うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

一幸庵のお菓子と共に

午前中に茗荷谷にある漆のギャラリー「たかもり」さんに伺った帰り、同じビルの一階にある和菓子店「一幸庵」さんに立ち寄りました。
刀根さん、齋藤さんと三人分のお菓子をお土産に楓に急ぎます。

栗のお菓子とともにうつわを合わせました。
まずは南沢奈津子さんの銅のトレイ  新作サイズと長谷川奈津さんの粉引きゆのみで。菓子切りも南沢さん
b0132442_1901389.jpg

b0132442_1911390.jpg

b0132442_1913022.jpg
b0132442_1914166.jpg
裏側です
・トレイ  210x155ミリ 内側のサイズ180x100ミリ  立ち上がり5ミリ  7350円
・菓子切り 長さ115ミリ 1575円
・粉引き汲出し  口径100ミリ  高さ65ミリ   2625円


次は長井均さんの漆盆と合わせました。朱色もありますが、やはり長井さん独特の茜朱を合わせました。お湯飲みは上と同じものです。菓子切りは藤野雅也さん
b0132442_192499.jpg
b0132442_1925641.jpg
b0132442_193461.jpg
b0132442_1931244.jpg
b0132442_1932061.jpg

・茜朱長皿    300x150ミリ  内側のサイズ260x120ミリ  高さ12ミリ     12600円
・漆菓子切り   長さ140ミリ   3150円

最後に届いたばかりの五十嵐智一さんのガラス盤 正方形で20色届きました。冬に温かな雰囲気を演出してくれる紅色にのせました。フォークは小沢敦志さん
b0132442_1962251.jpg
b0132442_1963021.jpg
b0132442_1963888.jpg
裏側です
b0132442_1964640.jpg

・ガラスの盤 120x120x60ミリ   4200円
・フォーク  長さ125ミリ  2100円

ガラス盤-彩 は18色もあります。組み合わせを考えていると、あっという間に時間が経ちます。
by utsuwakaede | 2011-12-17 14:23 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite