人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

菅野一美さんの飴釉と灰釉のうわ

岐阜県多治見の陶芸家 菅野一美さんの器が届きました。
1972年 愛知県瀬戸市生まれ
2000年 愛知県立窯業高等技術専門学校卒
黒岩卓実ののもとで器を学ぶ
2003年 岐阜県多治見市にて独立

飴釉輪花深皿 口元の薄いベージュがアクセントになっています。
見込みの平らな部分が広く便利に使える小鉢です。 高台の代わりに四つ足が付いています。
口径140ミリ 高さ40ミリ  2592円
b0132442_14595492.jpg
b0132442_14595834.jpg
b0132442_15000586.jpg


左  灰釉朝顔鉢
口径165ミリ 深さ48ミリ  3240円
口の広がりが少しのお料理も贅沢に見せてくれそうです。
釉の流れや溜まりの景色が楽しめます。
b0132442_15001659.jpg
b0132442_15001336.jpg
b0132442_15000920.jpg

灰釉輪花豆鉢 
豆鉢はいくつあっても嬉しい器です。
甘いものをちょこっと、時雨煮などの佃煮も
大皿に豆鉢を並べて楽しい時間を
口径90ミリ 高さ40ミリ 1080円
b0132442_15001912.jpg
b0132442_15002317.jpg
b0132442_15002663.jpg
b0132442_15002817.jpg
菅野一美さんが昨年から手がけ始めた掻き落としの器も三月の個展ではご覧頂けます。


by utsuwakaede | 2019-02-01 15:53 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite