うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

タグ:打田翠 ( 49 ) タグの人気記事

窓ぎわで

b0132442_18185688.jpg

楓の葉が影になって窓越しに模様を作り出すのは晴れた日ならでは。

by utsuwakaede | 2015-11-28 18:16 | ひとりごと

打田翠さんの白いお皿

手捻りでうつわの制作をされている岐阜県の打田翠さん お願いしていた白くてすこし大振りのお皿が出来上がりました。

曲線の動きが楽しい円形のお皿です。艶のある白は温かな雰囲気。立ち上がりが緩やかでメインのお皿としてお使い頂けます。
口径220~230ミリ  高さ25ミリ  5400円 
b0132442_17380508.jpg
b0132442_17381493.jpg
b0132442_17382371.jpg
小鉢と  
b0132442_17375505.jpg

豆皿と  
b0132442_17383342.jpg
b0132442_17384253.jpg
小鉢の径135ミリ 高さ約50ミリ  3780円
豆皿の径95ミリ 深さ20ミリ  1944円
洋のお料理も合いますが、漆の赤や黒の折敷と合わせて使うとお料理がとても映えそうです。


今夜常設のうつわは棚にしまいます。
明後日21日から田中信彦さんの個展が始まります。
b0132442_18074069.jpg


by utsuwakaede | 2015-10-19 17:51 | 新入荷のお知らせ

打田翠展 4/26

打田翠展 明日までになりました。

練り込み箸置きのご紹介です。
小さな仕事も練り込みでとても丁寧に作られています。

全ての作品は形を作って乾燥させたらすべすべになるように磨いています。
こんなに小粒の箸置きもすべすべで気持ち良くて癒されます。

水色の濃淡 お分かりいただけますか?
奥 長さ65ミリ 幅15ミリ  1296円
手前 長さ50ミリ 幅12ミリ  1080円
b0132442_18183435.jpg

グレーの箸置き  35x幅15ミリ 高さ23ミリ  2160円
b0132442_18194724.jpg
b0132442_18201690.jpg

お豆みたいな箸置き 筆置きにも。
75x幅23ミリ  高さ20ミリ  3240円
b0132442_18210874.jpg
b0132442_18211806.jpg

オマケ  本日のおやつ
グレーのマグカップ 口当たりも抜群なすべすべお肌です。 持ち手は指が二本入るのでしっかり安心。
楽コースターを小皿として、頂き物の手作りビスケット  夕方のおやつにしました。
b0132442_18341901.jpg

明日は最終日のため、17:00までになります。
明日も打田さんが在廊されます。




by utsuwakaede | 2015-04-26 18:42 | 展覧会のおしらせ

打田翠展 初日4/22

練り込み茶碗
同じトーンの濃淡で色の層を積み重ねて形を作った碗  フォルム、サイズの違う碗 ほっと癒されます。 

b0132442_19351053.jpg
b0132442_19352213.jpg
b0132442_19353004.jpg
b0132442_19353988.jpg
b0132442_19354852.jpg

by utsuwakaede | 2015-04-22 19:40 | 展覧会のおしらせ

打田翠展 前日

b0132442_16363704.jpg
打田翠展 22日から始まります。
写真の楽花入  ボディの広い部分の径130x高さ100ミリ  9720円

プロフィール
1983年  神戸生まれ
2005年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
2007年  多治見市陶磁器意匠研究所終了

打田さんは、思い描いたイメージを手捻りの技法でカタチにしていきます。
今展では 練り込み、楽焼き、炭化、釉薬を使った白とグレイのうつわ と大きく分けて四種類の方法で制作した作品が並びました。


うつわのご紹介です。 サイズは代表のものですのでおおよその目安として下さい。
練り込み  顔料で色を付けた粘土を何層にも重ねてグラデーションを生み出す技法です。 
no1,グレイの鉢  口径205xh65ミリ   19440円
no2,水色の鉢   口径195x70ミリ    18360円
b0132442_19242391.jpg
b0132442_19264666.jpg

no3,練り込み鉢  口径約165xh70ミリ   1620円
b0132442_19265537.jpg

no4,練り込み抹茶碗   140xh70ミリ   16200円
b0132442_19270312.jpg
b0132442_19271671.jpg
no5,練り込み抹茶碗 五色  ヒダリ 120xh80ミリ  各16200円
b0132442_19272534.jpg
b0132442_19311203.jpg
no6,練り込み片口(三色) ボディの径約90xh80ミリ  10800円
b0132442_19312221.jpg

no7,練り込み片口(2色)  80xh70ミリ   6480円  
b0132442_19313058.jpg
no8,練り込みカップ(鉄) 80xh75ミリ   6480円
b0132442_19365453.jpg

no9,練り込みカップ  80xh75ミリ 6480円
b0132442_19370430.jpg
no10,練り込み盃  口径65~75 高さ35~45ミリ   5400円
b0132442_19371409.jpg

no11,練り込み盃(2色)  口径80~90 高さ80~85ミリ   4320円
b0132442_19372312.jpg
b0132442_19373309.jpg
no12,練り込みぐいのみ  55xh45ミリ   4320円
b0132442_19374215.jpg

no13,練り込み一輪挿し  60xh70ミリ   6480円
b0132442_19375233.jpg
練り込みはしおき  色々   1080円~  カトラリーレスト 3240円
(右上は楽はしおき  1620円)
b0132442_19380124.jpg
no19,20 練り込み水滴   4320円~
b0132442_19381247.jpg
炭化のうつわ  炭と一緒に焼成する事でススをうつわに焼き付けることで表情に変化が生まれます。

no21,炭化抹茶碗 -Landscape- 60xh55ミリ  19440円

b0132442_19465102.jpg
b0132442_19521366.jpg
no22,炭化花入れ   95xh95ミリ   12960円
b0132442_19522599.jpg
no23,Landscape  鉢 185xh90ミリ   30240円
b0132442_19523418.jpg
no24,Landscape いちりんざし     高さ305ミリ  48600円
b0132442_19524229.jpg
b0132442_19525193.jpg
b0132442_19530084.jpg

no25,炭化台鉢   135xh40ミリ   6480円
緑が映える焼き〆のうつわ 
b0132442_19530633.jpg
no26,炭化蓋物   65xh105ミリ   7560円
蓋付きのお湯のみとして、茶葉をいれても
b0132442_19531873.jpg
b0132442_19532850.jpg

no27,炭化盃  85xh30ミリ  4860円(ひだり)
no28,炭化ぐいのみ  60xh50ミリ   4860円(みぎ)
b0132442_19591804.jpg

楽焼き
no29,楽抹茶碗  ひだり100xh85ミリ 、みぎ 110xh65ミリ  各16200円
  
b0132442_19592587.jpg

花入は同じナンバーでも形や色がそれぞれ異なります。
no30,楽花入  ひだり 105xh90ミリ 8640円・ みぎ 75xh70ミリ 5400円
b0132442_19593520.jpg

no32,楽ぐいのみ 緑  70xh40ミリ 4320円・ 
no34、楽ぐいのみ 白(手前)   4320円
b0132442_19594722.jpg
b0132442_19595754.jpg

no34,楽ふたもの  65xh80ミリ  6480円
b0132442_20000820.jpg

no35,楽台皿  皿部分 105xh45ミリ  6480円
b0132442_20001929.jpg

no37,茶則(中国茶の茶葉をすくう茶匙です) 5400円
b0132442_20003681.jpg

no39,楽far  ドライの枝などに。長さ80xh30ミリ   3024円
b0132442_20005027.jpg

no41,ひだり 楽花皿  径145ミリ  5400円
no42,みぎ 楽花皿  径110ミリ  3240円
b0132442_20011136.jpg
手前 no43, 楽8の字プレート 205x幅90ミリ    4860円
奥 no45, 楽花台皿   皿の径200ミリ h32ミリ  12960円
b0132442_20172762.jpg
no44,楽花台皿  皿の径280ミリ h40ミリ   23760円  壁にかける事も出来るのでお皿として、インテリアとしても。
b0132442_20170926.jpg
b0132442_20165982.jpg

no46,楽長皿  小さな足がついているため、テーブルにぴったりと付いた感じにはなりません。310x140xh50ミリ 16200円
b0132442_20173957.jpg
no47,楽四角皿   210x210ミリ   16200円
b0132442_20175181.jpg
b0132442_20180783.jpg
no48,楽コースター  径85~   コースターとして、小皿としてお使い下さい。 2700円
b0132442_20182009.jpg

no49,楽flow 壁掛け  後ろに小さな穴があいています。釘一本でかけています。  85ミリ~ 3780円
b0132442_20183403.jpg
no50,Landscape   150ミリx 高さ290ミリ 86400円
b0132442_20185098.jpg
b0132442_20190179.jpg
no51,Landscape  165xh165ミリ  64800円
b0132442_20331027.jpg
no52,奥 炭化鉢   165xh55ミリ   9720円
no53,手前 炭化台鉢  150xh50ミリ   6480円
b0132442_20332232.jpg
no54 炭化盃   85xh25ミリ   4860円
b0132442_20333890.jpg

手前 no55 炭化ぐいのみ   55xh50ミリ   4860円
b0132442_20334983.jpg

no56炭化いちりん   75xh80ミリ   4320円
b0132442_20340734.jpg

no59、楽orb 110xh115ミリ   12960円
b0132442_20341903.jpg

no62,楽花入れ   110xh150ミリ   23760円
b0132442_20343690.jpg


楽花入れ ひだりから
no63,140xh130ミリ 19440円
no64,130xh140ミリ  19440円
no65,  115xh110ミリ  9720円
b0132442_20345019.jpg

no65, 楽花入れ 120x100ミリ  9720円
b0132442_20530216.jpg

手前 no65の楽花入れ 奥  no97,しろ花入  80x65xh120ミリ 5940円
b0132442_20531485.jpg

楽掛花いれ  各5400円
b0132442_20350504.jpg




釉薬のうつわ  今までと釉薬を変え、より艶感のあるうつわたちです。
艶やかさと形との相性が良いように感じました。

no73しろcup
no74,グレーcup  各75xh70ミリ   3240円
b0132442_20352465.jpg

マグカップ  no75,しろ no76、グレー  口径90xh70ミリ  4104円
b0132442_20484897.jpg

ひだり no77、めしわん   135xh50ミリ   3780円
みぎ no78、ひらいたbowl(s)  145xh50ミリ  3240円
b0132442_20492206.jpg

ひだり no79,ひらいたbowl(M) 180xh60ミリ   4860円
みぎ  no80、ひらいたbowl(L) 230xh80ミリ  10800円
b0132442_20493671.jpg

no81,豆皿  10xh20ミリ  1944円
b0132442_20494811.jpg

no82,bowl 210xh50ミリ  6480円
b0132442_20500066.jpg

no83, 台鉢   200xh65ミリ   6480円
b0132442_20500912.jpg

no95,金具つき片口 約400cc 8640円
no84,盃  70xh35ミリ 2700円
b0132442_20502205.jpg

お皿2種
no85, 5寸皿   3024円
no86,7寸皿 5400円
b0132442_20503477.jpg
こちらのお皿が七寸皿です。210xh20ミリ
b0132442_19111450.jpg

b0132442_19361820.jpg
b0132442_19314293.jpg
b0132442_19355898.jpg

b0132442_21134342.jpg
b0132442_21131272.jpg
b0132442_21132326.jpg
b0132442_21133342.jpg
b0132442_21140212.jpg
b0132442_21141319.jpg
まだまだご紹介しきれません。

全ての作品の肌はすべすべと滑らかなふれ心地、小品は手の中で愛でていたい気持ちになります。

オブジェからうつわまで 幅広い作品が揃いました。
山の稜線や風景を思わせるフォルム・微妙な色 それは打田翠さんの思い描く景色なのでしょうか。

大きな花器も小さな箸置きも一点ずつが作品として光を放っています。
直接触れて、手に乗せてご覧頂けましたら幸いです。






by utsuwakaede | 2015-04-21 21:24 | 展覧会のおしらせ

夕方のおやつ

b0132442_19111450.jpg

打田翠展準備中です。
おやつに、ぐり珈琲とエクレアを打田さんの器で。
b0132442_1911146.jpg

by utsuwakaede | 2015-04-21 19:08 | ひとりごと

打田翠さんのうつわとおやつ

来週22日(水)から打田翠さんの個展が始まります。
本日のおやつ 築地茂助だんごを、打田さんのふたば皿に。汲出しは増渕篤宥さんのトクサ模様です。
b0132442_17255201.jpg
b0132442_17253428.jpg
b0132442_17252438.jpg
b0132442_17254370.jpg
温かみある白はうつわを作る時に使っています。
ふたば皿  135ミリx90ミリ(真ん中の狭い部分)x高さ15ミリ  3240円


前もって作って頂いた楽焼きの花器です。 どこを正面にしましょうか。 見る角度でカタチも違って見えます。
夕焼けに染まった富士山のようにも見えました。
一輪挿し 高さ130ミリ 
b0132442_17342833.jpg
b0132442_17343961.jpg

常設展示は20日(月)まで 21日は個展準備になります。
打田翠展 22日(水)から27日(月) 在廊日24,25,26日



by utsuwakaede | 2015-04-18 17:43 | お店から一言

打田翠展  4月22日~4月27日

来週 水曜日から始まる打田翠さんの展覧会
撮影用に前もって送って頂いた花入です。

高さが10センチと小振りな楽焼きの一輪挿しです。
ろくろを使わずに手捻りで形を作ることで心の中のイメージを形にまとめていきます。
b0132442_17362331.jpg
b0132442_17363215.jpg
20日(月)まで常設展示をしています。

by utsuwakaede | 2015-04-17 17:44 | 展覧会のおしらせ

打田翠さん 婦人画報5月号に

b0132442_18172994.jpg
婦人画報 5月号 作家紹介のページに打田翠さんをご紹介頂きました。
b0132442_18181313.jpg
打田さんの作品は4月22日(水)~27日(月)の個展でご覧になって頂けます。


5月号の婦人画報は東京ガイドの記事も読み応えがあります。
楓のお向かいの「サンドリーズ」さん
b0132442_18180354.jpg
お花を買いに時々立ち寄る はいいろオオカミと西別府商店さん
b0132442_18175411.jpg
そして中野ブロードウエイにあるバージンガロ
b0132442_18174429.jpg
愉しいショップが網羅されています。

by utsuwakaede | 2015-03-30 18:33 | お店から一言

gallery's eye 出展作家さんについて-2

gallery's eyeのこと

今週13日(金)から始まるgallery's eye出展をお願いしている作家さんのご紹介です。

小口宗之さん oguchi muneyuki

1968年    長野県生まれ
1988年    東京ガラス工芸研究所
1995年    富士ゼロックス情報システム株式会社
1998年    富山私立富山ガラス造形研究所
2002年    財団法人と山ガラス工芸センター

現在は長野県安曇野市穂高にて制作

今回のための作品は明日届きますので、今まで楓でご紹介していました作品をご覧下さい。
b0132442_16284231.jpg
こちらは、花卉シリーズのぐいのみ、小鉢です。
とても抽象的な表現ですが、作品はいつも 風や空の色を感じさせてくれます。

大きな作品も作って下さっています。会場でぜひご覧になって下さい。




打田翠さん  uchida midori
1983年   神戸市生まれ
           2005年   大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
現在、多治見市にて制作

b0132442_16433999.jpg
こちらは練り込みの抹茶碗です。
抹茶の緑が映えそうなグレイのグラデーションがきれいです。

手捻りで成形しているからでしょうか。打田さんの作品からは ゆらぎ を感じ何故か心安らぎます。
会場では、練り込み碗やカップ、楽焼きの花器や酒器などもご覧頂けると思います。

明日はいよいよ6人の作家さんの作品が店に揃います。





by utsuwakaede | 2015-02-10 16:58 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite