人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

工房くさなぎさんの漆皿2種類

定番でお茶托やコースター、豆皿を作っていただいている工房くさなぎさんの角皿のご案内です
神奈川県相模原市の工房で制作されていらっしゃいます。

写真の角皿の模様の作り方を伺いました
「模様の線を漆で描き、それが乾かないうちに粉(地の粉)を蒔きつけます。
粉を静かにはらい落とすと、線の上に粉だけがくっついて残ります
それが乾いて落ち着いたら、粉の上から線をなぞるようにして漆を塗り、再び粉を蒔きつけます。
こうして線の部分だけが盛り上がった状態にします。
次にお皿全体に漆を塗って粉を蒔きつけると線の部分が少し盛り上がった、ざらっとした質感の表面が出来上がります。
その後、全体に色漆を塗って、乾いたら研磨します。
盛り上がった部分から色漆が研ぎ出されて線状の模様が現れてきます。
単純な工程なのですが、色の濃淡や盛り上がりの高さ、幅のコントロールが厄介なのだそうです。

イチョウの材をお皿の形にしてからの工程なので長い時間をかけて出来上がっています。
手作業で仕上げていく時間を愛おしく感じました。

表面がザラザラしていますが、使って洗ってを繰り返すことで艶も出てきます。
漆器なので水分のあるものや揚げ物なども普通に気軽にお使いください。


正方角皿 材はイチョウです
100x100x12ミリ  3300円
抹茶ペカンナッツショコラ(THE MATCHA TOKYO)のチョコレートをのせました。
美味しさにもう一つもう一つ と誘惑に負けそうになりました
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13410487.jpeg
 
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13410286.jpeg
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13394505.jpeg
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13395058.jpeg
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13395389.jpeg
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13395728.jpeg
軽く、重ねても美しいです


光を当てすぎたので軽めの赤に写ってしまいましたが、本来は落ち着きのある深い赤です
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13411448.jpeg

長角皿
165x100xh12ミリ  4400円
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13411576.jpeg
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13411745.jpeg

左は底面です
くさなぎさんのKが漆で描いてあります
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13411967.jpeg

懐紙のサイズと比較
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13413556.jpeg

小ぶりなお湯のみと(村木雄児さん)
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13412130.jpeg

酒器を(井内素さん)
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13412449.jpeg

デザートグラスと(小宮隆さん、スプーンは奥澤華さん)
工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13412753.jpeg


工房くさなぎさんの漆皿2種類_b0132442_13413284.jpeg

漆器なので、優しく洗ってください。食洗機や電子レンジはお使いになれません)
使って拭いてを繰り返すことで艶が出てしっとりとした風合いに育ちます
熱いもの、冷たいものを盛っても大丈夫です
オンラインショップにもご紹介しますのでこちらからもお求めいただけます
https://utsuwakaede.theshop.jp

11日・12日 は定休日です
営業日カレンダーを更新しました


by utsuwakaede | 2021-01-10 15:05 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite