うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

お茶の時間   

明日15日から始まる企画展「お茶の時間」
今回の企画展では、常設でお取り扱いをしていましたが、展示会に参加していただいた事のなかった作家さんがほとんどです。これまで、まとめてご覧頂く機会がなかった作家さんばかりですので、手に取ってご覧頂けましたら幸いです。


佐賀県 唐津の熊本象(クマモトショウ)さんもそのひとり

略歴
1977年  佐賀県唐津市生まれ
2006年  佐賀県有田窯業大学校ロクロ科卒
1006年から2010年  唐津 岡晋吾氏に学ぶ
2010年  独立

磁器と陶器の両方のうつわを作って下さいました。
no7 .錆釉金彩山景急須 180cc 16800円
no18.錆釉草文湯呑み 78x60ミリ   2520円
b0132442_1716451.jpg

b0132442_1716151.jpg


no20.班唐津輪花茶杯   73x55ミリ     2520円
b0132442_17203842.jpg

b0132442_17205912.jpg



no3.錆釉鳥文ティーポット  260cc 15750円
b0132442_17232722.jpg

b0132442_17233732.jpg

b0132442_17235742.jpg



no5.錆釉草花文ティーポット   230cc 14700円
b0132442_17251874.jpg
b0132442_17252648.jpg



no4.錆釉ぶどう文ティーポット   260cc 16800円
b0132442_172653100.jpg
b0132442_1727120.jpg


錆釉の中にさりげなく描かれている鳥やぶどう、花の文様がお茶の時間をより楽しく過ごせそうです。

no6.錆釉金彩草文急須  210cc 16800円
b0132442_17293072.jpg
b0132442_17294130.jpg


no10.白磁瓜型ティーポット   320cc 15750円
b0132442_17315399.jpg

b0132442_1732743.jpg



no8.白磁鎬ティーポット   340cc 15750円
b0132442_17363086.jpg

b0132442_17364983.jpg



no11.紅彩ティーポット  300cc 14700円
b0132442_17392580.jpg

b0132442_17393685.jpg


no12.緑彩ティーポット   200cc 13650円
b0132442_17413524.jpg

b0132442_17414938.jpg



no30.緑彩ティーポット    340cc   15750円
b0132442_1742545.jpg

b0132442_17422369.jpg



b0132442_17435223.jpg


no13.白磁急須    230cc 13650円
b0132442_17441328.jpg

b0132442_17442677.jpg



b0132442_1746258.jpg


no21.錆釉梅文C&S      6300円  コーヒーの色が栄えそう。
b0132442_1746202.jpg
b0132442_17463286.jpg


no22.白磁C&S   カップ100x60ミリ   5250円
b0132442_1748545.jpg
b0132442_1749541.jpg


no17.斑唐津マグカップ   90x80ミリ  3360円
b0132442_17492811.jpg
b0132442_17493934.jpg


no24.白釉六寸輪花皿 とカップを合わせて。  お皿は185x25ミリ   3780円
b0132442_17514252.jpg



no16.白磁マグカップ  90x85ミリ  3360円
no15.錆草文マグカップ   85x90ミリ    3675円
b0132442_17525996.jpg
b0132442_17531036.jpg



no27.白磁違角長皿   335x103x高さ20ミリ   5250円   きれいなデザインに魅かれます。
b0132442_17545697.jpg

b0132442_17551022.jpg


no25.錆釉花文輪花小皿   130x20ミリ   2835円
no26.白釉輪花小皿   130x20ミリ    2520円
b0132442_17552214.jpg

b0132442_17582160.jpg
b0132442_17583189.jpg
b0132442_17584150.jpg
b0132442_17585640.jpg
b0132442_1759721.jpg


熊本象さんのうつわ は使い勝手の良さをしっかりと考えて作られているように感じました。
急須やポットは茶葉をいれる口が大きく 洗いやすいようになっています。
蓋のつまみは滑らない工夫がしてありました。ポットの持ち手は幅が広く、急須の持ち手は太くて握りやすいデザインです。

土のうつわは初めて展示するので、使い続けた時の変化をみていくのが楽しみです。
by utsuwakaede | 2013-02-14 18:09 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite