「ほっ」と。キャンペーン

うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

かえでちゃん

お店の外にある鉢植えの楓(本当は紅葉です) から可愛らしい葉っぱがアララという間に出て来ました。
去年、村上躍さんに同じ所を毎日毎日デジカメで撮って(定点観測)それをつなげて行くと
動画のように葉っぱの様子がわかるのでは? と言われていました。やはりそれってやってみれば良かったかしら。
つい先週まではギュッと握った手のひらがぱっと開かれて これからグングン グングン
大きな葉になるのでしょう。

by utsuwakaede | 2008-03-28 12:11 | ひとりごと

西川聡さんから新着のうつわ

西川さんの個展3日目です。
蓋物や白い片口、ポット等の新作が追加で届きました。

そして、今日は赤い大振りな鉢にアンデルセンで買って来たバケットをいれました。
香ばしくってすごくいい匂いです。グリーンや白い食材も合うけれど、パンのカリッとした感じもピッタリです。ちょっと「糧のうつわ」を意識してみました。

径が33センチ位ある鉢は少しの食べ物も、たっぷり盛ってもそれなりにカッコ良く受け止めてくれそうです。

須田二郎さんの「ほうの木」のプレートに碗を乗せてみました。
飯碗と汁碗のイメージです。

お客様から頂いた桜のクッキー ぐいのみはエスプレッソ用でもOKかな

輪島の四十沢工芸さんの「にれの木のくつわ盆」に銀彩の湯のみとポットを
お茶をいれても もちろん酒器としても 大人っぽいなぁ

個展3日目になると初めて会ったうつわ達と遊ぶ余裕が出て来ます。
初日から出来れば良いのですが、うつわの説明を作家さんにお聞きしたり、お客様とお話したりで 気持ちがいっぱいになってしまうのです。


銀彩のつつコップ

赤いポットの蓋が銀彩です

外側が銀彩のふたもの 3つ  径が5.5 高さ4.5 7350円(真ん中の蓋物)


160ccくらい入ります。ドレッシングやそばつゆにも


赤い鉢に金のアクセントが ポイントです

今日はこでまりをいれました。グリーンと白が黒銀彩に映えます。
  
by utsuwakaede | 2008-03-28 11:17 | 新入荷のお知らせ

西川聡さん個展ー2 と二次会

個展初日に大きな鞄にうつわを詰めて持って来て下さいました。
搬入日にご紹介出来なかったものたちです。

フラットなお皿

径が25センチ 12600円

35.5x12 12600円 銀彩 最後に漆が塗り込んであります
どちらのお皿も高さが2センチあります。ケーキや和菓子 お刺身 木の芽の天ぷら
ちょっとおしゃれなテーブルにしたい時に活躍です。

黒い釉薬の上に銀彩 下から釉の黒が出て来て一枚ずつ違った様子です。12600円


赤いくみ出しは三種類の形があります。4200円


大振りの鉢 レンギョウをいれてみました。
ワインクーラーに使って頂いたらとっても素敵です。

そして、初日の夜に西麻布の和食やさん「ぽん」さんへ行きました。


前菜はたけのこ、ふき、ミニトマト、タコの煮物をひとくちずつ小さな器に盛られたもの
とキャベツのひとくちスープ
お造り、春野菜の天ぷら、イカの沖漬け、鯛のお吸い物、桜えびの土鍋ごはん

デザートは桜のアイスクリームでした。
西川さんの大きな目と豪快な笑い声、楽しいおはなしで時間が どんどん経って行きます。お料理がお得意な西川さん、出てくる食材にも何故か詳しい? ご自宅の真鶴まで帰らなければならないので、お名残惜しくおわかれしました。
土曜日はSHIZENに、日曜日は楓に在廊して下さいます。
どうぞ、お時間ありましたら西川さんと、お話しに入らして下さい。
by utsuwakaede | 2008-03-27 17:24 | 展覧会のおしらせ

西川聡 地の器 糧の器

うつわ楓・SHIZEN 初めての企画です。
うつわ楓では「糧の器」というタイトル
 心地よい毎日を過ごすためのごはん
 大地にもらったおいしいものを
 食べるためのうつわ、
 暮らしの力を紡ぎ出すごはんを
 楽しくする糧のうつわ。

西川さんに食器を中心に作って頂きました。


黒銀彩のうつわと長石釉のうつわ  どちらも28センチくらいの口径です

どちらも黒銀彩の皿です。
丸い皿は径が23センチ 
角皿はサイズが三種類 一辺がそれぞれ 22センチ、19センチ、14センチ

長皿の肌の刷毛の表情に深みがあります。 25.5x12
持ち手がツートンカラーで可愛らしい

小さな片口たち

赤のお皿三種 径が16センチ 18.5センチ 22.5センチ 立ち上がりがやわらかいので
使い勝手の幅が広そうです
黒銀彩の醤油さし
長石釉のカップ

碗 三種  白釉碗(貫入の模様と釉が底に届きそうで止まっているたっぷりの白釉が良い感じ ・赤い碗(赤いお皿より赤い色が鮮やかなのは、赤い化粧土をかける前にスプーンのおしりでこすって表面をつるつるにするからだそう)・長石釉碗(久しぶりにこの釉薬のお仕事をされたそうです)


持ち手に密かにイニシャルが入っていますよ

3/26から31までです。 西川さんは26・30に楓に在廊して下さいます。
by utsuwakaede | 2008-03-25 15:27 | 展覧会のおしらせ

田宮亜紀陶展 その2

田宮さんの工房の周辺は植物が一杯です。
自然を切り取った様な可憐な植物を鉢植えにして持って来て下さいました。

苔の緑色が鮮やかです。さわるとフワフワとして、ちょっと癒し感があります。

アンティークのゴトクに乗せました。水仙、ふきのとう、雪ノ下、やぶこうじ、すみれ、山イチゴ、お茶、雪柳等が寄せ植えになっています。

今頃の雨を「木の芽雨」というそうですが、本当にひと雨ごとに新芽が大きくなっています。今日の雨に打たれて苔や若葉が色鮮やかです。
小さな鉢植え 5250円からです
by utsuwakaede | 2008-03-20 13:30 | 展覧会のおしらせ

田宮亜紀陶展

19日から24日まで田宮亜紀さんの個展が始まります。
独学で焼き物を始めた田宮亜紀さん、サラリーマン生活をすぱっと止めて益子に移り住み
もくもくとロクロを挽き窯をたく 作りたいものが沢山あって ずっと前を見て焼き締めのうつわを作り続けて来ました。彼女の強い精神力と思い切りの良さが うつわにも感じられます。
 今回が5回目となる楓の個展では大つぼ、徳利、鉢、耐熱の小鉢、そして田宮さんが植え込みをしたグリーンも見て頂けます。焼き締めなので、上釉はかかっていませんが、炎の中で長い時間をかけて焼かれた作品は均一でない面白さがあります。火の力で窯の中でゆがんでしまううつわもあります。
 このブログを書きながら、目の前に並んだ作品を見ます。ちょっとかしげた感じの碗や大鉢があったり、手ひねりのごつごつした小鉢が重ねられたり、灰をかぶったもの、高温になりすぎて銀の様に光っているのや 本当に様々な顔のうつわ達。
 
田宮さん在廊日 3/19.20.22.23
最終日の24日は5時でおしまいです。

径が45センチの大皿 52500円
径19センチの鉢 9975円 灰がかかってモダンな雰囲気です。
迫力ある手びねりの足付き大鉢 径約36センチ 高さ約16センチ 土のごつごつした感じと色合いでひときわ存在感があります。
耐熱の鍋 鍋敷きは木工作家の須田次郎さん

耐熱鉢の下に敷いた木のプレート、木の蓋は須田二郎さんにお願いしました。

高さ50センチのつぼ 157500円

 磁器土の焼き締め 藁を巻いて焼くので火だすきといわれる模様が付いています。

豆皿と豆鉢(豆鉢は耐熱です)
by utsuwakaede | 2008-03-18 19:31 | 展覧会のおしらせ

茶筒と茶さじ


セン、マカバ、アズキナシ、エンジュ、サクラ、イチイ、ナラ、神代ニレ
全部、北海道の木を使って作っている置戸町在住の大崎麻生さんから届いた茶さじの形は四種類です。長さ7.5センチ 先が細身のもの1260円と先が少し大きいもの1470円
本来茶さじですが、塩やお砂糖などの入れ物にいれておいたら便利です。


茶筒は大・中・小の三種類ですが、今回届いたのは高さ11センチ直径6.7センチの中サイズです。クルミで作られています。蓋が すーー と自然におさまる感じがきれいです。
大崎さんの几帳面なお仕事振りには常に感心させられています。
今回は小さめの作品ばかりですが、5月21日からの展覧会では幅広いお仕事を見られるはず。
by utsuwakaede | 2008-03-15 13:35 | 新入荷のお知らせ

ももちどりさんへ

ハチ公バスでようやく 念願の「ももちどりさん」へ行きました。
家のそばからバスに乗り10分程で参宮橋の駅に到着です。早い早い。

巡回しているので、このまま乗っていれば、渋谷駅を経由して表参道、千駄ヶ谷と又戻ってきます。
三度目の正直で パンケーキを食べられました。調度お昼だったので、ランチセットを。額賀章夫さんのうつわに盛られたスープとサラダ パンケーキが乗っているのはもしかして安藤雅信さんのプレートかな? 違っていたらご免なさい。 食後は井山さんのカップでコーヒーを頂きました。パンケーキといえど、ボリューム満点のセット、スープはお替わりしたくなる程好みの味でした。パンケーキは口の中でしっとりさっくり。家で作ると中々この食感にならないのです。やはりプロの味です。

郵便局のとなりの建物 2階です。

渋谷区代々木5-55-5-2F 03-5452-1690  ももちどり
by utsuwakaede | 2008-03-12 20:47 | ひとりごと

花入れ

我が家には小振りの花入れがけっこうあります。
常設では中々見る事の出来ない花入れを個展ではいくつか作っていらっしゃる事があります。色々な個展に行って、つい気に入った花器があると自分の物にしたくなります。沢山の中から選べるのも嬉しい事です。

枝振りや花の色でどの花器に入れようか? と迷うのも楽しいひとときです。
甘い香りを部屋一杯に漂わせる沈丁花 青木亮さんの白磁壷に。(一枚目は向きが変ですね)


つい先日買った臼田けい子さんの紺釉の一輪挿し 

奥の石田誠さんの蓋物には、初代コタローと二代目コタローのお骨が入っています。
毎日お水を入れているぐいのみはやはり最近買った大村剛さん作のもの

春になるとお花の種類が急に増えて、色合いも明るくなるので、楽しみが増えます。
by utsuwakaede | 2008-03-12 19:50 | ひとりごと

島るり子さんのうつわ

長野県伊那市でお仕事をしていらっしゃる島るり子さんから新作が到着しました。
灰釉のうつわは初めて見せて頂きました。想像していた灰釉とまったく違っていました。

直径22.5 高さ4センチ  7000円 真ん中に白く釉がたまっているところが、箱から出した時に春霞の様に思いました。同じ色合いで角皿もあります。こちらはロクロで挽いて角を落としているので、きっちりとした角ではありません。  11X11X2,3 センチ 2000円
 
粉引き小鉢  少し楕円になっています。  径14X15 高さ7センチ 7000円  やわらかなまるみが両手の平で包んでみたくなります。


島さん曰く 石けん置き 伊那には使いたい石けん置きを売っていないので、自分で作ったの と。でも、こちらでも こんな石けん置きは売っていないと思いますよ。

島さんは大きさを変えて作って 土瓶置きにもしていらっしゃるとか。
木の葉の箸置きも一緒に。 径12 高さ2,5センチ 3200円(石けん置き)
私も 自宅用に石けん置きを作って頂く事にしました。

SHIZENには耐熱のうつわを送って下さいました。
by utsuwakaede | 2008-03-09 17:52 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite