うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

山本哲也さんの面取りカップなど

滋賀県の山本哲也さんにお願いしていたうつわが届きました。

大振りのカップ二種類  ざっくりと大きく面取りした上に施した釉薬がこれまたかっこ良くて、春の個展終了後に
追加でお願いしていました。
がっちりとして少し重さもあり、熱いお茶もたっぷりと入ります。
口径950x高さ900ミリ 口元までで焼く300cc  5400円

鉄釉白泥彩cup
b0132442_16361827.jpg

b0132442_16363270.jpg

5角形の底面にyamamotoのサインが入っています。
b0132442_16364122.jpg
灰粉引き面取りcup  5400円  ベージュ系と青系  窯の中に入れた場所で微妙な色の変化があるそうです。
b0132442_16365266.jpg
b0132442_16370037.jpg
b0132442_16371075.jpg

灰粉引き片口と  6480円
b0132442_16382580.jpg
sabi-石目木瓜形皿   
sabiシリーズのお皿は使う事で徐々にしっとりとした風合いに変わります。
お菓子皿に、お惣菜を二種類盛りつけても、焼き鮭にと、石目模様の表面が面白く、縁があるのでソース等を使っても
安心です。  220x150x高さ10ミリ  4320円
b0132442_16372100.jpg
b0132442_16373193.jpg
b0132442_16375075.jpg
伊羅保銀彩盃  
外側は伊羅保釉、内側の銀彩は焼きたてなので銀がキラキラとしていますが、ゆっくりとマットな雰囲気に変化します。
ぐい飲みにもお茶ようにもお使い下さい。 口径70x高さ33ミリ 3780円
b0132442_16375979.jpg
b0132442_16381117.jpg
この数日のお天気は不安定。急な強い雨や雷につい外出が億劫になってしまいます。
折角の週末、お家でゆったりした時間を過ごすのにはお似合いのお天気かもしれません。
普段使っていないうつわを出して、お料理を盛りつけたりしてみると新しい発見になるかも


by utsuwakaede | 2016-08-20 17:29 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite