うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:色のうつわ ( 2 ) タグの人気記事

石田誠展 3日目です

朝から素敵なお天気のいちにち

今回の一番大きなお皿が青色です    径322xh50ミリ  16200円
b0132442_17141100.jpg
b0132442_17142273.jpg
b0132442_17145077.jpg
b0132442_17143713.jpg

朝の窓際で見ると釉の濃淡が美しいです。
b0132442_17152408.jpg

そして今回一番大きな鉢は濃い茶色
口径305xh105ミリ   25920円

沢山のお客様をお呼びする時には絶対に活躍します。
b0132442_17202923.jpg
b0132442_17204848.jpg
b0132442_17210759.jpg
shizenで二人展中の佐川岳彦さんが編んだ竹の折敷きを使いました。
耐熱ガラスのスプーンと竹 夏のテーブルに添えてみて下さい。
b0132442_17134353.jpg
田村悠 耐熱ガラススプーン  長さ110ミリ  3780円
石田誠  カップ&ソーサー  水色と白  各5400円  デミタスサイズです。


b0132442_17132132.jpg

秋谷茂郎さんの四彩角皿(全体にグレイがかった色の組み合わせは今回限りの色味です 150角 2700円)
石田誠さんの筒湯呑み  青白磁 高さ105ミリ  3456円
b0132442_17130573.jpg
石田誠さんの端反り湯のみ  口径80xh60ミリ  3240円


数字が押された楽しい7寸ハットボウル   210xh50ミリ  スープにもカレーにも  5400円
b0132442_17314898.jpg
b0132442_17320316.jpg
22日(月)が最終日です。17:00まで

23日・24日はお休み致します。

by utsuwakaede | 2017-05-19 17:38 | 展覧会のおしらせ

石田誠展 前日  5/16





石田誠展  5月17日(水)~22日(月)

b0132442_15563893.jpg
 
写真:栗原かほり


八年振りの石田誠展 「5月の散歩 II」明日から始まります。

木々の緑を眺めながらのお散歩が楽しい季節です
石田誠さんの手から生まれる柔らかなうつわは、
        まるで5月の風がふわりと吹いているような心地よさを感じます。


プロフィール
1965  愛媛県久万町生まれ
     1989  愛知県立窯業高等技術専門校卒
   1995  愛媛県松山市窪野町に築窯

       砥部の磁器土と讃岐のサヌキ土にて電気窯で白いうつわ、
 穴窯せっ器質陶器のうつわを作っています。
空っぽなうつわから空っぽがあふれだす。
  なんでもない ただのものをつくりたいです。
日々感謝




作品のご紹介です(サイズは目安にお考え下さい)

1, 5,5 寸丸つぼ   ボディの径160xh110 10800円

b0132442_17131358.jpg

2, 立ち口つぼ   ボディの径150xh180ミリ  
和花、洋花のどちらも合わせやすい色とかたちをしています。  12960円

b0132442_17134387.jpg

3, 3,5寸ポットボウル  口径110xh75ミリ    4320円
お茶、カフェオレ、デザートボウルとして楽しめます。
家族で色違いを並べると楽しそうです。
b0132442_17151651.jpg
見込みに絵柄があるものも。
b0132442_17150083.jpg


4, 3,5寸ポットボウル  口径110xh75ミリ   3240円
b0132442_17255577.jpg


No.3は高台の底まで釉薬がかかっています。
b0132442_17260847.jpg


5. 6寸ピッチャー  高さ175ミリ  7560円
b0132442_17261583.jpg
b0132442_17262802.jpg

6, 端反り湯のみ  口径80xh60ミリ  新茶も栄えます   3240円
b0132442_18154008.jpg


7, ちょこM 口径85xh65ミリ   3024円
b0132442_18155345.jpg


8,ちょこ L   口径90xh80ミリ 3240円

b0132442_18161981.jpg


9, 3寸汲み出し    口径90xh55ミリ   3240円
b0132442_18162823.jpg

10,  尺皿   320xh45ミリ  16200円
b0132442_17274342.jpg
b0132442_17280493.jpg

11, 7,5寸リム皿   235xh40ミリ   6480円
b0132442_17281700.jpg

12, 4,5寸リム皿 
145xh22ミリ  2160円
b0132442_17284277.jpg


13, 4,5寸リム皿 
145xh27ミリ  絵のないものがほとんどです  2160円
b0132442_17285036.jpg

14, 4,5寸ハットポウル   144xh38ミリ   2160円
b0132442_17293578.jpg
b0132442_17294231.jpg


15, 5,5寸ハットボウル   口径170xh40ミリ   3240円
b0132442_17300769.jpg


16, 7寸ハットボウル   口径210xh50ミリ  5400円
b0132442_17301644.jpg


17, 5,5寸リムボウル  口径170xh60ミリ  5184円
b0132442_17302819.jpg

18, 4,3寸リム皿  口径130xh25ミリ   2160円
b0132442_18182590.jpg



19, 3,5寸 ふたもの   120xh75ミリ  5400円
b0132442_17305517.jpg
b0132442_17310523.jpg

20, 3,2寸 小付け   100xh45ミリ  1728円
b0132442_17311462.jpg

21, 3,5寸切立ゆのみ  口径70xh105ミリ   3456円

b0132442_18185995.jpg


左から
22, マグ Hi  口径100xh90ミリ   4320円
23, マグ Hi 口径100xh90ミリ  3456円

No.22は高台の底まで釉薬がかかっています。
b0132442_17313640.jpg


24, マグ Low 口径110xh65ミリ   4320円
25, マグ Low 105xh70ミリ    3456円
b0132442_17313640.jpg
No.24は高台の底まで釉薬がかかっています。
b0132442_17374213.jpg


26, ポットマグ Hi 80xh90ミリ   4320円
b0132442_17375259.jpg


27, デミタスC&S  カップ 65xh6x5 ・お皿 130ミリ  5400円
b0132442_18164839.jpg


28, 6寸とっくり   高さ85ミリ   7560円
b0132442_17380651.jpg
升たかさんの小さなカップと合わせて猪口と徳利セットにしたら楽しいお酒になりそうです。
b0132442_17381462.jpg


29, 5寸とっくり   高さ150ミリ  6480円

b0132442_18170211.jpg


左から
30, 3,5寸飯椀    口径110xh55ミリ   2592円
31, 3,5寸飯椀  口径110xh55ミリ   3240円
b0132442_18170915.jpg

No.31は高台の底まで釉薬がかかっています。
b0132442_17384931.jpg



32, 茶杯  口径67x45ミリ  中国茶も似合うサイズです。 2160円
b0132442_17390842.jpg


33, 2,1寸合子   65xh20ミリ  4320円
b0132442_17391680.jpg
b0132442_17392323.jpg


34, 1,7寸合子  50xh25ミリ   4104円
b0132442_17392944.jpg

左から
35, ジキ+サヌキ5,5寸リム皿  178xh30ミリ   3240円
36, ジキ+サヌキ  4,5寸リム皿   148xh25ミリ  2160円
37, ジキ+サヌキ 3,5寸リム皿   110xh20ミリ  1728円
b0132442_17393844.jpg
b0132442_17394515.jpg

奥から
38, 3,5寸南蛮 105xh50ミリ    3456円
39, 2.8寸 南蛮平杯  85xh30ミリ   3240円
40,  3寸南蛮杯   90xh40ミリ   3240円
b0132442_17395369.jpg
b0132442_17395874.jpg


41, 大鉢  350xh105ミリ  25920円
b0132442_17401203.jpg


石田誠さん 在廊日: 17日(水)



全体の写真です。
b0132442_20165000.jpg
高台からこぼれ落ちた釉の溜まりが素敵です!!
紫陽花も生けてみたい花器です。
b0132442_20172037.jpg
b0132442_20173264.jpg
ポットボウルにお皿を合わせてみました。
お皿のサイズも深さもいろいろと作って下さいましたので、サイズ違いや色違いで重ねておくのもワクワクします。
b0132442_20174048.jpg
b0132442_20180295.jpg
b0132442_20181300.jpg
b0132442_20182115.jpg
b0132442_20183085.jpg
b0132442_20183570.jpg
b0132442_20184203.jpg
b0132442_20184779.jpg
焼き〆との相性も良いのは同じ手が作っているからなのでしょうか。
b0132442_20185305.jpg
いつもの楓とちょっと違う色が沢山並んだ店内になりました。
お散歩の途中に立ち寄ってみたくなる、 そんな展覧会になっていたら幸いです。


by utsuwakaede | 2017-05-16 20:51 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite