「ほっ」と。キャンペーン

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

b0132442_173292.jpg

2008年があと二日で終わります。ことしも本当にありがとうございました。
年末から年明けにかけてひときわ気温が下がるそうです。久々、自宅でゆっくりと過ごす予定です。ブログは年明けの7日までお休みをさせて頂きます。
良いお年をお迎え下さい。
by utsuwakaede | 2008-12-29 17:09 | ひとりごと

忘年会part2

新富町にある「潤菜どうしん」で忘年会がありました。若いオーナーが頑張って作っている小さな和食のお店です。月代わりのメニューでお任せを頂きます。
b0132442_16321433.jpg
水菜とじゃこのおひたし
b0132442_16325020.jpg
かぶの葛とじ
キクラゲと銀杏がはいっていました。
b0132442_16333761.jpg
山牛蒡の唐揚げはお芋の様に柔らかいです。
b0132442_16342826.jpg
鴨とネギのお汁
b0132442_16395430.jpg
酒盗と白菜、ウドのサラダ
b0132442_16413643.jpg
くわいの肉じゃが風  季節の盛り合わせと黒むつの一夜干しを撮り忘れました。
b0132442_16431579.jpg
ムカゴご飯は土鍋で炊いたものでおこげも又美味しいです。
b0132442_16445059.jpg
だいぶ日本酒がまわって来てメモを取り忘れています。くずもちでした???
b0132442_16455993.jpg
ジャガイモの羊羹 インカの目覚めという名前のジャガイモで甘いのです。たっぷりとお砂糖を入れたのかと思いましたが、素材の甘さとのことでした。
b0132442_16482546.jpg
全部で10品ものお料理で6300円ととてもお得感がありました。うつわにもう少し凝って欲しいなと思いますけれど、若いんだもの これからですね。
住所 中央区新富町1-9-11  亀田ビル2階  03-5542-8851 どうしん
by utsuwakaede | 2008-12-29 17:02 | ひとりごと

きょうのおやつ

b0132442_1881220.jpg
昨日高熱でお休みをしたSHIZENの刀根さんのご主人(私は「神ちゃま」と呼んでいます) がピンチヒッターの荒木さんにケーキを届けて下さいました。スタバのザッハトルテです。
今日のおやつは日本茶とザッハトルテです。
黒の平たいおさらに黒のケーキが大人っぽいかなと乗せてみました。お湯飲みはお茶の色が見える正島さんの面取り湯のみ。中西さんの平皿は石粒の白が見え隠れしています。余白がたっぷりとあるのも美味しそうに見せます。
by utsuwakaede | 2008-12-28 18:17 | ひとりごと

カルロス君

b0132442_17531693.jpg

お客様から頂いた絵はがきは奈良の作家さんの吉岡萬理さんが描いた物をポストカードにしたものでした。粉引きや鉄釉のうつわ以外にふわっと楽しくなる色絵の器も作っていらっしゃる吉岡さん、絵も描かれるなんて、多彩な方なのですね。
ポストカードのおじさんは陽気なメキシコ人? カルロス君という名前がついていました。寒い間、SHIZENから預かったベタちゃんの名前を同じカルロス君に決めました。だって雰囲気が似ているし、ベタちゃんも男の子だし、なんだか陽気そうだし。
by utsuwakaede | 2008-12-28 18:06 | ひとりごと

あこがれ でした・・・

外苑西通りに面した一階にカウンターだけのBARアルクール があります。24年間続いたこのBARが閉店することになりました。バカラのグラスしか使わないのでアルクールという店名だとか。いつの日にか背伸びをしないで行けるようになったらあのガラスのドアを押してみようと密かに思っていた憧れのbar。結局この思いは叶いませんでした。年末にカレンダーを持って来て下さる時にちょっとお話をするだけのマスター?の勝さん お疲れさまでした。別の場所でオープンしたら、もうためらわずに行きます。ぜったい
b0132442_18255148.jpg
この写真はさかむらさんがDEE'Sギャラリーで個展をされた時のものです。

今年は明日28日でお店が終わります。でも29日は事務仕事をするために夕方までは来ています。何かあったらお電話かメールをいただければ、と思います。
by utsuwakaede | 2008-12-27 18:31 | ひとりごと

きょうのおやつ

なんて寒いのでしょう。空気がピリピリと肌を刺すような気がします。
b0132442_18332190.jpg
新着の西川聡さんの板皿に頂き物のくりきんとんを、熱いお茶で夕方の休憩にしました。お湯飲みは貫入の入っている大きめ。径10センチ高さ7センチ 4200円  口もとが緩やかに波打っていてやわらかな雰囲気です。両手で持ってたっぷりのお茶を。板皿は届いたばかりです。36センチx12センチ 高さ2センチ 10500円
栗きんとんは食べちゃう前に他のお皿にも乗せてみました。これをやりだすときりがなくなるのですが・・・・
例えば とぶつぶつひとりごと
b0132442_18403999.jpg

b0132442_18405592.jpg
漆の豆皿にも美味しそうです。緑色の漆は下に赤い漆が塗ってある青根来豆皿、赤い豆皿は下に黒漆が塗ってある根来豆皿 径9センチ 高さ1,5センチ 2100円
他には
b0132442_18441976.jpg
藤田佳三さんの赤絵舟形豆皿 可愛いなぁとやっぱりひとりごと。中々食べられません。 12.5x6センチ 高さ2センチ  1890円
西川さんの板皿と一緒に届いたお箸置き 三色です。
b0132442_1847414.jpg

b0132442_18485017.jpg

b0132442_1849641.jpg
 径5センチ 高さ1センチ 1260円 碁石のようです。
では 栗きんとん 頂きます。
by utsuwakaede | 2008-12-26 18:52 | ひとりごと

増淵篤宥さんのうつわ

お鍋の取り鉢ピータンとお茶漬け用飯碗が届きました。
b0132442_18242683.jpg

b0132442_1825034.jpg
この取り鉢はもう何度も何度も作って頂きました。ピータンという名前です。 1890円
b0132442_1827328.jpg
お茶漬けでもお抹茶碗でも。ストライプが効いています。径15センチ 高さ8センチ 2310円 
by utsuwakaede | 2008-12-26 18:30 | 新入荷のお知らせ

忘年会

クリスマスにしては暖かかった木曜日の夜、忘年会をしました。場所は「かえる食堂」です。広島の新鮮な野菜が中心のコース料理です。
b0132442_17524063.jpg

b0132442_17525418.jpg

b0132442_17532222.jpg
ダイニングテーブルの脇の棚はクリスマスムードです。
b0132442_1754278.jpg
粉引きのたっぷりとした鉢に盛られたサラダは大根、長いも、かぶ、葉っぱ類 黒こしょうとお手製ドレッシングで
b0132442_1756139.jpg
蒸したてホカホカ 湯気のあがっているほうれん草とつくね芋のお豆腐  ふんわりした食感
b0132442_1759423.jpg
牡蠣と冬人参のさつま揚げ レモンを搾ってで頂きます。
b0132442_180314.jpg
シャンパンそしてワインで顔が真っ赤 お腹もふくれてきました。
b0132442_1831237.jpg
甘鯛の笹の葉包み焼き 笹のかおりがほのかにします。
b0132442_1843892.jpg

b0132442_1845536.jpg
ドライ甘柿のミモレット  甘い柿をスライスして3日ほど天日で干したもの。西川聡さんの台皿は楓で求めて下さいました。
かえるちゃんが手際良く頃合いを見ながらお料理を出して下さいます。私も真似して柿やリンゴをスライスして干してみようかな。
b0132442_1882535.jpg

b0132442_1885336.jpg
土鍋で炊いたご飯に豚肉と水菜を混ぜます。玄米を炊く前に精米するのだそうです。おこげの匂いが既に満腹だったはずなのに食欲をそそります。すっぱめの梅干しと一緒に頂くとおかわりもしてしまう。満腹感が脳に伝わっていないのかな? 
b0132442_18124055.jpg
ママレードのかすていらとほうじ茶 
このかすていらはSHIZENの企画展の時に食べたのですが、何度食べてもやっぱり美味しいです。
時計はすでに11時。あっという間に楽しくて美味しい時が経っていました。かえる食堂のメニューは月代わり 又訪ねようと心に決めておいとまをしました。

2009年1月28日からの「お茶の時間」という企画展にかえる食堂の かすていら 作って頂く事になりました。 お楽しみに
by utsuwakaede | 2008-12-26 18:22 | ひとりごと

土本訓寛さんの焼き締め

b0132442_1935215.jpg

b0132442_194723.jpg
白い椿を一輪 徳利に入れました。口が細いので一輪挿しとしても使いやすいです。高さ13センチ 6300円です。
土本さんは福井県越前町で焼き〆の仕事をしているまだ若い作家です。地元の田んぼの下の土を使い蹴ろくろで成形をしています。電気のロクロと違い形が柔らかい印象です。一度見てみたいと思うのですが、倒炎式という薪の窯を手作りしています。土本さんのこだわりは還元を何度もかけてうつわを丈夫にすることと表面は明るい色に仕上げる事だそうです。
他に片口も頂きました。
b0132442_19133179.jpg

b0132442_19134512.jpg
径 口までで16センチX13センチ 高さ7センチ ほぼ一合 3675円
b0132442_19164719.jpg

b0132442_1917137.jpg
口までの径9,5x8センチ 高さ8センチ  やはり一合 2940円 ぐい飲みは2625円
b0132442_1919415.jpg

b0132442_191921100.jpg
豆片口小鉢径8,5x8 センチ 高さ3,5センチ 1260円
なんだか申し訳のないようなお値段ですが、良いのだそうです。そのときその時で仕上がりの色が違いますが、それも又楽しみなこと。まだおつきあいを初めて間もないのですが、不器用なお話の中に土と向き合っている姿が重なりました。どもとみちひろさんとお読みします。
追記 焼き〆ですが、ざらついていなくてきっとテーブルもキズが付きにくいと思います。水をくぐらせた時にさぁっと艶やかになる姿はお化粧の最後に口紅をひいた時のような気がします。いろっぽい???
by utsuwakaede | 2008-12-24 19:29 | 新入荷のお知らせ

見事なつばき

やっばり夕方になって雨が降って来てしまいました。
b0132442_1851156.jpg
長者丸通りのみすずさんというお花屋さんで椿の枝を求めました。
楓にはちょっと大振りかな でも西川さんの銀彩の花器に調度よく生けられました。

b0132442_1892882.jpg
こちらは田宮亜紀さんの窯の中で灰をいっぱい被ったであろう壷。雨のおとばかりが響く静かな日暮れどき。個展が終わって、こんなふうにゆっくりと、自然が装飾を施した窯変の壷をながめていられる時間を持てる事に感謝です。
  あっ 明日の23日 火曜日は定休日です
by utsuwakaede | 2008-12-22 18:30 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite