うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 1012 )

花皿でおやつ

b0132442_18380623.jpg
昨日の夕方からの雨がまだ降り続いています。
しとしとしとしとと  倉敷土産の むらすずめでお茶の時間にします。

春夏秋冬と描いてある筒湯呑みは薪窯で焼かれています。
とろりとした釉薬の流れ、奥に見える貫入 
美味しいお茶が味わえます。 

花皿の雄しべは一本ずつ粘土を細くして貼付け、金彩するという手間のかかった仕事です。
菓子きりは高知の大塚友野さん ふき漆仕上げです。
b0132442_18381860.jpg
b0132442_18383101.jpg
b0132442_18384338.jpg
五本足のついたお皿は使いやすくお菓子だけではなく、二種類のおかずや、薬味皿にと
遊び心たっぷりで使えます。

花皿 栄森文枝  200x100x10ミリ   4860円
筒湯呑み  光藤佐  口径67x高さ85ミリ  5400円
菓子切り  大塚友野  長さ120~130ミリ  972円

明日は晴れますように!! 




by utsuwakaede | 2017-03-02 18:54 | ひとりごと

村木雄児さんの飯茶碗で

きりりと冷たい日曜日でしたが、夕焼けがきれいに見えてちょっと幸せ。

b0132442_15560489.jpg
b0132442_15564928.jpg

b0132442_15572336.jpg
土鍋で炊いたご飯とお茶漬けの素を持参して、頂き物の お手製蕪の甘酢漬けでお昼ご飯にしました。
・唐津の土を使った飯茶碗 村木雄児 口径123x高さ70ミリ  4104円
・染付け蝶文豆皿  廣政毅 90x70x25ミリ  2376円
・ふき漆蓮華  工房SAVI  長さ180ミリ   2700円
・白漆長板皿  工房くさなぎ  300x170x厚さ10ミリ  9720円  

明日は少し気温が戻ってくれるようですね。

by utsuwakaede | 2017-01-15 17:28 | ひとりごと

今日からお店に出ています

b0132442_16271817.jpg
熱も咳もすっきりと取れて、本日からお店に出られるようになりました。
それにしてもインフルエンザは風邪以上に 怖いです。

先程「HERS 2月号」が届きました。
b0132442_16314990.jpg
b0132442_16320289.jpg
旅するお取り寄せ 香川  p147

おか泉半生麺特選醤油+すだち果汁+めんつゆ を臼田けい子さんの5寸鉢に盛りつけて頂きました。
いす灰釉5寸鉢と瑠璃釉5寸鉢の二種類を臼田さんは作っていらっしゃいます。
どんぶりほど深さがないのでスープ等やサラダ、煮物等にも良いサイズ感です。

口径約150ミリ 深さ55ミリ  各3672円
b0132442_16492709.jpg
b0132442_16494657.jpg

前のページp145には昨年伺った白金のフレンチレストラン「ラクレリエール」さんが
紹介されていました。こちらでは桑原典子さんのカップ&ソーサー(shizen取り扱いです)を食後にお使い頂いています。

b0132442_16491581.jpg
臼田健二・平厚志展は来週18日(水)からです。
b0132442_19283380.jpg





by utsuwakaede | 2017-01-13 17:02 | ひとりごと

かばんのあいだにディスプレイ


今朝も気持ちよく晴れました。
冨沢恭子かばん展3日目 棚が少し空いたのでちょっぴりうつわを置きました。

b0132442_17163275.jpg
竹の作家さん 佐川岳彦さんのお庭の柚子が作品と一緒に届きました。 焼酎に絞ると美味しいのだそうです。
飾るのも良いけど、早く絞って飲んで下さい とアドバイス? 頂きました。
荒賀文成さんの粉引き鉢に。
b0132442_17164950.jpg
横から見る姿が美しい、こちらも荒賀さんの鉢です。
お客様の集まりやお花を入れるのにも使いたいと思いました。
b0132442_17170123.jpg
高橋亜紀子さんのマグカップ 焦げ茶の斑点が柿渋のようです。
アキノヨーコさんの白いミニ片口と。
横に長いオーバルトレイはふき漆で仕上げた工房くさなぎさんの仕事です。

かばんはまだお選び頂けますので、明日から始まる古代女子展(サンドリーズさんにて)と合わせてご来店下さいませ

最終日の5日(月)は17:00で終了致します。
7日(水)から長谷川奈津展が始まります。

by utsuwakaede | 2016-12-02 17:35 | ひとりごと

寒い日の赤い色

夕方からは雨も降り始めてグンと気温が下がってきました。
こんな日は赤い色にどうも心が魅かれます。

松岡ようじさんから届いた「木の実のピッチャー」ぽってりとした厚さに光を集めて温かに輝きます。
安彦年朗さんの木目が美味しそうなエンジュのお皿にのせてみます。
b0132442_16295450.jpg
b0132442_16304362.jpg
松岡ようじ  木の実のピッチャー 約50cc 3780円   水切れもとても良いです。
安彦年朗   エンジュにふき漆 のお皿 径約22センチ 高さ2センチ  5400円


赤いうつわはほとんどありませんが、赤絵の片口と小林慎二さんの漆コップを合わせました。
b0132442_16312307.jpg
b0132442_16322346.jpg

来年の干支 鳥も描かれています。
b0132442_16330025.jpg
藤田佳三  赤絵片口  約200cc 10800円
小林慎二  コップ(小)赤溜・黒  口径66ミリ 高さ80ミリ  約100cc 8640円

@22日,23日は定休日です。
@25日は18:30で閉店致します。


by utsuwakaede | 2016-11-21 16:54 | ひとりごと

まめのお月見団子と

b0132442_16194706.jpg
ご近所の「まめ」さんが夏休みを終えてオープンされています。
雲に隠れてお月見は出来そうもありませんが、今日のおやつはお月見団子にしました。

田村文宏さんの6寸皿 ほんのりと黄色みを帯びて柔らかな印象の白磁印花皿を使ってみました。
大塚友野さんのふき漆菓子きりは木目が1つずつ違うのもさりげなく美しいです。

b0132442_16195937.jpg
b0132442_16202077.jpg
白磁印花6寸皿  径180ミリ  高さ30ミリ  3780円
菓子切り   長さ120ミリから  材は欅や水目桜  972円

来週19日(祭日)、20日(火)は連休になります。 
21日(水)から26日(月)は棚橋祐介展を致します。


by utsuwakaede | 2016-09-14 16:34 | ひとりごと

お休み明けに花を入れかえました

湿度の高さにうんざりしてしまうお休み明けですが、
いつものお花屋さんで、少しでも秋らしい植物を求めました。

山本哲也さんのsabi-掛花入れ 黒いので重たそうですが空洞なので軽いのです。
長く伸びた蔓の枝を挿しました。
安彦年朗さんのシェードが一層の雰囲気を演出してくれています。
b0132442_18475475.jpg
b0132442_18480952.jpg


窓辺には秋明菊を 平厚志さんのどんと太い花器に入れました。
b0132442_18501897.jpg

最後の一本だよと言われたクレマチス 荒賀文成さんの粉引き一輪挿しに。
緑が本当に良く栄えます。
椿も入れてみたいのですが・・・
b0132442_18500892.jpg
b0132442_18494686.jpg
b0132442_18495880.jpg
まだまだご紹介しきれない小振りな花器が仕舞ってあります。
花器をお探しでしたら、どうぞお声をおかけ下さいね。

12日(月)は臨時休業をさせて頂きます。
営業日カレンダーをご参考になさって下さいますよう、お願い致します。


by utsuwakaede | 2016-09-07 19:01 | ひとりごと

京都に一泊

二日間の京都旅行から戻りました。
b0132442_21594877.jpg

念願だったこちらも予約が取れてカウンターでディナーを味わいました。
南沢奈津子さんのワインクーラー、岡部 和吉さんの漆カトラリー、永島さんのステンレスカトラリーを使って下さっています。
b0132442_21594963.jpg


b0132442_21594916.jpg


お料理毎にカトラリーも変わります。
b0132442_21595019.jpg

お肉料理には有次の刃物です。

b0132442_21595059.jpg

グラスの影も嬉しいデザート前のデザート?

夜の第2部
b0132442_21595179.jpg


2日目は来年企画展示をお願いしている荒賀文成さんの工房へお邪魔しました。
b0132442_21595141.jpg

b0132442_21595156.jpg

b0132442_21595249.jpg


持ち帰ったうつわに早速ゴーヤーチャンプルを盛りました。
b0132442_21595219.jpg


明日は営業しています。
来週月曜日まで常設展示をしています。

by utsuwakaede | 2016-06-14 21:35 | ひとりごと

豆鉢と角皿と

b0132442_20124050.jpg

こんな風に豆鉢を置いてみて、何を盛ろうかな? と想うだけで楽しい。ちよっぴりお腹がすいた夕方です。

・長井均さんのお箸  
ようやく赤と黒のお箸が揃いました。赤 215ミリ  3888円  黒 230ミリ  4320円
b0132442_17064624.jpg
・八木橋昇さんの角皿  黄化粧正方皿  240x240x12ミリ  8640円
b0132442_17071679.jpg
・光藤佐さんの高台猪口  磁器の薪窯焼成(一点物です)
 豆皿として、ぐい飲みとして 口径92ミリ 全体の高さ60ミリ  高台の部分は八角の面取りです。 12960円
b0132442_17040470.jpg
b0132442_17032981.jpg
・上野剛児さんの輪花猪口  薪窯焼成 
  豆鉢として使いたくなります。 1つずつ釉の感じが違っています。
  口径67x高さ45ミリ   2700円
b0132442_17061662.jpg
b0132442_17054536.jpg
・原田譲さんの豆鉢  キャベツの模様が施されています。 磁器土でふわりと軽い豆小鉢。
  口径90x高さ30ミリ  2376円 白と薄いグリーンの2色あります。
b0132442_17051679.jpg
b0132442_17044551.jpg


by utsuwakaede | 2016-04-23 18:06 | ひとりごと

おやつに

冬に戻ってしまった様な寒い土曜日です。
お花見には行けないので、桜の香りのシフォンケーキをおやつにしました。
粉引き皿は 高松の上野剛児さん  薪窯で焼いた粉引皿5寸です。
増田良平さんのマグカップと。
b0132442_18184815.jpg
b0132442_18185890.jpg
粉引き5寸皿  径150x高さ30ミリ  3780円
マグカップ   口径75x高さ115ミリ  4320円
永島義教さんのデザートフォークと(製作依頼中です)   2700円

by utsuwakaede | 2016-04-02 14:25 | ひとりごと
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite