うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:郡司庸久 ( 37 ) タグの人気記事

郡司庸久さんのオーバル皿

b0132442_16425686.jpg
予報どおり雨が降り始めました。
明日の朝には止むそうなので、三連休はきっと素敵な秋晴れになるのでしょう!!

益子でお仕事をされている郡司庸久(ぐんじつねひさ)さんからオーバル皿が届きましたのでご紹介です。
色は白・黒・薄飴・濃い飴の4色になります。
サイズはLとMの二種類です
L   345x240xh35ミリ  8100円
M  275x183xh30ミリ  4860円
 

b0132442_16422945.jpg
b0132442_20301541.jpg
b0132442_16424159.jpg
b0132442_17554922.jpg
夕方の遅いおやつ  オーバル皿Mにのせてみます。

来週9日(月)・10日(火)はお休みです。(祭日と火曜日は定休日となっています)
郡司庸久さんの個展は12月6日(水)~11日(月)になります。


by utsuwakaede | 2017-10-06 17:57 | 新入荷のお知らせ

常設展示です

お休み明けでお花を入れ替えました。
空気が乾いて昨日の蒸し暑さとは違う、心地よさで水曜日が始まりました。

作家さんが入らして下さったり、新たなうつわが届いたり 嬉しい忙しさでスタートした新たな一週間です。
b0132442_20284530.jpg



b0132442_20291144.jpg
上野剛児さんの急須 薪の窯で焼いています。
来週水曜日から個展が始まります。

b0132442_20291899.jpg
b0132442_20293654.jpg
b0132442_20292638.jpg
b0132442_20295503.jpg
新たに届いたお皿 郡司庸久さんのオーバル皿4色です
黒・白・濃い飴色と薄い飴色  サイズはLとMの二種類あります。
b0132442_20301541.jpg
b0132442_20300569.jpg
村井大介さんからはチタン釉の小鉢たちが届きました。
洋にも和にも使えてサイズも便利そう。

HP 展覧会のご案内に今月の個展DM写真をアップしました。
合わせてご覧になって下さい。


by utsuwakaede | 2017-10-04 20:40 | お店から一言

お知らせふたつ

8月にお訪ねした作家さんたちの展覧会案内が続けて届きました。
ご案内致します。

茨城県石岡市に工房を移され、窯も新しくされました。
お伺いした時には新しい窯の具合を確かめながら、土や釉薬、焼成温度をテストされていました。
ドイツが大好きな鈴木さんが制作された作品は、自然豊かなドイツの森や湖の景色が目に浮かぶのではないでしょうか

鈴木美汐 作品展
9/23~10/2  山小屋(渋谷区恵比寿)にて

b0132442_16273271.jpg


少し遠いのですが、宮城県仙台市にある「ネジノワ」工作所さんにて
9/17~25

木の仕事をされている安彦年朗さん シェードやお皿やスプーン、人形 どれもこれも魅かれます。
陶芸家の郡司庸久さん、慶子さんご夫妻は益子に移られて調度一年になるそうです。
魅力的な作品たちがきっとならぶのだろうなぁ と想像しています。
b0132442_16274187.jpg
b0132442_16275496.jpg


by utsuwakaede | 2016-09-09 16:43 | その他お知らせ

郡司庸久さんのオーバル皿

郡司庸久さんのオーバル皿 中サイズが出来上がりました。
今回は薄い飴釉と白釉の2色をお願いしました。
中サイズ  273x180x高さ30ミリ  4860円
取り皿に、メインの盛り皿に、デザートプレートとして、子供ようカレー皿にも。
b0132442_17050253.jpg
b0132442_17051488.jpg
b0132442_17052710.jpg
b0132442_17054007.jpg
下の濃い飴釉オーバル皿が昨年から定番で作られているサイズです。
 340x240x高さ30ミリ 8100円 
b0132442_17054934.jpg



上の濃い飴釉がオーバル皿 大
下は今回届いた薄飴オーバル皿 中です。
永島義教さんのステンレスのディナーナイフ、デザートフォークと合わせました。
(ディナースプーン、スープスプーンの入荷はしばらくお待ち下さい)
b0132442_17060047.jpg
b0132442_17155897.jpg
永島義教 ステンレス
デザートフォーク 長さ145ミリ  2700円
ディナーナイフ 長さ215ミリ  3780円 

 
b0132442_17061142.jpg
b0132442_18111605.jpg

山田隆太郎さんの刷毛目湯のみ、荒賀文成さんの粉引き馬たらい鉢と。
たっぷりとしたサイズなのですが、美しい曲線のオーバル形をしているせいか、思った程に空間を占拠しません。
果物を盛っておいたり、お花を生けたり、氷を入れてワインクーラー代わりにも、かさばる葉もののサラダも、
ポテトチップス山盛りも・・・

口径285x230ミリ 高さ120ミリ  9720円
b0132442_08222884.jpg
郡司庸久さん、慶子さんの展覧会は明日から桃居さんで始まります。

八木橋昇展 うつわ楓にて
4月13日(水)~18日(月)

新作のたたらで作ったお皿類も楽しみにしていて下さいね。
b0132442_18201567.jpg



by utsuwakaede | 2016-03-31 18:28 | 新入荷のお知らせ

ラナンキュラス

みごとに開いたラナンキュラスをお花屋さんから頂いた。
郡司さんの飴釉鉢か、アキノさんのガラス鉢 どちらに入れよう?
b0132442_11161803.jpg


b0132442_11161831.jpg

常設展示中です。
by utsuwakaede | 2016-03-16 11:12 | ひとりごと

チューリップを

きっぱりとした寒さがようやくやってきました。
お正月あけに求めた水仙の花がちりちりとなってしまったので今朝はチューリップを入れました。
秋谷茂郎さんのピッチャーは花入れにしても使いやすいサイズ感です。
郡司庸久さんのオーバル皿、田中信彦さんのシリアルボウルと。
b0132442_14363195.jpg
上の棚に置いてみます。 
瑠璃色がお料理を引き立たせる臼田けい子さんの大皿、青とクリアのコントラストが美しい松岡ようじさんの吹き硝子鉢、手前は荒賀文成さんの粉引きのうつわたち三種類、蝋梅を入れた箱鉢は山口利枝さんの作です。
b0132442_14364211.jpg

こでまりを入れた筒花器は坪井俊憲さんにお願いして作って頂いた形です。
ブーケをそのまま入れられる「つつ型で」とお願いしました。
重さもあるので安定感が良く粉引きは和花も洋花も似合います。

b0132442_14365283.jpg
冬の柔らかな陽射し、夕方早めに灯す電灯に、硝子たちがキラキラと輝くのは、寒い季節ならではの贈り物かな・・・

by utsuwakaede | 2016-01-14 14:55 | ひとりごと

郡司さんの飴釉皿で

いよいよ今年最後の個展の最終日です。本日は17時で終了致します。
気温がぐんと下がってようやく冬らしくなりました。
温かな色合いの飴釉皿で、ヨックモックのロールケーキをいただきました。

b0132442_14323598.jpg
明日18日は常設展示に戻すためお休み致します。
19日(土)から通常どおり営業致します。

by utsuwakaede | 2015-12-17 14:38 | ひとりごと

郡司庸久展 5日目です

明日からは気温が急に下がるそうですが、今日は温かないちにちでした。
郡司庸久さんの個展は明日までになります。

焼き〆のつぼの水仙もすっかり開いて甘い香りを楽しませてくれています。
ボディの径約140ミリ 高さ115ミリ  口径85ミリ  10800円
柔らかなまるみは手捻りで成形しています。

b0132442_17282193.jpg
b0132442_17291610.jpg
b0132442_17293767.jpg
b0132442_18094835.jpg
内側は釉薬が掛けられています。

洋梨のような形をしたポット  約260cc 8640円
富山孝一さんの胡桃+漆 はつり盤と。茶匙は大塚友野さんの乾漆の仕事です。
b0132442_17143412.jpg
b0132442_17144492.jpg

こちらのポットも形がシンプルでどんな湯のみとも合います。
約270cc 8640円
b0132442_17280436.jpg
b0132442_17281275.jpg
村木雄児さんの汲み出しと
b0132442_17274385.jpg
廣政毅さんの筒湯呑みと
b0132442_18083839.jpg

山口利枝さんの小湯のみと
b0132442_18091595.jpg
b0132442_18092591.jpg
どんぶりやご飯茶碗もまだお選び頂けます。
明日は最終日ですので17:00までになります。

by utsuwakaede | 2015-12-16 18:57 | お店から一言

郡司庸久展 4日目です

b0132442_16021874.jpg
郡司庸久さんの個展 半分が過ぎました。
耐熱の土瓶とポットをご紹介します。

朝いちばんに白湯を飲むという方も増えました。陶器の土瓶でお湯を沸かしたら一日の始まりを気持ち良く迎えられそうな気がします。もう一度火にかければ温め直しも簡単です。
お茶漬けのお伴にこんな土瓶がそばにいたら嬉しいです。
no33,  850cc    15120円
b0132442_16011024.jpg
b0132442_16013031.jpg
b0132442_16011923.jpg
耐熱ポット

いちにちストーブに掛けたままで湯気が立っていたらいいですね。
マンション暮らしなのでアラジンのストーブに憧れます。
no31 ,900cc 12960円
b0132442_16014068.jpg
b0132442_16014813.jpg
b0132442_16015974.jpg
どちらも茶こしはついていません。
茶葉を入れる場合はお茶専用の袋をお使い頂くと良いそうです。

郡司庸久展は17日(木)の17:00までになります。



by utsuwakaede | 2015-12-15 16:28 | お店から一言

郡司庸久展  3日目です。

郡司庸久展 本日3日目です。
益子に仕事場とお住まいを移し今回は初窯のうつわ達が沢山並んでいます。
b0132442_16101607.jpg
日々使う小皿と取り皿のご紹介です。
中央の釉が掛けられていない"まる"がアクセントの小皿。no13,径120ミリ 高さ23ミリ  1620円
b0132442_16102722.jpg


4色並ぶと楽しい六寸皿。
上の左側のお皿だけリムの形が違っています。 no10,径185x高さ35ミリ  
他の三種類のお皿 no10. 径180ミリx高さ35ミリ   それぞれ3240円
少し大きめの取り皿としても盛りつけのお皿としてもお使い下さい。
b0132442_16104959.jpg

b0132442_16111614.jpg
b0132442_16112965.jpg
b0132442_16113872.jpg


大きなうつわ  今回は大きめの鉢も沢山あります。
サラダも揚げ物もたっぷりと盛りつけられちゃいます。
見込みが平たいドラ鉢タイプにちらし寿司も美しい。 沢山買いすぎた野菜を入れておくのも。

飴釉の鉢 ふわりと広がった口元が伸びやかで心地よさを感じます。 no17 口径185x高さ70ミリ  8640円
b0132442_16115042.jpg
b0132442_16120195.jpg
白い釉の重なりが楽しい表情をしています。
ドラ鉢 no20 口径290x高さ70ミリ  15120円
b0132442_16493080.jpg
b0132442_16493986.jpg
マグと並べると大きさが伝わりますでしょうか。
b0132442_16495226.jpg
ベージュのドラ鉢 no20 口径290x高さ90ミリ 15120円
b0132442_16500234.jpg
b0132442_16501367.jpg


外と内のいろが違う、カラメルソースが溶けているような美味しそうなドラ鉢 
 no18 口径275x高さ70ミリ  10800円
b0132442_16502437.jpg
b0132442_16503743.jpg
b0132442_16504634.jpg
明日の火曜日も営業しています。郡司庸久展ご覧頂けます。

今週は18日金曜日が入れ替えの為にお休み致します。
いつものお休みと違いますのでご注意くださいますよう、お願い致します。


by utsuwakaede | 2015-12-14 17:10 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite