人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

ひのきのお箸

赤い漆のおはしは、少し暑苦しいでしょう と届けて下さった拭き漆のお箸はよおく見ると焦げ茶色ですが、一瞬黒に見えます。
頭の部分に錫がまいてあります。銀でもなく金でもない微妙な色です。
ひのきのお箸_b0132442_1911351.jpg
 どおですか
涼しそうに感じませんか。
ひのきのお箸_b0132442_1925618.jpg
定番の赤い漆のお箸です
ひのきのお箸_b0132442_194319.jpg
黒漆のお箸
ひのきのお箸_b0132442_1951379.jpg
紺色の漆のお箸
ひのきのお箸_b0132442_1953753.jpg
錫を巻いていない拭き漆のお箸
お箸置きもtガラスの鉢も同じ物ですが、お箸を替えると印象が変わりますよね。何だか面白い。組み合わせのゲームのようです。
拭き漆に錫の箸 22,5センチ 4410円 八角形 取り箸もあります 藤野雅也 作
赤い漆のお箸  22センチ  3780円 四角形  長井均 作
黒い漆のお箸  23センチ  3990円 八角形  藤野雅也 作
青い漆のお箸  23センチ  3990円 八角形  藤野雅也 作
拭き漆の取り箸  27,5センチ 4200円 八角形  藤野雅也 作
拭き漆に錫の取り箸 30,5センチ 4725円 八角形 藤野雅也 作

拭き漆のおとり箸の良い所 拭き漆だと指紋がつかないんです。おとり箸って みんなで使うので、細かいことですけれど、指紋のことを言われてみれば、気になるかも。
そうなんだ と藤野さんに言われて気が付く私は普段はふたりなので、おとり箸のない食事をしています。
お客様の時や、お店でお使いいただくのにはもってこい の拭き漆箸でした。
八画なので、ころがらないしね。
# by utsuwakaede | 2008-08-06 19:34 | お店から一言

灰被りのつぼ

田宮亜紀さんのてびねりのつぼです
灰被りのつぼ_b0132442_17433755.jpg

灰被りのつぼ_b0132442_17435681.jpg

土の中にうずもれていたかのような、窯の中で灰をたっぷりと被り窯変したつぼ。
どんな花をいれたら良いのか迷います。こんな時にはしばらく眺めて眺めて、しっくりと合うものが見つかるまでは やっぱり眺めていることにしましょう。
17x高さ16センチ  52500円
# by utsuwakaede | 2008-08-04 18:05 | 新入荷のお知らせ

蓋物

蓋物_b0132442_17142847.jpg

蓋物_b0132442_17144510.jpg

蓋物_b0132442_17145920.jpg

増淵篤宥さんのふたもの 直径19センチ  高さ7,5センチ(蓋を含む) 8400円
春の展覧会の時にお願いしていたものでした。蓋をあけると、天むすやおいなりさんが
並んでいたりして・・・  蓋のあるものって大きさに関係なくつい手に取って中をのぞいちゃう。開けたら どんなふうなのだろう?  というワクワクした気持ちは大人になっても変わっていない気がします。
# by utsuwakaede | 2008-08-04 17:42 | 新入荷のお知らせ

八ヶ岳のふもと 小淵沢へ

子供の頃から夏休みを過ごした小淵沢に日帰りで行ってきました。
祖父母が東京から疎開をしてそのまま住み着いた小淵沢は四季のはっきりとした自然豊かな所です。小学生の時、自分の背丈よりも高いトウモロコシ畑で迷子になってしまった思い出の畑を、母が手放すため、その前にもう一度見ておきたいと出かけました。
標高が高いので太陽が近い事を肌で感じます。でも汗をかかないのは、湿度が低いのですね。調度別荘にいた叔父に案内をしてもらいます。
八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_1874412.jpg
叔父の山荘のベランダからはテーマごとに庭を造っている景色が見られます。ロックガーデン、ハーブガーデン、蝶の為の庭、黄色がテーマの庭etc
八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18112598.jpg

八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18115170.jpg

八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_1812155.jpg

八ヶ岳倶楽部のカフェで
八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18142166.jpg

八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18144140.jpg

生憎 曇っていて八ヶ岳を見る事はできませんでした。つかの間、子供の頃の思い出にひたった休日でした。
八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18171669.jpg

八ヶ岳のふもと 小淵沢へ_b0132442_18174078.jpg

生まれて初めて駅そば 食べちゃった。それもひとりきりで。
# by utsuwakaede | 2008-08-03 18:19 | ひとりごと

山野辺孝さんの工房を訪ねて

定休日の火曜に福島県いわき市に工房を持っている山野辺孝さんのところへ伺いました。上野駅から列車に乗るのは久々。スーパー常陸という列車で2時間程です。
まずは小名浜港の食堂で腹ごしらえです。取れたてピチピチのお刺身丼をみんなでいただきました。
山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18391133.jpg
カニがまっぷたつに割られてお味噌汁の具に。おだしが効いてます。甘エビの美味しいこと!
山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_1841790.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18412645.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18414255.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18415797.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18421170.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18422944.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_1842587.jpg

緑豊かな山の中腹に工房がありました。下を見れば川が流れていて、東京とは気温が3度くらい低くて、あまり汗をかきません。沢ガニを捕って山野辺さんの大鉢に入れました。作品の写真は撮りませんでしたが、送って下さってから改めてご紹介します。
仕事場を急ごしらえで作ったので、電気はあるけどお水がありません。毎日自宅のアパートからポリタンクに入れて車で運びます。どおりで、車のトランクのチャポチャポという音の正体はお水だったのですね。
織部と粉引きの掛け分けのお皿が気になって、今回工房にお邪魔したのですが、土灰を掛けた鉢などもとても使いやすそうです。到着を楽しみに、工房を後にします。

つぎに行ったのは山野辺さんご夫妻のお薦め温泉。
山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_1858252.jpg

山野辺孝さんの工房を訪ねて_b0132442_18585921.jpg
旅館ですがお風呂だけでもOK。平日の夕方だったので貸し切り状態。ひとりでゆっくりとお湯につかりました。効能は? 少しぬるぬるとしたお湯はお肌がすべすべになるとか。でも一回じゃ無理なこと。
慌ただしかったけれど、山野辺さんとお話も出来たし、仕事場も見せて頂いたし。
スターネットさんで秋に個展をされるので、注文のうつわがすべて揃うのは10月になりそうです。気長に待ちましょう。 夏の日帰り旅でした。
# by utsuwakaede | 2008-07-31 19:15 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite