人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

藤田佳三さんの個展    その3

水曜日、木曜日の2日間 在廊して下さいました藤田さんですが、今日は少しだけ顔を出して下さり、京都に帰られました。在廊中は、お客様と沢山 沢山話語られて、横で伺っているのが とっても 楽しかったです。
個展前は仕事場にこもって、誰ともお話しない日が続くので、初日は 爆発!! ていう感じでした。
残念な事に、夜の部はふられてしまったのですが、来月は荻窪の「銀花」さんで個展とのこと。次回、ぜひ夜の部でも お話出来る事、楽しみにしています。

今日は、花器のご紹介です。

今回は粉引きと安南手の花入れが揃いました。形があっての絵付けなので、形を邪魔しないよう、目が絵柄だけに向いてしまわないよう バランスを考えて染め付けをされていらっしゃいます。
花や草が入っても良し、 花器だけでも 姿が美しい お仕事です。

b0132442_1755693.jpg
b0132442_176478.jpg
糸染め掛花入れ   染料を付けた糸で線の模様を付けるそうです。筆て書いたのとは違う 強弱のラインが面白い表情になっています。口の幅 40x40ミリ  長さ490ミリ   21000円

b0132442_1762015.jpg
b0132442_1763318.jpg
安南手面取り花入れ    六角形です。70x210ミリ        18900円


b0132442_1713847.jpg
b0132442_17131751.jpg
b0132442_17132637.jpg
b0132442_1713352.jpg
粉引き四方花入れ   足が付くことで、床から持ち上がって、空気の流れを感じます。
化粧の濃淡が楽しめる味わいのある粉引きです。今回は鉄線を入れました。   80x80x210ミリ    21000円

b0132442_17192492.jpg
b0132442_17193947.jpg
安南手花入れ   肩の張ったラインが美しい形です。    120x210ミリ    26250円


b0132442_1722486.jpg
b0132442_1723025.jpg
安南手花入れ   口元の鉄釉の内側に流れた様子、安南のにじんだ雰囲気  小さいけれど ポンと いるだけで  満足。  90x130ミリ      13650円

b0132442_17254755.jpg
b0132442_17255696.jpg
安南手花入れ    手に取って眺めていたい  そんな壷です。  90x160ミリ   18900円



b0132442_1726634.jpg

b0132442_17261992.jpg
b0132442_17263012.jpg
安南手篇壷   両面に描かれた模様が楽しめます。   150x70225ミリ   42000円


b0132442_17331042.jpg
b0132442_1733215.jpg
つる首のすらりとした花入れ
100x260ミリ         26250円    花の小さな菊をいれました。

b0132442_17393932.jpg
b0132442_17395437.jpg
粉引き面取り花入れ    すっきりとシンプルな形は入れる花を選びません。90x165ミリ   18900円



最後に花入れではありませんが、茶入れのご紹介です。
b0132442_1742364.jpg

b0132442_17421439.jpg
b0132442_17422722.jpg
トンボが描かれた茶葉入れです。85x110ミリ    ボディの高さ105ミリ   10500円    トンボは後ろ向きには飛ばないので勝ち虫と呼ばれて、戦国時代、戦に使う道具にもトンボの模様が描かれているそうです。


今回の花入れは中くらいのサイズでした。頑張ってお花を入れよう と思わずに楽しむ事のできる花器ばかりです。
by utsuwakaede | 2010-10-29 17:54 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite