うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

忘年会

クリスマスにしては暖かかった木曜日の夜、忘年会をしました。場所は「かえる食堂」です。広島の新鮮な野菜が中心のコース料理です。
b0132442_17524063.jpg

b0132442_17525418.jpg

b0132442_17532222.jpg
ダイニングテーブルの脇の棚はクリスマスムードです。
b0132442_1754278.jpg
粉引きのたっぷりとした鉢に盛られたサラダは大根、長いも、かぶ、葉っぱ類 黒こしょうとお手製ドレッシングで
b0132442_1756139.jpg
蒸したてホカホカ 湯気のあがっているほうれん草とつくね芋のお豆腐  ふんわりした食感
b0132442_1759423.jpg
牡蠣と冬人参のさつま揚げ レモンを搾ってで頂きます。
b0132442_180314.jpg
シャンパンそしてワインで顔が真っ赤 お腹もふくれてきました。
b0132442_1831237.jpg
甘鯛の笹の葉包み焼き 笹のかおりがほのかにします。
b0132442_1843892.jpg

b0132442_1845536.jpg
ドライ甘柿のミモレット  甘い柿をスライスして3日ほど天日で干したもの。西川聡さんの台皿は楓で求めて下さいました。
かえるちゃんが手際良く頃合いを見ながらお料理を出して下さいます。私も真似して柿やリンゴをスライスして干してみようかな。
b0132442_1882535.jpg

b0132442_1885336.jpg
土鍋で炊いたご飯に豚肉と水菜を混ぜます。玄米を炊く前に精米するのだそうです。おこげの匂いが既に満腹だったはずなのに食欲をそそります。すっぱめの梅干しと一緒に頂くとおかわりもしてしまう。満腹感が脳に伝わっていないのかな? 
b0132442_18124055.jpg
ママレードのかすていらとほうじ茶 
このかすていらはSHIZENの企画展の時に食べたのですが、何度食べてもやっぱり美味しいです。
時計はすでに11時。あっという間に楽しくて美味しい時が経っていました。かえる食堂のメニューは月代わり 又訪ねようと心に決めておいとまをしました。

2009年1月28日からの「お茶の時間」という企画展にかえる食堂の かすていら 作って頂く事になりました。 お楽しみに
# by utsuwakaede | 2008-12-26 18:22 | ひとりごと

土本訓寛さんの焼き締め

b0132442_1935215.jpg

b0132442_194723.jpg
白い椿を一輪 徳利に入れました。口が細いので一輪挿しとしても使いやすいです。高さ13センチ 6300円です。
土本さんは福井県越前町で焼き〆の仕事をしているまだ若い作家です。地元の田んぼの下の土を使い蹴ろくろで成形をしています。電気のロクロと違い形が柔らかい印象です。一度見てみたいと思うのですが、倒炎式という薪の窯を手作りしています。土本さんのこだわりは還元を何度もかけてうつわを丈夫にすることと表面は明るい色に仕上げる事だそうです。
他に片口も頂きました。
b0132442_19133179.jpg

b0132442_19134512.jpg
径 口までで16センチX13センチ 高さ7センチ ほぼ一合 3675円
b0132442_19164719.jpg

b0132442_1917137.jpg
口までの径9,5x8センチ 高さ8センチ  やはり一合 2940円 ぐい飲みは2625円
b0132442_1919415.jpg

b0132442_191921100.jpg
豆片口小鉢径8,5x8 センチ 高さ3,5センチ 1260円
なんだか申し訳のないようなお値段ですが、良いのだそうです。そのときその時で仕上がりの色が違いますが、それも又楽しみなこと。まだおつきあいを初めて間もないのですが、不器用なお話の中に土と向き合っている姿が重なりました。どもとみちひろさんとお読みします。
追記 焼き〆ですが、ざらついていなくてきっとテーブルもキズが付きにくいと思います。水をくぐらせた時にさぁっと艶やかになる姿はお化粧の最後に口紅をひいた時のような気がします。いろっぽい???
# by utsuwakaede | 2008-12-24 19:29 | 新入荷のお知らせ

見事なつばき

やっばり夕方になって雨が降って来てしまいました。
b0132442_1851156.jpg
長者丸通りのみすずさんというお花屋さんで椿の枝を求めました。
楓にはちょっと大振りかな でも西川さんの銀彩の花器に調度よく生けられました。

b0132442_1892882.jpg
こちらは田宮亜紀さんの窯の中で灰をいっぱい被ったであろう壷。雨のおとばかりが響く静かな日暮れどき。個展が終わって、こんなふうにゆっくりと、自然が装飾を施した窯変の壷をながめていられる時間を持てる事に感謝です。
  あっ 明日の23日 火曜日は定休日です
# by utsuwakaede | 2008-12-22 18:30 | ひとりごと

さかいあつしさんの いろいろ

まずは「しろくまの匙」
b0132442_1732071.jpg
春にお願いしていたものです。ひとつは国立のさかいさんのお店 匙や さんで購入して使ってみたらヨーグルトやアイスクリームが食べやすかったので早速注文をしました。こんなひらべったいのに? すくい易いし、へらのようにカップの最後まできちんときれいに食べられます。長さはほぼ14センチ程  幅は2,5センチくらい  2100円です。そうそうジャムやバターを塗る時にも使っています。漆で仕上げているので洗ってもカサカサしません。
b0132442_1740624.jpg

b0132442_17402926.jpg
ちいさなれんげです。削られた跡がいとおしい気がします。胃が疲れている時にこんなぬくもりのあるれんげでおかゆや茶碗蒸しをいただきたいな。全長11センチ すくう部分は4センチxはば3センチ位 2940円です。
b0132442_17473520.jpg

b0132442_17475233.jpg
お箸箱とお箸
止めてあるヒモをスルスルと抜くと蓋があきます。ピッタリサイズのお箸はころがりにくい八角形 桜材です。お箸19センチ 箸箱は20,5センチ  7875円    奥の曲げ輪のお弁当箱は輪島の塗師小林慎二さん作 18,5x10,5センチ 高さ5,5センチ 18900円です。
b0132442_17565756.jpg

b0132442_17573774.jpg


b0132442_1758348.jpg
さかいさんの八角盆はタモ材のくりぬきです。平たい部分に朱の漆を塗ってあります。径が20,5センチ  24150円です。お盆としてもお皿としても使えます。
# by utsuwakaede | 2008-12-22 18:03 | 新入荷のお知らせ

耐熱のうつわ

信楽の清岡幸道さんの耐熱のうつわ三種類のご紹介です。
b0132442_1648237.jpg

b0132442_16482217.jpg
外径が29センチ内径25センチ 深さ12センチ 蓋をした高さ17センチ  18900円  深さもあるのでかさばる野菜がいっぱい入ります。煮込みのおなべとしても使えそうです。円盤のようになっていて持ち手がないので出っ張りが少なく、収納にもそんなに苦労しなさそうです。
b0132442_16543671.jpg

b0132442_16545988.jpg
同じ形でぐっと小さなお鍋です。外径21センチ 内径17センチ 深さ7,5 センチ 蓋をした高さ10.5センチ7350円 一人ようの鍋焼きうどん お夜食やお酒のお伴にふたりでちゃちゃっと湯豆腐 このサイズならオープンにも入りますね。
b0132442_16595025.jpg

b0132442_1701091.jpg
蓋のない平ためのお鍋はすき焼きや鉄板焼きやグラタンなど 使い道が広いと思います。手をいれた径が27センチ 手を除くと22.5センチ 深さ6センチ 6300円 落ち着いた色が大人っぽい雰囲気です。

井山三希子さんの耐熱のうつわ
b0132442_1744417.jpg

b0132442_1751293.jpg
真っ黒の耐熱鍋は蓋がありません。洋食器と一緒のテーブルでも似合う姿をしています。手をいれた径26センチ 手を除くと22センチ 高さ7.5  10500円
b0132442_17123252.jpg

b0132442_17124631.jpg
オーバルの耐熱のうつわです。ジャガイモとホウレンソウのグラタン 下味をつけておいたお魚やお肉のグリル、ハンバーグステーキ などに。 22x16.5センチ  内径は17,5x12センチ 深さは5,5センチ   5250円

お鍋は冷蔵庫の中を整理する時にとっても便利なお料理。身体もあたたまるし、野菜がいっぱい食べられるし、支度も簡単 冬はお鍋の出番が多くなりますね。
# by utsuwakaede | 2008-12-22 17:30 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite