うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:松宮洋二 ( 8 ) タグの人気記事

松宮洋二さんのポット 大・小

三重県松坂に工房を持っていらっしゃる松宮洋二さんのポットが届きました。
度々お願いするこのポットは一見地味なのですが、数回の焼成で味わいのある色を醸し出しています。
軽く、蓋の部分が広いので茶葉を捨てる時も容易です。
工房の周囲はお茶農家さんも多く、美味しいお茶が入れられるポットであるように、勉強されたそうです。
b0132442_17295276.jpg
b0132442_17301073.jpg

内側には釉薬を掛けています。
b0132442_17302426.jpg
まだら唐津の湯のみ(塩鶴るり子さん)と合わせてみました。 高さ65ミリ  4050円
b0132442_17304412.jpg
松宮洋二 ポット
大  12960円   550cc 
小  9720円 300cc

明日 火曜日は定休日です。

by utsuwakaede | 2017-11-13 17:53 | 新入荷のお知らせ

松宮洋二さんのポット

松宮洋二さんから昨年お願いしていたポットが届きました。
b0132442_16353602.jpg
ひとりかふたりようにぴったりの小振りなポットです。
良い表情を出すのに苦労されたそうで三点しか届きませんでした。
山田隆太郎さんの粉引き汲み出しと。工房くさなぎさんのふき漆オーバルトレイを使って。
b0132442_16354862.jpg
菊茶は殺菌作用があるので風邪の時に熱湯を注いで菊のお花が開くのを待って飲むと良いそうです。
飲みにくかったら氷砂糖で少し甘めにして下さい と言葉を添えてお届け下さいました。
お砂糖を入れなくても美味しく頂いています。身体がポカポカと温まります。
・山田隆太郎  粉引きゆのみ 口径90xh70ミリ  約150cc(口元まで余裕があります)  2700円
・松宮洋二   ポット  250cc  9720円
・工房くさなぎ  オーバルトレイ ふき漆  428x180xh20ミリ  16200円

明日は五十嵐智一さんの搬入日です。
五十嵐智一ガラス展  1/25(水)~30日(月)
五十嵐さんの在廊日 25日・27日・29日



by utsuwakaede | 2017-01-23 16:52 | 新入荷のお知らせ

粉引きの花器、汲み出し

b0132442_19015049.jpg
粉引きの花器 
小振りですが、つるりとした肌、ふっくらとしたラインが魅力的な花入れ。
お花を入れずにしばらく眺めていようと思いました。
荒賀文成 粉引き花器  高さ155ミリ ボディの径100ミリ  9720円

皿立てに立てた刷毛目皿は坪井俊憲さん。鉄粉と刷毛目の作り出す文様が流水のように見えます。
径250x高さ45ミリ   6480円


b0132442_18085505.jpg
b0132442_18083203.jpg
松宮洋二さんのポットと合わせて
荒賀文成さんの粉引き汲み出しです。  口径115x90ミリ  深さ65ミリ  1944円 

b0132442_18080866.jpg
b0132442_18075716.jpg
b0132442_18081993.jpg
松浦コータローさんの5寸皿  紅安南花唐草丸紋5寸輪花皿  
口径155x深さ30ミリ  3456円

11日まで常設展示になります。

by utsuwakaede | 2016-04-01 19:22 | 新入荷のお知らせ

松宮洋二さんのポット 

b0132442_17082419.jpg
三重県の松宮洋二さんからポットがようやく届きました。
しっとりとした肌の色がどんな湯のみと合わせても馴染みます。

b0132442_17083773.jpg
b0132442_17084585.jpg

持ち易く注ぎ易いデザインは重さも考えて作られています。
又、蓋の部分が広いので中をすすぐのもあまり苦にはなりません。
大 600cc 12960円   小 300cc 8640円


21,22日は定休日のために連休とさせて頂きます。
23日(水)から28日(月)は耐熱硝子の作家さん 田村悠さんの個展を致します。
直火、レンジ、オーブンに使える硝子です。ご高覧下さい。

b0132442_17050477.jpg


by utsuwakaede | 2016-03-19 10:15 | 新入荷のお知らせ

松宮洋二さんのうつわ

三重県松坂で制作をされている松宮洋二さんのうつわが届きました。
ムーンというシリーズは月の表面をイメージしたものです。
クレーターの様なボツボツとした肌ですが、触れるとさらりとすべらかで軽いうつわです。
こちらはムーン片口鉢  口までの径220x口径180x高さ70ミリ  5400円

b0132442_17304140.jpg
b0132442_17305373.jpg
b0132442_17310298.jpg
b0132442_17311162.jpg
ムーン片口小 口までの径140x口径120x高さ68ミリ  3240円
口のデザインが多少ぶつかっても欠けないようになっています。

b0132442_17312176.jpg
ポット二種  数回の焼成で出すという色味は深い味わいを持つ肌に。
以前松宮さんにお話を伺ったとき、ご近所はお茶どころ、お茶畑も沢山あって、急須やポットにはとても厳しいそうです。
使い手に鍛えられたポットです。

ひだりのポット 約250cc 8560円
みぎのポット  約550cc 12960円

b0132442_17461010.jpg
b0132442_17461791.jpg
b0132442_17460193.jpg
蓋が大きく、茶葉の出し入れもしやすいデザイン。
持ち手も広いのできちんと掴めて熱くありません。
内側は釉薬が掛かっています。

b0132442_17462692.jpg

お茶の時間に    大きな方のポットに合わせたのは 村木雄児さんの粉引き汲み出し 2592円、
茶匙は大塚友野さんの金箔白檀塗り 4104円   お茶托は石川漆宝堂さん  2700円
b0132442_17463503.jpg
小さなポットには島るり子さんの粉引き汲み出しを合わせました。
頂き物の梅衣を田村悠さんのバーナーワーク小皿で。フォークはババグーリで求めたもの。
粉引き汲み出し   3780円、 お茶托は工房くさなぎさんのふき漆小皿  2700円
田村悠さんの耐熱ガラス小皿  3240円
b0132442_17464530.jpg
b0132442_17465546.jpg
物静かな松宮さんは常に丁寧で完成度の高い仕事をされます。




by utsuwakaede | 2015-07-30 18:11 | 新入荷のお知らせ

夕方のおやつに

夏のお菓子 wakudenの希水を差し入れて頂きました。
蒸し暑いこの時期に目に涼やかな笹の葉に包まれている生菓子です。
どんなうつわにのせようか・・・
b0132442_20032756.jpg
エアコンで冷えてしまった身体に熱いお茶をたっぷりと。 長谷川奈津さんの粉引き碗 口径93xh80ミリ  7560円
b0132442_20043512.jpg
b0132442_20044644.jpg
b0132442_20045561.jpg
届いたばかりの松宮洋二さんのポット 肌合いが涼しげです。
お茶どころに工房があるので、急須やポットはとても使い勝手が良いのです。
約300cc 8640円

b0132442_20040262.jpg
b0132442_20041665.jpg
b0132442_20035250.jpg
b0132442_20042615.jpg

笹の緑が映える黒い角皿は山本哲也さん  水紋のような彫り模様と銀色に見える肌 黒だけど涼しげ 
198x198xh80ミリ  6480円 
b0132442_20034180.jpg
b0132442_20050623.jpg
b0132442_20053629.jpg
つるりんとした食感とほのかなリンゴの香り ごちそうさまでした。

明日7/28は定休日です。(毎週の火曜日、祭日がお休みです。shizenも火曜日がお休みになります)




by utsuwakaede | 2015-07-27 20:22 | お店から一言

ビードロ釉の板皿

三重県松坂の松宮洋二さんから 板皿が到着しました。

透明感のある落ち着いたグリーンはビードロ釉です。 1年を通して使って頂ける色の板皿は土のヒビヒビの間にも釉がしっかりと掛けられているので、染み込みの心配もありません。
焼き魚やお刺身、お寿司はもちろん   焼き鳥やお漬け物の盛り合わせ etc
b0132442_15335187.jpgb0132442_1534061.jpgb0132442_1534827.jpgb0132442_15341864.jpg


b0132442_15343475.jpg

まめのくず桜と冷茶をセットしてみました。
270x150x高さ20ミリ     4725円です。
小口宗之さんのグラス   口径90 高さ75ミリ   3675円   
by utsuwakaede | 2012-06-10 19:00 | 新入荷のお知らせ

松宮洋二さんから 茶入れと急須がようやく到着しました

焼き〆の茶入れ 二種類    

卵のように 曲線のきれいな茶入れ
b0132442_183658100.jpg

b0132442_1837878.jpg
中蓋があります
b0132442_18374782.jpg
b0132442_1838066.jpg
 内側は釉が掛けられています
b0132442_1838871.jpg
松宮さんの急須と南沢さんの茶匙  を一緒に。  茶入れの径70高さ100ミリ     5250円

炭化焼成の茶入れ    彫刻のように面を削ってあります。
b0132442_18413231.jpg
b0132442_18415142.jpg
b0132442_184249.jpg
b0132442_18421883.jpg
一見、土の固まりのようですが、中は空洞です。 ちょっと重ためです。お花を一輪 なんていう使い方も楽しめそうです。 径80ミリ  高さ120ミリ  6300円   
内側には白い茶入れと同じ様に、釉が掛けられているので、茶葉の香りが土に移らないようになっています。


急須   松宮さんの住まいは三重県の茶畑の沢山ある、お茶どころです。
 お茶屋さんや、お茶好きの方が多い中で鍛えられた急須はさすがです。

b0132442_18485773.jpg
b0132442_1849795.jpg
b0132442_18491973.jpg
b0132442_18493213.jpg
 左に比べると右の急須はちょっとだけベージュが濃いです。  ボディの径90ミリ    高さ95ミリ    どちらも250cc   6930円


b0132442_18531510.jpg
b0132442_18532484.jpg
b0132442_18533295.jpg
b0132442_18534421.jpg
 ボディの径90ミリ 高さ  100ミリ   約300cc  6930円

b0132442_196897.jpg



真上から
b0132442_1964572.jpg
 ダンスをしているみたいです。

おまけ は今  楓の棚に並んでいる 急須やポットたち。
b0132442_198879.jpg

b0132442_1982030.jpg
詳しくは、どうぞお問い合わせくださいませ。
by utsuwakaede | 2010-08-05 19:11 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite