「ほっ」と。キャンペーン

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

9月のご案内

               9月のご案内


b0132442_1755332.jpg


個展
・大中和典 展      9月14日(水)から9月19日(月)
・堀  仁憲 展      9月21日(水)から9月26日(月)
            個展最終日は17:00でclose致します


お休み
・6(火)、13(火),20(火),27(火)  毎週火曜日がお休みです。
・19(月)、23(金)の祭日は個展中ですので、お休みではありません。

毎日のブログもご確認下さいますよう、お願い致します。
by utsuwakaede | 2011-08-31 18:07 | お店から一言

黒いうつわ

明日からいよいよ9月 長月が始まります。
今年の梅雨明けが早かったからか、この夏は特別に長く感じました。まだまだ 夏は居残っているけれど、少しずつ秋の支度を始めたくて 黒いうつわを並べました。
増田勉さんがゆうべ届けて下さった新着のうつわたちのご紹介です。

5寸皿 二種類です。
左は鉄彩5寸皿   は釉の濃淡で緑や紫に見える部分もあります。少し立ち上がりのあるお皿は梨や柿を取り分けたり、汁のあるおかずの取り分け皿としても。平たい見込みが広いのも嬉しいお皿です。径158 高さ32ミリ   2310円。  
右は黒釉5寸浅鉢   真っ黒だけど土のポチポチした部分が紫に見えます。深さがあるのでお鍋の時の取り鉢にも。径160 高さ43ミリ  2940円
b0132442_17175224.jpg
b0132442_1718280.jpg
b0132442_17181014.jpg
b0132442_17181962.jpg

b0132442_17351591.jpg
鉄彩5寸皿
b0132442_17355341.jpg
黒釉5寸浅鉢


シチューもおでんもチャーハンも  がっつり盛れます。いえいえ満杯に盛らなくてもいいんですけど・・・・
鉄彩平底鉢7寸   径220  高さ53ミリ   5040円
b0132442_17365324.jpg
b0132442_17371310.jpg


臼田けい子さんのいす灰釉の白いうつわと組み合わせてみました。下から165ミリ、130ミリのお皿 、一番上は豆鉢です。
b0132442_17414756.jpg
b0132442_1742077.jpg
by utsuwakaede | 2011-08-31 17:42 | 新入荷のお知らせ

Fw: イベントのお知らせです

花人
上野雄次さんから花いけライブのお知らせが届きました。------------

---
9月4日、今度の日曜日に行います
イベントのお知らせです。

見えてくる花のかたち、聞こえてくる花の声
花道家.上野雄次がはないけライブの記録映像とともに語ります。

第7回のトークゲストは
華道家の平間磨理夫さんです。

上映ライブ映像は「春は幻」後編
5弦ウッドベース奏者の水野俊介さんとのライブパフォーマンスです。
(2009.4.25撮影)

2011年9月4日(日)
14:00~
入場料2000円

器とcafe ひねもすのたり
杉並区阿佐ヶ谷北1-3-6.2F
03-3330-8807
http:// ひねもすのたり.com

ひねもすのたり店主談
最近、あるカフェをたずねました。そこには、いつも御主人が生けた美しい佇まいの花があります。しばらく、お話しすることができました。
「上野さんのは、花ではないと思います」ストレートな言葉に思わず息をのみ、聞き返しました。
「パフォーマンスの事ですか?」
「だけじゃなくて、全部です」
ご主人は、どこかの流派に属したことはないようですが、かつて学んだ先生の教え「花が美しく見えるように生ける」を心がけているそうです。
自分の花は表現ではない、自分を出さず花がいかに美しく見えるかを意識しているだけ。それに対して上野さんの花生は自分を表現しようとしている、それは"花"ではないのだと……。

かつて、私もある流派の生け花を習っていたことがあります。それはその流派が代々伝えてきた伝統に則って生けるお稽古事でした。しかし、決められた通りに生けることがだんだん窮屈になり習うのをやめました。
上野さんの教室では何をどう生けても自由です。決まり事などなく、上野さんが口にされるのは、劇的ということ、器を舞台として、いかにドラマチックな花のある光景を作り出すのかということ。そこでは、自由であるがゆえに図らずも私が求める花は何かと自分に問う機会となりました。

今回のゲストは平間磨理夫さんです。上野さんと平間さんは8月23日(火), 中村俊月さんも加えて代官山の「風土cafe &bar 山羊に聞く?」で、即興の花生けライブバトルをされるそうです。花を生ける制限時間は5分。お客様の判定を5分でいただき、次の演者が前の花を"引っこ抜き捨て"て自分の花にとりかかるのだとか。私もその場に足を運び、表現ということ、花生けということ、私と花と表現ということなどに、思いを巡らせてみるつもりです。
そして、9月4日には、平間さん上野さんから改めて、そうした事のお話しをうかがってみたいと思っています。答えは見つからなくても、その端緒が見えてくることを期待しています。
by utsuwakaede | 2011-08-30 08:38 | ひとりごと

夏が終わりそう

土曜、日曜と表参道はスーパーよさこい で賑わっていたようです。毎年のことですが、お店のある青山通りの裏道はとても静かで助かります。
延期になっていた隅田川の花火大会や、秋田での花火師が競い合う大曲花火大会もゆうべ終わりました。
実家のある大曲に出かけた家人の留守を、ももと一緒に、穏やかに過ごした土曜日でした。

夏の華やかなイベントはすべて終わり、そろそろ新学期。秋のはじまりを心待ちにしています。

今年最後?の冷たいおうどんを  お昼ご飯にしました。
b0132442_1751686.jpg

b0132442_1752521.jpg
荒賀文也さんの粉引き大皿は余白を美しく見せてくれます。径250x高さ30ミリ   6300円

b0132442_177598.jpg
b0132442_1772577.jpg
食材の色も際立ちます。
by utsuwakaede | 2011-08-28 17:07 | ひとりごと

あ、間違えた?

b0132442_9541086.jpg

弐の市が終わった翌日、模様替えが済んだSHIZENの窓際。
木目がダイナミックな須田さんの大きなボウルやチェックのクロスに安心したのでしょうか? 羽がまだ柔らかなセミがじっと休んでいるのを発見。林の中と間違えたかな?
by utsuwakaede | 2011-08-28 09:54 | ひとりごと

あっ  間違えた??

b0132442_16312467.jpg
b0132442_16313365.jpg
窓辺に置いた山崎葉さんのクレマチス一輪挿し  中にいるのは小さな赤ちゃんやもり。 隠れているつもりなの?  それとも緑に囲まれているつもり?    間違えてるよ!!
やもりは家守 お店を守ってくれているんだよね。ちいさな足の吸盤? が可愛らしいね。悪いけど外に出ておくれと 紅葉の枝に放しました。おねがい 外から 守ってね。
by utsuwakaede | 2011-08-27 16:37 | ひとりごと

青根来小皿

昨日のブログでご紹介した緑色の小皿(お茶托)をアップで写しました。
b0132442_16215633.jpg
b0132442_1622676.jpg朱漆を塗った上から緑色の漆を塗り重ねてあります。下の朱色が刷毛の間から見えます。
径120 厚さ20ミリ  2625円    厚みがお菓子皿にした時に生きてきます。
石川県の石川漆宝堂さんのものです。
by utsuwakaede | 2011-08-27 16:26 | お店から一言

今日のぐるぐる

先日の長田佳子さんのグルグル に続く 白黒のぐるぐる
といっても 刷毛目のお皿です。広げて並べたらぐるぐる  見えてきました。
b0132442_181207.jpg
b0132442_18121126.jpg
角掛政志さんの刷毛目を見るのは初めてです。新しいお仕事だそうです。 大きな刷毛にたっぷりと化粧土を含ませて、いっきに描いたのでしょうか。素焼きをせず、化粧を掛けているそうです。
径180ミリ  高さ30ミリ  2625円です。以外に軽く見込みが広くて、取り皿に、盛り皿にと使えます。

b0132442_18172280.jpg
b0132442_18172915.jpg
b0132442_18174855.jpg

一緒に送って頂いた粉引きまる湯呑みは角掛さんの定番のお湯のみです。
b0132442_1818129.jpg

青根来の漆皿をお茶托に合わせました。朱色や黒のお茶托はお持ちの方が多いのではないでしょうか。抑えた緑色の漆皿は和菓子皿として、お茶托として 意外にしっくりとします。径120高さ20ミリ  2625円

b0132442_18225915.jpg
小山乃文彦さんの大鉢と

b0132442_18233586.jpg
増田勉さんの織部鉢と

b0132442_18241138.jpg
島るりこさんの黒の耐熱鉢と

b0132442_18245857.jpg
臼田けい子さんの瑠璃片口鉢と

さっきまで雷鳴がとても近くで鳴り響いていました。お腹に響くような大きな音にビックリです。床下浸水に注意するように、港区のアナウンスが聞こえていました。
台風の影響なのでしょうか。どうぞ、大きな被害がありませんように。
by utsuwakaede | 2011-08-26 18:31 | 新入荷のお知らせ

いつの間に? ?

b0132442_17422192.jpg

お店のオープン前に 開き始めたテッセンをPUUに挿しました。


b0132442_17423112.jpg

お掃除のあと ふと見ると 開いていました。  えーー     じっと見ていたかった。
by utsuwakaede | 2011-08-25 17:45 | ひとりごと

朝倉晶さんのうつわたち

子育てでしばらく本格的にうつわ制作が出来なかった朝倉晶さんですが、ゆっくりのマイペースで再開されました。
久しぶりのお仕事は うつわの表面を拭き取ったり塗り重ねたりしてカサカサとした質感を出していた以前の作品と違っていました。表情の出し方は違っても、雰囲気はやはり女性らしいやわらかさを感じます。

b0132442_16414234.jpg
b0132442_16415474.jpg
b0132442_1642567.jpg

楕円鉢・花形の鉢・豆花皿の三種類です。胡桃のお盆はさかいあつしさん(530x240x25ミリ  29400円)



花形の鉢   底の部分は花心のようです。径125ミリ  高さ40ミリ   3150円
b0132442_17251173.jpg
b0132442_17252294.jpg
b0132442_17253034.jpg





楕円鉢   195x110x高さ47ミリ   2940円
b0132442_17271839.jpg

おやつのかりんとうを入れました。黒いポットは大中和典さん、お湯飲みは坪井俊介さんです。
b0132442_17285350.jpg




豆花皿   径185x高さ15ミリ    1680円
b0132442_17295771.jpg


裏の姿 
b0132442_17311075.jpg


つるつるした白い釉は色の濃いものを盛りつけても染みる事はありません。ポツポツと小さな黒い斑点が白い釉にアクセントを加えています。
by utsuwakaede | 2011-08-25 17:31 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite