うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

菅野一美さんの飴釉と灰釉のうわ

岐阜県多治見の陶芸家 菅野一美さんの器が届きました。
1972年 愛知県瀬戸市生まれ
2000年 愛知県立窯業高等技術専門学校卒
黒岩卓実ののもとで器を学ぶ
2003年 岐阜県多治見市にて独立

飴釉輪花深皿 口元の薄いベージュがアクセントになっています。
見込みの平らな部分が広く便利に使える小鉢です。 高台の代わりに四つ足が付いています。
口径140ミリ 高さ40ミリ  2592円
b0132442_14595492.jpg
b0132442_14595834.jpg
b0132442_15000586.jpg


左  灰釉朝顔鉢
口径165ミリ 深さ48ミリ  3240円
口の広がりが少しのお料理も贅沢に見せてくれそうです。
釉の流れや溜まりの景色が楽しめます。
b0132442_15001659.jpg
b0132442_15001336.jpg
b0132442_15000920.jpg

灰釉輪花豆鉢 
豆鉢はいくつあっても嬉しい器です。
甘いものをちょこっと、時雨煮などの佃煮も
大皿に豆鉢を並べて楽しい時間を
口径90ミリ 高さ40ミリ 1080円
b0132442_15001912.jpg
b0132442_15002317.jpg
b0132442_15002663.jpg
b0132442_15002817.jpg
菅野一美さんが昨年から手がけ始めた掻き落としの器も三月の個展ではご覧頂けます。


# by utsuwakaede | 2019-02-01 15:53 | 新入荷のお知らせ

2月のご案内

b0132442_14595045.jpg
2月のご案内

春が来るのが待ち遠しい2月です。
東京は変わらすにカラカラお天気なので、加湿器なしには過ごせません

2月の個展   
塩鶴るり子展  
会期:6日(水)~11日(月)
時間:12:00~19:00(最終日の11日は17:00まで)
塩鶴さん在廊日:6日(水)・7日(木)
DMの写真:栗原かほり

b0132442_15093490.jpg
2月のお休み
4日(月)・5日(火)・12日(火)・18日(月)・19日(火)・25日(月)・26日(火)
今年から個展会期を除いて月曜日・火曜日が定休日になりました。
よろしくお願い致します。

トップ写真は水谷和音さんの耳付き楕円スープカップです。
スープ・サラダ・リゾット・小鉢などに使える耳が愛らしいカップです。
組み合わせた小皿はセットにはなっておりません。
2種類の色でお願いしましたが、次の入荷は2月末になります。


# by utsuwakaede | 2019-02-01 15:21 | お店から一言

上野剛児さんの焼締片口小鉢

b0132442_17515410.jpg

香川県で製作されている上野剛児さんの片口小鉢です
灰をうっすら被っているもの、赤味が強いもの、石はぜがあるものなど・・・
一つとして同じ色味ではありませんが、サイズはほぼ同じ、重ねての収納もできます。
ほんのり苦味のある春野菜、ごま和え、お豆腐、小振りな焼売・・・
ちよっとお酒を とかしこまらないで使える焼き〆の片口小鉢です。
径 約125x100ミリ 高さ約53ミリ  3240円です

b0132442_17521175.jpg
b0132442_17515721.jpg
b0132442_17523015.jpg

明日から2月
営業日カレンダーでも展覧会スケジュールのご案内をしています。
お時間ございましたらご覧になって頂けますようお願い致します。

上野剛児さんの個展は10月23日(水)~28日(月)にお願いしています。

# by utsuwakaede | 2019-01-31 18:10 | 新入荷のお知らせ

扉が綺麗になりました!!

b0132442_16304931.jpg
五年前に一度塗り直しをした店のドア 気持ちの良いお天気の時は開けているので、
風雨に晒され、個展の準備のダンボールが擦れたりとなかなかハードな環境に耐えています。
特殊な塗り方ができる職人さんは少なく、昨年からお願いしてようやく時間の調整が出来ました。

オープン当時の黒が錆びていい感じの色に育ってくれています。
経年変化していくおもしろさは器を育てて使い込むことと同じ。
真新しいものは気持ちいいけど、どこか居心地が悪くて、同じ時間を過ごして
心地よい自分の色になっていく。

 今回もその気持ちを理解して修理して頂けました。
Good Job Company 金森司さんです。
まだHPはないそうです。
b0132442_16304531.jpg
  
b0132442_16303755.jpg

綺麗になった外側と内側
b0132442_16305129.jpg
   
b0132442_16305434.jpg

# by utsuwakaede | 2019-01-30 17:31 | ひとりごと

店内のうつわ

本日から常設展示になりますが2月6日(水)から次の個展が始まりますため、短い期間になります
次の常設展示は2月13日(水)~3月10日(日)です。

一部ですが常設の器をご紹介致します。

焼締の酒器 徳利の大小やサイズ違いのぐい呑 届きました。
上野剛児さんは香川県で仕事をされています。
次の窯のために、今は薪や土の準備をされているそうです。
とっくり 6480円から
ぐい呑 2160円から
b0132442_16300307.jpg

八木橋昇さんの定番の玉縁皿に30㎝のお皿が加わりました。
黒釉の玉縁皿は出来上がりの次第のご案内になります。
今回は粉ひき皿が一枚だけになります。10044円

手前の「五角杯」は松岡ようじさんの吹きガラスです。
高台の丸さが魅力的です。4104円
b0132442_16301411.jpg


上と同じ八木橋昇さんの玉縁皿 9寸と7寸です
8寸も店頭にございます。

粉引・黒釉 9寸玉縁皿 8424円
8寸玉縁皿   5724円
7寸玉縁皿  4320円 

奥澤華
洋白デザートスプーン  3456円
洋白デザートフォーク  3456円

アキノヨーコ
ICY小鉢  4860円

b0132442_16301979.jpg
b0132442_16302214.jpg


村井大介さんの磁化粧鉢  5400円
奥 ナチュラルエッジボウル  ニレの木 (臼田健二) 27000円
b0132442_16302609.jpg

小椀 二種 桜とほうの木 (河内伯秋) 各3240円
b0132442_16302908.jpg

増渕篤宥さんの馬上杯(5400円)とフラットなお皿
手前の板皿 195x150ミリ 5400円 山田隆太郎
奥のフラットな皿 銅に錫引き 200x120ミリ 7560円 南沢奈津子

b0132442_16303268.jpg

長井均さんの赤い椀たち
左から
4寸椀 12960円
花びら椀 12960円
4,5寸椀 19440円
合鹿椀 19440円
b0132442_16300886.jpg
まだまだご案内しきれません。
どうぞお立ち寄り下さいませ。

# by utsuwakaede | 2019-01-30 17:14 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite