人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

内田京子 陶展のご案内  その3

夕食のちよこっとおかずを内田さんのうつわに盛りつけました。
奥の鉢にはきんぴら牛蒡、右の小さな手付きカップに生野菜サラダを。黒豆の豆鉢は西川聡さん(普段はお味噌汁の味見用にも重宝してます)と堀仁憲さんの輪花小鉢は小さく切った野菜といかの辛し和えを。
はじめに作り置きのお惣菜をセットしておいて、ゆっくりメイン料理を考えました。
きんぴらの鉢   は口径110x高さ70ミリ  6300円、サラダの小さなマグは口径80x高さ75ミリ  4200円です。

内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_1333372.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_133346100.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_13335478.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_1334346.jpg










お茶を入れたのも小さなマグです。
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_1342209.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_13423767.jpg




今朝は鉢に旬のお豆のスープを。蜂谷さんのれんげを使いました。
小さなマグにはコーヒーです。いつものマグは背高のっぽ。でも入る量は同じくらいでした。
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_13432124.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_13433246.jpg
内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_1343389.jpg




内田京子 陶展のご案内  その3_b0132442_1343521.jpg
低めのマグは飲み物だけではなく使う用途が広がる事を改めて納得でした。
by utsuwakaede | 2011-05-19 13:44 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite