うつわ楓店主たより

utuwakaede.exblog.jp ブログトップ

さかいあつし 展 -5

胡桃のトレイが新たに加わりました。
b0132442_12395231.jpg

b0132442_1240748.jpg

b0132442_12402848.jpg
 28x14.5x2センチ  12600円です。「ひとりでお茶」にピッタリサイズですね。 表面の中程に胡桃の木の節が模様のように入っています。エゴマオイルを塗り込んで仕上げてあります。

おだまきをいつもの花屋さんで見つけたので、内田剛一さんの一輪挿しに入れてみました。
b0132442_12462928.jpg
トレイの後ろ姿です。


b0132442_1247919.jpg
閉店後、灯りを落としたら、ゴーゴースプーンの影がかわいくって。


さかいさん 初めての大きなお皿たち
b0132442_1250856.jpg

b0132442_12502550.jpg
b0132442_12503695.jpg

b0132442_12505321.jpg
b0132442_1251756.jpg

b0132442_12512255.jpg
b0132442_12513576.jpg

b0132442_1252069.jpg
b0132442_12521422.jpg
これまで比較的小さな作品作りをしてきた さかいさんですが、大きな物を作りたい 彫刻のような仕事をしてみたい という気持ちで今回初めて皆さんに見て頂く大皿たち。
数年前に求めた銀杏を使って 作られました。 何種類かの道具を使って彫って、削って。銀杏は軽いし、刃物を痛めないやさしい木 だからまな板にも使われているんだそうです。
彫り跡の濃淡を出す為に柿渋を全体に塗って、一度拭き取ると山になった部分が薄くなります。その後に漆で仕上げます。時間の経過と共に、柿渋は色が濃く、漆は明るくなる特徴があります。銀杏のお皿は使い手の元で
どんな風に変化してゆくのでしょうか。楽しみです。
by utsuwakaede | 2010-03-14 13:01 | お店から一言
line

南青山の作家ものの器のお店


by utsuwakaede
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite