うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

おめざ

雨の日曜日。桜の花は長い間散らずに楽しませてもらいました。この後もしばらくは花吹雪と桜色の道を歩くお楽しみがあります。
b0132442_8595019.jpg
夕べの鳩森神社です。

今朝はマドレーヌ。手作りを届けて下さいました。しっとりとして、じんわり甘さが広がりました。田中信彦さんの焼酎カップはたっぷり入るので朝の珈琲にはぴったり。田中さんは新宿伊勢丹で個展中です。
b0132442_8595031.jpg

by utsuwakaede | 2013-03-31 08:43 | ひとりごと

松岡洋二さんの硝子

神奈川県で吹き硝子の制作されていらっしゃる松岡洋二さんから久しぶりにうつわが届きました。

松岡洋二さんの硝子はクリアな硝子に茶色い硝子の粒を混ぜて溶かしているので、ほんのり琥珀色をしているのが特徴です。
ラインが柔らかで、琥珀色をしているために硝子の冷たさが感じられず、陶磁器にしっくりと馴染みます。

酒杯 和(なごみ)いろいろ
b0132442_1785382.jpg

右 ボディの径75ミリ(口の径はそれぞれです)   高さ105ミリ  口元までで150cc 5040円
 左 口径70 高さ75ミリ   口元までで100cc 3990円
b0132442_1793295.jpg



左 口径70 高さ73ミリ       口元までで95cc     3990円
右  口径70  高さ65ミリ    口元までで90cc   3990円
b0132442_1795054.jpg



左  口径65  高さ85ミリ     口元までで100cc  3990円
右  口径70ミリ  高さ85ミリ  口元までで100cc   3990円
b0132442_1710447.jpg



丸いととろのような片口    ボディの径85ミリ  高さ120ミリ  口もとまでで350cc    4200円
b0132442_17101866.jpg



野口悦士さんの焼き〆片口にも合います。焼き〆片口   90x高さ110ミリ    約350cc 3150円
b0132442_17103033.jpg

松岡洋二さんの個展  今年お願いしています。5/17(金)~22(水)


今朝、道ばたで摘んだ豆の花を井内素さんの掛け花入れに
b0132442_1712243.jpg

by utsuwakaede | 2013-03-30 17:32 | 新入荷のお知らせ

おめざ

ちょっと喉が痛い朝、おめざは桂花園のくず茶にしました。矢尾板さんの碗と長田さんの練り込みスプーンで。
b0132442_854247.jpg

身体暖まります。
4月は2.9.11.19.23.30日をお休みさせて頂きます。
by utsuwakaede | 2013-03-30 08:47

長田佳子展終了しました

東京での初個展となった長田佳子展、本日終了しました。
会期中の6日間お天気が行ったり来たり、寒の戻りのような日や冷たい雨も降りましたが、最終日は暖かさが戻って、最後まで沢山の方にいらして頂きましたこと、誠にありがとうございました。
b0132442_2353892.jpg

店の楓の葉も初々しく若い緑色を見せてくれています。
今夜は満月でした。個展を終えてほっと安心して帰る長田さんをまあるく優しく照らしてくれているような気がしました。

明日の楓は常設に戻す作業をしています。雑然とした店内が片付いていないかもしれませんが、どうぞお声をかけて下さい。

しばらく常設展示が続きます。
今夜はおきて破り、ポテトチップスにコーラ いっちゃおう‼ 頑張ったご褒美
です。安上がりなわたし。
by utsuwakaede | 2013-03-28 22:45

おめざ

b0132442_8374062.jpg

b0132442_8374618.jpg

久しぶりのおめざです
八雲茶寮さんの和菓子。甘すぎない餡、思わず一気にふたついっちゃいました。朝から贅沢⁇ 真っ白な菓子楊子は白石陽一さん。
by utsuwakaede | 2013-03-28 08:29

長田佳子さんの工房

今年の1月に長田佳子さんの工房に伺いました。確か東京に大雪が降った翌日でした。
工房兼ご自宅の庭にはタヌキの親子がやってくるような自然が残っている場所でした。見晴らしの良い高台の窓からの眺めは、長田さんが制作する色に近いような感じを受けました。
仕事場にあてた部屋はリビングルームの隣に。
押入れには棚が組まれ、狭いながら仕事がしやすいようにリフォームしてあります。
b0132442_042419.jpg

b0132442_042566.jpg

b0132442_042617.jpg

壁にはテストピースや色見本、作品のスケッチが
b0132442_042665.jpg

b0132442_042789.jpg

b0132442_042859.jpg


長田さんは、色の粘土を積み重ねた粘土の塊から形を作っていきます。
b0132442_042841.jpg

b0132442_042916.jpg

b0132442_043088.jpg

この塊から生まれたスプーン

大きな鉢も、小さなアイスクリームスプーンも大きさに関係なく、ひとつひとつを細かいペーパーでやすり、滑らかに仕上げていきます。丹念に作られた器やスプーンだからこそ、口に触れて心地よいのだと思います。

b0132442_043055.jpg

b0132442_043196.jpg

b0132442_043130.jpg

b0132442_043251.jpg

b0132442_043329.jpg


リビングでランチをご馳走になりました。窓から射し込む冬の光はポカポカと暖か。お気に入りのうつわと自作のうつわを組み合わせて盛り付けられたお料理を美味しく頂きました。

明日は最終日のため、5時で終了です。お間違いのないようにいらして下さい。
by utsuwakaede | 2013-03-27 23:35

ハーケンダッツ

長田佳子さんの個展5日目。
お昼ご飯の前に、ハーケンダッツのアイスクリームをふたりで食べました。もちろん、ねりこみのアイスクリームスプーンを使います。
b0132442_1823844.jpg

b0132442_1824192.jpg

b0132442_1824530.jpg

舌ざわりも滑らかなスプーンは食べやすくて、楽しくて。大満足でした。
スプーンはサイズによってお値段が違いますが、840円から1260円。
by utsuwakaede | 2013-03-27 17:56

しぜんにて

和菓子とうつわ展開催中のSHIZEN

中山暢子さんの作った干菓子たち
b0132442_13113973.jpg

明日までお求め頂けます。

b0132442_13114222.jpg

b0132442_13114432.jpg

松宮洋二さんの角皿は厚さがかっこいい。和菓子はもちろんですが、松宮さんの地元、三重県松坂の牛肉ステーキを盛りつけたい。

b0132442_13114642.jpg

松坂はお茶の産地でもあります。産地で鍛えられた急須やポットは使い勝手抜群です。新茶の似合う湯のみも揃います。

b0132442_13114750.jpg

大村剛さんの名刺大の小皿は遊びごころをくすぐります。色を渋めに抑えてあるので可愛くなりすぎす、お菓子が映えます。和、洋のお菓子どちらでも。

急に冬に戻りましたけれど、店内は春満開です。
by utsuwakaede | 2013-03-27 12:59 | SHIZENのお知らせ

さくら

b0132442_22341198.jpg

b0132442_22341282.jpg

先週土曜日のさくら
b0132442_22341313.jpg

今日のさくら 若い緑の葉が増えてきました。木曜日は雨だそうです。SHIZENの「和菓子とうつわ展」木曜日までです。いつものお皿にアクセント そんなお皿が揃っています。
by utsuwakaede | 2013-03-26 22:25

長田佳子さんの石鹸置き

b0132442_22241259.jpg

b0132442_22241369.jpg

わが家でも洗面所で活躍している石鹸置き。くぼみに水分がたまるようになっているので、石鹸はいつも乾いた状態で保てます。朝と夜、顔を洗ったり歯を磨く場所にお気に入りの香りの石鹸と石鹸おきは必需品かも
3150円です。
by utsuwakaede | 2013-03-26 22:09 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite