うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

成田理俊さん作品取り扱いについて

b0132442_10341837.jpg
@成田理俊さんの作品お取り扱いについて

・フライパン、鍋、皿など
仕上げは蜜蝋と植物油(エゴマ油)のワックスを塗っています。
焼き込みは不要ですぐ使用できますが、使う前に一度洗剤を用いて全体を洗い油を馴染ませる目的で
野菜くずなどを痛める作業をするとベストです。
調理後は普通にスポンジと洗剤で粗い、火にかけて水気を飛ばし乾燥させて下さい。
焦げ付いた場合はフライパンに水を張って火にかけ沸騰させて汚れをふやかしてから洗うのも良い方法です。
(金属タワシを使用しても可) 普段の調理で油が馴染むので、使用後に油を塗る必要はありませんが、長く使用しない場合は
油を薄く塗るなどメンテナンスをして下さい。(頻繁に使用する事で、錆を防ぎます)
裏面や取っ手部分は油分が不足して錆が出る場合がありますので、たまに油を塗るとよいでしょう。
錆が出た場合は擦るなどして錆をおとし、油をすりこんで下さい。
長時間空焚きしたり、暑いうちに水で急冷したりすると、鉄板が変形する場合がありますので、注意して下さい。
調理の際の火加減は、弱火から中火がうまく仕上げるコツです。IH調理器可。

・ステンレス作品
一般的なステンレスの器やカトラリー同様にお使い頂けます。
使用により細かいキズが付く事があります。経年変化としてステンレス本来の錆色(不動態酸化皮膜)により
若干グレー味を帯びてきます。熱や火にはかけないで下さい。(色味の変化、形のゆがみがでる場合があります)

@個展会期
5/31(水)~6/5(月)
12:00~19:00(5日は17:00までです

by utsuwakaede | 2017-05-31 10:50 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite