うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

杉本太郎さんの鉢で

b0132442_21512894.jpg

b0132442_21512992.jpg

採れたてお野菜をちょうだいしました。みんなで分けて少しずつですが種類は沢山です。サッと茹でるだけでサラダに。露地ものの野菜の味 うま〜

熱々の枝豆は石川若彦さんの穴あきボウルで。受けのボウルとセットで便利なうつわです。
今夜はヘルシー。
by utsuwakaede | 2014-09-30 21:45

宝瓶

常滑の大原光一さんから黒釉シリーズが届きました。
たっぷりと掛けた黒い釉を焼き上げてから削って表情を出すという技法で作った板皿は複雑な黒になっていました。
新しく見せてもらったのは宝瓶(ホウヒン)です。
片手の平にのる小振りなサイズ   内側は灰釉が変化してほんのりグリーンとピンクに。
茶こしも細かくさすが常滑です。容量は約100cc 片手でボディを持つ事が出来ます。注器として使う事も出来ます。
ボディの径80ミリ ボディの高さ65ミリ   8640円です

b0132442_15085156.jpg
b0132442_15090023.jpg
b0132442_14474859.jpg
矢尾板克則展は本日最終日になります。
明日9/30は定休日になりますため、10月1日から宝瓶はご覧になって頂けます。

by utsuwakaede | 2014-09-29 15:23 | 新入荷のお知らせ

10月のお知らせ

b0132442_14474859.jpg
                     10月のご案内

秋の七草を探しに出かけたくなる季節になりました。

・10月の個展ご案内

井内素 展 10月15日(水)~10月20日(月)  井内素(iuchi moto)さん在廊日 15日(水)
手捻りの跡と柔らかなライン、化粧土を重ねた質感が井内さんの持ち味です。
b0132442_14391410.jpeg

山本哲也 展   10月22日(水)~27日(月) 山本哲也(yamamoto tetsuya)さん在廊日 22日、23日
 陶器に漆や錫を蒔いた作品・表面に石目や布目をつけたうつわはひと味違う顔を見せてくれます。
b0132442_14390482.jpeg

・10月のおやすみ (火曜日と祭日になります) 
7日(火)・13日(月)・14日(火)・21日(火)・28日(火)

10月中旬までにHPをリニューアル致します。
「店主たより」は 変わりませんので引き続きご覧頂きますよう、お願い致します。

by utsuwakaede | 2014-09-29 15:06 | お店から一言

額賀章夫さんのうつわ

笠間の額賀章夫さんのプリーツワークと錆粉引きのうつわ達がやってきました。

プリーツワーク マグ 大と小
大   持ち手ががっちりしています  口径95x高さ95ミリ  3780円
小  指は一本しか入りませんが、支える親指が納るので持ちやすいです 口径93x高さ83ミリ   3456円
b0132442_15115471.jpg


b0132442_15122313.jpg

プリーツワーク 5寸皿とフリーカップ
5寸皿  径155x高さ20ミリ 2700円
フリーカップ小  口径85x高さ75ミリ  2700円
b0132442_15123332.jpg
b0132442_15124017.jpg
b0132442_15124788.jpg

プリーツワーク4寸ボウル 口径120x高さ68ミリ  高台があるのでご飯茶碗としてもお使い下さい    3240円
b0132442_15125612.jpg


プリーツワーク7寸平鉢  口径215x高さ55ミリ  この深さはもりもりと温野菜サラダ  おでんの盛り合わせ
たっぷりと食べたいスープにカレー   5940円
b0132442_15133869.jpg
b0132442_15135171.jpg
錆粉引き   蕎猪口   口径85x高さ60ミリ   同じサイズでこんな風に並べたらステキ  1728円
b0132442_15135872.jpg
奥  黒掛け分けボウルM  口径170x高さ75ミリ  うどんにも煮物にも  4320円
手前 飯椀  4寸ボウルと比べると口がしっかりとしています。高台も高く持ちやすいです。ちょっとこげた様な粉引きが食欲を増進させて危ないかもしれません。  2700円
b0132442_15140714.jpg
b0132442_15145578.jpg
b0132442_15144395.jpg
黒掛け分け4寸ボウル 口径120x高さ60ミリ ほっこり美味しそうなボウルです。 2700円
b0132442_15151688.jpg
b0132442_15152309.jpg
豆鉢  ぐい飲みにもなりそうですが昆布の佃煮を入れたいです。 口径80x高さ35ミリ 1296円
b0132442_15153022.jpg
b0132442_15153765.jpg
b0132442_15155279.jpg

10月1日(水)の常設展示から店頭に並びます。


by utsuwakaede | 2014-09-28 18:24 | 新入荷のお知らせ

矢尾板克則展  小屋

矢尾板さんの小屋  人が住むためではなく、農作業のための農機具をしまっておく小屋は、時の経過と共に、トタンが捲れたり
ペンキが剥がれて来たり、傾いてしまったり 古びて朽ちかけた小屋を陶で作っています。


NO32 160x115xh120ミリ  各27000円  
b0132442_12465709.jpg
b0132442_12470612.jpg
b0132442_12471374.jpg
b0132442_12472413.jpg
NO29 140x95xh110ミリ

b0132442_13574901.jpg
b0132442_13580982.jpg
b0132442_13581702.jpg

NO30 100x85H140ミリ
b0132442_13582787.jpg
b0132442_15042411.jpg
b0132442_15044062.jpg
b0132442_15045422.jpg

NO33 150x130xh120ミリ
b0132442_15052269.jpg
b0132442_15053024.jpg
b0132442_15053868.jpg
b0132442_15054678.jpg

明日は17:00で終了になります。


by utsuwakaede | 2014-09-28 15:10 | 展覧会のおしらせ

SHIZENのワークショップ ご案内



ぐりこーひーと珈琲時間のこと


10月5日(日)ぐりこーひーさんのワークショップを開催します。

あわせて、10月のお豆の販売も開始します。

今回のワークショップでは、いろいろな国のいろいろな焙煎度合の豆を試飲していただきます。

普段、飲み比べる機会はなかなかないもの。
新たな珈琲のドアをたたいていただけるワークショップになります。



我が家の朝は「ぐり珈琲」でスタートします。今の気に入りはケニア。
焙煎の仕方や入れ方で珈琲の味わいが違うということを改めて実感しています。

そのぐり珈琲さんにお願いをして、「知らなかった自分好みの珈琲を見つけよう!!」というテーマでワークショップをお願いしました。
10月5日 日曜日の午後、13時からと16時からの各1時間半です。
神宮前の新しいSHIZENは一階が畳のお部屋になりました。
  畳に座って味わう珈琲のレッスン になります。

お申し込み、お問い合わせは、shizen
電話 03-3746-1334 又はmail shizen@utsuwa-kaede.comでお願い致します。







by utsuwakaede | 2014-09-27 13:31 | SHIZENのお知らせ

額賀章夫さんのうつわと矢尾板さんのうつわを

笠間の額賀章夫さんから錆粉引きとプリーツワークのうつわが届きました。
矢尾板克則さんのお皿やカップと組み合わせを遊んでみました。

矢尾板さんの、漆を塗って低温で焼き付けた陶長皿   340x140ミリ  高さ約20ミリ  8640円
b0132442_16173304.jpg

額賀さんの豆鉢と ( 80xh35ミリ  1296円)
b0132442_16174286.jpg

どちらも矢尾板さん  粉引き蕎猪口小(70xh55ミリ   2700円)と長皿   長井均さんのお箸
b0132442_16175010.jpg

額賀さんの蕎猪口(80xh60ミリ 1728円) と矢尾板さんの漆長皿
b0132442_16175887.jpg

手前 額賀さんの錆粉引き楕円皿小(185x140xh15ミリ 2700円)
奥のひだり   矢尾板さんの粉引き刷毛目飯碗(110xh55ミリ 4320円)
奥のみぎ   額賀さんの蕎猪口
b0132442_16180751.jpg

同じ楕円皿小と奥左は矢尾板さんの色絵ボウル(130xh70ミリ 5400円)
奥の右は額賀さんの蕎猪口
b0132442_16181882.jpg
矢尾板さんの色絵マグカップ((70xh85ミリ 4860円) と額賀さんの豆皿 ふたば、みつば、よつば(各648円)
b0132442_16182834.jpg
矢尾板さんの色絵マグカップと漆角皿(120x130xh20ミリ 3240円)
b0132442_16183696.jpg
b0132442_16184544.jpg
矢尾板克則展は29日(月)の17:00までになります。
額賀章夫さんのプリーツワーク マグ、5寸皿、フリーカップは改めてご紹介致します。


by utsuwakaede | 2014-09-26 16:40 | 新入荷のお知らせ

矢尾板克則展 3日目

気持ち良く晴れました。
矢尾板克則さんの個展3日目です。
使い勝手が良いのははもちろんですが、ころんとした形と色の組み合わせが魅力的なポットたちをご紹介します。 

剥がれてすすけた青化粧と渋めの赤 使い込まれた粉引き湯のみとの相性も良さそうです。 
b0132442_12281825.jpg
b0132442_12282582.jpg


青空が頭にのっているようなポットです。
b0132442_12284177.jpg
b0132442_12285047.jpg
b0132442_12285873.jpg

使わない時も食器棚にしまうのがもったいない 飾っておきたくなる ポットたち
b0132442_12400828.jpg
b0132442_12410681.jpg
b0132442_12411421.jpg


上のポットとは色違い ブルーは必ず使ってあります。
b0132442_12412380.jpg
b0132442_12502641.jpg

深いグリーンのボディーの色は、上からベージュの化粧土を塗ってふき取って 色を重ねることからうまれるのだそうです。
b0132442_12503326.jpg
b0132442_12504188.jpg

全てのポットの内側はお茶の色がわかる白。茶こしはこんな感じです。
b0132442_12504837.jpg

b0132442_12505668.jpg
「まめ」さんの小粒おはぎでお茶の時間
b0132442_12510529.jpg
容量は300ccほど  全て16200円です。




by utsuwakaede | 2014-09-26 13:05 | 展覧会のおしらせ

矢尾板克則展 2日目

新潟長岡市で制作されている矢尾板克則さんの作品展 2日目です。

徳利とぐい飲みのご紹介です。
粉引き刷毛目 マットなタイプと艶タイプ   とっくりは一合用です。 注ぐときに とくとく とくとく と美味しいオトが
聞こえます。 7560円   ぐいのみは3240円  どこかに矢尾板ワールド 感じます!!

b0132442_17291852.jpg
b0132442_17292739.jpg

b0132442_17295369.jpg
こちらの徳利はアルファベットが刻印された艶タイプ
b0132442_17332085.jpg
b0132442_17333239.jpg
色絵の徳利たち   愉しい酒席になりそうですよ。   ぐるり一周愉しい模様です。ブルーとベージュの二種類   6480円
b0132442_17300984.jpg
b0132442_17301767.jpg
b0132442_17302518.jpg

b0132442_17303370.jpg
b0132442_17304386.jpg


色絵碗を使って具沢山のスープを頂きました。
ご飯茶碗にも、グラノーラにも。
洋食器と組み合わせての食卓にも違和感なくとけ込みます。
b0132442_17395569.jpg
b0132442_17394783.jpg
b0132442_17393802.jpg
色絵碗   口径130x高さ70ミリ  5400円  ボディの色が青、白、グリーンがあります。




by utsuwakaede | 2014-09-25 17:49 | 展覧会のおしらせ

矢尾板克則展

b0132442_17511559.jpg
矢尾板克則さんの個展 明日9/24から始まります。

 プロフィール 
1969 新潟県生まれ
1991 武蔵野美術短期大学陶磁科卒業
     山本幸一(熊本)に師事
1994 新潟県長岡市にて製作活動開始
     国際陶磁器展美濃入選
1998 日本クラフト展優秀賞
2000 ビアマグランカイ佳作賞

三年振りの矢尾板さんの個展になります。
赤、緑、青、ベージュ 今回は色のうつわに加えて、刷毛目の粉引き、漆を塗って仕上げたうつわ、マットな質感の磁器の仕事をご覧頂けます。

小屋   
工房のある新潟長岡のあぜ道を車で走っていると、農具を入れておくこんな小屋がぽつり、と建っているのが目に入ります。
色あせたトタン、骨組みだけになってしまった壁  そんな小屋を陶器で作りました。
no31)   170x110xh95ミリ   27000円
b0132442_19214681.jpg

no32) 160x115xh120ミリ   27000円
b0132442_19215318.jpg

no33)  145x130xh125ミリ   27000円
b0132442_19220064.jpg

no30) 110x100x140ミリ   27000円
b0132442_19220714.jpg
no29) 130x90xh110ミリ   27000円
b0132442_19221866.jpg
b0132442_19222601.jpg
no54)陶板  小  約120x95xh20ミリ   5400円
クッキーのような美味しそうな陶板です。
b0132442_19223458.jpg
b0132442_19224411.jpg

裏側に紐が通してあり、壁に掛けてお楽しみ下さい。
b0132442_19225353.jpg

no25)ティーポット    約300cc 16200円    
b0132442_19230468.jpg
b0132442_19365527.jpg
b0132442_19370523.jpg
b0132442_19371437.jpg
no9)色絵ボウル  ご飯用のお茶碗としても高台があって持ちやすいです。
我が家では時折スープボウルとしても、カフェオレ用にも使っています。 口径約125xh65ミリ   5400円
b0132442_19372393.jpg
b0132442_19373190.jpg
no10)色絵ボウル大   抹茶碗としても、小どんぶりやお茶漬け碗にもピッタリサイズです。    口径約150xh80ミリ
b0132442_19374070.jpg
b0132442_19375065.jpg
b0132442_19380019.jpg
b0132442_19380808.jpg
b0132442_19431307.jpg
b0132442_19432138.jpg
no24)刷毛目徳利  徳利なのに 和 の雰囲気を感じさせないのが矢尾板さん   細くて女性の手でも持ちやすいです。
ボディの径60xh160ミリ  約200cc

no22)粉引き蕎猪口 小   口径約80xh50ミリ   2700円  
b0132442_19433437.jpg

no22)刷毛目ぐいのみ   口径85xh50ミリ    3240円
b0132442_19434120.jpg

no23)色絵徳利   約180cc 6480円
no21)色絵ぐいのみ   約70xh50ミリ     3240円
b0132442_19531000.jpg
b0132442_19531849.jpg

高台の色もチェックして下さい。
b0132442_19532590.jpg

no3)色絵ゆのみ   65xh85ミリ   3240円    アルコール無しの甘酒も合いそうですね。
b0132442_19435107.jpg
b0132442_19440687.jpg

no26)急須   愉しい色の急須  お茶の時間が待ち遠しい!! 約250cc 16200円
b0132442_19441354.jpg
b0132442_19442168.jpg
b0132442_19443022.jpg
no19)漆角皿   仕上げに漆を塗ってあるので、盛りつけたお料理の色の染み込みを防いでくれます。
立ち上がりがあるのでサラダの野菜盛りつけてみて下さい。
250x220xh40ミリ    16200円
b0132442_19533587.jpg
b0132442_19534200.jpg

no17)漆長皿   サンマの季節到来に備えてこんな長い皿はいかがでしょうか。
340x140xh15ミリ   8640円
b0132442_19535101.jpg
b0132442_19540079.jpg

右 no16)漆角皿   175x165xh25ミリ   5400円
取り皿としても銘々皿としても 使い良さそうです。

左) no14 漆角小皿   120xh15ミリ   3240円
和菓子皿として、常備菜をちょこっとにも。
b0132442_19540835.jpg
b0132442_19541748.jpg
no16の漆皿たち
b0132442_19542540.jpg

白磁皿  磁器ですが優しく薄いページュにブルーの線で模様を描いています。
何の模様だろう???

no18)白磁角皿 大  235x195xh30ミリ   10800円
no15)白磁角皿   165x180xh30ミリ   5400円
no13)白磁角小皿   130x130xh30ミリ   3240円   
b0132442_20060571.jpg

b0132442_20061667.jpg
b0132442_20063115.jpg

がっつりしっかり持てて力の入らないお年寄りにも安心なマグカップたち
ユニバーサルデザインのこんなカップでお茶もどうぞ召し上がって下さいね。
no7)色絵マグカップ  大 サイズは個体差があります   口径70xh85ミリ  4860円
b0132442_20065326.jpg
b0132442_20070310.jpg
b0132442_20074119.jpg
b0132442_20075142.jpg
no6)色絵マグカップ 小   口径75xh70 4320円
b0132442_20143679.jpg
b0132442_20145024.jpg
b0132442_20150558.jpg
no11)刷毛目碗   ほんのりピンク色は灰釉の色だそうです。 色と形と持ち心地 全てが優しい風合いです。
新米の季節ですもの。土鍋で炊いた熱々ご飯をぜひどうぞ。
口径110xh55ミリ    4320円
b0132442_20161994.jpg
b0132442_20162950.jpg
no2)粉引き蕎猪口 大  小振りの湯のみにもお使い下さい。 80xh65ミリ   3240円
b0132442_20294749.jpg

no12)粉引き小皿   口径135xh20ミリ   3240円
お漬け物をのっけて、黄色が鮮やか 厚焼き卵二切れ なんて。
b0132442_20163996.jpg
no20)粉引き7寸皿    210xh30ミリ   7560円
メインのごちそうを盛って 食卓へ。 
和、洋、中、 お料理選びません。
b0132442_20164860.jpg
陶板を壁面に掛けました。
釘一本で掛けられます。
b0132442_20174006.jpg
b0132442_20174978.jpg
b0132442_20175984.jpg
壁に掛けないで皿立てを使って飾るのも。
b0132442_20171040.jpg
こちらも壁掛けになります。   no35 陶板 中 190x225xh25ミリ
b0132442_20172930.jpg
大きい陶板 二種
no36) 330x280x厚さ25ミリ   54000円
b0132442_20291447.jpg

no37)陶板    355x300x厚さ30ミリ  64800円
b0132442_20292350.jpg
全体です。
b0132442_20293598.jpg
b0132442_20295537.jpg
b0132442_20300731.jpg
b0132442_20334275.jpg
b0132442_20335302.jpg
b0132442_20340323.jpg
化粧土を重ねて塗ったものを剥がしたりふき取ったりして複雑な色味を出している陶板やボウルに描かれた模様は
ガサガサとかすれて剥がれてしまいそう。(もちろん焼いてあるので簡単にははがれません)
落ち着いた漆で仕上げたうつわと、シックな色絵のうつわ がとてもマッチしています。
両方の相性がイイのでどうぞ組み合わせを楽しんで下さい。

矢尾板克則さん 在廊日  9/24
会期:9/24~9/29 12:00~19:00(最終日は17:00)









by utsuwakaede | 2014-09-23 20:59 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite