うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お店から一言( 805 )

赤ちゃんの葉っぱ

b0132442_18114439.jpg

店の前の紅葉の木。 葉っぱらしきものが・・・と思っていたら いっきにぐんぐんと大きくなってきました。生まれたて、ほやほやの若葉の色。なんてやわらかそうなのでしょう。
毎年変わらずに 新しい葉を出して 春のお便りを届けてくれます。 
by utsuwakaede | 2010-04-03 18:24 | お店から一言

常設に戻りました

三週連続の個展が終わりました。 今日はしばらくしまっていた常設のうつわや、新着のうつわを棚にディスプレイする作業の日です。

ちょっといっぷく。
頂き物の桜餅を田宮亜紀さんのうつわで お盆はさかいあつしさんの漆八角盆です。
b0132442_182066.jpg

b0132442_18201984.jpg
今回の個展で初挑戦した焼き〆に織部釉を使ったうつわ。新緑よりも少し落ち着いた 春のいろ。

そして、新着の荒賀文也さんの粉引きの小皿にも   赤いお盆は長井均さん作です。
b0132442_1825523.jpg

b0132442_18252131.jpg
同じ桜餅ですけれど、うつわでずいぶん違う様子になります。

荒賀さんの粉引きリム小皿 13.5x12.5x3センチ  ちょっと楕円がおしゃれ 1260円です。

b0132442_1831424.jpg

b0132442_18315995.jpg
 荒賀さんの馬上杯・田中信彦さんの銀彩小皿を横山拓也さんの粉引き角皿に乗せて。  馬上杯は耳が付いている少し大きめの盃です。豆鉢として使うことも出来ます。
b0132442_18365591.jpg

b0132442_1837961.jpg
耳の形が二種類です。耳を除いたサイズ 8.5x8x6センチ  3150円
田中さんの銀彩小皿  10x1センチ 2100円   


お醤油さしや小さな口のあるものたち いろいろ
b0132442_1840594.jpg

b0132442_18411133.jpg


しばらく寒かったけれど、明日からはようやく春らしいお天気になるようです。

今夜はブルームーン  くっきりと満月が見られたら、お願いごとをしましょう。
by utsuwakaede | 2010-03-30 18:44 | お店から一言

4月のお知らせ

b0132442_17513438.jpg


四月の個展ご案内

・西川聡 うつわ展  4月14日(水)から19日(月) 西川聡さんの在廊日 4/14,17.18
・山口利枝 展    4月21日(水)から26日(月) 山口利枝さんの在廊日  4/21,22


お休み
 毎週火曜日の定休日 (6日.13日.20日.27日)  と 祭日29日
 臨時休業      5日(月曜日)は出張の為にお休み致します。

                      *写真は小口宗之作  puu花入れ
by utsuwakaede | 2010-03-26 18:02 | お店から一言

おかずクッキング

おかずクッキング 4/5月号 に村上躍さんのお皿と臼田けい子さんのお皿に盛られたお料理が載りました。

b0132442_18163692.jpg
牛切り落としとアスパラ炒め を村上さんのアール皿に。(牛肉に砂糖と醤油で下味をつけて、アスパラガスと炒め合わせた一品)

b0132442_18182836.jpg
臼田さんの瑠璃色のお皿にはキャベツのカレーボイルバターのせを。カレー粉色したキャベツに瑠璃色がピッタリ きれい。
by utsuwakaede | 2010-03-20 18:22 | お店から一言

さかいあつし 展 -5

胡桃のトレイが新たに加わりました。
b0132442_12395231.jpg

b0132442_1240748.jpg

b0132442_12402848.jpg
 28x14.5x2センチ  12600円です。「ひとりでお茶」にピッタリサイズですね。 表面の中程に胡桃の木の節が模様のように入っています。エゴマオイルを塗り込んで仕上げてあります。

おだまきをいつもの花屋さんで見つけたので、内田剛一さんの一輪挿しに入れてみました。
b0132442_12462928.jpg
トレイの後ろ姿です。


b0132442_1247919.jpg
閉店後、灯りを落としたら、ゴーゴースプーンの影がかわいくって。


さかいさん 初めての大きなお皿たち
b0132442_1250856.jpg

b0132442_12502550.jpg
b0132442_12503695.jpg

b0132442_12505321.jpg
b0132442_1251756.jpg

b0132442_12512255.jpg
b0132442_12513576.jpg

b0132442_1252069.jpg
b0132442_12521422.jpg
これまで比較的小さな作品作りをしてきた さかいさんですが、大きな物を作りたい 彫刻のような仕事をしてみたい という気持ちで今回初めて皆さんに見て頂く大皿たち。
数年前に求めた銀杏を使って 作られました。 何種類かの道具を使って彫って、削って。銀杏は軽いし、刃物を痛めないやさしい木 だからまな板にも使われているんだそうです。
彫り跡の濃淡を出す為に柿渋を全体に塗って、一度拭き取ると山になった部分が薄くなります。その後に漆で仕上げます。時間の経過と共に、柿渋は色が濃く、漆は明るくなる特徴があります。銀杏のお皿は使い手の元で
どんな風に変化してゆくのでしょうか。楽しみです。
by utsuwakaede | 2010-03-14 13:01 | お店から一言

灰釉のまないた皿

天気予報はやっぱり当たってしまいました。SHIZENでは今日から「みんなのうつわ展」がスタートです。初日はどうぞ雨になりませんように!  と昨日祈ったのだけど・・・  でも今日の雨はそんなに冷たくない やわらかな雨のように思います。


ドン! と立派なまな板皿 松宮洋二さんに作って頂きました。大きさのわりに重たく感じないのは、使う人の事を考えて作られているから。中央に向けてすこしだけ窪んでいるデザイン、手のひらでおさえた時に出来る表面のヒビヒビに、釉が溜まることで濃淡が出来て、豊かな表情になっています。

b0132442_1756211.jpg

b0132442_17564043.jpg
b0132442_17565886.jpg

b0132442_17571133.jpg
47x21.5x3㎝   12600円
by utsuwakaede | 2010-03-06 12:32 | お店から一言

3月のご案内

弥生 3月になりました。 
木々が芽吹いて、道ばたの草も小さな花をつけて心ウキウキする季節です。
今日はまだ 寒いけど、もう少ししたら、重たいコートや手袋も必要なくなりますね。

今月の展覧会・お休み のご案内です。

・個展のご案内 
   さかいあつし展  小さなお盆と大きなお皿   3/10(水)から3/15(月)

   岡 晋吾  100のうつわ 展         3/17(水)から3/22(月)

   田宮 亜紀 展                3/24(水)から3/29(月)

3月は三週間連続の個展になりますので、常設展示をご覧頂ける期間が少なくなります


・お休みのご案内
    3/2. 9. 16. 23. 30   火曜日がすべてお休みです。
by utsuwakaede | 2010-03-01 16:00 | お店から一言

BAILA三月号

集英社 BAILA三月号の綴じ込み「BAILAおうちBOOK」の「お気に入りの器で食べればもっと幸せ」に小澤基晴さんの柿釉どんぶりを紹介して頂きました。
b0132442_1483374.jpg
文章をそのま引用させて頂きます。

"料理上手としても有名なNORIKOさんは、大の和食器好き。「これは小澤基晴さんという、お気に入りの作家さんの作品。今までは、白や黒などの器を選ぶ事が多かったのですが、この鉢と出会って、味わい深い柿釉の魅力を知りました。これひとつで食卓が一気に華やぐし、大好きな野菜の緑とも相性がいいんです。」

作家の小澤さんはどんぶりとして作って下さいました。柿釉の色合いに白いおうどんやおそばの色が合います。見込みがたっぷりとしているので鉢としての使い方にもぴったりです。径18.5 高さ9センチ 5250円です。
by utsuwakaede | 2010-02-13 14:17 | お店から一言

小池さんのおひな様

午前中、やっぱり小雪が舞った青山です。
外は寒いのですが、店の窓辺に今年も小池さんが届けて下さったおひなさまを飾りました。窓にお顔を向けて、道路を日がな眺める おびなとめびなです。

b0132442_1826346.jpg
 高さが5センチもない小さなサイズなので、ちょこんと飾って春を楽しめます。4410円です。梅の枝をいれた一輪挿しは小口宗之さんのPUUシリーズです。

b0132442_18302712.jpg
あまり太い枝ものでなければ、おさまりよく生けられます。 7x5x4.5センチ 7350円

小口宗之さんには、来週17日からの企画展 花のうつわ展に参加していただいています。 
by utsuwakaede | 2010-02-12 18:33 | お店から一言

意外にたっぷり

臼田けい子さんのいす灰釉深ボールは、定番の小鉢です。コーンスープに使ってみました。

b0132442_1664486.jpg

b0132442_167130.jpg
今までは煮物やお鍋の取り鉢やひとり分のサラダで使っていたのですが、あら、スープも沢山入る事がわかりました。くちもとまでで340ccも。
ちょっとビックリでした。これなら、野菜ゴロゴロのシチューも大丈夫ね。口径13  高さ6.8センチ 3360円  スプーンは栓という木目の美しい木をひとつずつ削って、8回漆を塗り重ねた岡部量吉さんの仕事です。口の中に入れた時の カーブやサイズが何とも言えず気持ちよいです。試してご覧になりたい方、ご遠慮なく声をかけて下さいね。きれいに洗って、試せる様に致します。
全体の長さ18.5センチ 柄の長さ12センチ  柄の所は徐々に太く厚さも出て来ます。匙の所の幅3.6センチ  6300円
by utsuwakaede | 2010-02-10 16:25 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite