人気ブログランキング |

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

ガラスの掛け花入れ

千葉県成田に工房のある、五十嵐智一さんの「刻 掛け花入れ」が出来上がりました。

7月の個展で、とても人気のあった 花入れは、吹きガラスで形を作った後に、表面を彫刻するように削って面を作ります。そこにエナメル釉を塗り込んだもの。
墨色の濃淡や削った表面のざらざらとした質感に、素材の面白さを感じます。
ガラスでも、クリアでない為に、水や植物の茎がほんのりとしか見えないのも、面白さのひとつです。

ガラスの掛け花入れ_b0132442_15581284.jpg
ガラスの掛け花入れ_b0132442_15582251.jpg
ガラスの掛け花入れ_b0132442_15583776.jpg
ツツ型の掛け花入れ  長さ 255ミリ     径約30ミリ      7350円        後ろに、こんなふうに穴があけられています。   クルリンとしたつるや優しい緑色が涼しそう。利休草は茶花で使われるのだそうです。

ガラスの掛け花入れ_b0132442_1602756.jpg
ガラスの掛け花入れ_b0132442_1603787.jpg
  長さ約 100ミリ     幅 約90ミリ    幅約45ミリ   7350円      後ろに開いた穴は 壁に釘が打てれば掛けられます。    紫色のてっせん  葉が黒くなってきましたが、硬い蕾がもしかしたら開いてくれるかもしれないと 短く切っていれてみました。

ガラスの掛け花入れ_b0132442_1623255.jpg
 店の壁に打った釘 に掛けています。
by utsuwakaede | 2010-08-27 16:03 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite