うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:青彩のうつわ ( 2 ) タグの人気記事

秋谷茂郎展最終日です

秋谷茂郎展最終日です。

搬入日は大雨、今日は搬出の時間も又雨になりそうですが、
会期中の快晴はきっと秋谷さんが晴れ男だからかな?

紺色に近い6寸リム皿です。ケーキ皿、フルーツ皿にぴったりな色とデザインです。
径185xh22ミリ  3780円  
盛岡にある珈琲店「6月の鹿」さんでケーキ皿としてお使いになられていらっしゃいます。
b0132442_14342780.jpg
青彩楕円皿 今日はコンビニおにぎりをのせました。
緩いくぼみがとても盛りやすい形状のお皿。
あんかけ豆腐やお稲荷さん、マフィン・・・
220x180xh30ミリ  3780円
b0132442_14343888.jpg
b0132442_14345132.jpg

青彩指描片口鉢  指を使って描く模様の動きが面白く一点ずつ異なるのも選び甲斐があります。
この片口鉢でたてた抹茶を、デミタスカップや小振りのお湯のみ2~3個に注ぐのにちょうど良いうつわです。

口径140x125xh80ミリ  4320円
b0132442_14352857.jpg
b0132442_14353726.jpg
b0132442_14354750.jpg
秋谷茂郎展は本日17時で終わります。一部、常設でもお取り扱いをしていますので、店頭でどうぞご覧下さい。

19日(水)~24日(月)  打田翠展を致します。

by utsuwakaede | 2017-04-17 15:21 | お店から一言

秋谷茂郎さんのうつわたち

埼玉県三郷市の工房で制作されている秋谷茂郎(akiya shigeo)さんの工房に伺いうつわを選んで来ました。
以前より、りんご釉の花弁鉢を取り扱いしていますが、秋谷さんの器は使い勝手が良いので店頭に並べても旅立ちが早いです。
今回は色々な種類のうつわをお願いしました。

ご紹介します。
・ 粉引きピッチャー  約550cc入ります。 注ぐものはハンドルの大きさや角度、重さも大切です。
そばつゆ、お水、花生けの花器として・・・   8100円
b0132442_18202826.jpg
b0132442_18203975.jpg
b0132442_18204848.jpg

端反り鉢 二種類
・黒彩端反鉢 口元が少し反ったデザインです。
大振りですが、ひとりようのどんぶりとしても。 ロコモコ丼 色が栄えそうです。
もちろんサラダや煮物ようの鉢としてお使い下さい。
あっさりとした刷毛目の模様は飽きません。
口径220x高さ65ミリ  6480円
b0132442_18304983.jpg
b0132442_18305883.jpg
b0132442_18310782.jpg
・青彩指描端反鉢

上の黒彩鉢と同じ形ですが、色が異なると雰囲気も全く違います。
キーマカレー丼 似合いそうです。
口径220x高さ65ミリ   6480円
b0132442_18312088.jpg
b0132442_18312948.jpg
b0132442_18313750.jpg
・りんご釉片口盛鉢
白化粧の上にりんごの釉薬をかけてあります。
見込みがたっぷりとして豊かな鉢です。
クチの所にスプーンやフォークを置いて。
トマトとアスパラのパスタ なんて如何でしょうか。
寒くなったらおでんの盛り合わせもいいなぁ
口を入れない口径220x高さ70ミリ  6480円
b0132442_18390074.jpg
b0132442_18390952.jpg
b0132442_18391916.jpg
青彩そば猪口、粉引きクリーマー、青彩クリーマー
b0132442_18430529.jpg

・青彩クリーマー(片口) 180cc強入ります。
ふわりと軽くて片手でもとても持ちやすく、お酒にも、カフェオレ用ミルクにも、お鍋の時に足すお出汁入れにも。
内側は白いので注いだ色もきちんとわかります。
2700円
b0132442_18431311.jpg
b0132442_18432375.jpg
・粉引きクリーマーも同じ容量になります。
b0132442_18434014.jpg
b0132442_18435037.jpg

・青彩そば猪口
たっぷりサイズのそば猪口です。フリーカップとしてもお使い下さい。
高台があるので熱いものを入れてもきちんと持てます。約150cc
口径約95ミリx高さ約70ミリ  2484円
b0132442_18440127.jpg
b0132442_18441163.jpg
b0132442_18442055.jpg
・粉引き指描花弁皿 
細長い花びら形  化粧を指でおとして模様を描いています。
和菓子皿に、前菜に、デザートに、深さもあるので葛餅など
黒蜜をかけても安心。永島義教さんのヒメフォークと。
長さ約175ミリ 一番広い部分の幅110ミリ  深さ25ミリ  2700円
b0132442_18532801.jpg
b0132442_18533646.jpg
b0132442_18534593.jpg
b0132442_18535669.jpg
b0132442_18540724.jpg
b0132442_18585589.jpg
臼田健二さんのナラボウルと一緒に。

・りんご釉花弁鉢
5枚の花弁鉢をお花形に並べたら、 華やかな食卓になりそうですね。
お鍋の取り鉢にも。
口径165x135ミリ  深さ53ミリ  3240円
b0132442_19002398.jpg
b0132442_19001108.jpg
b0132442_19003638.jpg

青彩のお皿
b0132442_19034212.jpg
・青彩切立リム皿  永島義教さんのステンレスカトラリーと
品の良い青のお皿 チキンライス、焼き肉も、白身魚のソテーも、カレー味の立田揚げも似合っちゃいそうです。
口径215x高さ30ミリ  見込みの径155ミリ  4860円

b0132442_19035945.jpg
b0132442_19054309.jpg
二重高台でかたつきもなく安心。
b0132442_19053538.jpg
・青彩5寸皿  
取り皿に、果物用にも。梨や柿の色が似合いそうです。
あぶった厚揚げの生姜のっけ 盛りつけてみたい。
口径155x高さ20ミリ  2700円 
b0132442_19043741.jpg
b0132442_19041759.jpg
b0132442_19042609.jpg
b0132442_19052534.jpg


花を咲かせたり植物を育てるのと同じように、根気よく、毎日毎日の手間を惜しまず手を加える。
素材の変化に合わせて手を加える。決して素材を無理矢理自分に合わせるのではなく、
自分から素材に寄り添う。そんな気持ちで制作をしている秋谷さんの作るうつわは
だから穏やかで伸びやかなのかなと思います。

青彩は秋谷さん独特の色。鮮やかな青でなく、暗い青でもなく、静かな夕暮れの青。

9日から升たかさんの個展が始まります。
7日までは常設のうつわ達をご覧頂けます。


by utsuwakaede | 2015-09-03 19:33 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite