うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

木のボウル

b0132442_18372275.jpg
北海道上川郡でチップ材を使って作品づくりをされている臼田健二さんのボウルのご紹介です。

家具材や建材に適さない細い木、曲がった木、節の多い木などは粉々に砕かれて合板や紙などの原料になります。
長い年月生きてきた木の個性を生かし永く使えないだろうか との思いからチップ材を使って器を作ることにされた
臼田健二さんのボウルを数点選ばせて頂きました。

こちらのボウルは360度 個性的な模様です。
b0132442_18373120.jpg
b0132442_18380476.jpg
b0132442_18381488.jpg
b0132442_18391669.jpg
材は桜  口径230x225ミリ  深さ102ミリ 11880円  
底が分厚く重たいのですが、常に持って使うものではないのでこの重さも魅力かと思っています。
元の形を生かしているために、オーバルになっています。仕上げは食用の胡桃オイルを塗っています。 

明日4月7日は火曜日のため、定休日となります。



by utsuwakaede | 2015-04-06 18:52 | 新入荷のお知らせ
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite