うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

村上躍めしわん展 前日

b0132442_15535585.jpg

明日から「村上躍さんのめしわん展」が始まります。こちらはDMの写真です。

村上さんからいただいたコメントです。

いつも好んで作るのは、どう使おうかと考えさせたり、心地よい緊張感を与えてくれるような『人と向き合う器』

けれど飯碗は、日々の生活にとけ込んで、暮らしを支えてくれる『人に寄り添う器』

いつもとは少し違ったアプローチですが、私なりの飯碗のあり方をかたちにしてみました。


24種類のめしわんが並びました。
サイズ 口径115~130ミリ   高さ55~65ミリ      価格は5250円~6300円になります。

1)6300円、砂化粧飯碗
b0132442_1558214.jpg

b0132442_15581036.jpg


2)6300円、白砂化粧飯碗
b0132442_15581922.jpg
b0132442_15582788.jpg



3)6300円、焼き〆飯碗
b0132442_1558513.jpg
b0132442_15585931.jpg



4)6300円、黒焼き〆飯碗
b0132442_1559627.jpg
b0132442_15591335.jpg



5)5250円、黒土飯碗
b0132442_15595382.jpg
b0132442_160351.jpg



6)5250円、黒土飯碗
b0132442_1601243.jpg
b0132442_1602129.jpg



7)5250円、マット釉飯碗
b0132442_1644173.jpg
b0132442_1644976.jpg



8)5250円、マット釉飯碗
b0132442_165038.jpg
b0132442_165886.jpg



9)5250円、藁灰釉飯碗
b0132442_165172.jpg
b0132442_1652466.jpg



10)5250円 灰釉飯碗
b0132442_1653263.jpg
b0132442_1654282.jpg



11)5250円、灰釉飯碗
b0132442_1655186.jpg
b0132442_1655951.jpg



12)5250円、灰釉飯碗
b0132442_1661165.jpg
b0132442_1662241.jpg



13)5775円、粉引き飯碗
b0132442_1682346.jpg
b0132442_168331.jpg



14)5775円、粉引き飯碗
b0132442_1684368.jpg
b0132442_1685456.jpg



15)5775円、粉引き飯碗
b0132442_16945.jpg
b0132442_1691537.jpg



16)5775円、粉引き飯碗
b0132442_1692682.jpg
b0132442_1693631.jpg



17)5775円、マット粉引飯碗
b0132442_1694661.jpg
b0132442_1695635.jpg



18)5775円、マット粉引飯碗
b0132442_1610622.jpg
b0132442_16101615.jpg



19)5775円、刷毛目飯碗
b0132442_16102791.jpg
b0132442_16103739.jpg



20)6300円、黒釉x砂化粧飯碗
b0132442_16104763.jpg
b0132442_16105719.jpg



21)6300円、砂化粧x黒焼き〆飯碗
b0132442_1611781.jpg
b0132442_16112096.jpg



22)6300円、白灰化粧飯碗
b0132442_16113217.jpg
b0132442_16114216.jpg



23)6300円、黒焼き〆飯碗
b0132442_16115335.jpg
b0132442_1612416.jpg



24)6300円、砂化粧飯碗
b0132442_16121573.jpg
b0132442_16122642.jpg




25)掛花入れ    260x260x厚み30ミリ     31500円
b0132442_16123989.jpg



26)掛花入れ  160x160x厚み20ミリ21000円
b0132442_16125215.jpg



27)掛花入れ  口の径30ミリ  長さ450ミリ   21000円
b0132442_1613353.jpg



b0132442_16132238.jpg
b0132442_16133445.jpg
b0132442_16134527.jpg
b0132442_16135646.jpg
b0132442_1614753.jpg
b0132442_16141890.jpg
b0132442_16143415.jpg
b0132442_16144655.jpg
今回は店内の半分を使っての展示です。
常設も一部並びますので、合わせてご覧になって下さいませ。
by utsuwakaede | 2012-01-31 16:38 | 展覧会のおしらせ

二月のご案内

b0132442_12224138.jpg


                          2月のご案内

寒い寒い毎日ですが、2月4日は立春です。
ひざしの中に明るい春の光を少しずつ感じられる月。

・お休み   7日(火)・14日(火)・21日(火)・28日(火) 11日の祭日は企画展中のため営業致します。

・展覧会  村上躍めしわん展   2/1(水)から2/13(月)   7日は定休日でお休みです。
               13日は最終日のため5時で終了致します。
              
by utsuwakaede | 2012-01-31 10:00 | お店から一言

長田佳子さんの練り込み

練り込みという技法でうつわを制作している長田佳子さん。
去年までは小さなものだけでしたが、去年の冬に工房とご自宅の引っ越しをされて少し大きなサイズも手がけられるようになりました。

常設のカトラリーレストと新作のオーバル皿を届けて下さいました。

カトラリーレストは三色  サイズ90x17x10ミリ  1365円です。
お箸とレンゲ、 スプーンとフォークを並べておける長さがあるって便利です。
b0132442_16302737.jpg
b0132442_16304078.jpg
b0132442_16305127.jpg



新作のお皿は薄さに長田さんのこだわりがあります。「あと 5ミリ厚くすればゆがまないけど、それはしたたくない」と。
磁器土なので、色の染み込みも気になりません。
サイズ  220x165x15ミリ  4200円です。
b0132442_16472677.jpg

b0132442_16481148.jpg

裏側です
b0132442_16481862.jpg


b0132442_16484974.jpg
b0132442_16485651.jpg
b0132442_1649397.jpg


キャンディーみたいで美味しそうな色です。
by utsuwakaede | 2012-01-30 16:51 | 新入荷のお知らせ

子供のお椀

漆器の作家さん 小林慎二さんに名入れをお願いしていた子供椀が届きました。

左の赤溜姫椀は汁椀、右の赤い姫椀は飯椀です。他に黒い姫椀もあります。
銀色の文字で名前を入れました。
ベビーフォークとベビースプーンは岡部量吉さんという岐阜の作家さんです。素材は欅を使い漆で仕上げてあります。

b0132442_183557.jpg
b0132442_184689.jpg
b0132442_1841923.jpg
b0132442_1842910.jpg
b0132442_1844130.jpg


お椀やスプーンは、店にございますので、お手に取ってご覧下さい。
小さいけれど、本物のうつわ は 小鉢として、デザート用にと大人になってもずうっと使い続けられるのも魅力です。
by utsuwakaede | 2012-01-29 18:27 | お店から一言

ココアでいっぷく

昨日のお昼に食べたお持ち帰りのカツ丼のせい?  いまだに空腹を感じません。
夕べはサラダ、今朝はコーヒーとかりんとうひとつ。今夜はお外ご飯だから、いいや このまま食べずにおこう!!
でもね、口がさみしいの。
買い置きのインスタントココアを杉尾信康さんのボウルに注ぎました。陶器に絵筆を走らせたようなカップです。
両手につつんで  あったかーい。
b0132442_17503075.jpg
b0132442_17503822.jpg
b0132442_17504720.jpg
b0132442_1751525.jpg
山本哲也さんのボウルも仲間入り。同じような形だから、一緒にいても 大丈夫。

杉尾さんは、1/20から2/19まで、国立の匙屋さんで開催中の両手でつつむ器に参加していらっしゃいます。  お抹茶が頂けるそうです。
自宅から電車に乗ってしまえば、1時間かからずに伺える距離なのだけど、お休みが合わなくて、まだ先延ばしになっています。広くなったお店も拝見したいし。早く行きたいなぁ・・・

楓で開催中の山本哲也さんの個展は明日が最終日です。明日は17:00までになりますので、お間違いのないように入らして下さい。

by utsuwakaede | 2012-01-29 18:02 | ひとりごと

山本哲也陶展-7 丼と急須

今朝の二度の地震にはびっくりしました。きちんと備えをしておく事、対応策など シュミレーションをしておく事が必要なのよね て改めて思いました。

山本さんの丼を二種類ご紹介します。

銀化丼鉢   口径155x高さ93ミリ   4725円
私の手で持つと何だかとても小さく見えますね。でもしっかりとご飯も入るし、うどんやおそば類に、お汁も一杯入ります。
高台が八角形なので、ボディの下の方もゆるり八角形です。さすが山本さん  ひと手間のひねりが効いています。
b0132442_15334339.jpg

b0132442_15335685.jpg
b0132442_15342849.jpg
b0132442_15344128.jpg


午前中、新宿伊勢丹で個展中の島るり子さんにお目にかかる為に出かけて地下でカツ丼を買いました。
本日のランチ「カツ丼」を盛りつけてみました。いかがでしょうか?
b0132442_1540422.jpg
b0132442_15401326.jpg













もうひとつの丼は口が開いた形  銀化麺鉢です。  口径194ミリ 高さ92ミリ  5250円
もやしそばに、担々麺、(ちょっと苦手だけど) とんこつラーメン、  湯気が見えてきそうな気がします。
高台はやはり八角形で指がしっかりとかかります。最後の一滴まで余すことなくお汁も飲み干してね。
b0132442_1544655.jpg
b0132442_15441459.jpg
b0132442_15442197.jpg


2つの丼を並べてみるとこんな感じです。黒い丼は白いおうどんが似合います。
上にのっけた、ゆで卵の黄色、ほうれん草や三つ葉の緑、ネギやとろろやチャーシューや・・・具材の色も引き立てます。
b0132442_15443380.jpg




急須  山本さんの急須は大振りでちょっと重たいけど頑丈です。
茶葉を出し入れする口が広くて、とても使い勝手が良いです。
銀化鎬急須   約450cc入ります。 ボディの径110ミリ 蓋までの 高さ 約120ミリ   15750円
b0132442_15504917.jpg
b0132442_1550583.jpg
b0132442_1551884.jpg


銀化鎬ポット   約450cc    ボディの径110ミリ  高さ125ミリ  15750円
b0132442_1556774.jpg
b0132442_15561964.jpg
b0132442_15563070.jpg
b0132442_15564121.jpg


金属のような表情をしたポットや急須は、カフェオレボウルみたいなカップも似合いそうですね。
by utsuwakaede | 2012-01-28 15:57 | 展覧会のおしらせ

山本哲也 陶展  その6

漆彩のうつわ

今回の作品の中に柔らかな質感のたわみ鉢があります。
b0132442_1892890.jpg

b0132442_1894434.jpg

b0132442_18101773.jpg

b0132442_1810142.jpg


焼き〆た後に朱泥で化粧をし、生漆を塗って低い温度で焼き付けて漆を定着させたうつわです。
漆を塗ると、食べ物の染み込みを防げると共に、ちょっと堅さが取れたうつわになります。

ほんの少したわめたデザインは、収納もずいぶん場所を取らなくなります。
漆彩(しっさい)平鉢  200x210ミリ 高さ60ミリ   7350円

お刺身、ぶり大根、ポテトサラダ、キャベツをたっぷりとしいておからコロッケ・・・
by utsuwakaede | 2012-01-27 20:00 | 展覧会のおしらせ

山本哲也 陶展  その5 

今日はまだ外の明るい内に写真を撮りました。

ボウル いろいろ
サイズはほぼ同じですが、いろんな顔のボウルです。
口径約185ミリ  高さ約85から90ミリ   5250円
高台はありませんが、底の部分に指が入るので、丼として持って食べる事も出来ます。

b0132442_152494.jpg

b0132442_1522040.jpg

b0132442_1523880.jpg

b0132442_153037.jpg




小さなボウルを抹茶碗として使ってみました。
sabi-銀彩碗 は外側が銀化しています。内側に銀彩をしてあります。   117x83ミリ 4725円
b0132442_158661.jpg

b0132442_1585195.jpg

b0132442_158275.jpg

b0132442_1592313.jpg


銀化白泥碗  外側が白泥  内側が銀化した黒 どちらも表情が楽しい碗です。 116x76ミリ  4200円
b0132442_15119100.jpg

b0132442_15114447.jpg

b0132442_1512042.jpg

b0132442_1518275.jpg

b0132442_15183052.jpg



sabi-銀彩面取り碗   口径147x高さ80ミリ   10500円
今回面取りをしたうつわが幾つか並びましたがその中のひとつです。
面を取るために厚手にロクロをひいてから面を取っていくのですが、はじめは厚さの加減がわからずに、失敗もあったとか。
山本さんにとって、初めての事をする時の、失敗も楽しい作業の行程のひとつなのだそうです。
楽しんで制作しているから、見る側も楽しめるんですね。 
b0132442_15145377.jpg

b0132442_15152097.jpg

b0132442_15163179.jpg

by utsuwakaede | 2012-01-27 16:12 | 展覧会のおしらせ

山本哲也 陶展  その4  

スクエアプレートのご紹介です。


sabi-スクエアプレート  持ってみるとサイズから想像するよりも重くない事に驚きました。
プレートとして、花器や茶碗などの台として、また壁にかける絵として、 想像力がかきたてられる
プレートです。錆びた風情の銀化した表面はまるで金属のようです。
240x450ミリ  厚み35ミリ   47250円

b0132442_1435336.jpg

b0132442_14344951.jpg


厚みのある正方形のプレートは、お皿としてだけでなく、壁に掛けて絵のように楽しむ事も出来ます。
ご紹介しているプレートは釘一本で壁に掛けています。一辺230x230ミリ  厚みは25ミリ  12600円です。

b0132442_1434150.jpg

b0132442_14335221.jpg




b0132442_1433423.jpg

b0132442_14333470.jpg

by utsuwakaede | 2012-01-27 14:53 | 展覧会のおしらせ

村上躍 めしわん展のご案内

b0132442_1423597.jpg


2月1日(水)から村上躍 めしわん展が始まります。
通常は隔年で個展をお願いしている村上躍さん、昨年の6月に個展をして頂いたばかりなのですが、今回は、隔年というルール? をやぶって、ご飯茶碗だけの展覧会をお願いしました。

どんなが並ぶのでしょうか。

村上さんから「めしわん展」に向けてのメッセージが届きました。

いつも好んで作るのは、どう使おうかと考えさせたり、心地よい緊張感を与えてくれるような『人と向き合う器』

けれど飯碗は、日々の生活にとけ込んで、暮らしを支えてくれる『人に寄り添う器』

いつもとは少し違ったアプローチですが、私なりの飯碗のあり方をかたちにしてみました。



花を入れても、花器だけでも 心をとらえることの出来る作品。
うつわだけども、使っても、ただ置いているだけでも、その存在感に気持ちが満たされるような器。
いつもの個展での印象です。
来週の「めしわん展」は、どんな印象の展示になるのでしょうか。

会期  2012.2.1(水)から2.13(月) 12:00から19:00(13日は17:00まで)
お休み 2.7(火)
村上躍さん在廊日  2.1(水)

*今回は店内の半分を使っての展示になります。
常設も一部ご覧頂く事ができます。
by utsuwakaede | 2012-01-27 14:31 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite