うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

小沢敦志さんのカトラリー

金属を叩いてカトラリーを作られる小沢敦志さん。カトラリーに新顔も加わって、再入荷しました。

まず、お皿立て     定番で40センチ位までのお皿を立てられる皿立てを作っていただいていました。
今回新たに10センチほどの飾り皿が立てられる様にお願いしました。  本当は升たかさんの個展に間に合わせたかったけど、うっかりと、お願いするのを忘れていました。

b0132442_17294518.jpg

b0132442_1734135.jpg
b0132442_17341386.jpg
立てているお皿は100x100x70ミリのものです。   お皿立て (小) 3570円


カトラリー
b0132442_17383969.jpg
b0132442_1738528.jpg
 左から  鍛造カレースプーン  長さ200ミリ      丸い部分は60x35ミリ    3150円          中  ディナースプーン  長さ185ミリ   丸い部分横45x長さ42ミリ      3150円       右   ディナーフォーク   180ミリ  頭の部分 長さ55x幅23ミリ   3675円

b0132442_184623.jpg
左から、デザートフォーク   長さ130ミリ     2100円          中  アイススプーン       長さ135ミリ   お好み焼きのへらのような、シャベルのような   口にしっかりと冷たいクリームを運べます。  右  粉匙  何だかかわいい。 ティースプーンとして、かき混ぜる事も出来ますね。抹茶ようにも使えそうです。長さ120ミリ   1575円


b0132442_18103512.jpg
小さな片口にお塩を入れて粉匙と一緒にテーブルへ。

b0132442_18113172.jpg

b0132442_18125696.jpg
b0132442_18131790.jpg

b0132442_1813555.jpg


コースター  と組み合わせて

b0132442_18165935.jpg
堀仁憲さんの汲み出しと

b0132442_18174940.jpg
郡司庸久さん、慶子さんの汲み出しと

b0132442_18185478.jpg
棚橋祐介さんの筒湯呑みと

b0132442_18194916.jpg
増淵篤宥さんのミニカップと

b0132442_18203955.jpg
田宮亜紀さんの焼き〆コップと

b0132442_18211395.jpg
臼田けい子さんの薪焼成のコツプと

b0132442_18215318.jpg
アキノヨーコさんの箔コップと

b0132442_18222940.jpg
鍛造コースター 楽しみました。
by utsuwakaede | 2010-07-31 18:24 | 新入荷のお知らせ

小口さんの長いグラスで

b0132442_16402093.jpg
手作りのママレードが中々へりません。 というのは、最近、食欲が出なくて、おめさも朝食も食べられないからなのです。冷たい飲み物ばかりを口にしているから と原因はわかっているんだ。
 そこで、飲み物に入れる事にしました。やっぱり冷たい ソーダにね。ママレードのきれいな色が栄えるよう、小口さんの細長グラスを使ってみました。 このグラスは ソーダを入れる前から 細かな泡がソーダみたいです。

トレイは、さかいあつし さんのタモという丈夫な木を使ったくりぬきの角盆。黒漆で仕上げてあります。335x335x35ミリ  31500円
冷たいゼリーを乗せたお皿は、グラスと同じ 小口宗之さんの水たまりのお皿、マドラーは南沢奈津子さん作。
フォークは岡部量吉さんの新作のデザートフォーク

b0132442_16505126.jpg
  タンブラー   60x155ミリ 3675円      コースターは小沢敦志さん 真鍮を叩いて焼き付けて表情をだしています。  径85ミリ     マドラーは南沢奈津子さん    真鍮に錫のメッキです。   2625円

b0132442_1725738.jpg
 水たまりのお皿   170x15ミリ  5775円

b0132442_1743732.jpg

b0132442_1744698.jpg
岡部量吉さんの新作のデザートフォークです。栓の木を使い、10回拭き漆を繰り返し塗って仕上げています。その上に先の部分が傷み易いので、透液を2回塗って溜塗りに仕上げています。  握る部分の丸みも優しく安心して長く使える様に考えて下さいました。長さ140ミリ       4200円です。

b0132442_17202867.jpg

b0132442_17204651.jpg
小沢さんの真鍮のコースター     1575円     グラスを持った時に水滴が付いてしまって布や紙や木だと一緒に持ち上がってしまう事がありますが、金属ならそんなことはありまん。

今日は隅田川の花火大会があります。さっきから、浴衣の女性が通り過ぎて行きます。きっと、すでに賑わっているんだろうな・・・・・・
いいんだもん。この間神宮球場でヤクルトがホームラン打ったときの花火  バスの窓から見たもん!!   
  お仕事、お仕事   
by utsuwakaede | 2010-07-31 16:56 | お店から一言

村上躍さんのポット

村上躍さんから定番のポットが三種類 届きました。

b0132442_1526873.jpg
b0132442_15261758.jpg
赤錆ポット   ボディの径95ミリ高さ95ミリ      280cc    25200円      少し小振りのポットです。
b0132442_15262795.jpg
b0132442_15265553.jpg
白化粧ポット   ボディの径100ミリ    高さ100ミリ    400cc     21000円     手びねりの表情が良く出ています。
b0132442_15271950.jpg
b0132442_1527273.jpg
b0132442_15273847.jpg
黒焼き〆ポット    ボディの径100ミリ  高さ100ミリ   400cc   21000円     長谷川奈津さんの粉引き湯呑みと合わせても。美味しそう。
by utsuwakaede | 2010-07-28 15:44 | 新入荷のお知らせ

鉄子ではありません

b0132442_11215166.jpg

西武池袋線が、新しい顔をしていたのには、驚きでした!! 通学に使っていた頃は随分とレトロな顔だったのね。桜台駅が高架線に変わっても、南口駅の周辺はおんなじ顔でいたので、少しほっとしました。
実家も、何時もと変わらず、母の明るい声が迎えてくれる安堵感。あっつい練馬でも、さすがに 木の家。
開け放した縁側から茶の間まで吹き抜ける風は、庭の緑を通るせいなのでしょうか〜 扇風機もエアコンもいらない心地よさです。
夏休み、水着で庭に出て、父親にホースで水をかけてもらって、おおはしゃぎした事があったなぁ…
久しぶりの実家は、夏休みの何でもないことを懐かしく 思い出しました。
by utsuwakaede | 2010-07-28 11:21 | ひとりごと

小口宗之さんのガラス

長野県安曇野市で吹きガラスで制作をしていらっしゃる小口宗之さんから新作のガラス達が届きました。

安曇野の明け切らない朝もやを思わせる色をしたお皿。  木陰に入ると汗がすぅーひいて、あまりの心地よさにため息が出ちゃいそうな  風を感じるpuu花入れ  etc        では、 では      ご紹介致します。



b0132442_17204216.jpg

b0132442_17205050.jpg
b0132442_17205948.jpg
b0132442_17211284.jpg
b0132442_17212334.jpg
puu花入れのシリーズはこれまでも頂いていました。ひとつひとつがふくらみや穴の位置が違うので、どうぞ選んで下さいね。  サイズは150x120x高さ30ミリ 位です。   3675円

形違いの全てにお水を入れて、テーブルに並べておくだけでも 涼しさ満点!!



b0132442_17263764.jpg
b0132442_17264699.jpg
b0132442_1727160.jpg
b0132442_1727970.jpg
puu水たまりのお皿  グレイ ですが、縁の部分は横から見るとクリアに見えます。 少し立ち上がりがあるので、ソースなども大丈夫です。下に敷くクロスの色を変えるだけで、1枚のガラスのお皿がいろんな見せ方で楽しめます。 260x240x高さ15ミリ    12600円      夏のおもてなしに活躍です。    上に乗せている ぐいのみはぼってりと厚い高台に濃いグレーとグリーンが入っています。  口径80x高さ60 3990円


b0132442_17363582.jpg
b0132442_17365379.jpg
b0132442_1737632.jpg
こちらは小さな水たまりの皿  色はスモークグレイ。中央の部分の色が夜明け前の空の色  周りが少しずつ明けてきた安曇野の空 かしら?  約170x高さ10ミリ      5775円    大きなお皿と組み合わせて取り皿として。 ケーキやフルーツ皿としても。


b0132442_174164.jpg
横山拓也さんの角皿にセットしました。レース蓋物はアキノヨーコさん、汁つぎは増渕篤宥さんです。
b0132442_17412212.jpg
b0132442_17413463.jpg
b0132442_17414621.jpg
b0132442_1742182.jpg
b0132442_17421327.jpg
b0132442_17422383.jpg
b0132442_1742354.jpg
b0132442_17424560.jpg
b0132442_17425786.jpg
puu小皿  ブルーとクレイの二種類です。少し深さのある小皿。マスカットやアイスクリーム、酢の物を少し      真ん中が濃い色をしています。径110x高さ30ミリ     3150円


b0132442_18421569.jpg
b0132442_18422395.jpg
b0132442_18423232.jpg
b0132442_18424329.jpg
ちょっと大人の顔で  ハイボール。水割りも    ロクロでひいたような 側面は表情たっぷりです。  大きすぎず 手にきちんとおさまるサイズも嬉しいです。テーブルに出来る影もお酒の味のお伴になりそう。  口径約72x高さ80ミリ     水紋グラス3885円   約200cc

b0132442_18491846.jpg
シャワシャワ  ソーダが飲みたくなりました。 クリアなタンブラー  ソーダの泡とグラスの泡  ダブルのバブルで涼しさ満点です。  口径55x高さ155ミリ     3675円

これからが夏 本番です。ガラスのうつわをテーブルにプラスして、夏負けしないように 沢山ご飯を食べましょうね。
by utsuwakaede | 2010-07-25 17:52 | 新入荷のお知らせ

少しでも凉を

昨日と違って風が吹いている日曜日。風が肌をとおるだけでも、とっても嬉しい。

目でも凉を
b0132442_1371145.jpg
b0132442_1372871.jpg
越智伸明さんの花器に りょうぶ

b0132442_1382796.jpg
b0132442_1385567.jpg
山本哲也さんのsabi掛け花入れにホトトギス

b0132442_13105967.jpg
鶴見宗治さんの掛け花入れにも ホトトギス      秋の花ですけれど、思いがけず手に入れる事が出来ました。でも室温が高いのでちょっと可哀想です。

b0132442_1318924.jpg
増田勉さんの大鉢に、水をはって てっせんを。こうすると下の方についている蕾まで、ちゃんと開いてくれます。
by utsuwakaede | 2010-07-25 13:20 | ひとりごと

焼き〆と織部の組み合わせ

b0132442_18375639.jpg
田宮亜紀さんのうつわ 
焼き〆のうつわに白化粧土と織部釉を刷毛で勢いよ塗っています。焼き〆のうつわに織部はとても新鮮。増田勉さんの薪窯焼成の徳利と組み合わせてみました。焼き〆どおしだからお似合いなのかしら? 
この組み合わせ 涼しげです。 自前のアンティークの大きなお盆にのせてみました。

b0132442_18382194.jpg
b0132442_18383681.jpg
b0132442_18384989.jpg
片口の鉢   径170x180ミリ  高さ70ミリ       7350円


b0132442_18465091.jpg
b0132442_1847421.jpg
そば猪口でも、大きめのぐい飲みでも  お好きにどうぞ。  70x70ミリ   2730円


b0132442_18482518.jpg
b0132442_18484187.jpg
増田勉さんの焼き〆徳利  一輪挿として、そばつゆいれとしても。濡らすとしっとり       とても良く焼き締まっています。きっと薪がくべられる近くにあったのかもしれません。炎の動いた跡が残っています。ボディの径80ミリ 高さ135ミリ
  約220cc入ります。10500円


b0132442_1849064.jpg
b0132442_1849139.jpg
b0132442_1849261.jpg
田宮亜紀さんの浅い丸鉢はじゃじゃ麺いかがでしょうか。  口径195 x高さ80ミリ        8610円

焼き〆はちょっと  と敬遠していたら、まずは少しだけ釉の掛けられた焼き〆のうつわをお使いになってみてはどうでしょうか。
by utsuwakaede | 2010-07-24 19:00 | 新入荷のお知らせ

臼田けい子さんの瑠璃、紺 、白のうつわたち

静岡県森町でうつわを作っていらっしゃる臼田けい子さん のつくるうつわ達は、ガラスや染め付けと相性ぴったりです。

b0132442_15571097.jpg
b0132442_15583618.jpg
るり釉5寸鉢  径155x高さ80ミリ  5670円

b0132442_1603817.jpg
b0132442_1604677.jpg
るり鉢  径208x高さ90ミリ  10500円

b0132442_1621276.jpg
b0132442_1622098.jpg
豆片口  左が薪焼成のるり  右はガス焼成 の紺    口径82x高さ45ミリ   左3570円   右2520円(瑠璃の豆片口もあります)

b0132442_17181483.jpg
b0132442_17182476.jpg
b0132442_17183812.jpg
耳付き豆鉢  紺釉とるり釉といす灰釉(白)の三種類が定番です。  口径100ミリ  耳を入れると115ミリ  高さ32ミリ      1680円

b0132442_17214740.jpg
b0132442_17215872.jpg
豆鉢   るり釉といす灰釉の二種類です。  口径105ミリx高さ45ミリ   1890円      


b0132442_17221732.jpg
b0132442_17223117.jpg
b0132442_17224280.jpg
紺釉ふたもの      らっきょうの様な白っぽい副菜をいれてみては?  蓋を開けた時に夜空のように美しい色が目に飛び込んできます。  口径100ミリ 高さ55ミリ     蓋をした高さ70ミリ      6300円

b0132442_17294687.jpg
b0132442_17295629.jpg
薪窯焼成   るり釉なます皿  リムの部分に少し段を付けてある部分に、釉が溜まって、濃くなった所と 流れた部分の表情が何とも言えず美しくて大好きです。  口径150ミリ  高さ40ミリ   4410円(薪の窯の為に少しお値段は高めですが、本当にきれいです)

b0132442_17304764.jpg
b0132442_17313380.jpg
るり釉5寸段皿(いす灰釉の白もあります)  この 定番のお皿はオープン以来ずっと取り扱いをしています。取り皿として、お菓子皿としても。   口径150ミリ  高さ30ミリ   2940円


b0132442_17495847.jpg

b0132442_17501395.jpg
b0132442_17502472.jpg
あたらしい形のお皿です。いす灰釉皿    高台が有りませんが、指が入る様に底は窪んでいます。  アイスクリームや和菓子にも    ロクロ目の爽やかなかたちです。  口径135ミリx高さ27ミリ   2310円



b0132442_17535441.jpg
b0132442_175488.jpg
b0132442_17542299.jpg
こちらも定番の四寸段皿  るり釉といす灰釉   ちょっと深さがあってなかなか活躍してくれる小皿です。口径120ミリx高さ30ミリ   2100円

臼田けい子さんのうつわは一点物の大皿なども含めて、いつもお取り扱いをしています。店頭に出しきれずしまっているものもあります。お声をおかけ下さい。
by utsuwakaede | 2010-07-22 16:09 | 新入荷のお知らせ

冷え 冷や〜

b0132442_11422492.jpg

昼間お留守番のもも。後ろの足が動かなくなっても、元気が戻ってきましたァ
お散歩は行けないけど、食欲も甘えん坊も前とおんなじ。スイカやもも を食べているときの おねだりの目玉はキラキラ!!

身動きが出来なかった数日はなんだったのだ !?

前足だけで後退も前進もできるようになって、ひと安心。

冷え冷えクールマットに頭をのっけて、トローリ おねぼう もも 。 この夏 のりきろうぜ!!
by utsuwakaede | 2010-07-22 11:42 | ひとりごと

Fw: ワークショップのお知らせ

花人
-上野雄次 さんから、楽しそうなイベントの案内が届きました。--------------

今週の土曜日に行われますワークショップのお知らせです。

私、上野雄次がインテリアのデザインと制作を担当した青山のお店でフラワーベース作りと花生けのワークショップを行います。

内容
①ワイヤーで出来た10cm格子の金網をカットしBOX状に組み立てます。

②お店にある色とりどりのニット用の糸をBOXにぐるぐると巻き付けてフラワーベースは完成です。

③午後の日差しの中、お店の外に出かけて周辺の植物をピックアップ、思いがけない植物に出会うかも知れません。

④お店に帰り準備してあった花たちとピックアップした植物をアレンジして、完成!!となります。

日時
7月24日土曜日
13:00〜15:00
16:00〜18:00
各回5名程度

参加費
4500円
花は少し大目に準備してありますのでどうぞお持ち帰り下さい。

場所
青山ニッティングワークス
渋谷区神宮前5-46-2
丸千ビル1F
〓03-6427-9104
http://www.knitting-works.com/knitting.works@gmail.com

問合せ&ご予約

このメールに返信頂くか、青山ニッティングワークスにご連絡下さい。


材料道具はこちらで用意いたします
by utsuwakaede | 2010-07-22 10:57 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite