うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お店から一言( 854 )

山本哲也展 5日目です

山本哲也展 いよいよ明日が最終日になりました。

秋の色、秋の味が似合ううつわが沢山並んでいます
b0132442_18334583.jpg
b0132442_18353275.jpg
鉄釉の複雑で深い色合いの鉢
b0132442_18350531.jpg
b0132442_18354258.jpg
b0132442_18365790.jpg
ぐいのみ勢揃い
b0132442_18370609.jpg

ぐいのみと片口のセットです
蓋が銀彩のぐいのみになります
b0132442_18374433.jpg
b0132442_18373420.jpg

お酒が注がれたら美しさが際立ちます!!
b0132442_18393378.jpg
銀彩注器と茶杯 
b0132442_18372530.jpg

マグカップ 口当たりの良い軽めに仕上げたマグです
b0132442_18410165.jpg
b0132442_18404318.jpg
b0132442_18405253.jpg
b0132442_18403293.jpg

こちらの三種類のお皿はapero.さんでお使い頂く事になりました。
楓のすぐ近くにあるWINE BAR & TABLE  のお店です。
ワインのお好きな方は是非お出かけになられてみて下さい
b0132442_18424935.jpg
明日の最終日9/24は17:00で終了致します。
通常より閉店が早くなりますのでご注意下さいませ。


by utsuwakaede | 2018-09-23 18:48 | お店から一言

富山孝一さんのsavi-plateとcha-bon

増田良平展2日目です

ほとんどのうつわを蹴ろくろで成形しています。
楕円形や角皿は型を使っているそうです。
うつわには夢の中に出てきそうなモチーフが施されています。この模様は器に直接描くのではなく、モチーフを
新聞紙で切り、切った新聞紙に色を塗ってペタンとうつわに貼付けることで出来ます。
根気のいる面倒な模様の付け方ですが、直接うつわに描くよりも増田さんには性に合っているとか。
海で拾ったものや、窓から見えた一瞬の景色や、頭に浮かんだものなど を新聞紙で切っていきます。
同じ物は絶対にない 全てが一点物になります。

ご結婚の御祝いにぴったりなオーバル鉢
b0132442_15593278.jpg
レンゲ豆鉢  前菜、薬味、小さなデザート・・・

b0132442_15565834.jpg
b0132442_15590544.jpg

五十嵐智一さんのガラスの盤に おやつのセットを
b0132442_15591445.jpg

富山孝一さんの漆角盆に ご飯セットを  CHA-BON
ブラックウォールナット  367x235xh20ミリ  21600円
b0132442_15592352.jpg

CHA=BON 底面は削った跡が面白いです
b0132442_15594208.jpg

表面に和紙を貼り、漆で仕上げてあります
b0132442_16043544.jpg
b0132442_16044684.jpg

ゴツゴツとした紙の繊維の上に漆をそのまま塗った粗目の雰囲気が気軽に使えそうです
食べ物を直接のせても漆仕上げですので安心です

b0132442_16045585.jpg

木の板をわざと荒らして錆びたような表現をした長皿
SAVI-PLATE 440x130xh10ミリ  栗 12960円ふき漆仕上げです。

b0132442_16050568.jpg

裏側ですが、どちらを表に使っても構いません
b0132442_16051315.jpg
b0132442_16052263.jpg

南沢奈津子さんの銅の豆皿を並べてみました。
b0132442_16053166.jpg
増田良平展は17日(月) 17:0までです

by utsuwakaede | 2018-09-13 17:20 | お店から一言

増田良平さんのお皿

b0132442_15473647.jpg
今週水曜日から増田良平さんの個展が始まります。
工房移転をされたので、3年振りの展覧会になります。
写真はDM撮影用に先に12枚用意して下さった楕円皿です。 サイズ 約180x160xh23ミリ

食欲が戻ってくる秋の展覧会ですので「delicious season 」というタイトルになりました。
色使いもモチーフも楽しく優しいうつわたちは、お料理を食べ終えた後にもう一度嬉しい事が待っている そんな気分にしてくれます。

b0132442_15475092.jpg
b0132442_15480390.jpg
b0132442_15481369.jpg
b0132442_15482437.jpg
こちらがDMの写真です
b0132442_12455344.jpg
増田良平さんは初日の12日(水)に在廊されます。

by utsuwakaede | 2018-09-10 16:01 | お店から一言

うつわ楓・うつわshizenからのお知らせ

本日9月2日にうつわshizenが独立致しましたことをご案内させて頂きます。



拝啓 早秋の季節を迎え 皆様ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。


この度「うつわ楓」の姉妹店「うつわshizen」が9月2日を以て独立することになりましたのでお知らせさせて頂きます。

2006年3月千駄ヶ谷にうつわ楓の姉妹店としてshizenをスタートして12年が経ちました。

2014年には千駄ヶ谷店立ち退きが決まりましたが、同年8月現在の場所でうつわに視点を定め「うつわshizen」として現在まで続けて参りました。

様々なことがありました12年間、店長としてshizenを守り育てて来られた刀根弥生さんがこの秋から「うつわshizen」を引き継ぐ事となりました。

今後は「うつわ楓」の姉妹店ではなくなりますが、うつわ楓・うつわshizen 共々より精進して参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

略儀ながら書面にてご挨拶申し上げます。                   敬具


                     平成30年年9月吉日    

                      うつわ楓 島田洋子



謹啓 初秋の候、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

この9月2日(日)にうつわshizenは独立の運びとなりましたことをここに

ご報告いたします。

うつわ楓の姉妹店として、楓の後ろ姿を見つめながら力の限り走り続けた12年でした。育てていただいたお客様、作家さん、現スタッフ、歴代スタッフそして洋子さんに心より御礼申し上げます。

沢山の学びを胸に、まだまだ力不足ではございますが新しい一歩を踏む出す所存でございます。

いつもの場所にいつもの顔があるのがいいよねという洋子さんの言葉の通りに、ずっとうつわをご紹介し続けられるように励みます。

どうぞこれからも愉しみにうつわ楓とうつわshizenにいらしていただけますように。

 

略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。           

敬白

                      平成30年9月吉日

                       うつわshizen 刀根弥生


by utsuwakaede | 2018-09-02 18:44 | お店から一言

9月のご案内

                               9月のご案内

b0132442_13413304.jpg

酷暑はもう少し続きそうですが、それでも夕方からの風がなんとなく秋めいてきました。

@9月のご案内です
お休み 4日(火)・11日(火)・18日(火)・25日(火) 毎週火曜日が定休日です。
今月は7日(金)を臨時休業致します
営業日カレンダーも合わせてご覧になって下さい


@個展のご案内


増田良平展  9月12日(水)~17日(月)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
増田さん在廊日  12日(水)
b0132442_13272725.jpg



山本哲也展  9月19日(水)~24日(月)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
山本さん在廊日 19日(水)
b0132442_13271008.jpg


光藤佐展  9月26日(水)~10月1日(月)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
光藤さん在廊日  26日(水) ・27日(木)

b0132442_13274255.jpg





by utsuwakaede | 2018-08-31 13:42 | お店から一言

茶房AOIさん

b0132442_18291341.jpg
b0132442_14363890.jpg
b0132442_18281385.jpg


stidio fujinoさんの尺丸皿 木の種類を色々楽しめます  
大正時代から抹茶の製造をされていらっしゃる葵製茶さんが新たに「茶房AOI」を始められることになりました。
茶房でstudio fijinoさんの尺皿をお使い下さいます。
9月のオープンに向けて準備をされていらっしゃるそうです。お近くにいらしたらぜひお立ち寄り下さい!!
http://www.aoiseicha.co.jp/aoi/index.html   愛知県西尾市上尾   茶房は葵製茶さんの二階です

by utsuwakaede | 2018-08-17 14:53 | お店から一言

studio Fujinoさんのお皿

b0132442_18210642.jpg
b0132442_18213643.jpg
神奈川県藤野町の工房 stidio fujinoさんの尺皿、7寸皿 5寸皿です
今回はほんの少しだけになります。(1枚目の写真 クラロウォールナットはなくなりました)

自然に出来る木目がこんなに美しくて不思議な模様だなんて、うつわになって初めて気づかされたことです。
硝子液体樹脂で仕上げているので、水分を弾き使いやすいです。
お皿に、お盆に、花台に お楽しみ下さい。

価格は同じサイズでも木の種類で異なります。

明日14日は定休日になります





by utsuwakaede | 2018-08-13 18:31 | お店から一言

8月のご案内

b0132442_17452105.jpg
                                    八月のご案内


8月は常設展示が続きます

@お休み
定休日は毎週火曜日です  7日 14日 21日 28日

@営業時間変更のお知らせ
11日(土)は神宮花火大会のため12:00~18:00の営業時間になります。
雨で翌日に延期の場合は12日(日)を同様の営業時間とさせて頂きます。


by utsuwakaede | 2018-07-31 15:00 | お店から一言

山田隆太郎さんの一輪挿し

回してみると違う顔が見えます。 くるくるまわして眺めています。
山田隆太郎さんの一輪挿し(徳利) 薪焼成 灰のかかり方なのでしょうか。
黄みがかったマットなグレイの部分、ピンクグレイのところも。
手のひらにのるサイズ感も気に入っています。
ボディの径90ミリ(一番太い部分)  高さ120ミリ   7560円

b0132442_12204321.jpg
b0132442_12205450.jpg
b0132442_12211589.jpg
b0132442_12212832.jpg

今週は31日(火曜日)が定休日になります。
9月10日まで常設展示中です。

by utsuwakaede | 2018-07-29 12:29 | お店から一言

木と粉引

b0132442_17202953.jpg
外はまだまだ強い雨です。
北海道のカバの木のお皿を見ていたら、こんな丸いお月様が出ないかしらとふと思いました。
径295ミリ 高さ38ミリ 高台があるので安定も良い大皿です。臼田健二さん作  8100円
手前は銅の一輪挿しです(奥澤華さん)
ステンレスの皿立て 中サイズ (永島義教さん)

臼田健二さんは北海道下川町のイベントで今日、明日の2日間有楽町MUJIに作品を出されていらっしゃいます。ご本人もいらっしゃるそうです。



菅原顕悟さんの粉引き
シンプルなのですが、形、重さ、持ちやすさ など使う側の目線を大切に制作されている奈良の作家さんです。
b0132442_17205471.jpg

鉄粉がいい味付けをしている取り鉢です
高台がなく底面はフラットで、スタッキングがきれいです。
ちぎったような縁の風合いも楽しいです。
口径150xh35ミリ  1944円

銘々皿として、取り鉢に、盛り鉢に、フルーツ皿にもお使い下さい。
鳴神さんでもお使い頂いています。
b0132442_17210524.jpg
b0132442_17214736.jpg
b0132442_17232397.jpg

粉引筒湯呑み 大きめで作って頂きました。
口径75xh95ミリ  約200cc弱入ります。
高台があり、熱いお茶を入れても安心ですし、ボディがほんの少しくびれていることで
滑らず持ちやすくなっています。  2160円
b0132442_17241721.jpg
b0132442_17242758.jpg
b0132442_17243718.jpg
明日も休まず営業致します。

by utsuwakaede | 2018-07-28 17:50 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite