うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

塩鶴るりこ展 二日目です(2/7)

塩鶴るりこ展 二日目が終わりました。
塩鶴さんは登り窯でうつわを作っておられます。土づくり、釉薬づくり、薪割りなど全てをお一人でされています。
窯の中の温度は1200度以上 場所によって1400度くらいになる場所もあり、土や釉薬をそれぞれに適した場所に置いて焼くのだそうです。
登り窯の部屋はみっつあり、土、釉薬、形に合う場所にそれぞれを入れるのでとてもとても沢山の種類のうつわが一度の窯で出来ます。
今回の個展でも、様々な種類のうつわを見ることが出来て幸せな気持ちになっています。

高温で焼いているため、電子レンジや食洗機にも対応するうつわだそうです。

粉引しのぎ筒湯呑み  指にしのぎが心地よい湯呑みです。  内側が白いのでお茶の色も綺麗です。 
持った時に滑らないのも嬉しいです。
b0132442_17581194.jpg

白磁の豆鉢(グイノミ) 自然の灰をかぶっています。口元も薄く美味しそうです。
b0132442_17581615.jpg

今ではとても貴重な土なので展覧会の時にしか見ることは出来ません。
斑唐津碗です
b0132442_17581973.jpg

無地唐津皿  焼きあがってからお茶を入れることで貫入がはいり味わいが増しています。
ここからは変化することなくお使いいただけます。
b0132442_17582269.jpg
塩鶴さんの在廊は本日まででした。
会期は11日(月曜)までです。11日の最終日は17:00までです。

by utsuwakaede | 2019-02-07 19:31 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite