「ほっ」と。キャンペーン

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

秋のお花 

9月最後の金曜日  暑いです。
ようやっと風邪が抜けそうで、昨夜の抗生物質が効いたよう。お医者さまったら 早くこの薬を出して下されば良かったのに と ちょっと恨みます。

店の窓ガラスに みどりいろした小さな虫がとまっているのを発見。なんて種類でしょうか?
b0132442_17214288.jpg


コスモスや襲名菊を入れてみました。
b0132442_17225440.jpg
b0132442_17231129.jpg
b0132442_17252526.jpg
b0132442_17253923.jpg

コスモスが入ると、秋の風が吹いてくるようです。


展覧会のご案内です。
昨日9/29から始まった砂田政美さんの個展  神宮前のOCAILLEさん   たまに前を通っているのにお店がある事に気づきませんでした。お洋服や小物にも興味津々  本日帰り道に立ち寄ってみる事にします。
b0132442_17303894.jpg
b0132442_17304742.jpg


匙や さんからは、お匙と一緒に、富田恵子さんの版画展のご案内が届きました。
10/7から10/13  国立の匙やさんです。
b0132442_1734121.jpg
b0132442_1734123.jpg


大判で届いたのは 川越にある ギャラリーうつわノートさん  大谷工作室のうつわ展   「OFF BEAT」  10/8から10/18
先日上野雄次さんと花生けバトルをされた華道家 平間磨理夫さんのお花も8日から10日まで見られるそうです。ギャラリーの空間がどんな風に演出されるのか 想像すると楽しくなっちゃいます。
b0132442_17411778.jpg

b0132442_17412582.jpg


そして、明日からSHIZENでは松宮洋二さんの個展がスタートです。シックなうつわ 使い勝手の良さをとても考えて作って下さいました。粉引きの表情も味わいがあります。今夜のSHIZENのブログをご覧下さい。
by utsuwakaede | 2011-09-30 17:44 | お店から一言

まるいお湯のみ

増渕篤宥さんのトクサ丸湯呑みが届きましたのでご紹介です。
ころりんとしたまるみと縦のラインがなんとも愛らしくて 手のひらに包み込みたくなる湯呑みです。
b0132442_1731385.jpg

b0132442_17311497.jpg
b0132442_17312326.jpg
b0132442_17314023.jpg
b0132442_17315623.jpg

トクサ湯呑み  口径80x高さ550ミリ  約100cc  1680円  
黒いポットは萩原千春さん   ボディの径100高さ100ミリ  約320cc 9450円    艶を帯びしっとりとした黒いポットは軽く、持ち手がしっかりと幅広く使いやすさもお薦めです。
湯呑みとセットした銀彩角プレートは宮部友宏さん。お皿としても又こんなふうに使っても。
上にのせるものを選びません。135x135x20ミリ  4200円


大中さんのまるいお湯飲みも合わせてご紹介します。
金属のような表情のまるい形をしたおゆのみは、口がすっとのびています。内側はお茶の色が栄えそうな白です。
口径90x高さ50ミリ  約130cc    2625円   そして筒型のカップはボディが凹ませてあるデザイン。お茶をひとくち  お勧めするのに調度良いサイズです。口径55x高さ70ミリ  約100cc  2625円
b0132442_17424195.jpg
b0132442_17425315.jpg
b0132442_1743794.jpg

熱いお茶が嬉しい季節の到来です。
お月さまを眺めながら 食後のデザートは お気に入りのお菓子とお茶を 召し上がれ。
by utsuwakaede | 2011-09-28 17:58 | 新入荷のお知らせ

堀仁憲さんの個展  4日目

ようやく 秋晴れになりました。
今朝はベランダで掛け布団を思いっきりパタパタしました。
ふわぁーー い      おひさま、青い空、うろこ雲    きもちいいねぇ     
だけど、このあいだの強烈な台風が、忘れていた喘息も連れて来てしまいました。ずっと上手くつきあっていたから、予防をしていれば大丈夫 という油断がいけませんでした。

堀さんとの食事も出来ずに毎日直帰の日々です。堀さんごめんなさい。


と前置きが長くなりましたが「なます皿」のご紹介です。
少し深さがあって見込みの平らな小鉢は骨董品でよく見かける形です。青磁陰刻なます皿140x40ミリ  3360円
大根の煮物、お豆腐などちょっと汁気のあるおかずを盛りつけたり、取り皿にしたり できるお皿です。
b0132442_17141013.jpg

b0132442_17141816.jpg
b0132442_17142625.jpg


我が家のなます皿は骨董の染め付けを取り皿に使っています。


何だか寂しくなってきたので、少し緑を入れてみました。
b0132442_1745278.jpg
b0132442_17452144.jpg
b0132442_17453377.jpg壁には小口さんのガラス掛け花入れを。
明日の日曜日 堀さんは顔を出して下さいます。
by utsuwakaede | 2011-09-24 17:49 | 展覧会のおしらせ

堀仁憲さんの個展  2日目

昨日の東京の激しい台風と今朝の青空、夕方になってまたまた降り始めた雨   女心と秋の空  とはいうけれど、こんなに激しくオンナゴコロ は変わらない様な気がします。いかがでしょうか・・・・

自宅で日々使っている堀さんの小鉢が今回の個展にも。青磁輪花小鉢   120x55ミリ 3990円
以前、東中野のギャラリーで求めて重宝しているサイズです。青磁といっても青ではなく落ち着いた色なので、ほぼ毎日我が家の食卓に登場しています。
b0132442_17475883.jpg
  b0132442_1748787.jpg














今回の個展で初お披露目の土鍋です。飴色が食材を美味しそうに引き立てますね。 ボディが浅いのでフライパンのような使い方も、又蒸し野菜料理には蓋の高さがあるのでピッタリです。サイズは大・中・小(写真は小サイズ) 220x55ミリ  13650円
b0132442_17534513.jpg
b0132442_17535632.jpg



窓の外は雨
窓辺に並んだちびっこピッチャーたち
左no.52 60x30ミリ   2625円
b0132442_18322468.jpg

no.50 85x45 2625円
b0132442_18323942.jpg

左no.55 70x50ミリ(手を除く) 3150円 右no.54 65x50ミリ   3675円
b0132442_18324787.jpg

左no.53 75x60ミリ   3990円
b0132442_1833384.jpg
b0132442_18331987.jpg


ホットケーキのメープルシロップ、ミルクにお酢に使いかけのパセリ、散歩で拾ったドングリ・・・・使い方イロイロ

明日は堀さんが在廊されます。明日こそ青空になぁれ!!
by utsuwakaede | 2011-09-22 18:44 | 展覧会のおしらせ

堀仁憲さんの個展  前日  ディスプレイ完了です

堀さんが今朝窯から出したうつわを持って入らして下さいました。ディスプレイもして下さり、新鮮な気持ちです。

ではうつわのご紹介をしてゆきます。
その前にコーヒータイムです。
b0132442_1759728.jpg
b0132442_17591872.jpg


まずは土鍋から   一番大きなサイズの白い土鍋   蓋を返すとしっかりと置けます。 径280x深さ65ミリ  蓋をすると高さ150ミリ    28350円
b0132442_180490.jpg
b0132442_1801262.jpg
b0132442_1802040.jpg

飴釉土鍋   280x65ミリ  蓋をすると高さ165ミリ     26250円
b0132442_1824468.jpg
b0132442_1825316.jpg


飴釉土鍋小  220x55ミリ  蓋をすると145ミリ  13650円
b0132442_185208.jpg
b0132442_1853475.jpg

みっつ並んで
b0132442_1854677.jpg



人気のポットをいくつかご紹介します

青磁鎬ポット   100x95ミリ   380cc 25200円とお揃いの湯呑みにもなる青磁蕎猪口90x70ミリ  4725円
b0132442_1865343.jpg

b0132442_187367.jpg


鉄彩線刻ポット  105x95ミリ  440cc 27300円
b0132442_18124192.jpg

鉄彩線刻マリ湯呑み   75x60ミリ    4725円
b0132442_18125114.jpg


粉引きポット  95x90ミリ   340cc 21000円
b0132442_18181586.jpg


粉引きポット   110x105ミリ   580cc 27300円
b0132442_1819394.jpg


白磁鎬ポット   85x80ミリ      220cc 18900円
b0132442_1820072.jpg


青花絞手ポット   100x40ミリ   360cc 26250円
b0132442_18201251.jpg

灰釉鎬ポット(蓋が青花) 100x95ミリ   380cc 25200円
b0132442_19321014.jpg


灰釉鎬ポット(蓋が青花)鎬が細いタイプです   100x100ミリ  440cc  27300円
b0132442_1935954.jpg




粉引き急須と粉引き茶杯    急須  95x75ミリ  280cc 21000円、茶杯60x65ミリ   2940円
b0132442_1938874.jpg


白磁鎬そば猪口  80x60ミリ   4200円
b0132442_1840970.jpg

灰釉鎬マリゆのみ  70x58ミリ   4200円
b0132442_18402127.jpg


青花絞手筒ゆのみ  75x60ミリ   8400円   内側にはウサギが二羽・・
b0132442_18424544.jpg
b0132442_18425434.jpg

黄灰釉マリボウル  100x85ミリ  4200円(コーヒータイムに使ったボウルです)
b0132442_1843584.jpg

黄三島丸ゆのみ   75x60ミリ  3990円
b0132442_1848229.jpg


碗   口径や高さが少しずつ違います。ご自分の手に合うサイズをお探し下さい。
黄三島飯碗     約120x60ミリ  6300円
b0132442_18483796.jpg

青磁面取り蓮弁飯碗   約115x60ミリ     4935円
b0132442_18514265.jpg

灰釉飯碗  約128x60ミリ  3675円  小さなサイズもあります
b0132442_18515714.jpg

粉引き飯碗  約130x60ミリ  3990円
b0132442_1852121.jpg

黄灰釉丼   190x93ミリ  8400円  
b0132442_1856769.jpg



灰釉片口   120x75ミリ   4725円
b0132442_185617100.jpg



灰釉カップ&真鍮ソーサー  カップ80x63ミリ  ソーサー150x18ミリ   7875円
b0132442_18583112.jpg
b0132442_18584363.jpg


はしおきたち      各735円
b0132442_1912121.jpg

粉引き盃、三島盃、黄三島盃、刷毛目盃   いろいろです。 2625円から5250円
b0132442_1913643.jpg
b0132442_1915036.jpg



お皿や浅い鉢
黄三島リム皿  240x35ミリ   8400円
b0132442_1955141.jpg


黄三島八角鉢  210x55ミリ   8400円
b0132442_196436.jpg


黄灰釉深皿  250x30ミリ   8400円
b0132442_198638.jpg

黄灰釉皿  240x30ミリ  6825円
b0132442_1981811.jpg

黄灰釉皿  220x30ミリ  5775円
b0132442_1982845.jpg

黄灰釉スープボウル  1955x50ミリ  5775円
b0132442_1983939.jpg

白磁リム皿  240x35ミリ  8400円
b0132442_1912221.jpg

青磁陰刻なます皿   140x40ミリ   3360円
b0132442_19122669.jpg

b0132442_19123876.jpg


耐熱のうつわ 直火もオーブンも大丈夫  色が四色もあって まあ  うれしい!!
耐火角  210x210x40ミリ   6300円
b0132442_1915556.jpg
b0132442_1916775.jpg

グラタン好きにはとっても魅力的なうつわ    150x220x45ミリ  4725円
b0132442_19161762.jpg
b0132442_19163149.jpg


b0132442_19192771.jpg
b0132442_19194276.jpg
b0132442_19195722.jpg
b0132442_19201046.jpg
b0132442_19202117.jpg
b0132442_19203593.jpg
b0132442_19204577.jpg


思わず使ってみたくなるようなうつわが勢揃いしました。
普段あまり平たい大きめのお皿を作られない堀さんですが、今回は立ち上がりもなかなかな ワンプレートに使
えるものも揃いました。
お出かけくださいませ。
by utsuwakaede | 2011-09-20 19:38 | 展覧会のおしらせ

堀仁憲さんの個展  前日

b0132442_16441097.jpg

雨の降り方が強くなって来ました。今日は搬入日です。
今回は堀さん自らディスプレイをして下さっているので、楽をさせてもらっています。

DMのポット、蓋物とも三島手の仕事です。
 黄三島ポット  ボディの径110ミリ  高さ105ミリ   約540cc   29400円
 黄三島蓋物  80x80ミリ   7875円です。

これまで続けてこられたお仕事である、ポットや茶杯も個展ならでは 沢山並びました。
そしてそして、新たなアイテムとして土鍋や耐熱の正方形のプレート、7寸、8寸、8,5寸のプレートや丼など  日々使うためのうつわ達が加わりました。ご飯茶碗の種類もいろいろ選んでいただけます。

どうぞ明日は台風が午前中に行ってしまいますように  願っています。
by utsuwakaede | 2011-09-20 17:03 | 展覧会のおしらせ

大中さん、そして堀さん

b0132442_23475029.jpg

大中和典さんの個展が今日終りました。独特の形、質感を持つ作品を見せて下さった楓初めての個展は、毎日が心地よく過ぎました。常設でも皆様にご覧頂けるようこれからも器や花器をご紹介していくつもりです。
さて、台風が近づきお天気が気になるところですが、あさって水曜日からは堀かずのり(仁憲)さんの個展が始まります。明日の夜には作品の画像をブログでご紹介出来ると思います。おんなじ かずのりさんですね。さてどんな器が?
青山3、4丁目のお神輿が日曜日に楓の前をわっしょいわっしょい!!
by utsuwakaede | 2011-09-19 23:47 | ひとりごと

大中和典展   明日が最終日です

日曜日の午前中 日々花の雨宮ゆかさんが大中さんのうつわに花を生けかえにいらして下さいました。
エアコンの切れる夜の間に、花が少し傷んでしまいますが、草のものはさすがに強いようです。
b0132442_1725134.jpg
b0132442_1725223.jpg

ドーナツ型の掛け花入れは裏側にあいている穴を壁の釘にはめるだけで簡単に掛かってしまいます。

b0132442_17285894.jpg
b0132442_1729938.jpg
片口鉢にグリーンが良く栄えます。

b0132442_17295716.jpg
b0132442_17301073.jpg
b0132442_17302174.jpg
b0132442_17303755.jpg
b0132442_17305045.jpg



b0132442_17362774.jpg


明日19日は最終日のため17:00で終わります。お間違えのないようにご注意下さい。
by utsuwakaede | 2011-09-18 17:37 | お店から一言

大中和典展   

おやつに
楓の近くにある和菓子やさん「まめ」さんの名物 まめ大福をおやつにしました。
大中さんの地元山口県は赤間硯の産地として有名な土地だそうです。その硯の石粉を土や釉にして制作した
小皿を使いました。赤間黒釉小皿  130x40ミリ  2625円、 赤間釉小皿130x40ミリ  2625円  すこうしたわんだ形が盛りつけしやすいです。
b0132442_14425295.jpg
b0132442_1443598.jpg
b0132442_14431966.jpg
b0132442_1443364.jpg














昨日は日々花の雨宮ゆかさんがお花を生けかえにいらして下さいました。
梨地のような表面の大振りなカップにはホトトギスが入りました。ボディが凹ませてある為に女性の手でも持ちやすいです。85x85ミリ   泥彩カップ  墨色 3675円、朱色 3990円
焼酎にお薦めです!!
b0132442_15411998.jpg
b0132442_15413181.jpg


同じシリーズの小さいタイプ。今回お客様にお茶をお出しするのに使いました。やはりボディが凹んでいて、すっと指がおさまる気がしました。チョコットお茶や中国茶、日本酒にいかがでしょうか。  50x75ミリ  墨色 2625円、朱色 2940円です。
b0132442_15481190.jpg



白い花入れ
口が楕円形になっています。黒い土に二種類の化粧土を掛けて表情を出しているそうです。泥彩炭化花器   120x140 12600円
b0132442_15521683.jpg

b0132442_1553672.jpg

横からみるこんなふうです。口がまんまるくないので、お花や枝が止めやすいです。
b0132442_15531931.jpg

by utsuwakaede | 2011-09-17 16:03 | 展覧会のおしらせ

大中和典展   DMの花入れたち 

鉢と一緒にDMの写真になった筒型の花入れです。内側は釉がかかっていますが、外側は焼き〆です。
ドロドロの土を釉の代わりにスポンジ等で付けて表情をだしています。
b0132442_17161938.jpg
b0132442_17162753.jpg
真上から見るとこんな風に植物をさす穴があけられています。水はこの穴からの出し入れですが、案外簡単に水の出し入れが出来ました。
  墨色 高さ185ミリと203ミリ  口径55ミリ10500円、 朱色  高さ185ミリ 口径55ミリ  11550円


鉄の花器が錆びて朽ちていく途中のような雰囲気です。小振りな花入れ  ボディの径85ミリ  高さ150ミリ  15750円     反対側を正面にしても、朽ちた部分を正面にしても。枝が上手におさまります。
b0132442_17261519.jpg

b0132442_17265914.jpg



赤銅のような花入れです。上から2/3位のところまで水が入ります。そこから下は空洞です。錆びて穴があいてしまった部分から芽が出て来たように、穴に枝を挿してみて下さい。
ボディの径130ミリ  高さ270ミリ   39900円
b0132442_173293.jpg
b0132442_17321870.jpg
b0132442_17323186.jpg



りんごのような形の花器です。シンプルな形  シンプルな色 グリーンが栄えます。ボディの径、高さ  とも110ミリ   8400円   すべすべの肌触りが心地よいです。
b0132442_17391967.jpg
b0132442_17392929.jpg
b0132442_17394458.jpg

by utsuwakaede | 2011-09-15 17:44 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite