うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

八木橋昇さんのうつわ

信楽の八木橋昇さんからマグ、六寸皿、三島湯呑みが届きました。

b0132442_1551359.jpg

b0132442_15515837.jpg
粉引きマグカップ 釉薬の濃淡で土のグレーが見えたり、真っ白な部分があったり て゜、一点ずつ違っています。口径9センチ(持ち手を入れると約11.5センチ) 高さ8.5センチ 2835円  口元まで240cc 
写真のような粉引きのお皿とセットにも出来ます。

b0132442_15581114.jpg

b0132442_15582454.jpg

b0132442_15584041.jpg
三島ゆのみ はふっくらと大きなサイズです。たっぷりと熱いお茶が欲しくなるこれからの季節に丁度良さそうです。お茶托なしで普段使いのマイ湯呑みとして。口径9センチ 高さ8センチ  2730円 口元まで300cc

b0132442_1615469.jpg

b0132442_1621523.jpg

b0132442_1623047.jpg
古粉引きリム六寸皿 3.5センチ幅のリムの部分は引っ掻いたように細い筋の模様があります。粉引きですが、全体にグレーと釉のたまりの部分があおみがかり、雰囲気のあるお皿です。径18.5センチ 高さ1.5センチ  3360円   八木橋さんのつくるうつわは、軽く使い勝手のよいものが多いです。次回はおなべをお願いしました。

それにしても、朝からの激しい雨には、こころがブルーになります。どこにもこの大雨の被害がありませんように。
by utsuwakaede | 2009-08-31 16:08 | 新入荷のお知らせ

越後妻有アートトリエンナーレへ

新潟県十日町市で9月13日まで行われている 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに今年は小沢敦志さんが作品を発表をしていると聞いて、日帰りで行って来ました。
楓では小沢さんに、鉄の皿立てやステンレスのカトラリーを作ってもらっています。
3月に閉校になった小学校の教室で小沢さんの作品を見る事が出来ました。地域の住民から譲り受けた農具などの鉄製品を叩いて作品にした物も展示されています。

ワークショップ用に用意された鉄を熱するためのもの
b0132442_16533567.jpg


教室の壁の作品
b0132442_16543991.jpg

b0132442_1654512.jpg

b0132442_1655414.jpg

b0132442_16551924.jpg


会場の市立東下組小学校
b0132442_16585025.jpg

他の教室の展示
b0132442_16591549.jpg
教室の片隅に。立たされているのかな?

うぶすなの家 2階にある茶室
b0132442_1659397.jpg

b0132442_16595279.jpg

b0132442_1743975.jpg

b0132442_175011.jpg


緑濃く、思わず深呼吸です。
b0132442_1754268.jpg
稲穂はまだ黄金色になっていませんでした。今夏の日照不足で影響は大きいのでしょうか。米どころ 新潟のお米の出来が気になります。

岡を利用して多分掘り進んで作った家?
b0132442_177516.jpg

b0132442_178470.jpg
中から見上げた空の色
b0132442_1782110.jpg

反対側にまわれば、ただの小高い丘なのですが、この道を登って行くと家?になっています。

清津峡トンネル美術館
b0132442_1714977.jpg

b0132442_17142659.jpg

b0132442_17144056.jpg

b0132442_17145383.jpg

b0132442_17151191.jpg
冷たい流れの渓谷、ちよっと硫黄の匂いがする温泉旅館のある道を進むと清津峡トンネルがあります。このトンネルの一部を利用して作品を展示しているのは山本浩二さん。数年前に広尾のギャラリーで展示をされているのを見た事がありました。
妻有地域の樹木に彫刻をしてから炭化焼成しているので、炭のような状態になっています。真っ暗で終わりが見えない細長いトンネルの中の展示は見応えがありました。

*おまけ  真っ暗な中でどうやら片方のピアスを落とした事を後で気が付いて、一瞬青ざめました。でも、落ち着け落ち着け、もしかして  とパックの中をごそごそしたら、ラッキー!! バックに転がり込んでいたのでした。

十日町市の6つのエリアに370点の展示がされているそうです。とてもとても 日帰りでは見切れません。暑くて、汗もいっぱいかいたけど、へぎそばは美味しかったし、今夏最初で最後のかき氷も食べられたし(でも氷ミルクがなかった) 、 楽しい夏休みになりました。
by utsuwakaede | 2009-08-30 17:51 | ひとりごと

蓋付きの漆椀

昨日の蒸し蒸しとした暑さは何処かへ行ってしまいました。風がちょっと涼しくて、だんだんと秋が近づいてきています。
SHIZENの刀根さんは、何と大島へひとっ飛びしてしまいました。行動力に感心してしまいます。
秋に個展が始まると、もう続けてのお休みが出来ないので、いまのうちにお出かけは済ませておかないと・・・

楓のディスプレイはガラスが置かれていた棚が、漆のものに、少しだけ変わります。蓋付き漆椀も登場です。
b0132442_143438100.jpg

b0132442_14345364.jpg
通常のお椀に比べちょっと大振りのお椀です。模様も何もない、本当にシンプルなお椀は山中塗り 石川さんのものです。 口径14センチ 高さ6.7センチ  蓋をした高さ 10センチ  14700円

b0132442_1555140.jpg

b0132442_156695.jpg
蓋は取り皿で使えます。
長井均さんの朱色のお箸と(21センチ 3780円)

b0132442_157728.jpg
長井均さんの茜朱のお箸は23センチ 4200円です。

じんわりと煮込んだ大根にユズ味噌をかけたものや牛筋を煮込んだもの、ロールキャベツ、作りすぎちゃった、味がしみ込んだおでんだって、蓋付き椀に盛れば、とってもごちそう気分です。熱々のお椀の蓋を取れば、ふうわりと美味しいにおいが・・・口に入れる前に、視覚と嗅覚でごちそうを楽しめちゃいます。
by utsuwakaede | 2009-08-30 15:29 | お店から一言

吉祥寺のバンビ

吉祥寺、北口、東急デパートの横をずんずん歩いて行くと、右側に山小屋風のお店があります。間口の小さな洋食レストラン バンビというお店の名前は今は「シャポールージュ」に変わって、建物も新しくなっていました。もう50年も営業しているそうです。20数年ぶりに入った懐かしのバンビは、今も美味しい洋食やさんでした。
ランチの和風ハンバーグ定食をいただきました。
b0132442_1481612.jpg

b0132442_1483667.jpg
 お友達はカニクリームコロッケと海老フライ定食でした。
オーナーのコレクションでしょうか、店内には織田廣喜さんの絵が掛けられていました。  
 武蔵野市吉祥寺本町2-13-1  tel 0422-22-4139  年中無休
by utsuwakaede | 2009-08-29 14:17 | ひとりごと

賑やかです

b0132442_11222343.jpg

SHIZENの周辺がにわかに騒々しくなっています。金曜日から日曜日まで、「嵐」のコンサートが夜にあるらしく、普段は見かけない少女達が、朝から歩いています。夏休みの終わりを告げる、毎年の風物詩のように。
今回は、これだけではありません。サザビーの中、(ずっと前はキハチチャイナだったスペース) にカリフォルニアからRonherman というブランドがオープンです。何と オープンだいぶ前から行列出来てます。モモの散歩で前を通った夫はビックリ! 「もう saleやってるよ」と… いえいえ 日本発上陸だから並ぶのです。早く見たいもんね。私も、覗いてみたい。けど、ひょっとして年齢層が違う気もする。スターバックスでコーヒーを飲んでいるまにも、行列はどんどん長くなります。
by utsuwakaede | 2009-08-29 11:22 | ひとりごと

増淵篤宥さんの宝瓶、ゆのみ、湯冷まし

黒トクサ宝瓶
b0132442_1816963.jpg

b0132442_18162888.jpg

b0132442_18165033.jpg
口が広く茶葉の出し入れがしやすいです。持つ時に滑らないよう、ボディの上の部分は少しすぼめた感じになっています。蓋の持ち手の部分は四角く摘み易いです。ボディの張った部分の径10センチ 高さ10センチ  6825円  260cc

黒トクサ湯冷まし
b0132442_18221050.jpg

b0132442_1822354.jpg

b0132442_18225420.jpg
宝瓶と同じデザインです。容量は宝瓶に合わせて作って下さいました。径10x12センチ  高さ7センチ 3360円

錆トクサ汲み出し
b0132442_1825924.jpg

b0132442_18254748.jpg

b0132442_1826928.jpg
内側は粉引きでお茶の色がわかります。側面のしま模様(トクサ模様といいます)が凹凸があり、錆びた表情が大人っぽい雰囲気です。口径19センチ 高さ6センチ 1680円です。黒のお茶托は、石川七宝堂の黒柿合鉋筋茶托。欅材に漆塗りをした、山中の石川さん作です。菓子皿としても使って頂ける様になっています。径12センチ 高さ2センチ 2100円(定番のお茶托です)
by utsuwakaede | 2009-08-28 18:37 | 新入荷のお知らせ

9月の展覧会

展覧会のお知らせのページに案内状のアップを致しました。

郡司庸久、慶子展   9月9日から9月14日まで  お二人の在廊日 9/9・9/12・9/13です。
           最終日14日は17:00までになります。

堀仁憲 展      9月16日から9月21日まで  在廊日 9/16・9/19です。
           最終日21日は17:00までになります。

* 9/22 火曜日は定休日 9/23 水曜日は祝日のためお休みになります。
by utsuwakaede | 2009-08-28 17:39 | 展覧会のおしらせ

Fw: はないけ教室と展覧会のおしらせです!!


[はないけ教室]開校!!のお知らせです〓


少しご興味ある方や
遊びに行ってみようかなという方もお気軽に見学にいらして下さい〓
一度、体験してみたい!!という方もお気軽にどうぞ〓
お知り合いの方で、はないけに興味がある方がいらしたらお知らせ頂ければ幸いです〓

■日程
2009年8月29日(土)

■開催時間
 第1回:15:00から17:00
 第2回:18:00から20:00
各回:5名程度)

■料金
8月は開校記念ということで、特別価格にて開催します。
各回とも3000円(花代込み)
一回限りの体験教室も
3000円(花代込み)で
募集してます!!

*月謝制ではありません

■会場
神宮前にあります
メコノプシス」
http://www.o-meconopsis.com/
アクセスは上記サイトを参照)

■持ち物などについて
●花は1本づつ、約20種類の中から自由に選んで頂くか、または、お好きな花を持って来て頂いても結構です。
●器は教室にある物の中から選ぶか、または生けたい器を持って来て下っても結構です。
●はさみの用意はありますが、どうぞご持参ください。
●時間内でしたら何杯でも生けて下さい
(各クラス1〜2回、上野が「はないけ」致します)

■ご案内
★上野雄次ホームページ
http://ugueno.com
(毎月の日程等は、ホームページにてご案内します)
■お問い合わせ・ご予約
ug..........ueno@docomo.ne.jp
〓090ー2443ー7103
ご興味・ご質問がありましたら上野までご一報ください、宜しくお願いします〓
by utsuwakaede | 2009-08-27 22:03 | ひとりごと

棚橋祐介さんのお皿に

先日求めた棚橋さんの七寸プレート    本日はタンドリーチキンを盛りました。

b0132442_18492234.jpg
こんがり、パリッとチキンです。
by utsuwakaede | 2009-08-27 14:06 | ひとりごと

さかな皿、オーバル皿

焼き魚をのせるお皿二種類のご紹介です。
宮崎でお仕事をされている増淵篤宥さんから、届きました。

黒いオーバルなお皿は、大振りの干物でも大丈夫です。これからが旬のさんまなら、半分に切った物を一匹、大根おろしとゆずを添えて 余白がきれいに取れるサイズです。
b0132442_17571818.jpg

b0132442_17573278.jpg

b0132442_17574481.jpg

b0132442_1758085.jpg

b0132442_17581813.jpg
底面です。 26.5x21高さ2.5センチ 4200円  黒だけれど、釉の表情が豊かで、釉の流れて厚くなったところが、焦げ茶の結晶になっています。

粉引きの角板皿 は定番ですが、久々の登場です。
b0132442_1813819.jpg

b0132442_18132755.jpg

b0132442_18384021.jpg
重ねてもきれいです。
b0132442_18403496.jpg
底面です。21.5x21.5 高さ1センチ 2730円  下地の黒がほんのり見えて、締まった感じがします。塩鮭一切れや、朝食の定食セット(自己流で  佃煮、梅干し、卵焼き、メザシ、焼き海苔 なんて如何ですか)

どちらのお皿も、お魚だけでなく、色々に使って頂けたらと思います。重さも気にならず、きっと便利なお皿の仲間入りをすると思います。
by utsuwakaede | 2009-08-26 18:47 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite