うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

夜の散歩

b0132442_23172043.jpg

夜風が肌にさらさらと気持ち良く、久しぶりに熱帯夜から解放される夜です。向こうに見えるビルの屋上から手を延ばしたならきっとお月さまにさわれる て信じてもいいような低さで月が静かに光っています。モモと歩く夜道は毎晩同じ。だけど今夜は何時までも歩き続けられそうな心地よさです。
明日はもう8月かぁ とか、お手紙書かなくちゃ とか、牛乳買わなくちゃ なんて思いながら楽しむ夜散歩。
今日も新作のうつわが届いたけれど、慌ただしい1日でブログも写真も出来ませんでした。明日早めに行って、写真だけでも写しましよう。

厚焼き卵のお皿は、山口利枝さん作 すっきりとした形は応用がききます。
by utsuwakaede | 2009-07-31 23:17 | ひとりごと

おやつ

b0132442_15385018.jpg

陽射しが厳しいいちにちです。日中、外の用事を済ませて自宅に帰りました。今日の楓は荒木さんにお任せです。 おやつは冷たく冷やしたレモングラスのお茶と餡を葛で包んだお饅頭です。足つきガラスの皿は、以前zakkaさんで、 フォークは南沢奈津子さん、カップは上泉秀人さん。冷たいお茶でようやく汗がひきました。
by utsuwakaede | 2009-07-30 15:38 | ひとりごと

黄色の花

小さなひまわりの様な、黄色いはなを小さな小さな花器に入れました。

照井壮さん鎬花入れ
b0132442_17285035.jpg

左から 径4 高さ6.5 ・ 径4 高さ6 ・ 径3.5 高さ8.7  すべて2625円です。
磁器ですがとろりとしたマットな釉がやわらかさを感じます。
b0132442_18125481.jpg

b0132442_18131845.jpg

b0132442_18133036.jpg


野上薫さんの花入れ
b0132442_1815545.jpg

b0132442_18152437.jpg
 径5.3高さ9.5 3780円

ガラスのアキノヨーコさん
b0132442_18162686.jpg

b0132442_18164256.jpg
 径7 高さ9 6825円

窓辺に同じくらいのサイズの花入れが並んでいたら、きっと楽しい。
by utsuwakaede | 2009-07-29 18:19 | ひとりごと

長皿いろいろと

長方形のお皿にお寿司を盛りつけてみました。

まずは井山三希子さんの白マットプレート
b0132442_18182448.jpg

b0132442_18201151.jpg
真横から見ると手が入る様に工夫されているのがわかります。
b0132442_1820556.jpg
洋のうつわ風ですが、お寿司も似合います。37x15.5x2センチ  12600円

井内素さんの長角皿
b0132442_1824863.jpg

b0132442_18242699.jpg

b0132442_18243783.jpg
 おやつのお寿司の量かしら。紅葉の葉を添えて   21x11x2センチ  4410円

山口利枝さんの長皿
b0132442_18404332.jpg

b0132442_18405923.jpg
 鉄釉で描いたお団子のような柄が可愛らしいお皿  31x11x3センチ 4725円

松宮洋二さんの灰釉皿
b0132442_18434532.jpg

b0132442_18441152.jpg
 灰釉のグリーンが爽やかな雰囲気です。お皿の縁の表情が楽しいです。 28x16x2センチ  5775円

今日楓そばにある「関山」のお寿司を盛りつけてみました。同じ素材でも、お皿に寄って見え方が違うのが、とっても面白いです。
by utsuwakaede | 2009-07-27 18:49 | お店から一言

島るり子さんのうつわ

天気予報のとおりに夕方から雨になりました。

長野県伊那市の島るり子さんからうつわが届きました。
粉引き飯碗、盃、焼き〆ボール、平皿、鉢です。

粉引き飯碗
b0132442_17485916.jpg

b0132442_17493186.jpg

b0132442_17494843.jpg
艶のある粉引きです。 径12から13センチ 高さ7センチ と大きさはいろいろあります。下の方に化粧のかからない茶色の土がほんのり見えるのが楽しい茶碗です。  4700円


b0132442_17535233.jpg

b0132442_1754485.jpg
 刷毛目盃  径8.5高さ3
粉引き盃 径7.5 高さ3.8  3200円

焼き〆ボール
b0132442_17554188.jpg

b0132442_17561430.jpg

b0132442_17563889.jpg
 薪の窯で焼成をしているので、ひとつずつ、本当に顔が違います。  径11.5 高さ8センチ や 径12高さ7,5センチなど 5000円

焼き〆平皿
b0132442_1891592.jpg

b0132442_1893643.jpg

b0132442_1895210.jpg
フラットなお皿です。胡桃やゴマのパンを盛り合わせたらこんがり色が食欲そそりそう。 径17,5から18センチ 高さ2センチ  5500円

焼き〆浅鉢
b0132442_18131913.jpg

b0132442_18133781.jpg

b0132442_18135054.jpg
 お漬け物、煮浸し シチュー など、用途が広い鉢です。 径16,8センチ 高さ4,5センチ  6000円

それぞれを手に取って選んで頂けたら嬉しいです。
by utsuwakaede | 2009-07-27 18:17 | 新入荷のお知らせ

明日は島るりこさんからうつわが届きます

ここのところ、連日新しくうつわが届きます。
毎日、新聞紙や段ボール としばし 汗まみれで格闘です。明日は、長野県伊那の島るりこさんから うつわが届く予定です。楽しみです。


b0132442_18383925.jpg

b0132442_1839531.jpg
 日中 あまりにも暑かったので、窓辺のディスプレイを変えました。すだれやガラス、白磁のうつわ、小さな焼き〆、竹のおはし  こんな組み合わせで涼しさをお届けです。(ガラス窓の向こうにはライトバンが・・・  ごめんなさい)
by utsuwakaede | 2009-07-26 18:43 | ひとりごと

五十嵐智一さんのガラス

日中の東京は、とっても暑かったです。5時を過ぎてようやく落ち着いて来ましたが、太陽に照らされたアスファルトの熱気にクラクラしてしまいそうでした。暑い中を入らして下さるお客様に少しでも凉をとって頂けます様、店内はキンキン冷やしています。お涼み下さい。

前置きが長くなりました。

五十嵐さんが届けて下さった ふしぎーな色のガラスの酒器です。

b0132442_1831562.jpg

b0132442_1833232.jpg

b0132442_1841598.jpg
ガラスの玉に銅の粉を巻いて吹くそうです。銅を暴れさせて(むむ? 暴れさせる?)ぬめっとしたエナメルの様な表面の光沢を出すのだそうです。とっても個性的な表情で好き嫌いがはっきりと分かれそうですが、これは組み合わせ次第で面白く使えそう。銀のぐいのみなど金属ともあわせてみたいです。徳利のボディの径8センチ 高さ11センチ  4200円  口元まで200cc 1合がきれいに入ります。 ぐい飲み 口径5.5センチ 高さ4.8センチ 3570円

使用済み蛍光灯を再生して吹いている五十嵐さんのガラスの色は少し黄色みを帯びています。

b0132442_18211928.jpg
透明の徳利とぐい飲みです。
b0132442_18221132.jpg
面取りをしてある様な感じですが、全体に柔らかなラインです。ふくらます前のガラスにスっスっと線を入れてから吹いてゆくそうです。型に入れて吹いて形を作るのではないからか、やさしい風合いが色味とピッタリです。何だか、五十嵐さんの笑顔のような柔らかさです。
徳利のボデイの径 7.5センチ 高さ15.5センチ 3360円 容量 口元まで260cc  ぐい飲み 口径 約5.5センチ 高さ5.8センチ  2520円

冷酒はぐい飲みも徳利も冷蔵庫で冷やしておくと いっそう美味しく頂けそうです。
by utsuwakaede | 2009-07-26 18:34 | 新入荷のお知らせ

増渕篤宥さんのシマシマ模様

宮崎の増渕さんにお願いしていたものが一部届きました。

トクサ模様のミニカップ
b0132442_17444950.jpg

b0132442_1745728.jpg
 口径6センチ 底面の径4センチ 高さ9.5センチ  口元までの容量120ccです。 ひとくちビール、 冷やした甘酒、飲み物だけでなく プリンや茶碗蒸しなども、背高のっぽのこんなカップで頂いてみたら 楽しそうです。1680円

お茶漬け碗
b0132442_17494695.jpg

b0132442_17501543.jpg

b0132442_17503015.jpg
 お茶漬けのコマーシャルで使って頂いた茶碗です。口径14.5センチ 高さ7.5センチ 2940円
シマシマ模様が並びました。
by utsuwakaede | 2009-07-26 17:54 | 新入荷のお知らせ

銀彩陶板

真夏の銀河のような不思議な表情の陶板は斉藤明義さんの作品です。
b0132442_17334236.jpg
27x27 厚み2.5センチ  24150円
b0132442_1735530.jpg
裏側にワイヤーが通り壁にかける事が出来ます。
b0132442_17355349.jpg
お皿として お菓子を盛りつけたり、又ディスプレイ用にアクセサリー等をのせて見せたり 使い道が沢山ありそうです。
溶岩釉銀彩板皿という名前のとおり、溶岩のような表情と銀色の釉が不可思議な雰囲気です。
b0132442_17391241.jpg

b0132442_17393688.jpg

by utsuwakaede | 2009-07-26 17:40 | 新入荷のお知らせ

松宮洋二さんの茶入れと急須

梅雨に逆戻りしてしまったような空の色です。
昨日は臨時休業をしてしまい、ご迷惑をおかけしました。

三重県松坂でお仕事をされている松宮洋二さんの茶入れと急須 届きました。
b0132442_18315477.jpg

b0132442_1832641.jpg

b0132442_18321883.jpg

b0132442_18322921.jpg
 どちらも外側は焼き〆ですが、内側には釉が掛けられています。茶入れ  径 面取りがしてありますが一番大きい部分 8センチ 高さ11.5センチ(外蓋まで) 6300円  急須 ボディの径10センチ 高さ8.5センチ 少し余裕を持って320ccです。 7350円 ずんぐりと安定感のある形です。
by utsuwakaede | 2009-07-24 18:40 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite