'17  笠原良子さん_b0132442_18473163.jpg

by utsuwakaede | 2017-02-10 19:29 | 展覧会のおしらせ

松岡ようじさんのガラス

松岡ようじさんが出来立てのうつわを持って来て下さいました。
松岡ようじさんのガラス_b0132442_14435015.jpg
松岡ようじさんの特徴的なガラスの色や雰囲気が表れているうつわたちは、陶器との相性もとても良いのです。
光藤佐さんの八角鉢と一緒に。

種の杯の高台はガラスなのにぽってりと柔らかな印象です。
口径75ミリ 高さ約113ミリ~115ミリ   5400円
松岡ようじさんのガラス_b0132442_14443553.jpg

持ち手のないピッチャー 以前からお願いしていたデザインです。
容量は口元までで800ccですが、600cc位が調度、注ぐのにも良いと思います。
高台が安定しているので安心感もあります。
ボディの径950ミリ 高さ1800ミリ  7560円
松岡ようじさんのガラス_b0132442_14452074.jpg


定番のたわみ小鉢も一緒に届けて下さいました。 約口径140x118x深さ50ミリ  3780円
デザートにも和え物などにも 銘々小鉢としてお使い下さい。
南沢奈津子さんの銅+錫の角皿、アイスクリームスプーン・渡辺由紀さんの豆皿と。

松岡ようじさんのガラス_b0132442_15064274.jpg
松岡ようじさんのガラス_b0132442_15071384.jpg
松岡ようじさんのガラス_b0132442_15072208.jpg
18日(月)・19日(火)は連休、26日(火)がお休みです。
18日(月)はshizenは営業しております。



by utsuwakaede | 2016-07-17 16:23 | 新入荷のお知らせ

照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)

照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)_b0132442_17472555.jpg
照井壮展 2日目です。

おやつに SHOZOさんのコーヒー、利枝さんから届いたアンリシャルパンティエの焼き菓子を
細く彫った線に青い顔料を入れた、デルフト皿は青い線がアクセント 
パンケーキや彩りのきれいな野菜フリットなど 油染みなど気にせず使えるのも嬉しいです。 200x30ミリ  3240円

たっぷりな径があるフラットなお皿は使い方を遊べます。
ロクロ目を残した、優しい白に照井さんらしさを感じます。 盤皿大  径310x高さ13ミリ  8640円
照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)_b0132442_17480365.jpg
一輪挿しは、磁器土を焼いて砕いた粒を混ぜ込んでロクロを引いています。高さ約80ミリ  3780円
アイアン皿立ては永島義教さん作(50センチ程のお皿にも使えます)
照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)_b0132442_17482823.jpg
緑を帯びた青いカップ ボディの細さが手に馴染みます。 ひとくちサイズの冷たいお茶をお出しするのにも。
口径76x高さ76ミリ 2376円

照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)_b0132442_17484390.jpg
粗磁土のピッチャー 
花入れとしても、ミントティーや麦茶を入れて食卓で使うのも、ハンドルが持ち易く、
大き過ぎなくて良いサイズです。
約400cc 5400円
照井壮磁器のうつわ展 2日目(6/30)_b0132442_17485319.jpg
照井壮さんのうつわは電子レンジもお使い頂けます。


by utsuwakaede | 2016-06-30 18:17 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite