人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

藤田佳三陶展のご案内

藤田さんの展覧会 DMをアップいたしました。
DMに写っている 赤絵、安南手、紅安南のぐいのみとお揃いの片口をご紹介します。
b0132442_13164675.jpg

b0132442_13172417.jpg

b0132442_13174079.jpg
赤絵の仕事です。

b0132442_13182922.jpg

b0132442_13184792.jpg

b0132442_1319241.jpg

b0132442_13191455.jpg
紅安南と安南手の仕事です。
b0132442_1320631.jpg

b0132442_1320201.jpg

b0132442_13203366.jpg
安南手の小湯のみは店で、お客様にお茶をお出しする時に使っています。日本茶や珈琲をいれています。こんな風に貫入に渋が入って味わいが増してきています。

個展では、染め付けのお仕事と粉引きのシンプルなお仕事を見て頂けると思います。
初日11/19は藤田さんが在廊されます。
by utsuwakaede | 2008-11-15 13:25 | 展覧会のおしらせ

五十嵐智一さん、野口和美さんの工房訪問

急に冷たい風の吹き出した、曇り空の昨日、成田に工房を構えて三年の五十嵐智一さん、和美さんご夫妻のお宅へ伺いました。
すっかり稲刈りの終わった田んぼに囲まれて「iglass工房」はありました。
五十嵐さんは使用済みの蛍光灯を使う再生ガラスで作品を作っています。砕いた物を溶かして吹いたり、型を使って制作をしています。吹いて形をつくったり、型にはめて成形したものに、エナメルで彩色を施したり、削ったり、磨いたり 挟み込んだりと出来上がった形に手を加える事でよりiglassのしごとの幅をひろげ、ガラスの可能性を追求していらっしゃる様に思いました。
b0132442_17375341.jpg
工房の2階から見たご自宅
b0132442_17394331.jpg
工房の外 
b0132442_17401694.jpg
電気炉の温度計です。仕事をしていない時も炉内の温度は常に1000度です。
b0132442_17412652.jpg

b0132442_17414371.jpg
再生する為のガラスの砕かれたもの これを炉で溶かします。
b0132442_1749637.jpg
睡蓮鉢になる前は炉の中で、溶けたガラスがはいっていたつぼ?でした。素焼きのつぼは中を覗き込むと底の方にガラスの層が折り重なって見えました。
b0132442_1751504.jpg
水を掛けながらガラスの作品を削る機械
b0132442_17525161.jpg
ガラスの作品を磨く機械
b0132442_17533442.jpg
型を壊す前のガラス皿
b0132442_17542545.jpg

b0132442_17544576.jpg
個展のDM撮影に使った蓋物
b0132442_17553417.jpg
キャンドルホルダー
b0132442_1756578.jpg

b0132442_17562485.jpg
小物達がずらり
b0132442_175752.jpg
長皿用の型
b0132442_17574349.jpg

b0132442_17575760.jpg
大学の時の作品だそうです。
b0132442_1758411.jpg
お住まい 古いタンスにガラスの花器が合っています。
b0132442_1821398.jpg
古いガラス棚は思わず覗き込んでしまううつわが詰まっていました。
b0132442_18223419.jpg

b0132442_18224920.jpg
楓の店内中央のライトとお揃いです。玄関に下がっていました。
b0132442_18284580.jpg

b0132442_1828583.jpg

b0132442_18292012.jpg
ランチは藁葺き屋根のしぶーいおそばやさんに案内していただきました。「初音庵」さんです。週末は遠くから食べにいらっしゃるお客様が多いそうです。おつゆが濃く辛口の美味しいおそばでした。コロッケそばというメニューにも魅かれ、でもそんなに沢山のおそばは食べられないので、コロッケだけお願いしました。おそば屋さんでクリームコロッケというのも以外ですが、そばつゆで頂くと絶品とのこと。次回は是非コロッケそばにしてみましょう。
奥さまの野口和美さんのお仕事の様子はSHIZENのブログをご覧下さい。栗の形のbagに思わず「おいくらですか」と伺ってしまいました。まだ縫い合わせてもいないっていうのに。
成田駅まで送って頂く途中で車をおろしていただいて、成田山にお参りもできました。
アサリの佃煮も、黒平まんじゅうもしっかりお土産に買いました。
五十嵐智一さんの個展は今年の楓最後の展覧会になります。12/9から12/15です。
by utsuwakaede | 2008-11-12 18:47 | お店から一言

紅茶にしますか? 珈琲にしましょうか?

なんて寒い日でしょう。東京にも冬が駆け足で近づいてきました。
大きめのポットで熱い紅茶をたっぷり飲んで、身体の芯から温めたい気分です。
b0132442_1828348.jpg

b0132442_18285052.jpg
リバーシブルの漆長皿に輪花の豆皿を。チョコレートをひとつずつのせましょうか。
照井壮さんのカップは持ち手にプラチナの釉を使っています。優しい白とシルバーが少しだけおもてなしの雰囲気です。大振りのポットは伊藤環さんの錆銀彩です。
b0132442_18342499.jpg

b0132442_18343899.jpg

b0132442_18345698.jpg
粉引き輪花皿 径8センチ 高さ2センチ 1575円 (高島大樹作)  白釉カップ&ソーサー  お皿の径12.2センチ  高さ1.5センチ カップの径7.5センチ 高さ6センチ 4200円(照井壮作)   錆銀彩ポット  径13 高さ13.5 760cc入ります。17850円 (伊藤環作)
by utsuwakaede | 2008-11-10 19:05 | お店から一言

西川聡さんの壁掛け

b0132442_17182848.jpg

b0132442_17184743.jpg
今年春の個展で作って頂いたのですが、とても気に入って又お願いをしました。
b0132442_17194918.jpg
裏面は壁にかけられる様にワイヤーが付いています。 22.5x22.5x2   25650円
by utsuwakaede | 2008-11-09 17:21 | 新入荷のお知らせ

トレイと漆椀

b0132442_176342.jpg

b0132442_1762799.jpg
井山三希子さんの新作 白マットのトレイ 長井均さんの漆小鉢 長峰菜穂子さんのれんげ
赤い漆器は漆の華やかさがあります。長峰さんのれんげは貫入に柿渋をいれているので古いものの雰囲気があって、モダンな井山さんのトレイを和に演出してくれています。
トレイ  25,5x25,5  13650円
漆小鉢  径13.5 高さ6.5   18900円
レンゲ  長さ12  幅4,2 1575円
  長井均さんの個展が11/26から12/1 にあります。
by utsuwakaede | 2008-11-09 17:15 | 新入荷のお知らせ

地図が変わりました

最寄り駅から楓までの地図が一部変わりました。
青山通りから一本裏手に入るための目印になっていた三井住友銀行が100Mほど移動したため、目印が変わりました。
  旧  三井住友銀行
  新  avex  

お間違えのないよう、宜しくお願い致します。

b0132442_1733564.jpg
 ちょっとお茶にしました。寒いのでたっぷり入る山口利枝さんのスープマグで
by utsuwakaede | 2008-11-09 17:05 | お店から一言

上野雄児さんの展覧会

華道家 上野雄児さんのグループ展、又ガラス作家扇田克也さんの個展では花いけとしつらいをしていらっしゃいます。

SOSEKI展
100th anniversary of "YUMEJUYA"

こんな漱石、見たことない!

夏目漱石「夢十夜」。幻想的なストーリーに熱狂的なファンも多いこの小説は2007年に映画化され、今年で執筆100周年を迎えます。
これを記念して「我が輩は猫である」から「明暗」まで漱石作品をアーティストのフィルターを通してビジュアルに変換し、漱石の魅力に迫ります。
参加アーティスト多数

●2008.11/5(水)-16(日)
●11:00〜19:00
(最終日は17:00まで)
●IID GALLERY
(世田谷ものづくり学校内)世田谷区池尻2-4-5
www.r-school.net
?03-5481-9011

詳しくはサイトをご覧下さい?
http://www.soseki.info




次は、
日本を代表するガラス作家の展覧会ではないけ/しつらいをやります。

扇田克也展
beyond expression

●08.11/14(金)-22(土)
●10:00〜18:00
会期中無休
●ギャラリーこちゅうきょ
中央区日本橋3-6-9箔屋町ビル2F
?03-3273-1051

詳しくはサイトでご覧下さい?
http://www.kochukyo.co.jp/
by utsuwakaede | 2008-11-09 15:20 | 展覧会のおしらせ

小山乃文彦さんのうつわ

b0132442_2027444.jpg

b0132442_202838.jpg
粉引き七寸のお皿です。21x4 5250円 毎日使うお皿なので、釉がしっかりとかけられています。
b0132442_20292027.jpg
料理を盛る面積が広くゆるい立ち上がりの縁は焦げ茶の土の色が見え表情を出しています。
b0132442_20412980.jpg

b0132442_20414458.jpg
粉引き浅鉢
23x5.5 7350円  中央に目跡が残してあります。土の中の鉄粉が所々に出て使い込むと増々雰囲気が出そうです。
b0132442_20444855.jpg

b0132442_2045333.jpg
  粉引き浅鉢  24x5  7350円 少しカサットした表面は複雑な色合いです。ゆるく開いた縁が実際のサイズよりも大きく見えます。
by utsuwakaede | 2008-11-07 20:49 | 新入荷のお知らせ

隅田川沿いで

楓と自宅の往復の日々から一日だけ解放されて増田勉さんの展覧会に土庵さんへ行きました。うつわを見るのも楽しみですが、他にも、芋きんの満願堂や佃煮屋さんの本店があったり(こうなごの佃煮を必ず買います)、カフェムルソーでちょっと一服が、おまけの楽しみなのです。
b0132442_2023985.jpg
吾妻橋から
b0132442_20233880.jpg
やはり吾妻橋から
b0132442_20242943.jpg
ムルソーで杏のタルト 川の風が気持ちを落ち着かせてくれます。
by utsuwakaede | 2008-11-07 20:26 | ひとりごと

ちっちやなトマト

b0132442_2013823.jpg
冷蔵庫の野菜室にあったトマト。親指姫ほどのサイズです。この頃個展が続いて、ほとんど買い物が出来ない私に代わり、スーパーに足を運んでくれる相棒が買ったようです。
皮が硬くて、酸味がありました。小粒でもしっかり「トマト」していました。
b0132442_20171992.jpg

by utsuwakaede | 2008-11-07 20:17 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite