うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:打田翠 ( 48 ) タグの人気記事

花いれ

b0132442_18133966.jpg

b0132442_18135812.jpg
b0132442_18142319.jpg

村上躍さんの壁にかける花入れ ようやく届きました。
錆色とグレイの二種類です。花を入れる口元も美しくて、枝が上手に留るように考えられています。
壁に掛けないでおいて使う事も出来ます。
155x155ミリ 厚みは25ミリ 壁から少し浮くように後ろに足を付けてあるので、全体の厚みは28ミリです。  21000円

b0132442_1818475.jpg

打田翠さん 手捻りの掛花入れ 緑色のタイプは楽焼きです。
白い方  口の幅60 高さ80ミリ  厚さ60ミリ  5250円
楽の花入れ  口の幅110  高さ70  厚さ40ミリ  6300円


b0132442_18224822.jpg

松岡洋二さんのととろ面取りピッチャー   ボディの径85ミリ  高さ110ミリ  4410円
柔らかなガラスの色を見ていると温かなストーブの前にいるような気分になります。


b0132442_18255449.jpg

小口宗之さんの小さな一輪挿し  サンキライの赤い実の色 ちょんと切っていれました。枝が透けて見えるのも好きです。 このサイズはヒョイと気楽に花やハッパを生けられます。
口の径20 高さ75ミリ  3675円

b0132442_1902048.jpg

打田翠さんの楽一輪挿し  高さ80ミリ  3675円  
小さいのに存在感 あります。手のひらにのせて 見つめてしまいます。
by utsuwakaede | 2013-11-29 19:11 | お店から一言

楽焼きのカフェオレボウル

打田翠さんから うつわがいろいろと届きました。

ずっと待っていた碗やぐいのみ、お皿たちに楽の掛花いれたち。
今夜はカフェオレボウルのご紹介です。

b0132442_18453339.jpg

b0132442_18455037.jpg

b0132442_1846720.jpg


せっかくなので抹茶をいれてみました。
b0132442_18464012.jpg

b0132442_1847118.jpg


手捻りで成形をしたうつわを焼いている途中で取り出して籾殻の中に入れていぶします。
柔らかい質感と色合いがそれはそれは魅力的です。(一点物です)
口径135x130  高さ65ミリ(低い部分) 6300円

まだいぶりがっこのような匂いがほんのりしますが、何度か使うと匂いはなくなります。

そして、打田翠さんと白石陽一さんの展覧会のお知らせです。
b0132442_18504695.jpg


白石陽一 打田翠 陶展
12月9日(月)から15日(日) 場所は酢飯屋 水道ギャラリーです。11:30~17:00
文京区水道2-6-6 03-3943-9004
ランチやカフェも併設されていらっしゃいます。
ぜひお出かけ下さい。
by utsuwakaede | 2013-11-24 18:55 | 新入荷のお知らせ

五十嵐智一さんの小鉢、打田翠さんの一輪挿しに

b0132442_13594020.jpg

ホトトギス色のガラス小鉢に短く切った葉を入れました。泡影小鉢  口径100  高さ80ミリ  4200円
来月、葉山町のTiptoeさんで五十嵐さんの個展があります。
b0132442_142415.jpg

寒い季節のガラス 使い   夏とは又違う楽しみ方がありますね。


打田翠さんの一輪挿しにベランダのミントを挿しました。
マットな白い肌の一輪挿しに明るい緑色が爽やかです。ボディの径約75ミリ  高さ約100ミリ   4200円
隣の岡晋吾さんの白磁輪花小鉢   口径110ミリ  高さ60ミリ  6300円
b0132442_1451995.jpg

by utsuwakaede | 2013-10-07 14:11 | お店から一言

花を生け変えました

水引草  内田京子さんの花器
b0132442_1836121.jpg

b0132442_18364021.jpg


バラの実  ガラスは小口宗之さん、薪がまの小つぼは高田谷将宏さん、白い横長は打田翠さんの花器
b0132442_18365720.jpg


てっせん  増田勉さんの徳利
b0132442_18372274.jpg


水引草とあざみ?の一種   尾形アツシさんのつぼ
b0132442_18375618.jpg

by utsuwakaede | 2013-09-06 12:35 | お店から一言

電気復旧しました!!

一時はどうなることやらと思いました。
電気のメーターとブレーカーを繋ぐ線が老朽化のために切れていたそうです。
原因がわかって直ぐに新品と交換がすみ、解決してほっとしました。いつもより二時間遅れてのオープン。

アキノヨーコさんの花器にニラの花を入れました。ハッパはさすがにニラの匂いがするので、涼しげな他の葉を組み合わせて。
b0132442_16455968.jpg

b0132442_16461297.jpg
茎の根元はあのニラの香りがします・・・・

b0132442_16472070.jpg

打田翠さんの「楽掛けはないれ」にはりょうぶの葉

b0132442_16494671.jpg

井内素さんの「炭化掛け花入れ」には紫のてっせん。

エアコンも効いてきて、汗もようやくひきました。

暗くて暑い店内でうつわをお選び下さったお客様 大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
by utsuwakaede | 2013-08-07 16:55 | お店から一言

冷たいおそば いかがでしょう

食欲ないけど お昼だし・・・
昼間っからビール そして簡単におそばを茹でて  こんな夏の休日のお昼ご飯をイメージしてみました。

b0132442_15403961.jpg

あ、薬味皿を忘れました。

安永正臣さんの薪窯焼成の粉引き皿 少し立ち上がりがあるデザインが便利な1枚。
径200ミリ  高さ45ミリ  5250円
b0132442_154444.jpg

b0132442_15441728.jpg

b0132442_15443630.jpg


打田翠さんの磁器の手捻り片口  成形した後に石粒を埋め込みました。窯の中で焼かれて土が縮むと埋め込んだ石粒が押し出され、模様のようになっています。大人なグレイです。
冷酒・そばつゆやそば湯・湯冷ましにも。
持ち手は真鍮です。 約320cc   8925円 
b0132442_1548556.jpg

b0132442_15481711.jpg

b0132442_15483433.jpg



骨董のうつわの雰囲気を持つ蕎猪口は山口利枝さん。口径80ミリ 高さ65ミリ 2310円
b0132442_15533152.jpg

b0132442_15534684.jpg


岡部量吉さんの拭き漆のお箸(ケヤキ) 23センチは黒い漆、21センチの方は赤い漆がてっぺんに塗られています。各3150円
b0132442_15541055.jpg

b0132442_15542214.jpg

by utsuwakaede | 2013-07-29 12:00 | お店から一言

クリームあんみついかがでしょう?

今朝はお騒がせをしました。
脳外科のお医者さんが少ないのでしょうか? 救急で診て下さる病院がなかなか見つかりませんでした。
救急車で病院をたらいまわしにされる という出来事をニュースで聞きますが、こういう事だったのですね。刀根さんの機転で都立広尾病院で検査をして頂ける事になり、検査結果も何事もなくて、ほっとした気持ちで楓に戻りました。
内田さんの個展が終わっていて良かったーーと。

松岡洋二さんから届いた「野花」の小鉢を見ていたら、クリームあんみつが食べたくなりました。
そこで、今、クリームあんみつを食べるとしたら・・・と想像しながら3つ並べてみました。
b0132442_18315169.jpg

左から松岡洋二さん、レースはアキノヨーコさん、右は打田翠さんの碗です。

松岡さん  野花  口径120 高さ90ミリ  4725円  
b0132442_18342678.jpg

b0132442_18344312.jpg

b0132442_1835251.jpg


アキノヨーコさん  レース小鉢は白玉も入っていたら嬉しいな。  口径110 高さ90ミリ  12600円
b0132442_18375447.jpg

b0132442_1838572.jpg


打田翠さん  抹茶のクリームあんみつが似合うかも  口径135x125  高さ65ミリ 15750円
b0132442_1840325.jpg

b0132442_18404637.jpg


想像していたら、ますます食べたくなってきました。
by utsuwakaede | 2013-07-11 18:44 | お店から一言

野上薫さんの個展 明日までです

いちごを"こげこげ"して来ました!! と中山さんがお届け下さったイチゴのシロップ。
b0132442_18152722.jpg

あまりにも素敵な色で おもわず野上さんの瓶と並べてみした。


ぐるぐる渦巻きのふたが楽しい楕円の蓋物  ちよっと遊んでみました。
b0132442_18164783.jpg

ふたをトレイにして  松岡さんのガラス豆鉢にイチゴを。長田佳子さんのアイスクリームスプーンを添えて。このスプーンはアイスクリームを食べるだけでなく、バターや蜂蜜をパンに塗るときも活躍します。

b0132442_181943100.jpg

楕円のうつわに、打田翠さんの豆鉢を。野上さんのぐい飲みにはグリーンを。
キッチンで使いかけのパセリを入れてお部屋に飾っても。野上さんの黒はグリーンが良く合います。

b0132442_18222719.jpg

イチゴのケーキも一緒に頂戴しました。こちらは明日まで寝かせておく方が良いそうです。
明日、野上さんと一緒にいただこうかな。

b0132442_18232082.jpg

b0132442_18233366.jpg


イチゴを入れたのは、広島焼きを作るのもお得意の松岡洋二さんの豆小鉢です。 ぐい飲みにしても楽しめます。口径70ミリ、高さ30ミリ   2625円です。
b0132442_18235398.jpg

b0132442_1824349.jpg



・野上薫さんの楕円蓋物 10500円 
トレイにもなる蓋 240x150ミリ 高さ13ミリ
ボディは215x135ミリ  高さ60ミリ   
野上薫さんの個展は明日までです。



木曜日は常設展示に戻しつつ開けております。
しばらく常設のうつわをご覧頂けます。
井内素さん、臼田けい子さん、猪狩史幸さんの作品が届く予定です。

オマケ
初夏のような陽射しにキラキラしている山崎葉さんの 一輪挿し
かえるとオタマジャクシ 足も出て来て 元気です。
b0132442_18291356.jpg

b0132442_18292629.jpg

b0132442_18293925.jpg

by utsuwakaede | 2013-04-16 18:36 | 展覧会のおしらせ

婦人画報 必ず喜ばれる手土産

五月号の婦人画報  極上の東京ガイド
b0132442_1861179.jpg


東京限定 必ず喜ばれる手土産ページでうつわを使って頂きました。

b0132442_1874995.jpg

臼田けい子さんのルリ釉五寸段皿に「瑞穂の豆大福」神宮前にあります。お豆の塩気と食感が癖になる私も大好きな大福です!!
b0132442_1895299.jpg

常設でいつもご覧頂けるお皿です。

浅草 「亀十の特製どら焼き」 白あんと黒あんの2種類があるそうです。今度浅草に行ったら特製を買ってみる事にします。美味しそうです!!
b0132442_18104437.jpg

南沢奈津子さんの、銅を叩いて錫引きした角皿です。こちらも常にご覧頂けます。
b0132442_18132887.jpg



赤阪 塩野の「生姜糖」  生姜糖は色々ありますが、食べ始めたら、きっと止まらなくなっちゃうのだろうな。身体が温まりそうです。
b0132442_1816184.jpg

打田翠さんの長いうつわ  一点物です。
b0132442_18163584.jpg


食欲の春? スィーツの食べ過ぎには注意しましょうね。
by utsuwakaede | 2013-04-04 18:21 | お店から一言

お昼のおいなりさん

甘辛く煮た揚げのいなり寿司って 時々無性に食べたくなります。

店に入る前に買ったいなり寿司をお昼ご飯にしました。
打田さんの使っている土は、半磁土なので、食べ物の染みなどがつきにくく、扱いやすいうつわです。

打田翠さんの あさいボウルにいなり寿司をひとつ。
b0132442_1425593.jpg

b0132442_1431567.jpg

b0132442_1433088.jpg

微妙な深さの浅いボウル 中々ない深さです。径約135ミリ  高さ25ミリ 2940円


おひなあられが似合いそうな まめボウル とぐいのみ
b0132442_145225.jpg

b0132442_1451552.jpg

まめボウル 100x23ミリ  1890円   ぐいのみ  3675円
by utsuwakaede | 2013-02-28 14:17 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite