うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

山野邊孝さんのうつわで

b0132442_1472366.jpg

b0132442_1473648.jpg

名古屋で木と漆の仕事をしていらっしゃるstudio SARIさんのチェリー材のオーバル皿に、山野邊孝さんの白いうつわを合わせました。

鎬の小さな猪口  口径約80 高さ約60ミリ  2625円 と豆鉢 口径95ミリ 深さ30ミリ  1575円、長井均さんの黒いお箸 230ミリ 4200円


そして、今日のランチ おこわを甘辛く煮たお揚げに詰めたお稲荷さん? をこれもやはり山野邊さんの灰釉鉢に盛りつけしました。
b0132442_14144252.jpg

b0132442_14145623.jpg

グリーンにほんのり赤味が出ている中鉢。 正円でないちょっとたわんだ形の鉢は、たったふたつきりのお稲荷さんを美味しそうに見せてくれました。口径約195x185ミリ  高さ55ミリ  4725円

ろくろはきちんと丸く挽くそうですが、棚板に挽いたばかりの鉢を移動させる時にこの絶妙な形になるのだそうです。 ステキ!!

b0132442_14223512.jpg

壁には、打田翠さんの楽掛けはなを。 山吹の若いグリーンが今日のお天気にピッタリ来ます。
by utsuwakaede | 2013-03-09 14:25 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite