うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お店から一言( 781 )

東一仁さんの白釉皿とお重

b0132442_1722777.jpg

b0132442_1723239.jpg
 先日アップした東さんのお皿に長井均さんのお重を合わせてみました。
長井均さんの箱はひとつずつ買い足して組み合わせていくことが出来ます。上に乗せた長方形の箱は下の箱に収まります。入れたいものに合わせて使い分ける事のできるので、せっかく買っても一年に数回しか使わない・・なんてことがないかな て思います。

東さんの白釉の表情 です。
b0132442_1775164.jpg

b0132442_17512671.jpg

by utsuwakaede | 2009-09-26 17:53 | お店から一言

水曜日からの展覧会

b0132442_16151385.jpg

b0132442_16153036.jpg
郡司庸久 飴釉の作品です。

今週9日から「郡司庸久、慶子展」が始まります。
9/9~9/14と「堀仁憲展」9/16~9/21の間は常設のうつわを見て頂く事が出来ません。(ご予約頂いているうつわのお渡しは大丈夫です)  いろいろな作家さんのうつわをご覧になりたいお客様は、姉妹店のSHIZENにいらして下さいます様、お願い致します。SHIZENとうつわ楓 間は15分間隔で走っているハチ公バスをご利用下さいますと便利です。どちらの店にも、お散歩マップを用意していますので、青山から神宮前を散策しながらお越し頂くのも、これからの季節は気持ちよいかもしれません。
by utsuwakaede | 2009-09-06 16:27 | お店から一言

蓋付きの漆椀

昨日の蒸し蒸しとした暑さは何処かへ行ってしまいました。風がちょっと涼しくて、だんだんと秋が近づいてきています。
SHIZENの刀根さんは、何と大島へひとっ飛びしてしまいました。行動力に感心してしまいます。
秋に個展が始まると、もう続けてのお休みが出来ないので、いまのうちにお出かけは済ませておかないと・・・

楓のディスプレイはガラスが置かれていた棚が、漆のものに、少しだけ変わります。蓋付き漆椀も登場です。
b0132442_143438100.jpg

b0132442_14345364.jpg
通常のお椀に比べちょっと大振りのお椀です。模様も何もない、本当にシンプルなお椀は山中塗り 石川さんのものです。 口径14センチ 高さ6.7センチ  蓋をした高さ 10センチ  14700円

b0132442_1555140.jpg

b0132442_156695.jpg
蓋は取り皿で使えます。
長井均さんの朱色のお箸と(21センチ 3780円)

b0132442_157728.jpg
長井均さんの茜朱のお箸は23センチ 4200円です。

じんわりと煮込んだ大根にユズ味噌をかけたものや牛筋を煮込んだもの、ロールキャベツ、作りすぎちゃった、味がしみ込んだおでんだって、蓋付き椀に盛れば、とってもごちそう気分です。熱々のお椀の蓋を取れば、ふうわりと美味しいにおいが・・・口に入れる前に、視覚と嗅覚でごちそうを楽しめちゃいます。
by utsuwakaede | 2009-08-30 15:29 | お店から一言

長皿いろいろと

長方形のお皿にお寿司を盛りつけてみました。

まずは井山三希子さんの白マットプレート
b0132442_18182448.jpg

b0132442_18201151.jpg
真横から見ると手が入る様に工夫されているのがわかります。
b0132442_1820556.jpg
洋のうつわ風ですが、お寿司も似合います。37x15.5x2センチ  12600円

井内素さんの長角皿
b0132442_1824863.jpg

b0132442_18242699.jpg

b0132442_18243783.jpg
 おやつのお寿司の量かしら。紅葉の葉を添えて   21x11x2センチ  4410円

山口利枝さんの長皿
b0132442_18404332.jpg

b0132442_18405923.jpg
 鉄釉で描いたお団子のような柄が可愛らしいお皿  31x11x3センチ 4725円

松宮洋二さんの灰釉皿
b0132442_18434532.jpg

b0132442_18441152.jpg
 灰釉のグリーンが爽やかな雰囲気です。お皿の縁の表情が楽しいです。 28x16x2センチ  5775円

今日楓そばにある「関山」のお寿司を盛りつけてみました。同じ素材でも、お皿に寄って見え方が違うのが、とっても面白いです。
by utsuwakaede | 2009-07-27 18:49 | お店から一言

臨時休業

今週木曜日 23日はお休みを頂きます

今年前半の展覧会が終了しました。 
9月7日までは常設展示になります。9月以降の展覧会の予定をアップしていますので、ご覧下さいませ。

今日は久しぶりの雨です。エアコンを入れずにお店にいても、それほど蒸し暑さを感じません。しっとりと 植物も潤ったような。 人間もほっと一息いれられます。

おとといの日曜日に大きな虹が現れました。お店の前の建物の間からとらえた虹  数本の電線が味気ないけど、慌てていたのでお願いごともしなかったけど、幸せな気持ちになりました。

b0132442_17112543.jpg

b0132442_17131050.jpg
右の赤い屋根の端から左の白い建物にかけて・・・ わかりにくくてごめんなさい。
by utsuwakaede | 2009-07-21 17:14 | お店から一言

谷匡子さんの花

b0132442_17292567.jpg
フラワースタイリストの谷匡子さんは、五歳のときから生け花を習った事がきっかけで花の世界に入られた方だそうです。
自由が丘駅から少し歩いて目黒通りを超えたところにあるTIME & STYLE homeで10年間花の生け込みをしていらっしゃいます。6/27から7/12まで この場所で谷さんの今迄のお仕事の写真や、ビデオを見る事が出来ます。
きちんとした花器でなくても、自分流に思うままにいけてみる事。それが私の花になるのではないかな だって花も草もひとつとして同じものはないのだから という思いを持って、夕方楓に戻りました。早速、前日のお花をいけかえてみました。

b0132442_17503773.jpg

b0132442_1750529.jpg
野田敬子さんの鉢に、少し弱ってきた紫陽花の枝を思い切り短くしてお水を吸いやすくしました。色の組み合わせがきれいかな。
b0132442_17523427.jpg

b0132442_17525119.jpg
水の中に浮かべてしまおうと小口綾さんのガラスの鉢に  実のいろと紫陽花のいろが同じようで涼しげに見えます。

b0132442_17563240.jpg

b0132442_17564959.jpg
からまつ草 花びらのピンクとおしべの黄色の組み合わせが愛らしいちいさな花です。小口綾さんの細長いピッチャーにすっといれました。
b0132442_1841844.jpg

毎週、楓のそばの美鈴フラワーさんに寄って今週のお花を買わせて頂いています。今日はどんな花が入っているのかな と奥をのぞいたり、ガラスケースの隅っこを探したり、宝探しのような気持ちになることもあります。毎週水曜日 朝の楽しみのひとつです。
by utsuwakaede | 2009-07-10 17:36 | お店から一言

7月の臨時休業のお知らせ

今月23日(木曜日)はお休みを頂きます。 

代わりに21日(火曜日)は通常、定休日ですが、営業致します。

又、15日(水曜日)から20日(月曜日)はガラスの松岡洋二さんの個展です。

姉妹店のSHIZENは通常通りに無休で営業をしていますので、何かございましたらSHIZENにご連絡を下さいますよう、お願い致します。
by utsuwakaede | 2009-07-08 18:09 | お店から一言

小沢敦志さんのアイアン皿立て

作家さんの一点物の大皿や大鉢などを立てる皿立ては、全体のバランスが大切なのに'これ'というものに出会えずにいました。
そこで、小沢敦志さんに相談して、作って頂きました。

b0132442_1612344.jpg

b0132442_16121653.jpg
サイズは三種類です。

b0132442_161657100.jpg

b0132442_16171055.jpg
大 幅15センチ 奥行き15センチ 高さ22センチ  5250円
b0132442_16222765.jpg

b0132442_16224924.jpg
大きめの深さのある鉢もOKです。
b0132442_16232924.jpg

b0132442_16234438.jpg
中 幅13センチ 奥行き13.5センチ 高さ19.5センチ 4725円
b0132442_16251940.jpg

b0132442_16253167.jpg
カップ&ソーサーのお皿サイズ が立てられる小タイプ アイアンも細くなっています。 幅9.5センチ 奥行き9.5センチ 高さ12.5センチ  3675円
木製やプラスチック製の皿立てのように折りたたむ事は出来ませんが、普段使わなくて、収納に困っている大きなお皿を常に立ててディスプレイしていれば、いざ出番の時に、食器棚の一番上 とか一番下 とかから引っ張り出さなくても大丈夫ですよね。サイズのオーダーもお受け出来ます。ご相談下さい。

小沢敦志さんのステンレス製鍛金カトラリーも楓て定番のものです。 スプーン大、小とフォークの大、小があります。
by utsuwakaede | 2009-07-06 16:44 | お店から一言

山口利枝さんの新作

鹿児島で染め付けのうつわを作っている山口利枝さん 新作を見せに入らして下さいました。
その中から、今回、お願いしたうつわです。
b0132442_1533232.jpg

b0132442_15331587.jpg
シンプルで気軽に使う事の出来るお皿です。白磁イッチン線文七寸皿 21.5x高さ3.5 4200円 六寸皿 2940円  5寸皿 2310円
 
b0132442_15355170.jpg

b0132442_1536753.jpg

b0132442_1536244.jpg
芋つる文飯碗 大と小があります。 大 12.5x高さ7  2730円  小は2310円 お芋の葉の色が手前と裏側と違ってあら?  山口さんの飯碗は必ず大、小があるので、夫婦茶碗の様にもなりますし、自分の好みで選べるのが嬉しいです。
b0132442_15453662.jpg

b0132442_15454915.jpg
雲文鉢 15.5x 高さ6 3360円 山口さんらしい 雲のデザインです。深さもあり、口が広がっているため、ほんの少しのおかずでもきっと美味しそうな盛りつけができますね。
b0132442_16251738.jpg

b0132442_16253633.jpg
鉄柄のマグカップです。持ち手の所にも描かれています。持ち手が平たいのできっと使いやすいはず。鉄絵から草マグ 9x高さ8 3360円
以上 お願いしたうつわはこれから作って下さるので、8月末頃になります。届いたら、雲文鉢を使ってみようと思います。
by utsuwakaede | 2009-07-05 15:50 | お店から一言

臼田けい子さんのルリ色

梅雨から夏にかけて、臼田けい子さんの瑠璃色のうつわを使いたくなります。柞灰釉(いすばいゆう)をかけた白に近いうつわと 紺色、瑠璃色のうつわを作っていらっしゃいます。
枝豆や夏野菜、真っ赤なトマト、お豆腐、冷たいおそばやそうめん などと紺色や瑠璃色のうつわは相性が良いのです。古い染め付けのうつわだったり、ガラスのうつわとも合わせやすい事、使い勝手の良さもリピーターが多い理由でしょうか。

b0132442_17453967.jpg

b0132442_17455685.jpg

b0132442_17461425.jpg
薪の窯で焼いた大皿です。実物に近い色に撮れたつもりですが・・・  薪窯ならではの釉の濃淡が何ともいえず美しく、見入ってしまいます。径27.5 高さ4,5 31500円

b0132442_17495956.jpg

b0132442_17501174.jpg
瑠璃釉のガス窯焼成の皿です。ちょっと明るく写ってしまいました。27x6センチ  14700円

b0132442_17515237.jpg
左が定番の瑠璃釉5寸段皿  右は瑠璃ボール。
b0132442_1752568.jpg
 瑠璃段皿 取り皿やケーキ皿として、楓オープンの時からの定番のお皿です。径15 高さ3センチ  2940円
b0132442_1752202.jpg
 瑠璃ボール スープや取り鉢など この深さは重宝です。径12.5 高さ6 2940円  写真にはありませんがひとまわり大きなサイズの瑠璃ボール  径13.5 高さ6.5 3360円もあります。
明るく撮れてしまった大皿の色は、本当の色は、この段皿やボールに近いです。

b0132442_1825086.jpg

b0132442_1832657.jpg

b0132442_1834554.jpg
 ふたもの 二種です。梅干し、ジャム、佃煮、おくすり、あめ玉etc
実家に帰ってダイニングテーブルのふた物の蓋を開ける時、ちょっとワクワク。血圧を下げる薬だったりがほとんどなのですが・・・
左 径10 高さ 蓋まで 7.5 本体の高さ 5.5センチ6300円 (紺釉) 右 径8.5 蓋までの高さ8.5 本体の高さ7  6300円 (瑠璃釉)

弐の市 で臼田さんのうつわを買って下さった方、もっと沢山の種類をご覧になりたくなったら、楓にいらして下さい。オーバルの皿、豆片口、湯のみ 見て頂けます。
by utsuwakaede | 2009-06-22 18:15 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite