うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

秋谷茂郎展 3日目です(4/14)

秋谷茂郎展 3日目です

秋谷さんのプロフィールに書かれている文章です。
植物を慈しみ育てるように土に向き合っていらっしゃることが伝わってきます。

焼き物をつくる事は草花を育てる事によく似ている。
水をやり、肥料をほどこし、剪定する。
根気づよく、毎日、手間を惜しまずに。
そして美しい花が咲く。
素材の変化に合わせて手を加える。
工芸はまるで命ある何かを育てるかの様。
焼き上がったときのフォルムが自然で伸びやかであるように。
ロクロの上の土と対話を繰り返す。
うつわとしての命の美しさを大切に。

夕方のお茶の時間に
青彩指描碗で抹茶をたてました。
b0132442_18235158.jpg
b0132442_18240496.jpg
b0132442_18241503.jpg
青空にたなびく雲のようにもみえます。  口径約130ミリ 高さ約75ミリ  5400円
内側のカープは、茶筅が使いやすい形でした。

b0132442_18234348.jpg
森八の長生殿をのせたまめ皿 口径85xh20ミリ  1944円


穴窯で焼いたすり鉢

山梨の砂田政美さんから届いた荷物に入れて下さったおっきなレモンたちを盛って。
大  口径255(口まで)xh100ミリ  12960円
b0132442_18301632.jpg
b0132442_18302708.jpg
藁を置いて焼くので措置側だけでなく、内側も見応えがあります。
b0132442_18321874.jpg
b0132442_18325127.jpg
b0132442_18332185.jpg
口径245(口まで)xh95ミリ   12960円
中サイズは口径(口まで)220xh90ミリ   8100円

b0132442_18334397.jpg
青彩が特別に濃いめに出たポット  数点作って下さったポットの中でも濃青と白のコントラストが面白いポットです。
口や持ち手のパランスが良く、使いやすくお薦めです。約500cc入ります。  12960円
b0132442_18531509.jpg
b0132442_18525304.jpg
明日4/15と16日は秋谷さんが在廊されます。

by utsuwakaede | 2017-04-14 18:58 | 展覧会のおしらせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite