うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧

ぽかぽか陽気です

夕方からは寒くなるそうですが、日中はポカポカです。
矢尾板ワールド に染まった6日間 最終日になりまし。

パンを田中信彦さんのスープ皿に。 サラダは矢尾板さんの取り皿 コップは背の高いのは宮部友宏さんビアカップ、ピンク色は田中信彦さんの焼酎カップ、 ドレッシング入れに良いかな? と置いたのは萩原千春さんの片口鉢です。さかいあつしさんの白漆盆にセットして、ちょっと遊んでみました。
b0132442_13595012.jpg

b0132442_141320.jpg
b0132442_1411667.jpg



明日の火曜日は定休日です。
明後日11/2からは常設に戻ります。
八木橋昇さんからの新作も届いていますので、又ご紹介を致します。
by utsuwakaede | 2011-10-31 19:01 | お店から一言

田鶴濱守人さんと竹本ゆきこさんのうつわで

b0132442_1804626.jpg

おふたりのうつわはどちらもシンプルです。
竹本ゆきこさんの大振りの汲み出しはちょっと厚手。だからお茶の熱さがゆっくりと伝わってきます。
田鶴濱守人さんのお皿は軽くて重なりも良くて、頑丈。何をのせても 安心なうつわです。

粉引き藁灰釉碗   たっぷりな200cc弱が入りました。口径110 高さ73ミリ   2310円
作者の竹本さんはスープやお味噌汁などにもつかっていらっしゃるそうです。高台もしっかりと、手のひらに包んで 持ちたくなる形です。寒くなるこれから フーフーしながら熱い飲み物はこんな土のうつわで飲みたいです。
b0132442_1842353.jpg
b0132442_1844096.jpg
b0132442_1845274.jpg


田鶴濱さんの粉引きプレート小   底には籾殻の跡がたっぷり付いていました。立ち上がりが嬉しいデザインです。径170ミリ  見込みは約130ミリ  高さ25ミリ    2625円
使う前にしっかりと水分を吸わせて下さいね。
b0132442_18112198.jpg
b0132442_18112848.jpg
b0132442_18113843.jpg
b0132442_18115074.jpg
b0132442_1812214.jpg











矢尾板さんの舟形ボウルにおこわのおにぎり
b0132442_18162793.jpg

b0132442_1818798.jpg
b0132442_18181852.jpg
b0132442_18183458.jpg
b0132442_18184448.jpg

矢尾板さんのうつわには裏側にこんなマークがあります。YAO
b0132442_18192273.jpg



竹本さんのおゆのみに合わせた木皿は栗の木。大胆な感じの木目と真ん中のノミ目がちょっと無骨です。つち物の碗と良く合います。やや楕円形  もちろんお皿としてもお使い頂けます。160x155ミリ  高さ25ミリ    3465円
b0132442_1821946.jpg
b0132442_18211760.jpg
b0132442_18213162.jpg
b0132442_18214161.jpg



明日は矢尾板克則さんの個展最終日です。お見逃しなく!!
by utsuwakaede | 2011-10-30 18:31 | 新入荷のお知らせ

矢尾板克則さんのうつわで

お日様がかくれてしまうと 少し肌寒く感じる日曜日です。
今朝はあわてて出かけてしまつたので、巻きスカートをピンで止めるのをすっかり忘れてしまいました。
歩き始めて気が付いたけど、戻る時間はないし、安全ピンで止めるのもいやだし・・・   今日いちにちは静かに動くことに致します。

昨日のブログでご紹介した炭化大皿に柿を盛りました。柿美味しそうです。
浅めでシンプルなお皿  260x30ミリ   15750円
b0132442_13262398.jpg

b0132442_13263451.jpg

b0132442_13284134.jpg


縁に象嵌のラインが入った立ち上がりのある炭化皿  270x40ミリ   15750円
b0132442_1329876.jpg

b0132442_13291630.jpg



そして銀彩のお皿に いもようかんを。こちらもゆうべブログでアップしたおはなのような形のお皿です。
植木鉢からぐいぐい伸びてる蘭の葉っぱを頂戴しておいもさん のせました。
b0132442_1332450.jpg
b0132442_13321221.jpg



長い皿にも
b0132442_13334597.jpg
b0132442_13335453.jpg

さんまが一匹のる長皿はいろいろに使えます。340x135x15ミリ   8400円


変形の大きめなお皿と三角形の取り皿  菓子楊枝は南沢奈津さんのフォークです。
255x190x25ミリ   深い部分の高さは40ミリ  15750円  浅鉢として汁のあるお料理も盛りつけられます。
取り皿用の三角形皿は125x15ミリ   3150円   菓子フォークはそれぞれ2940円です。
b0132442_1334819.jpg
b0132442_13341641.jpg
b0132442_13342462.jpg


矢尾板さんのシックな色のうつわは、お料理が際立つだけでなく、色のあるうつわと並べても相性いいはず。
明日はそれをご紹介してみますね。
by utsuwakaede | 2011-10-30 13:41 | 展覧会のおしらせ

もうすぐ会える

b0132442_11161657.jpg

この冬に結婚した姪の千恵が、マイクとふたりで新婚旅行も兼ねて日本にやって来ます。あさってには成田で再会です。もうすぐね。千恵の祖父母(つまり私の両親)にマイクを紹介したり、秋の京都を楽しんだりでアララ という間に帰国しちゃいそうです。滞在中は晴天が続きますように。

今朝のおめざはしっかりな量でした。田中信彦さんの焼酎カップはコーヒーにも。沢山飲みたい時におすすめサイズ。小林慎二さんの溜塗りお皿に残り物のポテトサラダ、マフィンと。
by utsuwakaede | 2011-10-30 11:16 | ひとりごと

矢尾板克則さんのうつわ   大皿

きょうのおやつはコンビニのチーズケーキです。
最近のコンビニスイーツはなかなか美味。あなどれません。
ひさごのような形のお皿は見込みの部分に白化粧をして、漆で仕上げてあります。
210x155(くびれた部分)x高さ30ミリ    6300円   ハーブティーを入れたカップ  95x70ミリ   約140cc 3150円

b0132442_17372074.jpg
b0132442_17373680.jpg
b0132442_17374477.jpg






では、大きめのお皿のご紹介です
すこし楕円になった形です。内側には銀彩+漆  銀色が落ち着いたトーンになっています。縁をへらで削り面を取った部分が樹皮のようです。
きのこのパスタ、ブロッコリーやクレソンにナッツを和えたサラダ etc 280x260x35ミリ   21000円
b0132442_1744559.jpg

b0132442_17441526.jpg
b0132442_17442558.jpg





はなのような鉢    内側はやはり銀彩+漆    ふかしたサツマイモを盛ったら皮のピンクとほくほくの黄色が栄えてすごーく美味しそうな気がします。   260x250x50ミリ   18900円
b0132442_18125044.jpg
b0132442_18125892.jpg
b0132442_1813625.jpg

by utsuwakaede | 2011-10-30 00:37 | 展覧会のおしらせ

スタッフ募集中

b0132442_822142.jpg

SHIZENのカフェ スタッフ募集中です!!
詳しいことは03-3746-1334にご連絡下さい。
by utsuwakaede | 2011-10-29 08:22 | ひとりごと

岡晋吾さんの小皿二種類

この数日 いいお天気です。
毎朝 目が覚めると何故かしらうきうきとしてきます。
暖房も冷房も必要のない日々。 おひさまの温かさをじんわりと背中に浴びて、楓までの道を歩くとき しあわせだなぁ と思えます。

さてさて、唐津の岡晋吾さんから、色絵の小皿と白磁の小皿が届きました。
矢尾板克則さんの炭化皿と並べました。約9寸 270から265ミリの径、深さはイロイロです。平ための形や高さが45ミリの浅めの鉢の形  全て漆を塗って焼き付けている為に盛りつけたお料理の染み込みを防ぎます。10500円です。
b0132442_13161973.jpg

b0132442_1322741.jpg
縁に入った二本のラインは象嵌になります。



岡さんの小皿
 
b0132442_13205164.jpg


安南色絵輪花小皿   径120ミリ  高さ12ミリ     4200円      見込みが平たいのでお取り皿にも、お菓子皿にも
b0132442_1321342.jpg
b0132442_13211525.jpg
b0132442_13212814.jpg


白磁四稜小皿   径115ミリ  高さ23ミリ  2940円  「  お醤油皿に使いたい磁器土のお皿。サイズが見つからなくて 」とお話をして作って頂きました。あまりお上品な小振りでない、餃子やシュウマイにも使えるお醤油小皿を探していたので、正にピッタリ!!  磁器土なのも安心して使えます。
このサイズは、銘々の向こう付け用にも使えそうです。

b0132442_13455124.jpg
b0132442_1346396.jpg
b0132442_13461561.jpg

by utsuwakaede | 2011-10-28 13:47 | 新入荷のお知らせ

展覧会のおしらせ

岐阜県多治見の服部竜也さんから届いたお知らせ ふたつ です。

うつわノートさんでは関東初の個展だそうです。会期11月3日から15日
b0132442_18543444.jpg
b0132442_18544591.jpg


















香川県讃州井筒屋敷で行われる32人の作家の「フィールドミュージアム」  11/12.13の2日間。
お天気だといいですね。
b0132442_18545926.jpg

by utsuwakaede | 2011-10-27 18:59 | その他お知らせ

矢尾板克則さんの碗

内側が銀彩の深いボウルで遊んでみました。
外側のゴツゴツ、ぼそぼそとした風合いと内側の金属的な肌の組み合わせが魅力です。

秋のお花 ふじばかまを入れて窓辺に      135x78ミリ      10500円
b0132442_18232543.jpg
b0132442_18234193.jpg



抹茶碗に      125x75ミリ  10500円
b0132442_18243653.jpg
b0132442_18244360.jpg
b0132442_18245193.jpg


銀彩は空気にふれていると酸化して黒くなってきます。それもなかなか良い味が出るはずですが、柔らかな布に重層をつけてそっと磨いてあげると元の銀色が蘇ります。お好みでほっておいたり、磨いたり・・・
by utsuwakaede | 2011-10-27 18:52 | 展覧会のおしらせ

平野恵理子さんの来年のダイアリー

平野恵理子さん 念願が叶って ダイアリーが出ました。
2012年版です。
表紙
b0132442_17581242.jpg

裏側
b0132442_17582544.jpg


中を開くと矢尾板さんの豆の殻が描いてありました。
b0132442_17594672.jpg

二月は味噌壷の絵です。
b0132442_1805684.jpg


b0132442_181917.jpg

カバーを外すとシックな格子柄です。もしかしたら着物の柄かな?
b0132442_1813465.jpg


b0132442_1824572.jpg

季節の行事やしきたりを大切に暮らしをされている平野さんならではの ダイアリーです。
楓でも少しだけお取り扱いをしています。(幻冬社  1470円です)
by utsuwakaede | 2011-10-27 11:05 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite