うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

山本哲也さんの小さなうつわ

b0132442_17185456.jpg
山本哲也さんの粉引きの豆皿たち   左から四角、八角、六角です。

古老柿という10センチ程の干し柿をのせました。
b0132442_17215452.jpg
100x100x20ミリ  2100円
b0132442_1722767.jpg
100x100xx20ミリ  2100円
b0132442_17221791.jpg
95x95x20ミリ  2100円
b0132442_17223911.jpg
b0132442_17224884.jpg
豆皿ですが、みんな高台が少し高めです。節分のお豆を 年の数だけ のせてみては いかがでしょうか。




小沢敦志さんの鉄のお皿 に山本哲也さんの銀彩茶杯と抹茶ドーナツ(抹茶ドーナツは楓のそばにある 韮沢とうふ さんで毎日作っているおからのドーナツです) 銀彩茶杯 美しいです。くいッと 冷酒もきれいなはず。
b0132442_17401580.jpg
b0132442_17403351.jpg
b0132442_17404280.jpg
小沢さんの鉄皿は鉄なのでそれなりに重たいです。 約150x68x5ミリ  4200円  
b0132442_17413454.jpg
b0132442_17414813.jpg
お店の外のDMが風で飛ばない様に作ってもらった小沢さんのオブジェです。
by utsuwakaede | 2011-01-30 17:50 | 展覧会のおしらせ

村田森さんから届いた引き出し

ふたつ 届いた小さな引き出し
6つの面 をご覧下さい。 約45ミリの立方体です。  21000円
b0132442_17101754.jpg
b0132442_17102741.jpg
b0132442_17103523.jpg
b0132442_17104314.jpg
b0132442_17105561.jpg
b0132442_1711483.jpg



もうひとつも同じサイズです。犬のボーズの違い  おわかりでしょうか??
引き出しに水を入れて水仙の花をのぞかせました。  おひな祭りには、桃の花ですね。
b0132442_17132090.jpg
b0132442_17132812.jpg
b0132442_17133652.jpg
b0132442_17134468.jpg

by utsuwakaede | 2011-01-30 17:16 | 展覧会のおしらせ

初雪です

b0132442_16493553.jpg

b0132442_16493525.jpg

b0132442_1649351.jpg

なんと、雪がはらはらと舞い降りています。日曜日、午後3時 何だか冷えてるなぁ と思ったらば。
ほんのひとときの舞い降りる様は、妖精みたいにも見えました。 と、雪は空想の中に引きずり込みます…

昨日からSHIZENで始まったふたり展。重たい空にぴったりに感じました。
柔らかなライトの作り出す影、年代を経た素材を組み合わせてオリジナルな作品を制作される鳴海輝男さんのライトと、古材と鉄で家具を作ったり、様々な形のカトラリーを木で制作する古橋治人さん、お二人の作り出す世界に浸りに入らして下さい。
by utsuwakaede | 2011-01-30 16:49 | ひとりごと

りんごジャム

b0132442_1031676.jpg

サッカー 最後の最後にゴールが決まった!! 勝ちました。まどろみながらもテレビから聞こえてくる歓声でぼんやりと勝利を確認。サッカーファンは大興奮なのでしょうね。
寝坊しちゃった日曜日の朝、酸味の強いリンゴを煮た ジャムとスコーン。爽やかな頂き物をモンタナ珈琲と一緒に、おめざで。シャリ と食感がわずかに残した、つくりてのリンゴへの気持ちが伝わってくる甘さです。
by utsuwakaede | 2011-01-30 10:31 | ひとりごと

今日届きました

b0132442_18451932.jpg
b0132442_184529100.jpg
b0132442_18453717.jpg
大崎麻生さんから、コーヒー豆ようの大きめの匙が、今日ようやく 届きました。
さくら、くるみ、エンジュ、アズキナシ 。  すくう部分の幅50ミリ 全体の長さ 100ミリ 3360円です。


そして菓子フォークはさくらとアズキナシ   15x130ミリ   1680円です。
b0132442_18485044.jpg


「まめ」さんでイチゴ大福を今朝並んで購入。2Lサイズのあまおう は本当に甘くて もっちり大福との相性もバッチリです。ふたつ食べたいけれど、いけない いけない。    刀根さんと加藤さんの分ですよ!!
早速大原光一さんの焼き〆小皿にのせてみました。
b0132442_18485943.jpg

b0132442_1849990.jpg



山本哲也さんの四角いお皿にも
b0132442_1852588.jpg
b0132442_18521318.jpg


美味しいお茶とお菓子を、 大好きなうつわで いただく しあわせな気持ちは、大切にしたいこと。
by utsuwakaede | 2011-01-29 18:56 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間 その5

昨日はご紹介出来なかった、大崎麻生さんの茶筒と山本哲也さんの茶入れなど、蓋のあるものの画像です。

b0132442_15114736.jpg


b0132442_15123131.jpg
b0132442_15124648.jpg



山本哲也さんの茶入れ
b0132442_15161117.jpg
左はだるまさんのような形です。ボディの半分と内側と中蓋のぐるりが銀彩になっています。 80x110ミリ  10500円、 右はちょっと小振り    なつめのような雰囲気です。   内側と蓋のぐるりが銀彩です。70x110ミリ    10500円  
b0132442_15162393.jpg



b0132442_15175413.jpg


ボディが粉引き  蓋はsabi 金属のような風合いの茶入れです。中蓋を取ると、内側は灰釉の落ち着いた緑色でした。  70x105ミリ  8400円
b0132442_15234872.jpg
b0132442_1524656.jpg
b0132442_15241984.jpg


大原光一さんの焼き〆蓋物     手の部分が愛らしい感じです。梅干しやお塩なんかも入れたい感じです。
80x75ミリ   4200円
b0132442_15243780.jpg

b0132442_15252396.jpg
b0132442_15254168.jpg

by utsuwakaede | 2011-01-29 15:26 | 展覧会のおしらせ

お気に入り

b0132442_10531978.jpg

今朝も身仕度最後の仕上げに、お気に入りの香りをまといます。
サンタマリアノベッラのポプリというオーデコロンです。今では 手放せないこの かおりは京都旅行中に出会えました。外苑前駅近くにあるお店は行く度に緊張してしまう空気感、この背筋がのびる雰囲気もお楽しみのひとつなんです。
by utsuwakaede | 2011-01-29 10:53 | ひとりごと

お茶の時間 その4

加藤財さんのポット

後ろ手のポットのご紹介です。

b0132442_18465553.jpg
ボディの径110高さ110ミリ  約420cc    18900円

b0132442_1847688.jpg
ボディの径100  高さ140  約420cc  と右 ボディの径80高さ 130    約380cc   18900円


b0132442_18473344.jpg
ボディの径75  高さ 150 約350cc  と右のボディの径80  高さ140  約360cc 10500円




b0132442_18474661.jpg
ボディの径95 高さ 135  約420cc  と右 径100高さ125  約450cc   10500円

b0132442_18475881.jpg
手前   径90 高さ70  約160cc 奥の左 80x85 ミリ  約90cc    右  85x90ミリ  約230cc    9450円

他に急須タイプもあります。
by utsuwakaede | 2011-01-28 19:13 | 展覧会のおしらせ

村田森さんの引き出し

村田さんの小さな引き出しは、初日になくなってしまいました。村田さんのお手元にひとつあったので送って戴く事になりました。取っ手が銀彩のタイプです。
週末にはご覧いただけると思います。
by utsuwakaede | 2011-01-27 22:25 | 展覧会のおしらせ

お茶の時間 その3

お茶の時間 2日目が終わりました。毎日少しずつのご紹介になってしまいます。

毎日、ディスプレイが変わって行きます。

今朝は少しスペースができたので、村田森さんのサバンナ(残酷?)物語をすべてお見せします。
全部で六枚せっとのオーバル皿    初めの1枚はシマウマが六匹、 そこにライオンが現れました。
口を大きく開けて牙を出しているライオン     その数にご注目下さい。 シマウマの情けなさそうな顔、駆け足になっています。ライオンのお腹 どんどん膨らんできました   とさ。
235x13520ミリ  六枚組  25200円

b0132442_1849782.jpg
b0132442_18491873.jpg
b0132442_18492637.jpg
b0132442_18493853.jpg
b0132442_18495092.jpg
b0132442_1850441.jpg
b0132442_18501531.jpg


北海道 置戸町の大崎麻生(おおさきまお)さんの茶筒です。材料は全て北海道の木です。
大崎さんの茶筒 はふたが自然にすうっと落ちて行きます。気持ちのよい茶筒です。
b0132442_18553962.jpg

左   素材 マカバ   径65x115ミリ     15750円   右  サクラ  径600x105ミリ   9450円


b0132442_18555153.jpg

左  くるみ   70x80ミリ  10500円     右  くるみ  80x45ミリ   9450円  この小さな茶筒は旅に出る時にお気に入りの茶葉を入れて持って行くのに最高です。もちろんお干菓子などを入れても好いですね。

蓋を取って中を写すのを忘れました。明日 出来たら・・・・


山本哲也さんの 銀化輪紋スクエアプレート   四枚並べました。波がキラキラとしているように見えます。
こうして並べてひとつずつ違う和菓子やチョコレートをのせては如何でしょうか? お菓子でなくおつまみでも、もちろん。  ガラスのコップをのせるコースターとしても。
110x110x110ミリ  1890円
b0132442_1955359.jpg

b0132442_196249.jpg
b0132442_1961019.jpg
b0132442_1961710.jpg
小沢敦志さんのヒメフォークを添えました。



今日の最後は田鶴濱守人さん
化粧を掛けた部分と掛けていない土の部分に味わいがあります。
ツツカップ  いろいろ    大きいですが、重たくないのも嬉しいです。 ほうじ茶 似合いそうです。
b0132442_19355549.jpg
b0132442_1936357.jpg
  70x90ミリ   2100円
b0132442_19361552.jpg
b0132442_19362432.jpg
90x75ミリ  2100円
b0132442_19363576.jpg
b0132442_19364538.jpg
95x85ミリ  2625円
b0132442_193655100.jpg
b0132442_1937430.jpg
外側が黒 内側が粉引きの書け分けです。95x78ミリ     2100円


リバーシブルのお皿    280x20ミリ  9450円
化粧をしてある方を上にすると、台皿のように。
裏返すと、お盆のようにも使えますし、うつわとしても。  表と裏が違う顔で得した気分になります。

b0132442_19371443.jpg
b0132442_19372479.jpg
b0132442_19373417.jpg
b0132442_19374547.jpg

by utsuwakaede | 2011-01-27 19:50 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite