うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お店から一言( 768 )

puu 花入れとhanaグラス

シトシトと雨が降り続いています。個展中の小口さんから追加の花入れやグラス類が届きました。puuの大きい花入れ 26x19 高さ約5センチ  9450円
b0132442_17273319.jpg

b0132442_17275241.jpg

b0132442_1728898.jpg
お水を入れてドクダミを挿してみました。目から感じる涼しさ、爽やかさです。

マグネットで付ける掛け花入れを止める為の鉄のプレートも送って下さいました。
b0132442_17332411.jpg

b0132442_17333997.jpg
花入れはすべて10500円です。お花が入っていなくても、かわいらしい
b0132442_17445022.jpg

b0132442_1745452.jpg
今日のお天気とおんなじ「雨」という名前の花入れ
b0132442_17464619.jpg

b0132442_1747794.jpg

b0132442_17472492.jpg
白く彩色した鉄のプレートは29x29センチ 後ろにワイヤーが付いているので、壁にかけることが出来ます。2100円です。

綾さんの大きな鉢
b0132442_184143.jpg

b0132442_1843547.jpg
 アワナミ大鉢 33x26 高さ14センチ 25200円  ちょうど届いた、須田二郎さんの桜のターナーと柔らかな色合いが合いました。冷製パスタ、そうめん、クラッシュした氷をたっぷりと入れて、今の季節ならびわやサクランボを  お水をたっぷりとはって、あじさいを入れるのもいいかもしれません。

こちらも追加して下さったhanaグラス 横からの目線で
b0132442_18122544.jpg

b0132442_1814245.jpg

b0132442_18141564.jpg

上からの目線で
b0132442_18144272.jpg

b0132442_18145643.jpg
左のグラスに水を入れています。水の中でhanaがゆれます。
by utsuwakaede | 2009-06-05 17:35 | お店から一言

吹きガラスの花器

ぷうっ とふいてガラスを膨らませた風船みたいな形の花器は小口宗之さん作です。
b0132442_171144.jpg

b0132442_1712749.jpg
お水を一杯にいれたら、空気の泡がこんなふうに出来ました。ゆらゆら ゆらゆら ウワァ た・の・し・い
b0132442_1714457.jpg
 ゆうらゆら ゆらして泡を動かします。早くお日様が戻ってよ!! 日の光の中でゆらしてみたいのよ

b0132442_1755452.jpg
PU 花入れを窓辺で 泡が曲線を描いています。
b0132442_1775860.jpg
ご免なさい。写真ではお伝え出来ません。
b0132442_1785015.jpg
色のさかいめが霞のようです。
b0132442_1792918.jpg
綾さんのhana グラスです
b0132442_17102185.jpg
宗之さんの磁石が付いている花器 錆びた鉄のオブジェと

今週の楓はガラスで キラキラしています。明日は雨かもしれないのですが、ものも雨なら、雨降りのガラスの様子も 明日、お伝えします。そう思うと雨も楽しみになりますね。
by utsuwakaede | 2009-06-04 17:16 | お店から一言

5月5日と6日

申し訳有りませんが、明日5日、6日はお休みさせて頂きます。
SHIZENは営業していますので、なにかございましたらSHIZENにご連絡を下さいます様お願い致します。又、パソコンも二日間は開けませんので、お問い合わせのお返事など、7日にさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
by utsuwakaede | 2009-05-04 18:14 | お店から一言

一輪挿し

長いこと使い続けて頑張ってくれたSHIZENのコピー機がいよいよ買い替えの時期になりました。
すでに修理の部品がないのだそうです。仕方ない。昨日、午後から新宿の電気屋さんへ行って新しいファックスとコピーが出来るものを選びに行ったら、安価で様々な機能を持つものが沢山あって驚きました。
と一輪挿しとは全く違うお話でした。

京都の木下和美さんの一輪挿しは小さなオブジェ
b0132442_1822179.jpg

b0132442_18223559.jpg
真っ白な磁器土で出来た一輪挿しは木の実のようにも見えます。ころんと転がしておいても、中に水を入れて、こんな短いお花を挿しても、剣山を入れたくないうつわや透けて見えてしまうガラスの器に入れて剣山代わりに使う事も出来ます。(ただし、太い枝は入りません) 大9x5 2520円 小6.5x4 2310円
安曇野の小口宗之さんのガラスの固まりの一輪挿し
b0132442_18311925.jpg

b0132442_18313160.jpg
縦型と横型を組み合わせ
横型12x4x3.5 縦型4x11x3.5  どちらも5250円
一輪挿しは置き場所を取らないし道ばたの花やお庭の小さな花等 気軽に生けられる所が良いので、自分でも沢山持っています。
花のない、緑のはっぱを付けた小枝でも構わない。つるのようになっているものだと大人っぽい。緑が玄関やお食事のテープルやトイレにあるときっと、ちよこっとほほえみがこぼれるような気がします。
by utsuwakaede | 2009-04-30 18:42 | お店から一言

ゴールデンウィークのお休み

今年のゴールデンウィークのお休みは4/29,5/5,5/6をお休みさせて頂きます。
定休日は今まで通り、火曜日・祭日ですが 5/3(土)4(日)の祭日は営業いたします。ただ、少し早めにcloseにするかもしれませんので、夕方六時以降にご来店の場合はお電話をいただけましたら、大変有り難いです。
by utsuwakaede | 2009-04-27 13:16 | お店から一言

わらび

b0132442_14434269.jpg

b0132442_14435749.jpg
作家さんから届いた荷がクール便でした。あれれ うつわが何故クール便? と蓋を開けたら、急須と一緒にワラビが入っていました。この季節お庭一面わらびなんですって。うれしい春のお便りです。
早速 重層を振りかけて一晩あく抜きをしました。写真はあくをぬいたわらびです。
揚げと鶏肉と糸こんにゃくで甘辛く煮てみました。ご飯に混ぜて良し、お酒のおつまみに良し 美味しく煮えました。
b0132442_14513645.jpg

b0132442_14501864.jpg
ちょっとたわんだ鉢に盛りつけて
b0132442_14523126.jpg

b0132442_1452433.jpg
少し深めの鉢に盛りつけて
b0132442_14514333.jpg

b0132442_145328100.jpg
大皿に前菜の様な雰囲気で盛りつけて
一種類のお料理、同じ分量を三種類の同じ作家さん松宮洋二さんのうつわに盛りつけてみました。みーんな美味しそう でしょ
by utsuwakaede | 2009-04-12 15:05 | お店から一言

はなみずき

b0132442_17515261.jpg

b0132442_1752729.jpg
今週のお花はハナミズキ
白い花びらいちまい、いちまいを淡いピンク色が縁どるように染めています。若い葉が少しずつ顔を出して来ました。
by utsuwakaede | 2009-04-11 18:14 | お店から一言

セトキョウコさんのお料理

「旬彩ごはん」でお馴染みの料理家セトキョウコさんのお宅へ伺いました。それは、来週から始まる額賀章夫さんの個展の時に考えた事をお願いするためでした。セトさんのお料理を額賀さんのうつわに盛った写真を楓の壁に貼って、皆さんに見て頂こう というものです。
前もってセトさんの手元にうつわが届いているので、メニューも決めて下さっていました。チャッチャット手際良く準備が整います。
b0132442_1747356.jpg

b0132442_17503078.jpg

b0132442_17525358.jpg

b0132442_17514467.jpg
このうつわ達にどんなお料理が盛られるのでしようか。来週のお楽しみです。
by utsuwakaede | 2009-04-08 17:54 | お店から一言

おたずねです

本日北海道からお電話にてうつわをご注文下さいました「T様」 恐れ入りますが、もう一度ご連絡を下さいます様お願い致します。うっかりして、お電話番号やご住所をお伺いしそびれてしまいました。お待ちしております。
by utsuwakaede | 2009-03-07 17:11 | お店から一言

小口ガラス工房

b0132442_1775325.jpg

b0132442_1782261.jpg

b0132442_178533.jpg
 穂高に吹きガラスの工房を構える小口宗之さん、綾さんを訪ねました。黒い建物に水色の看板とポストがパチット決まっていました。工房の中はコンパクトですが、作業がしやすそうに動線を考えて作られている様に感じました。
b0132442_1720323.jpg
耐火煉瓦を積んで自分たちで作ったガラス炉です。
b0132442_17205642.jpg
作りたての熱い物をさますための窯?鉄の枠等もすべて手作り
b0132442_17204617.jpg

b0132442_17224527.jpg
炉の煙突が屋根まで延びています。この屋根だけはいつも暖かいので雪が積もらないそうです。
b0132442_17244012.jpg

b0132442_17234769.jpg
ライチ茶のコップももちろんお手製です。
b0132442_17255937.jpg

b0132442_17264787.jpg
物を作り出すための道具は美しい。使われて増々美しくなるのでしようか。
b0132442_1729151.jpg
小さな掛け花いれです。六月の二人展までに種類が増えるはず。壁とどうやって付いているかは展覧会までヒ ミ ツ。
 
b0132442_17324059.jpg

b0132442_17325272.jpg

b0132442_1733722.jpg

b0132442_1732746.jpg

b0132442_17333143.jpg

b0132442_17485438.jpg

b0132442_1751246.jpg

b0132442_17523663.jpg

b0132442_17524977.jpg

b0132442_1753674.jpg

b0132442_1752843.jpg

b0132442_17534057.jpg
宗之さんは酒器と花器をメインに 綾さんはうつわをメインに制作しています。
b0132442_1753258.jpg
色見本のためのもの
b0132442_17551998.jpg
トイレの壁にかけられたオブジェ
b0132442_1756754.jpg
植物のような不思議なガラス
b0132442_17555644.jpg
沢山の色見本から色を選び抜いて吹いたhanaグラス 水をいれるとやわらかな色合いの花がよりやさしく見えて来ます。
宗之さんは長野県諏訪の出身、綾さんは大阪出身です。お二人とも一度別の仕事をしたあとに、ガラスに魅了されて富山ガラス造形研究所を経て四年前に長野県穂高に工房を作りました。アイテムが違っても二人が吹くガラスの作品は違和感なく楽しんで頂けると思います。
二人展は6/3から6/8です。
そして最後に今日のお昼ごはん 長野といえばやはりおそばです。小口さんに案内して頂きました。
b0132442_1815348.jpg
もりのよいおそばとたっぷりの天ぷらでお腹がいっぱいになりました。雪景色を眺めながらのおそばは風情があります。
by utsuwakaede | 2009-03-04 18:15 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite