うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧

お茶の時間  野口悦士さん

種子島で制作をしている野口悦士さんの焼締のうつわに出会った時に軽さに驚きました。
焼き〆はざらざらとしてテーブルが傷つくかもしれない、重たくて扱いにくい など、焼き〆の器に興味はあるけれど、敬遠してしまっていらしたら、どうぞ野口さんのうつわに触れてみて下さい。
釉薬のうつわにはない、ナチュラルな風合い、一点ずつの微妙な色具合や、ひとつの器でも表と裏側の表情が違っていたり、ゆっくりと見て頂けたら素敵な発見もあるかも・・・・・
粉引き、黒釉、と無釉以外のうつわも含めて、どうぞご覧下さい。

7、くみ出し 90×60 2100円
b0132442_1857504.jpg

b0132442_1858492.jpg


10.カップ 80×85 2100円
b0132442_18581454.jpg


9.丸カップ 2625円
b0132442_18583159.jpg

b0132442_18585124.jpg


18.線文カップ 85×80 2100円
b0132442_1858594.jpg

b0132442_18591515.jpg



17.粉引きゆのみ 80×80 2625円
b0132442_18592531.jpg
b0132442_18593372.jpg



12.白黒コーヒーカップ 80×90 3150円
b0132442_18595186.jpg
b0132442_18595766.jpg



13.カフェオレボウル 3150円
b0132442_1901176.jpg
b0132442_1902059.jpg



3.急須 約450cc〜380cc 10500円
b0132442_1903223.jpg
b0132442_1903911.jpg

b0132442_1905281.jpg


b0132442_191565.jpg



4.ポット 75×80 10500円
b0132442_1912837.jpg

b0132442_1915625.jpg


5.土瓶 12600円
b0132442_192581.jpg

b0132442_1922590.jpg



11.小皿 120×35 2100円
b0132442_1923931.jpg
b0132442_1924742.jpg


15.粉引き小皿   120x40ミリ  2100円
b0132442_16182345.jpg

b0132442_16184064.jpg



16.黒小皿   120x35ミリ   2100円     艶黒がきれいです。
b0132442_16194556.jpg

b0132442_1620064.jpg



ほうひん たち      大8400円       小6300円
b0132442_16205112.jpg

b0132442_16224847.jpg

b0132442_1623311.jpg

b0132442_16232190.jpg


野口悦士さんのプロフィール

1975年   埼玉県妻沼町生まれ
1999年   やきものを志し、種子島に渡る
2006年    唐津、中里隆氏に師事
2007年    中里氏と二人展
2009年    岐阜県土岐市・花の木窯にて制作
2011年    米国・Northen Arizona Universityに自身の考案によるSwitch back kiln築窯
by utsuwakaede | 2013-02-15 16:57 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間   

明日15日から始まる企画展「お茶の時間」
今回の企画展では、常設でお取り扱いをしていましたが、展示会に参加していただいた事のなかった作家さんがほとんどです。これまで、まとめてご覧頂く機会がなかった作家さんばかりですので、手に取ってご覧頂けましたら幸いです。


佐賀県 唐津の熊本象(クマモトショウ)さんもそのひとり

略歴
1977年  佐賀県唐津市生まれ
2006年  佐賀県有田窯業大学校ロクロ科卒
1006年から2010年  唐津 岡晋吾氏に学ぶ
2010年  独立

磁器と陶器の両方のうつわを作って下さいました。
no7 .錆釉金彩山景急須 180cc 16800円
no18.錆釉草文湯呑み 78x60ミリ   2520円
b0132442_1716451.jpg

b0132442_1716151.jpg


no20.班唐津輪花茶杯   73x55ミリ     2520円
b0132442_17203842.jpg

b0132442_17205912.jpg



no3.錆釉鳥文ティーポット  260cc 15750円
b0132442_17232722.jpg

b0132442_17233732.jpg

b0132442_17235742.jpg



no5.錆釉草花文ティーポット   230cc 14700円
b0132442_17251874.jpg
b0132442_17252648.jpg



no4.錆釉ぶどう文ティーポット   260cc 16800円
b0132442_172653100.jpg
b0132442_1727120.jpg


錆釉の中にさりげなく描かれている鳥やぶどう、花の文様がお茶の時間をより楽しく過ごせそうです。

no6.錆釉金彩草文急須  210cc 16800円
b0132442_17293072.jpg
b0132442_17294130.jpg


no10.白磁瓜型ティーポット   320cc 15750円
b0132442_17315399.jpg

b0132442_1732743.jpg



no8.白磁鎬ティーポット   340cc 15750円
b0132442_17363086.jpg

b0132442_17364983.jpg



no11.紅彩ティーポット  300cc 14700円
b0132442_17392580.jpg

b0132442_17393685.jpg


no12.緑彩ティーポット   200cc 13650円
b0132442_17413524.jpg

b0132442_17414938.jpg



no30.緑彩ティーポット    340cc   15750円
b0132442_1742545.jpg

b0132442_17422369.jpg



b0132442_17435223.jpg


no13.白磁急須    230cc 13650円
b0132442_17441328.jpg

b0132442_17442677.jpg



b0132442_1746258.jpg


no21.錆釉梅文C&S      6300円  コーヒーの色が栄えそう。
b0132442_1746202.jpg
b0132442_17463286.jpg


no22.白磁C&S   カップ100x60ミリ   5250円
b0132442_1748545.jpg
b0132442_1749541.jpg


no17.斑唐津マグカップ   90x80ミリ  3360円
b0132442_17492811.jpg
b0132442_17493934.jpg


no24.白釉六寸輪花皿 とカップを合わせて。  お皿は185x25ミリ   3780円
b0132442_17514252.jpg



no16.白磁マグカップ  90x85ミリ  3360円
no15.錆草文マグカップ   85x90ミリ    3675円
b0132442_17525996.jpg
b0132442_17531036.jpg



no27.白磁違角長皿   335x103x高さ20ミリ   5250円   きれいなデザインに魅かれます。
b0132442_17545697.jpg

b0132442_17551022.jpg


no25.錆釉花文輪花小皿   130x20ミリ   2835円
no26.白釉輪花小皿   130x20ミリ    2520円
b0132442_17552214.jpg

b0132442_17582160.jpg
b0132442_17583189.jpg
b0132442_17584150.jpg
b0132442_17585640.jpg
b0132442_1759721.jpg


熊本象さんのうつわ は使い勝手の良さをしっかりと考えて作られているように感じました。
急須やポットは茶葉をいれる口が大きく 洗いやすいようになっています。
蓋のつまみは滑らない工夫がしてありました。ポットの持ち手は幅が広く、急須の持ち手は太くて握りやすいデザインです。

土のうつわは初めて展示するので、使い続けた時の変化をみていくのが楽しみです。
by utsuwakaede | 2013-02-14 18:09 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間  片口ばかり

お茶の時間
片口ばかりのご紹介です。
山田隆太郎さん  手捻りの片口  115x75ミリ   4200円
b0132442_16135315.jpg
b0132442_16151496.jpg


ルリ釉片口  150x80ミリ   3800円
b0132442_16283522.jpg
b0132442_16284684.jpg


ルリ釉片口  140x180x高さ50ミリ    3150円
b0132442_16293319.jpg

b0132442_1629464.jpg

b0132442_16304848.jpg



野口悦士さん 
 焼き〆片口   95x110ミリ   3150円
b0132442_16311097.jpg

b0132442_16321657.jpg


豆ピツチャー黒   約60x75ミリ   1575円
b0132442_16324039.jpg


古橋治人さん
漆で仕上げた木の片口   60(口まで)x高さ60ミリ  5000円
b0132442_16325416.jpg

b0132442_16355011.jpg



杉尾信康さん  
ゆざまし   黄色 130x70ミリ   赤 105x80ミリ   4410円
b0132442_1636977.jpg

b0132442_16362767.jpg

b0132442_16363977.jpg


片口ボウル   105x70ミリ   4200円
b0132442_16381767.jpg


田村悠さん
ミルクポット  温めたミルクを入れられます。  70x100ミリ   4620円
b0132442_16385673.jpg


片口はデザインで食べ物を盛りつける器として、お水を入れて花器として、  三人三様の使い方があります。
by utsuwakaede | 2013-02-14 16:41 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間   全体の様子です

b0132442_166348.jpg

明日15日から始まる「お茶の時間」  全体の様子です。

b0132442_1665640.jpg
b0132442_1671940.jpg


b0132442_1673379.jpg

b0132442_167574.jpg
b0132442_16879.jpg
b0132442_1681746.jpg
b0132442_1682815.jpg
b0132442_1683870.jpg
b0132442_1684922.jpg
b0132442_169245.jpg
b0132442_1692117.jpg
b0132442_16946100.jpg
野口悦士さんb0132442_169582.jpg熊本象さん
b0132442_16103665.jpg
野口悦士さん
b0132442_16105772.jpg
by utsuwakaede | 2013-02-14 16:12 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間  

明日から始まる企画展 「お茶の時間」のご案内です。

耐熱ガラスの作家さん  田村悠さんのうつわをご紹介します。
              略歴
1982年  神奈川県横浜市生まれ
2002年  c.c.c.Glass Studioにて制作
2003年  ドイツ フラウナウ ヨージ=ハルツバ氏ワークショップ受講(グラヴィール技法)
2004年  ガラス工房まつぼっくり 松村潔氏に師事
2005年  金津制作の森 チェザレ=トフォーロ氏ワークショップ アシスタント
2006年  多摩美術大学 工学学科硝子専攻 卒業
              桐山製作所 入社(理化学硝子機器製作)
2007年  AYA Glass Studio 酸素バーナー教室講師
2010年 藤野アートビレッジにて硝子ショップ出店
2011年  アトリエDrip a Drop設立
作品は主に、ホウケイ酸硝子をしようしたランプワークで制作

照明
b0132442_15145029.jpg

b0132442_15151297.jpg

b0132442_15152684.jpg

b0132442_15154168.jpg

それぞれ37800円 暗くなって灯りのスイッチを入れると別の空間が広がりました。


右のポット  no16.  約400cc 21000円ボディがまんまる  注ぎ口のラインも曲線です。
b0132442_15315147.jpg


no7.約380cc 18900円 洋梨型で注ぎ口がすっと延びています。
b0132442_15181243.jpg

b0132442_15323613.jpg



b0132442_15331472.jpg


no13カップ    約口径95高さ75ミリ  5040円
お酒を楽しんだらステキです。もちろん熱燗も大丈夫です。
b0132442_15333557.jpg

b0132442_1538511.jpg

b0132442_15382325.jpg



ミルクポット  70x100ミリ  4620円
b0132442_15383967.jpg

b0132442_15393239.jpg

b0132442_15395080.jpg


カップ小  ぐいのみでお使い下さい。 各2940円
b0132442_15402095.jpg

b0132442_15415678.jpg

b0132442_15421079.jpg


トゲのティーポット  歩き出しそうですね。 刺されても痛くないぞ・・・
トゲを持って注いで下さい。  21000円
b0132442_15422531.jpg

b0132442_15442578.jpg


デザートナイフ  各2520円  長さ120ミリ
練り切りも切れます。
b0132442_1556148.jpg

b0132442_15571145.jpg

b0132442_1558032.jpg



野口悦士さんのやきしめ急須と 硝子を合わせてみました。
b0132442_15584250.jpg


硝子だけで、 丸盆は長井均さん  お店で使っているので年季が入っています。
b0132442_1601047.jpg

b0132442_1611074.jpg


硝子はいろいろに組み合わせて楽しむと季節感が出せます。

田村悠さんは 15日(金)・16日(土)の2日間在廊して下さいます。
耐熱硝子の説明をお聞きになりたい方、どうぞ入らして下さいね。
by utsuwakaede | 2013-02-14 16:04 | 展覧会のおしらせ

高台皿

b0132442_9431742.jpg

我が家で予定を書き込んでいる平野恵理子さんのカレンダー 旬の味X和の器、二月の絵は佐賀県 有田焼高台皿に柑橘はまさきがもられています。
夕べお夜食にしたフルーツサンドウィッチも佐賀県 熊本象さんの高台皿で、味わいました。

高台の高いお皿にのせると、何だか特別な感じになります。
by utsuwakaede | 2013-02-14 09:34

お茶の時間   山田隆太郎さんのうつわ

山田さんとは、去年2月に岐阜県多治見市の工房をお訪ねしてから、おつきあいがスタートしました。あれからちょうど1年が経つのですね。


no4.粉引きカップ&ソーサー  4500円  カップ70x70  お皿は140x8ミリ   フラットなお皿が山田さんらしいデザインです。
b0132442_21465934.jpg



no14.黒鉄釉注器 お醤油や水差しとして、オブジェとしても。  5800円
b0132442_2146481.jpg


no13.ルリ釉カップ&ソーサー  カップ70x65  お皿 130x15ミリ  4500円
b0132442_21493374.jpg

b0132442_21494641.jpg


no7,振り出し 蓋は木です。異素材ですが、白で統一されているせいか、ラインがすうっと延びてきれいです。振り出しとして金平糖はもちろんですが、 お塩やこしょうを入れて食卓にあったら、中々いい感じ。全体の高さ115ミリ  3150円
b0132442_21525968.jpg

b0132442_21531173.jpg

b0132442_21532346.jpg


no1.粉引き土瓶  約600cc  12600円  蓋のつまみが木の実のようです。湯気はこのつまみの隙間から出て来ます。
b0132442_2153358.jpg

b0132442_2158985.jpg

b0132442_21584783.jpg


no2.つる取手土瓶小  約300cc   9450円
b0132442_220437.jpg

b0132442_2205545.jpg


no16.急須  約260cc  10500円
b0132442_2215379.jpg

b0132442_222752.jpg

b0132442_222197.jpg


no3.粉引き湯呑み  100x50ミリ  1890円
b0132442_2231738.jpg


no15.黒鉄釉7寸リム皿   210x15ミリ   3800円
b0132442_224215.jpg

b0132442_2243254.jpg

b0132442_2244436.jpg



no5.粉引き八角長板皿大  310x95x15ミリ   4500円
no6.粉引き八角長板皿小  185x100x15ミリ   2700円
b0132442_2254952.jpg

b0132442_226382.jpg

b0132442_2261895.jpg

b0132442_2263148.jpg

b0132442_2265615.jpg

by utsuwakaede | 2013-02-13 22:08 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間   金曜日からです

b0132442_2183229.jpg

明後日 2/15(金)から2/20(水)まで 企画展「「お茶の時間」を致します。

作家さん 在廊日  ・ 田村悠さん  2/15.16 ・山田隆太郎さん  2/16

今日は搬入日。雪になるかもしれないとビクビクしていましたけれど、明け方の雨が止んで日中はポカポカ 春ちょっぴり顔をみせてくれたよう。

今年から個展と個展の間を2日間お休み頂いて、準備の時間と少し休息の時間を頂きます。
例年と違う個展のスタートで、ご迷惑をおかけ致します。
明日も準備でお休み致しますので、「お茶の時間」始まりは金曜日 15日からです。

夕方に全ての作品の梱包を解いて、リストと照らし合わせて、 さて どんなふうに並べましょう??と考えているところに、恵理子さんが立ち寄って下さいました。
差し入れの千疋屋さんのフルーツサンドはなんとありがたい。夕食兼お夜食でごちそうになりまーす。
b0132442_21194694.jpg


熊本象さんの白磁輪花高台皿(no23)と田村悠さんのカップ&ソーサーを使ってみます。
b0132442_21185119.jpg
 
耐熱ガラスの作家さん 田村悠さんのカップ&ソーサー  5250円  カップは75x70ミリ  お皿は97x100ミリ  
b0132442_2119336.jpg


熊本象さんの高台皿  180x高さ60ミリ  7350円
b0132442_21191334.jpg

b0132442_21193578.jpg



古橋治人さんの方形菓子板皿 210x210x10 4000円と山田隆太郎さんのルリ釉蕎猪口 90x63 2400円にコーヒーを
b0132442_21255969.jpg

b0132442_21285772.jpg

b0132442_2129883.jpg



次は熊本象さんの白磁カップ&ソーサー(no22)
カップ 100x60ミリ  ソーサー155x20ミリ 5250円 お皿だけでも使えるデザインです。
b0132442_21294468.jpg

b0132442_21363385.jpg

添えた木のティースプーンは古橋治人さん 1600円
内側の釉の流れて溜まったところの模様が春のイメージです。隣にミモザの黄色を添えたくなりました。
b0132442_21374262.jpg


野口悦士さんの象嵌をした線文カップ(no18) 85x80ミリ  2100円にもコーヒーを入れました。
手の小さな女性にも持ちやすいサイズでした。フリーカップとして使って下さいね。
b0132442_2140952.jpg

b0132442_21402593.jpg

コーヒーもフルーツサンドイッチも使い回してしまいましたが、しっかり飲んで食べました。
もうひと頑張り致します。
by utsuwakaede | 2013-02-13 21:44 | 展覧会のおしらせ

越智伸明さんの個展 5日目

三連休の最後のお休みもお天気が良くて、お散歩がてら沢山の方に足をお運びいただきました。


今日も越智さんは出来たてのお湯のみを持って入らして下さいました。

灰釉ゆのみ 大  口径95 高さ80ミリ  3780円
お茶が映える淡いグリーンの釉の彩りが魅力的です。
b0132442_1753030.jpg

b0132442_1754995.jpg

b0132442_17624.jpg


桃林堂の小鯛焼きでお茶の時間に。角皿は中サイズ  175x175ミリ  4410円を使いました。
b0132442_17343877.jpg

b0132442_17345712.jpg



木蓮に生けかえました。
b0132442_17384735.jpg



口の広い 金属のような質感の花器  口径195ミリ  高さ130ミリ   26250円
b0132442_1739582.jpg

b0132442_17391728.jpg


越智伸明さんの個展は明日 17時までになります。

13日、14日は次の展覧会準備のためお休みになります。
by utsuwakaede | 2013-02-11 17:43 | 展覧会のおしらせ

越智伸明さんの個展 4日目

今朝も越智さんがタオルにくるんで追加のうつわをお持ち下さいました。
毎日、新作が少しずつ 増えまーす!!

白化粧カップ  口径90 高さ110ミリ  約300cc   4775円
b0132442_13492087.jpg

b0132442_13495091.jpg

b0132442_1350663.jpg

たっぷりな容量のフリーカップ ラインが美しい。 ピールも焼酎も 花入れにもしてみたいです。


銀彩のぐいのみ 2種   各4725円
内側の銀彩、外側の釉のたまり  あぁ 美しいです。
b0132442_13524259.jpg

b0132442_13525547.jpg



内側がブルー  外側が銀彩と赤のツートン
b0132442_13535619.jpg

b0132442_1354886.jpg


お酒を注いだら、しばらくみとれてしまうかな・・・・
 
by utsuwakaede | 2013-02-10 13:56 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite