人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

田中信彦さんの器で

今朝のおめざ
栗の渋皮煮とぐりコーヒー。どちらも愛用している田中信彦さんの器で。
田中信彦さんの器で_b0132442_8362833.jpg

優しい色合い、使いやすいさが愛用のポイントです。
来週18日金曜日から田中さんの個展が始まります。
by utsuwakaede | 2013-10-12 08:30

茶匙

日中は蒸し暑い10月ですが、温かな飲み物がそろそろ欲しくなってきました。

茶葉を急須に移す茶匙のご紹介をします。

大崎麻生さんの茶匙    
形は三種類  木の種類は沢山です(全て北海道の木で作られています)
全体の長さ80ミリ  匙の部分の径38ミリ  1470円
茶匙_b0132442_1871920.jpg

茶匙_b0132442_1873516.jpg


全体の長さ75ミリ  匙の部分の幅27ミリ   1260円
茶匙_b0132442_1885977.jpg

茶匙_b0132442_18992.jpg


全体の長さ80ミリ   匙の部分の幅40ミリ  1470円
茶匙_b0132442_1892131.jpg

茶匙_b0132442_1893199.jpg

素材の表情はそれぞれ。 しぜんが創る木のもよう  面白いです。

南沢奈津子さん  銅に錫引きの匙      
左 長さ75ミリ   幅35ミリ     右ふたつ  長さ80ミリ  幅35ミリ   2940円
茶匙_b0132442_1894256.jpg

茶匙_b0132442_1895460.jpg

キッチンの傍らに ころんとあったら  愉快な匙。
茶葉の種類や急須の口の大きさに合わせて 茶匙も選んでみて下さい。
by utsuwakaede | 2013-10-11 18:35 | お店から一言

夕方のおやつ

日中は蒸し暑いですが、夕方になるとさすがに風が心地良くって、お店の外に出て深呼吸です。
雲の色が刻々と変わります。

ご近所の「まめ」さんの栗羊羹と栗大福を頂戴しました。たったひとつしか残っていなかった栗羊羹だったんですって。すみません。栗づくし、心を込めて味わいます!!

夕方に、安永正臣さんのしのぎ茶碗、藤田佳三さんの安南手皿を使ってお茶の時間に。
お湯の温度のせい? 心のせい?  上手にお茶点てられませんでした。
夕方のおやつ_b0132442_17243353.jpg

夕方のおやつ_b0132442_17244749.jpg

安永正臣さんの白磁しのぎ茶碗  薪窯焼成の飯碗は少し大振りです。なかなか味わいがある茶碗です。
サイズや形状ももいろいろですが、こちらの碗は口径135ミリ  高さ67ミリ   2625円です。
夕方のおやつ_b0132442_17251097.jpg

夕方のおやつ_b0132442_1725226.jpg


藤田佳三さんの安南手輪花楕円皿(陶器) は余白も楽しめるお皿です。  235x幅110ミリ 高さ25ミリ   3885円
夕方のおやつ_b0132442_17253970.jpg

夕方のおやつ_b0132442_17255027.jpg

夕方のおやつ_b0132442_1726325.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-10 17:49 | お店から一言

けいとうを

お休み明けの水曜日
けいとうをアキノヨーコさんのバンブー筒花器に入れました。
けいとうを_b0132442_18434095.jpg

けいとうを_b0132442_18435944.jpg
けいとうを_b0132442_1844129.jpg
今日も何だか蒸し暑いいちにちでした。
by utsuwakaede | 2013-10-09 18:44 | ひとりごと

長田佳子さんから

練り込みでうつわを作られている長田佳子さんのカレースプーンやスープスプーンはとても口当たりがいい!!と使ってく下さった方は、ご家族の分を求めにいらして下さいます。

練り込みという技法は手間がかかる上にロスも多く 思うように制作がはかどらないそうです。
出来た時に出来たものを届けて下さる長田さんです。

「ほんの少しですが」  と届いたスプーンをご紹介します。

薬味さじ   尾形アツシさんの薪がま焼成のヒビ粉引き板皿と組み合わせてみました。
黒漆ぐい飲みは小林慎二さん
長田佳子さんから_b0132442_18282378.jpg


後ろの徳利は小山乃文彦さんの粉引き  ほんのり桜色が浮き出て華やかです。
長田佳子さんから_b0132442_18292730.jpg


尾形アツシさんの板皿を裏返しにしました。
長田佳子さんから_b0132442_18303084.jpg


・薬味匙  長さ115 幅45ミリ  2100円     ・徳利 ボディの径90  高さ125ミリ  やく1合  7350円
・板皿  260x115ミリ  暑さ15ミリ  6300円    ・漆ぐいのみ   口径55  高さ60ミリ   6300円

そして、人気のスプーン     長さ160  匙の幅40ミリ   2310円
長田佳子さんから_b0132442_18343411.jpg

長田佳子さんから_b0132442_18345058.jpg



マドラー   長さ105ミリ  1050円    石川若彦さんの白磁カップと。 冷たい甘さけなんていかがですか?
カップ  口径  60ミリ  高さ75ミリ   2100円
長田佳子さんから_b0132442_18391098.jpg

長田佳子さんから_b0132442_18392450.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-09 18:41 | 新入荷のお知らせ

スキマイチ

来月11月1日から10日まで、神保町にある平安工房さんで、第5回スキマイチ があります。
今回のテーマは、イスとコーヒーとマグカップ。

楓からマグカップをご紹介させて頂く事になりました。
スキマイチ_b0132442_16243565.jpg

スキマイチ_b0132442_16243717.jpg

スキマイチ_b0132442_16243853.jpg

スキマイチ_b0132442_16244062.jpg

スキマイチ_b0132442_16244176.jpg

空間を拝見しに伺いました。
カップの出展作家さんは改めてご案内致します。
by utsuwakaede | 2013-10-08 15:44

五十嵐智一さんの小鉢、打田翠さんの一輪挿しに

五十嵐智一さんの小鉢、打田翠さんの一輪挿しに_b0132442_13594020.jpg

ホトトギス色のガラス小鉢に短く切った葉を入れました。泡影小鉢  口径100  高さ80ミリ  4200円
来月、葉山町のTiptoeさんで五十嵐さんの個展があります。
五十嵐智一さんの小鉢、打田翠さんの一輪挿しに_b0132442_142415.jpg

寒い季節のガラス 使い   夏とは又違う楽しみ方がありますね。


打田翠さんの一輪挿しにベランダのミントを挿しました。
マットな白い肌の一輪挿しに明るい緑色が爽やかです。ボディの径約75ミリ  高さ約100ミリ   4200円
隣の岡晋吾さんの白磁輪花小鉢   口径110ミリ  高さ60ミリ  6300円
五十嵐智一さんの小鉢、打田翠さんの一輪挿しに_b0132442_1451995.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-07 14:11 | お店から一言

甘い香り

キンモクセイのあまーい香り、水引草、ほととぎす 昼間はまだ蒸すけれど、 所々に秋が。
甘い香り_b0132442_117221.jpg

甘い香り_b0132442_1172488.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-07 11:02

小山乃文彦さんのポット

愛知県常滑で粉引きにこだわってうつわを作っている小山乃文彦(おやまのぶひこ)さんから粉引きのポットが届きました。
粉引きポット  ボディの径  100ミリ  高さ100ミリ    約280cc 10500円
面取り湯呑みの四杯弱の量のお湯が入ります。
小山乃文彦さんのポット_b0132442_1871147.jpg

小山乃文彦さんのポット_b0132442_1872388.jpg


小山乃文彦さんのポット_b0132442_1874049.jpg


小山乃文彦さんのポット_b0132442_188422.jpg

小山乃文彦さんのポット_b0132442_1881682.jpg


面取りをした湯呑み   口径75ミリ  高さ90ミリ   約80cc  2100円
小山乃文彦さんのポット_b0132442_1883363.jpg


下の黒漆の折敷は小林慎二さん。(来月個展をお願いしています)
1辺が240ミリ の八寸正方皿    11550円です。
布や漆を添えて・・・・  小物で季節が変わる事を感じる。ちょっとした楽しみです。


小山乃文彦さんのポット_b0132442_18453167.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-06 18:48 | 新入荷のお知らせ

お祝いごはん

個展続きでチャンスがなかった、お祝いごはんにお誘い頂きました。歩けないほどに満腹です。ご馳走さまでした。
手間をたっぷりかけた和食のコース。
お祝いごはん_b0132442_22411234.jpg

お祝いごはん_b0132442_22411359.jpg

カマスはほわり、ふっくらで皮はパリッと。
松茸の土瓶蒸しは、写真忘れて舌鼓でした。締めのきのこ土鍋ごはんは、お米一粒一粒がしっかり味わえます。どうやったらこんなに美味しく炊けるのかな?
今度真由さんに伺ってみたいな。
by utsuwakaede | 2013-10-04 22:30
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite