うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

角掛政志さんの黒いうつわ

常滑の角掛政志さんから黒いうつわが届きました。
b0132442_16292763.jpg

b0132442_16295722.jpg
丸皿 径15,5センチ 高さ3,5センチ 1890円
b0132442_1631524.jpg
正方角皿 一辺13,5 センチ 2100円
b0132442_16333374.jpg

b0132442_16334858.jpg
正方大皿
一辺23センチ 5250円
どれも黒いマットで白い石つぶがぽちぽちと入っているので、表情に変化があります。
粉引きの定番湯のみとポットは多分6月に届く予定です。
by utsuwakaede | 2008-04-28 16:38 | 新入荷のお知らせ

岡晋吾さんと

展覧会二日目に岡さんと夕食をご一緒しました。
きっとお酒疲れをしていらっしゃるだろうな? と躰にやさしい野菜料理のお店(COVI'S)にしました。楓のすぐそばにあり三浦半島の野菜をメインに食事が出来ます。
b0132442_1645680.jpg

b0132442_1652247.jpg

b0132442_1654130.jpg

b0132442_1655844.jpg

やはり食べる方が先になって、写真を撮るのが途中からになってしまいました。焼きたてパンも用意して下さいますが、もりもり食べてしまうと、最後のチーズリゾットが食べられません。デザートはお豆のアイスクリームでした。
岡さんは仕事場では食事をご自分で作っていらっしゃるそうです。もちろんおつまみも。唐津の自然に囲まれた仕事場で、みどりを見て、風を感じ、自然の匂いをかぎながらロクロをまわしています。四歳の黒ラブがいつもそばにいて、うとうとしながら岡さんの動きを目で追っている様子が目に浮かんできます。
上絵の色使い、迷いのない筆運びにやさしさを感じます。
 カップ100個展でしたが、実は141個ありました。全てが並んだ初日は見応え満点。
皆さんゆっくりと選んで下さいました。岡さんが、楽しい気持ちで作ったカップを見ていらして下さったお客様も楽しい気持ちになって頂けたら  そんな企画でした。
いかがだったでしょう?
又、次回の100個展は 何になるでしようか?
by utsuwakaede | 2008-04-28 16:25 | ひとりごと

額賀章夫さんのうつわ

笠間で作陶をしている額賀章夫さんから久しぶりに沢山のうつわが届きました。
定番の錆粉引き、粉引き、プリーツワークの粉引き、ほんわりなごむ土のうつわ色々。
b0132442_16251699.jpg

b0132442_16254053.jpg

b0132442_16255824.jpg
 同じサイズで色違いの浅鉢です。径22センチ 高さ5,5センチ  4725円
b0132442_16281755.jpg

b0132442_16283427.jpg
 手前は片口浅鉢 奥は黒い浅鉢(口はついていません)  どちらも径19センチ弱 高さ5センチ 3780円
b0132442_16322426.jpg
 黒掛分コップ 2100円 径10センチ 高さ7センチ
b0132442_16342231.jpg
 黒掛分マグ
2625円 径9.5センチ 高さ8センチ
b0132442_16362616.jpg

b0132442_16364785.jpg
 黒掛分4寸ボール(高台に指がはいるのでもちろんごはん茶碗としても) 2625円 径12センチ 高さ6センチ
b0132442_1640613.jpg
 錆粉引き飯碗 2625円 径11.5 センチ 高さ7.5センチ
b0132442_16412663.jpg
 2つを並べるとこんな感じです。
他には錆粉引3寸角皿、5寸角皿、黒掛分小皿、粉引き小皿(径12センチ)、錆粉引箸置き、黒掛分7寸皿、そして新作のうちわ皿です。これはスプーンやお箸置き、ちょっびっと薬味にも楽しく使えます。
b0132442_17145966.jpg

b0132442_17283229.jpg

b0132442_17284735.jpg

by utsuwakaede | 2008-04-27 17:05 | 新入荷のお知らせ

うつわの手帖

b0132442_12554737.jpg

日野明子さんの書いた
 「うつわの手帖 ー お茶 」という本がラトルズから出版されました。
日野さんはフリーランスの「ひとりうつわ問屋」。いつも都内は自転車で走り抜け、あっ日野さんだと気づくともう後ろ姿しか見えない。全国各地を旅してうつわ作家や産地とお店をつなぐお仕事をしていらっしゃいます。
お茶を楽しむうつわと道具の紹介を日野さんならではの言葉で楽しく解説されています。
b0132442_13528.jpg
加藤財さん
b0132442_1352669.jpg
西川聡さん
b0132442_1354977.jpg
匙やのさかいあつしさんと輪島の福田敏雄さん
b0132442_1363529.jpg
大崎麻生さん
本やさんで見かけたら、手に取って気になる作家さんのページを読んでみて下さいね。
by utsuwakaede | 2008-04-24 13:08 | その他お知らせ

ゴールデンウィークの営業について

来週からいよいよゴールデンウィークスタートです。
うつわ楓の営業日がゴールデンウィーク中は少し変わります。
通常は火曜日と祭日がお休みですが・・・
4/29(火)は定休日にあたりますが個展の片付けと常設展示にもどす作業をするため
    お店には出ています。
5/1(木), 5/2(金)は通常営業
5/3(土) はお休み
5/4(日),5/5(月)、5/6(火)は通常営業 ただし営業時間が12:00~18:00

5/13(水)からさかいあつしさんの「さじと小さな盆」の個展を致します。

今日は村上躍さんの銀彩掛け花入れにてっせんを生けました。
b0132442_182987.jpg

b0132442_1822555.jpg

by utsuwakaede | 2008-04-23 18:12 | お店から一言

岡晋吾100のカップ展

100個のカップが届きました。
カップ&ソーサー・マグカップ・筒ゆのみ・汲み出し・スープカップ・コップetc
かたちももちろんですが、土もの、磁器ものなど素材や技法も様々です。
b0132442_1626745.jpg

左 安南色絵マグNo101 6300円  右 No103 5880円

b0132442_1626326.jpg

左 空飛車No72 12600円  右 色絵マグNo74 8400円
b0132442_16354672.jpg

左から No113 14170円 No114 15750円 No116 15750円
b0132442_16365966.jpg

b0132442_1637176.jpg

b0132442_16374222.jpg

耳付き色絵スープカップ 左からNo123 6300円 No122 7350円 
右 白磁色絵スープカップNo120 5250円
b0132442_16452619.jpg

b0132442_16455120.jpg

b0132442_16461970.jpg

白磁コツプ3150円から
b0132442_16472632.jpg

灰被カップ 7350円
b0132442_16483872.jpg

練込手マグ 左 10500円  右 ハート型 8400円
b0132442_16523579.jpg

手前 No126 炭化デザートカップ 7350円 奥 No124 白磁デザートカップ
b0132442_16553034.jpg

左からNo31 白磁鎬カップ 6300円  No5 色絵線文カップ No33 白磁コツプ5880円
b0132442_16575768.jpg

b0132442_16582546.jpg

b0132442_16584769.jpg

画像で紹介しきれない楽しさです。
#同時開催で「ギャラリーおかりや」さんにて岡晋吾さんの作陶展をしています。
ギャラリーおかりや
    中央区銀座4-3-5  銀座AHビルB2F  TEL 03-3535-5321
    11:00から19:00
by utsuwakaede | 2008-04-22 17:04 | 展覧会のおしらせ

本日のおやつ

明日から始まる岡晋吾さんの「カップ100個展」の搬入日  
おやつタイムは「南青山まめ」の黒米おはぎです。新着の額賀章夫さんの小皿で
b0132442_16181153.jpg

b0132442_16183410.jpg

b0132442_1618526.jpg

b0132442_16191078.jpg

by utsuwakaede | 2008-04-22 16:20 | その他お知らせ

白のレースガラス

ようやくお日様が顔を出しました。
電気の灯りで輝くガラスもきれいですが、窓辺で、いちにちの自然な光を受けて輝きをかえるをガラスも美しいと思います。
アキノヨーコさんの白いレースガラスです。
b0132442_17492343.jpg

b0132442_17494974.jpg

b0132442_1750479.jpg

by utsuwakaede | 2008-04-21 17:55 | 新入荷のお知らせ

富沢恭子さん

b0132442_17355898.jpg

b0132442_17363038.jpg

柿渋染めの作家 富沢恭子さんが天然生活6月号で紹介されています。
富沢さんは2006年に楓で、2007年にSHIZENで個展をお願いしました。
柿渋で染めた布を使い、バッグ、シャツ、タペストリー、端切れを使ってアクセサリーやコースターなども作っています。丈夫で使い込む程に味わいが出てくる布は、土もののうつわと似ているかもしれません。
2008年は12/3から8まで個展をお願いしています。
by utsuwakaede | 2008-04-21 17:43 | その他お知らせ

よかったー

昨日は良かった事が3つもありました。
1. 携帯が生還しました。データも消えずに残っていてくれました。
2. お正月開けに右手親指を車のドアにはさんで爪が紫色になっていましたが、
  下から新しい爪がどんどんと伸びてかぶさる様になっていた爪がポロンと
  取れました。爪がしばらくの間二重になっていて、すぐにひっかかる
  ので、バンドエイドを巻き続けていました。
  つるつると滑ってしまって不便な日々でした。
3, おぼろ満月がきれいでした。

 以上良かった事3つでした
 戻って来た携帯電話です
b0132442_17324870.jpg

by utsuwakaede | 2008-04-21 17:34 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite